単語記事: 映像の世紀

編集

映像の世紀とは、1995年1996年に「NHKスペシャル」(NHK)で放送された伝説ドキュメンタリーである。全11回。

2015年10月より、新たな映像を追加して再構築・編集した新シリーズ「新・映像の世紀」が放送された。
さらに2016年5月より、原典と「新」を組み合わせ、さらに新たな映像を追加した「映像の世紀プレミアム」が放送されている。

概要

NHK放送開始70周年記念番組。アメリカABCとの共同取材で製作された。
人類の歴史上初めて「映像動画)」による記録が始まった世紀である20世紀を、テーマごとに重な歴史映像や関係者の手記などを基に構成したドキュメンタリーシリーズ

一言で「NHKの本気」と言ってよい非常に高い完成度から、NHKスペシャルで放送されたドキュメンタリーの中でも有数の傑作として非常に人気が高く、現在に至るまで何度も再放送されている。
MADでも、このドキュメンタリーを意識した作品が数多く見受けられる。

番組を構成する歴史映像は、各国立博物館をはじめとするあらゆる場所から、実に5年に渡ってかき集められたもので、20世紀に生きた歴史的人物の映像など、どれも非常に重なものばかり。これらが、1回50分全11回の中に、これでもかというぐらいの密度で詰め込まれている。
20世紀という時代が2回の世界大戦と東西冷戦、地域間紛争と戦争が絶えなかった時代であるが故に、全体的に暗めの内容で、遺体の画像や、人が射殺される場面など、悲惨な風景も数多く映しだされる。

加古隆による音楽も評価が高く、特にテーマ曲「パリは燃えているか」のインパクトは強である。

また、の演出もで、山根基世アナ(当時)の淡々としたナレーションの合間に、当時の人々の言や、歴史的な人物の言葉が、青二プロダクション所属の大物声優諸氏によって再現される。

現在NHKオンデマンドで配信中で、単品購入なら1話200円(税別)、定額コースなら額約1000円で全話見放題である。見たい方にはこちらがおすすめ。

DVDも発売されているが、定価約80,000円、今新品で手に入れようとすれば倍以上かかるという高価さなので、難しいかもしれない。ただし、現在配信されているものは後述するデジタルマスター版であるため、オリジナル版を見るにはこちらを利用するしかない。
一時はWiiWiiの間内のシアターの間にて)にて1回200円で有料レンタルされていたが、現在は終了している。

デジタルリマスター版

2015年9月に新たに制作・放送された。

最新のデジタル技術により、用いられた数々の歴史映像が細かく復元され、映像や音がさらに鮮明になっており、高精細のテレビモニターでの鑑賞にも耐えうる美麗な内容を実現している。
ナレーションなどにも一部変更が加えられているほか、「パリは燃えているか」も新たに録音されたものに差し替えられている。

が、一部の歴史映像も差し替えになってしまっており、この点には一部から不評のも上がっている。

2016年1月にはDVDブルーレイボックスが発売。こちらは定価35,640円(税込)と、オリジナル版のDVDべればかなり良心的な価格。

第1集 20世紀の幕開け カメラは歴史の断片をとらえ始めた
1995年3月25日 放送

フランスのある工場の出口を延々と映す世界初の実写映画「工場の出口」が開されたのが1895年。その後カメラ世界に広まり世界の様々な出来事を記録し始めた。そんな発明と変化に沸き立つ19世紀末から第1次世界大戦までにフォーカスを当てる。

パリ万博/ライト兄弟初飛行/ヴィクトリア女王葬儀/ロシア革命/オーストリア皇太子暗殺

第2集 大量虐殺の完成 塹壕の兵士たちは凄まじい兵器の誕生を見た
1995年4月15日 放送

世界が初めて体験する全世界規模の戦争科学技術の発達がそれまでの様式を一変させ桁違いの戦死者を生みだした戦争カメラはその第1次世界大戦を史上初めて動く画像として記録し世界に伝えた。

