単語記事: 暁美ほむら

編集

暁美ほむらあけみ - )とは、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物である。

担当声優斎藤千和

概要

まどかの通う中学校に転校してきた少女
容姿端麗、成績優秀、スポーツクールな性格。
魔法少女のようだが、その言動にはが多い。

――「魔法少女まどか☆マギカ公式サイトより

よしこについて語るスレ#30ある日、見滝原中学校2年に転校してきた少女鹿目まどかが夢の中で見た少女と同じ容姿をしている。
学業・運動・容姿に優れた才色兼備。しかし人を寄せ付けない雰囲気をっている。

まどかに対して忠告と思われる発言をしており、後にまどか魔法少女になることを阻止しようとしている事が分かった。
まどかさやかが傷だらけのキュゥべえ撃した際には、ほむらキュゥべえを襲撃していることも発覚。キュゥべえを保護する巴マミと対立した。

人間関係に不慣れなこともあって、普段の態度や言動は少々トゲがあるが、たびたびまどかを気にかけたり、杏子に共闘を持ちかけたりするなど根は善良のようである。

まどかからは仲良くなりたいと思われているが、さやかの場合は、さやかの「直感頼りな性質」とほむらの「壊滅的な交渉の低さ」及び「視野狭状態」が最悪の形でかみ合った結果、終始不仲となっている。

特に、さやか相手の場合、第一話のQB狩り撃されたことやまどか見つめていたのをガン付けと認識されたのもあって最初から反感を買っている事や、Charlotte戦でマミの信用を得られず拘束されていたせいで死の直後まで加勢に加われなかったという事情を知らず、マミ死亡時にあまりにもタイミング良く現れてグリーフシードを持ち去った事もあって疑念を抱いており、上記の相の一の撃者であるまどかがついにその事をる機会を得られなかったこともあり、さやかほむらに対して、『グリーフシード当てに他の魔法少女と対立する悪い魔法少女』という認識を最後の間まで抱き、結果さやかはその不信感から最後の和解(及び、なによりさやかが助かるための情報交換)の機会をフイにしてしまった。

キュゥべえく「契約したとも言えるしそうでないとも言える」「極めつけのイレギュラー」とのこと。また彼女の言動を見たキュゥべえが「彼女は何かを企んでいる」といった発言をまどかに対して警告のように発するなど、キュゥべえにとって彼女が都合の悪い存在であるようだ。
他にもCharlotteが強敵であることや、ワルプルギスの夜が到来する日付と場所、杏子さえ知らなかった魔法少女相を事前に知っていたりと未来についてある程度知っている様子もある。彼女のな行動的はまどか契約阻止のようだが…。

 

 

第10話においてほむら過去られた。
ほむらが初めて出会った時間軸のまどかは既に魔法少女であり、その時のほむら魔法少女ではなく眼鏡をかけたツイン三つ編みをした病弱ドジっ娘だった。

学校で出来た初めての友達であるまどかとの交流の中で、魔法少女魔女の戦いに本編時間軸のまどかの様に傍観者として関わっていく。
そしてワルプルギスの夜によるまどかの死に直面し、「鹿さんとの出会いをやり直したい。彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る私になりたい。」との願いによりキュゥべぇと契約した。
これによってまどかが一周キュゥべえ契約する直前である自身が病院を退院した日のまで時間を戻すを手に入れた。
当然、以前の時間軸の記憶を保持できるのは、ほむらのみとなる。

現在までに魔法少女になったことで訪れるまどかの悲惨な死を一度も回避できていない。第10話内で本編時間軸とは別の時間軸のまどかから、魔法少女にならないようにまどかを導く約束をした。

度重なる歴史変の失敗もあってか、「全てを救えなくても、せめてまどかだけでも」とばかりに視野狭状態とも取れる状態にあることが、本編での言動や行動からうかがえる。

OP題歌「コネクト」の歌詞ほむらの事というのもあり、ある意味もう一人の(影の)主人公である。『ひだまりスケッチ』のゆのモチーフまどかとは対照的に、明確なモデルはおらず「虚淵作品の男性主人公」のエッセンスが色濃く出ている…と、言われている。

叛逆の物語

まどか魔法少女にさせないため、幾度となく同じ時を繰り返した少女。理が変った世界で、まどかがいた事を一覚えている存在であり、その意思を継いで魔法少女として戦い続けている。

――「叛逆の物語公式サイトより

まどかが「円環の理」と呼ばれる概念となった後の世界で、まどかのことを覚えている一の人間として戦い続けていた。また、インキュベーターに「魔女」と「感情の相転移エネルギー」について情報を与えていたことが、大きなポイントとなる。

ネタバレ反転

本作の主人公。「円環の理」を解明しようと論むインキュベーターフィールドに捕らわれ、「魔女化」という現を検するための実験材料にされてしまい。そこに加えて、自分だけがまどかのことを覚えているが、それはにも理解してもらえるはずもなく、また、まどかとの思い出すら自分の妄想・絵事に過ぎないのではないかと自分自身さえ信じられなくなるなど、孤独感に苛まれ続けていた。まどかに対する想いから、やがてソウルジェムには限界まで穢れが溜まり、半ば魔女と化してしまう。

