単語記事: 時計じかけのオレンジ

編集

時計じかけのオレンジとは、アンソニーバージェスが上したディストピア小説、およびそれを基にスタンリー・キューブリック制作した洋画の1つである。本記事では後者映画版をに扱う。

概要

ロリータ」「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」に並ぶキューブリックの代表問題作であり、「カッコーの巣の上で」と並ぶ精的狂気を扱った作品である。

他のキューブリック作品同様、この作品を簡単に言い表すことは不可能である。あえて簡単に言うと、この映画の内容は「自由放任義のしつけ」と「管理社会主義のしつけ」が、同様に価値がないことを示している。

あらすじ

未来、性的に乱れきったロンドンのどこか。本作の主人公アレックスクラシック音楽を好むDQNであり、他の不良仲間と共にホームレスリンチしたり、困窮を装って作家に押し入り、作家の妻を集団でレイプしたりとやりたい放題を繰り返していた。しかし彼も仲間の裏切りにより逮捕され、懲役14年を言い渡される。

役して2年後、アレックスは「イギリス政府が計画した人体実験「ルドヴィゴ療法」の被験者となる代わりに即時釈放する」という法取引に応じる。しかし、このルドヴィゴ療法とは「(性的)暴力描写に満ちた映像」を「目薬と嘔吐剤を与えられながら」「をつぶることを許さずに」「数日間ただ観つづける」という、拷問そのもののような人体実験であった。
偶然にもその実験BGMにはアレックスが好んで聞いていたベートーヴェンの「第九」が使われていた。

かくして条件反射を植えつけられたアレックス暴力行為や性暴力に及ぼうとする、または第九を聞くと反射的に吐き気を催して絶するようになり、罪を犯せなくなった。実験の成果をにして喜ぶ政府高官であったが、アレックスの聴罪を担当しまた彼と親しかった教師は「罪を犯さないのは吐き気を催すためであり、必ずしも行いを恥じて悔いているわけではない」と摘。しかし高官はを貸さず、あえてこの状態のアレックスを釈放する。

正義感を得たわけでもなく、ただ犯罪行為に対し機械的にになったアレックス。彼の苦痛はここから始まる…。

ナッドサット

言語学者でもあったバージェスは、乱れきったロンドンを簡潔に描写するため、アレックスDQNグループに独特な言を使わせていた。それが人工言語ナッドサット(Nadsat)であり、ロシア語英語スラングから作られている。
例えるならば"キングスイングリッシュ"と"イギリス英語ではない)"と"ロシア語"を混ぜあわせて幼稚にさせたという、上等なローストビーフウォッカをぶちまけたかのようなものである。

日本で似た例を挙げれば業界用ネットスラングであろうが、「Christ」でさえキリスト(英)とハリストス(露)ということからも分かる通り、ロシア語英語には大きな溝があり、これらを色々な方法で織りまぜたナッドサットは大変ユニークなものになっている。

このナッドサットも元となったロシア語的には「Nadtsat」と書くのだが、これを英語で発音するとNadt|satと言い分けるためにナッドサットと言われ、ロシア語で発音すると「Nad|tsha|t」と言い分けるためナッツァチと言うことになる。

関連動画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%99%82%E8%A8%88%E3%81%98%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8
ページ番号: 4827507 リビジョン番号: 1447223
読み:ザヴォドノーイアペルシン
初版作成日: 12/02/18 19:42 ◆ 最終更新日: 12/02/21 16:04
編集内容についての説明/コメント: 関連商品、一覧への誘導を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