戦車の登場/初の空爆/ガス兵器/若き日のマッカーサ、チャーチルルーズベルト、チャップリン

第3集 それはマンハッタンから始まった 噴き出した大衆社会の欲望が世界を動かした
1995年5月20日 放送

戦火から遠く離れたアメリカ、そこは戦争気に沸き立っていた。1920年代はアメリカがそのと文化と資本主義社会の基本スタイルと形成した時代だった。そんな若く活あふれるアメリカの成熟途中のと影をニューヨーク・マンハッタンを舞台に描き出す。

娯楽性の高い大衆文化/モータリゼーション/マスメディアの発達と功罪/モラルの変化/スキャンリズム/移民社会と排他義/多様な犯罪/拝義と世界恐慌

第4集 ヒトラーの野望 人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した
1995年6月17日 放送

1930年代世界が大恐慌の重く停滞した空気まれる中、戦後賠償に苦しむドイツヒトラーが民衆の活と自信を失くした心に働きかける事により熱狂的な支持を得て権者の地位についた。そこにはプロパガンダとして映画が巧妙に使われた。

大恐慌とアメリカ資本主義/社会の優位性を宣言するソビエト社会主義/帝国義へと踏み出す日本満州国/狂気のへ進むナチス・ドイツ

第5集 世界は地獄を見た 無差別攻撃、ホロコースト、そして原爆
1995年7月15日 放送

再び人類が体験する世界戦争第2次世界大戦。それは人がいつしか忘れ去られ、非戦闘員である市民も否応なしに巻き込まれ、徹底した破壊と殺戮が繰り広げられる史上最悪の戦争だった。カメラは撮り続ける。「人生の反」の遺産というべき記録を。

ユダヤ人とホロコースト/差別爆撃/原爆投下

第6集 独立の旗の下に 祖国統一に向けて、アジアは苦難の道を歩んだ
1995年9月16日 放送

第2次世界大戦終戦後、それまで欧日本帝国義の元長く支配されていたアジアの人々は、悲願の祖国独立に立ちあがった。長い抑圧の時代を清算する為にそれに相応する苦難と苦悩を代償としながら。

毛沢東中国/ガンジーインド/ホーチミンとヴェトナム

第7集 勝者の世界分割 東西の冷戦はヤルタ会議から始まった
1995年10月21日 放送

第二次世界大戦中に開かれた英ソ首によるヤルタ会談。ソ連の対日参戦と戦後処理について話し合われたこの会議の内容は、結果日本人捕虜のシベリア抑留、朝鮮半島の分裂、東欧の強引な共産化を生み二極化による東西対立構造、新しい「冷戦」という次の争いを生んだ。

ヤルタ会談(ルーズベルト、チャーチルスターリン)/ソ連満州千島侵攻とシベリア抑留/朝鮮戦争/東欧の共産化/マッカーシー狩り

第8集 恐怖の中の平和 東西の首脳は最終兵器・核を背負って対峙した
1995年11月18日 放送

世界を二分し、国家民族を引き裂いた東西冷戦。そのパワーバランスを敵に崩されぬようソは核兵器の破壊とその射程を競い合った。やがてそのような状況でキューバ危機が勃発し、全人類が滅亡しかねないの引き合いの中、緊は頂点に達する。

フルシチョフの「回想録」/核実験とその犠牲/キューバ危機/マリリン・モンロー韓国駐留軍慰問

第9集 ベトナムの衝撃 アメリカ社会が揺らぎ始めた
1995年12月16日 放送

アメリカ1960年から1975年まで深入りすることとなるベトナム戦争は、テレビという映像メディアが初めて米国民がそれまでどこか遠くの事と思っていた「戦争」をの間に伝えた戦争だった。それは国家に対する疑いを生み、それまでのアメリカがもつ価値観に終わりを呼ぶ事となる。

ケネディ暗殺/繁栄の裏の貧困や権者の欺瞞/ヒッピーなどのカウンターカルチャーの誕生/アメリカ支配の終焉

第10集 民族の悲劇 果てしなく 絶え間ない戦火、さまよう民の慟哭があった
1996年1月20日 放送

冷戦が終結しソ連が崩壊した20世紀末、それまでソ連の強な影下にあった衛星の間で、その影が弱まった事により20世紀が始まって以来その火種をくすぶり続けていた民族間の紛争や内戦を再燃させる事になる。民族対立による悲劇は20世紀の最大の課題として今も人々を翻弄する。

