単語記事: 昼

編集

とは、太陽が昇っている時間帯である。

概要

正午から日が沈むまでの時間帯(と夕方以外の、太陽が昇っている時間帯)をして言われるか、あるいはと対して日が昇っている時間帯全てをして呼ばれる。
前者の用法の場合は、「前」「頃」「過ぎ」といった言い方で細かな時間分け、使い分けをするのが一般的だろう。

に昇った太陽は大気や大地を照らし、同時に熱として地表の温度を上昇させるので当然ながらは1日のうちで最も気温が高くなる。
また、地球の地軸がおよそ23.4度傾いているために同じ地点でも時季によっての長さはまばらで、至の日は北半球の場合1年で最もの時間が長くなり、南半球だと1年で最も短くなる。冬至の場合はこの逆となる。

そして人間を含めた地球上の大半の生物は、に生活・行動する生物である(行性動物)。もっとも人間の場合は、火や電気を獲得して以降はを問わずに活動している傾向にあるのだが。
(「昼夜逆転生活」も参照)

ついでの知識

漢字として

Unicode
U+663C
JIS X 0213
1-35-75
部首
日部
画数
9画
読み(常用)
チュウ
訓読み(常用)
ひる
Unicode
U+665D
JIS X 0213
1-58-76
部首
日部
画数
11画
𦘘
Unicode
U+26618
部首
画数
12画
𦘙
Unicode
U+26619
部首
画数
12画
意味
旧字体
間、正午食、という意味がある。
字形
諸説ある。
という字である。の形、日+の会意説がある。文や篆書では、日の周りをいくつかの線が囲っている。この線は太陽にかかる暈であるとして、の暗いさまとする説、太陽きを表すとする説がある。
説文解字・巻三〕には「日の出入して、と界を爲す。ひ、日にふ」とあって、(画)の省略の会意で、との区別があるという字としている。ただ画の原義は、筆で模様を描くことであり、区別ではない。
音訓
読みはチュウ(音、音)、訓読みは、ひる。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
陰・永・間・錦・餐・日・食・宵・寝・睡・夕・分・閉・

異体字

関連動画

関連商品

関連項目

一般項目

昼の字が入っている大百科記事一覧


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%98%BC
ページ番号: 4558125 リビジョン番号: 1773076
読み:ヒル
初版作成日: 11/02/03 11:50 ◆ 最終更新日: 13/03/20 17:42
編集内容についての説明/コメント: 常用漢字について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

昼について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/09/10(火) 18:41:22 ID: cdkeaPIRhV
やたら攻撃的なレスクソレスは明らか平日間に集中してるよね
当然主婦やらニートやらなんだろうなぁという推測が成り立つ
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829