時計じかけのオレンジについて語るスレ

32 : ななしのよっしん :2015/08/04(火) 17:35:24 ID: BIUU0h0cu0
そこまで好きでもなかったけど劇場で観たら印変わった
やっぱり大画面大音だと全然違うな
上映当時初見で観られた人がうらやましい
33 : ななしのよっしん :2015/09/14(月) 16:59:02 ID: kW14PNVk7Q
今日旧版読み終わった。
アレックス人生ってなんだったんだろう、と思ってしまったよ。
34 : ななしのよっしん :2015/09/14(月) 17:06:41 ID: E6IGSDCWin
ルドヴィコ療法?みたいなのを時々やられるなあ。
寝てる最中に睡眠学習的なあれ。
繰り返し繰り返し悪口聞かされるのは毎日だから慣れてるし
むしろ寝てる最中話しかけられるのは最近嬉しく感じるようになったな。
寝てない時のほうがうるさいんだもん。
35 : ななしのよっしん :2015/10/21(水) 13:45:05 ID: 4lJGA3Do5z
結構前に見たけれど、未だに言葉で説明しきれない。

ただ、暴力セックス音楽鑑賞が同じ地にいることに妙に説得があったのと、
ベートーベンが聴けなくなるくだりが印に残った。
今の日本人の対人恐怖症や摂食障社会ひきこもりの多くも、
これに近いんじゃないかって思った。

アレックスサイコパスも自分を含めた多くの人も、そんな変わんないんじゃないかって思った。
36 : ななしのよっしん :2015/11/17(火) 16:08:42 ID: 6yesqSI/3w
アレックスより一般人の方が実は暴力的」
とかいう意見をどっかで見たけど、はそうは思わんわ。

だって隣にさんレイプされて復讐したおっさんとかが住んでてもなんとも思わないけど、
アレックスが住んでたら絶対嫌だもん。
37 : ななしのよっしん :2015/11/21(土) 17:05:21 ID: 5+gv8I/axY
最後は自分的には大ハッピーエンドだな
サイコパスクズだが再び自由意志を手に入れた主人公
感情移入してしまった。

コレの対になるオチカッコーの巣の上でかな
カッコーの主人公自由意志的な意味ではアレックスに共通してるし。ただラストが救いさすぎる…
38 : ななしのよっしん :2015/11/21(土) 22:08:24 ID: 0L4qhWuVWT
を見開いた状態にするために、を器具で固定しているのがグロシーンで怖かった。
39 : ななしのよっしん :2016/02/05(金) 22:48:10 ID: 7uPc7kAIW3
>>30
>最後まで見てちょっとしたカタルシスを感じた自分は異常なのかなぁとこの掲示板を見て思った

そんなことないと思うぞ
この映画の凄まじいところは、こんなクズ主人公でも不特定多数の人がしっかりと感情移入出来ること
初めはクズ描写でドン引きするけど、それでも中盤で暴力を受けるシーンでは思わず同情してしまう
そして最後に治るとなぜかホッとする

「は?んな事ねーよあんな野郎痛めつけられて当然だろ清々したわ」っていう人もいるだろうけど
そういう人達は作中の一般人側で、結局は内側でアレックスと同様の暴力性を秘めているという面い二重構造
現代で例えるなら犯罪者ネットリンチの関係を想像すれば分かりやすいか
40 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 22:05:05 ID: PrPtv0kUQo
なんと、本作の模倣ポルノが存在する。その名も"A Clockwork Orgy" 直訳すれば「時計じかけの乱交パーティー」といったところ。邦題は「時計じかけの淫衣装セットがやたら凝っていて、なぜ作ったとしか思えない。レビューがあるので気になる方はどうぞ。英語ですがだいたい雰囲気は分かります。https://www.youtube.com/watch?v=PT0LSQ65tBA
41 : ななしのよっしん :2016/12/14(水) 02:10:59 ID: NfCfNW3dsh
これで最後アレックスが復活したのが良かったって思えるのはさ、
非人的な処置を受けたことで、ロクに抵抗できないままフルボッコにされたことで
者可哀想がアレックス可哀想にすり替わっただけじゃ?

普通に正当な形で刑期終えて出てきたうえでのそれだったら(全く物語として面くないけど)
また違って見えると思うけどなぁ

ディストピアへの不快感と悪犯罪への不快感をうまく対立させる形だからこそ
どちらにも感情移入が出来るようになってるんだと思う

とりあえず、これから先も彼は捕まる前の奪い続ける生き方を続けるんだと思うと、普通BADENDだと思いました
まあ洗脳されっぱだったらそれはそれでBADENDかも知れんね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015