社会主義国独立国家分裂/民族運動/難民問題

第11集 JAPAN 世界が見た明治・大正・昭和
1996年2月24日 放送

日本がそれまでのアジアの一国家から社会の一員としてその存在を示し始めた20世紀。海外カメラマンはその時代時代でどう日本世界に伝えたのか。明治末期から昭和20年代末までの日本映像外国人が記した記録を軸に世界が見つめた「JAPAN」を描く。

新・映像の世紀

2015年10月2016年3月にかけて放送された、新たに見つかった映像などを加えて再構築された新シリーズ。全6回。

ナレーションは、俳優山田孝之と、伊東敏恵アナウンサーの演出は、青二プロダクションから81プロデュースへ代わっている。
加古隆音楽や、密度の高い内容はそのまま。

こちらも、放送終了分からNHKオンデマンドで配信中。

詳細はこちら→新・映像の世紀

映像の世紀プレミアム

2016年5月よりNHK BSプレミアムにて放送中。

初代「映像の世紀」と「新・映像の世紀」を組み合わせ、さらに新たな映像を追加して、一つのテーマごとに再構築する新シリーズ
20世紀を、時系列順に追っていったこれまでのシリーズとは違い、「芸術」「兵器科学」「女性」など特定テーマを軸にして、1話ごとに20世紀全体を描く。

関連動画

MAD

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%B4%80
ページ番号: 4174052 リビジョン番号: 2381982
読み:エイゾウノセイキ
初版作成日: 09/10/04 09:52 ◆ 最終更新日: 16/07/10 17:01
編集内容についての説明/コメント: プレミアムについて加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

映像の世紀について語るスレ

197 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 11:23:41 ID: ler3xXiN7S
旧作べると落ちるかもしれないけど新の方も普通に良作だよね。
尺不足感が否めないけど。
198 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 11:36:14 ID: U61xTtIckc
近代史の講義でビデオ教材として見たことがあるけど
第二次世界大戦際紛争を見終わって「パリは燃えているか」を聞いた時のやるせなさは異常だと思った
199 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 07:45:58 ID: DhmiPh9bqe
最終回良かった
うまく文章書けないが、21世紀こそ新映像の世紀
映像がここまでを持ったことが画期的と思う反面、恐ろしくもある
200 : トライデルタ :2016/03/21(月) 18:04:10 ID: 9xiVM7+vH5
もが一度は使っているYouTubeの最初の投稿動画
製作者のに対する評価だったとはね・・・
今じゃ動画投稿仕事の一部になっている人達がいるよね

ISプロパガンダ映像の中で処刑を少年兵にやらせるという
残虐性に背筋が凍ってしまったよ
201 : ななしのよっしん :2016/03/23(水) 21:20:58 ID: 8OWhRmcamr
 新・映像の世紀の演出の担当プロダクション81プロデュースです。
どなたか記事の修正をお願いします。 
202 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 11:43:58 ID: fGpjTSWcGo
ソ連礼賛プロパガンダ共の電波で流すとは流石アカNHK
製作構成はスプートニク(旧・ロシア)に依頼したのだろうか
期の学生に観せれば在日親露を量産できるな
これもロシア論むハイブリッド戦争の一環だ
すべてコミンテルンの陰謀に違いない
203 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 02:33:06 ID: qnL/pH4E/G
映像の世紀プレミアム5月28日放送http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/9999/2899040/index.html
204 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 14:28:16 ID: 8OWhRmcamr
 昨日の放送を見たが、アンネ・フランク映像が残っていた事には驚いた。
205 : ななしのよっしん :2016/08/10(水) 21:44:53 ID: qnL/pH4E/G
http://www4.nhk.or.jp/P3681/
映像の世紀プレミアム第2集
8月13日土曜日放送
206 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 08:49:14 ID: BgSvf+3i9P
>>205
なかなか面かった。
新しい映像も結構あったし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015