インキュベーターフィールドのため、ソウルジェムが崩壊してグリーフシードに変化する事を免れていた彼女は、ソウルジェムの中に魔女結界を形成して偽の見滝原を再現し、ほむら意識に結界内に引き寄せて、記憶をざんした魔法少女達を含む知人等と共に、ナイトメアと呼ばれる敵と戦う日々という理想的魔法少女日常を演じていた。だが、僅かな記憶の違和感から杏子と共に、そこが偽の見滝原であり魔女の結界内という真実にたどり着く。

その後マミさやかとの対峙とインキュベーターとの会話から、全ての相を知ったほむら激怒絶望し、インキュベーターの企みを破綻させるために、あえて「円環の理」による救済やまどかとの再会を拒絶して、自ら消滅することを画策。しかしながら仲間たちの助によりほむら自殺阻止され、インキュベーターフィールドも破壊。ほむらまどかとの再会を果たすことになる。だが「円環の理」に導かれようとした段階で、ほむらもが予想もしなかった行為に出た。

この先の末については、ほむら自身が抱くまどかへの想い(本人く「)と、真実に気付く直前に、「円環の理」としての記憶を失っていたまどかから、「孤独になんて耐えられるわけでい」と聞かされていた事から、「あの時何としても阻止しておくべきだった」と決意を固めていたことが大きく関係しているが、あまりの事の成り行きに、「「「「「「わけがわからないよ」」」」」と叫びたくなった観客も多かったという。それまでの暁美ほむらというキャラクターの印を根底から覆すほどの行為であったが、詳細について記載するには、数論のフェルマーの言葉を借りれば余白が狭すぎる

詳細については、「悪魔ほむら」を参照。


能力

本編
魔法少女として与えられた武器は時計で、魔法少女としてのは時間操作。
厳密には前述の一月前への時間遡行と、戻ったところから一月かけて流れ落ちる状の砂時計の砂を堰き止めることで発生する時間停止となる。
当然砂が全部流れ落ちた後では時間停止は使用不となり、時間遡行においても全に砂が流れ落ちてからしか使用できないという制約が存在している。
時間停止が発動すると、に仕込まれたギミックが作動し止まった時間の中を術者であるほむら及び彼女に触れた者のみ行動可になる。の応用かの機なのか内部の虚に質量、体積を視して物を保存する事もできる。
これらは強に見えるが「それしかできない」事が弱点。魔法的な地はむしろ低く、アニメ本編に登場する5人の中では最弱であり、アイテムも武器でなくであるため、それを補うべく自作のスタングレネード暴力団事務所軍事施設から窃盗した銃火器や軍用兵器を用意・使用しており、その戦闘力魔法による一足飛びな物ではくあくまで本人の地かつ現実的な努によって身につけたものとも言える。

 尚、虚淵玄によると本編に至るまでのほむらの逆行回数は5回以上1000回未満(つまり体感時間で最大80年弱)との事である。
(ただしコレは、1000回以上繰り返しても因果関係に気付けない程愚かではいという意味合いでの発言だったらしく、もし自己欺瞞でわざと気付く事を拒絶していた場合はその限りではい)
その一方で、その話には続きがアリ、「大体10回前後と見るのが妥当であろう」との発言があるらしい。
(この場合、体感時間は約1年となるが、知人の死と硝煙にまみれた1年ともなれば、納得の変貌ぶりではある)

改変後の世界

まどかの願いによって宇宙変された結果、ほむらの願いの内容も変化したのか、そのも大きく変化した。
時を操るは失われ、まどかの物と同様にに変化するらしき物と、による飛行を得た。
この状態をリボンほむらファンの間では呼称している→詳しくは「リボンほむら」参照

ただ、最終話クレジットロール後に流れたエピローグではこのがまがまがしく変化しており、コレについては最終話放映後にファンの間でも様々な憶測が流れた。後に開された新作劇場版叛逆の物語」で見せた新しい姿を彷彿させる演出にも見えるが、関連性は不明。

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』では、「侵食する」という名で対艦ミサイル駕するほむら最強技として登場している

ファンからの扱い

第3話での魔女文字解析の結果から明確な称として「ほむほむ」が使われるようになった。公式の扱いではあるが「ほむほむ」の称は劇中登場人物達は使っていないので注意されたい。魔女文字の解析についてはほむほむの記事を参照。

二次創作では本編においてまどかに対してのみ気を回したり優しくしたりと、まどかに気がある行動を続けるために「まどかに対するツンデレクーデレキャラ」にされやすい(ただし、物語が進むごとにツンやクー要素が抜け落ちていく)。同時に本編では自分を敵視するさやかに対しては扱いがぞんざいである。まどかピンチ颯爽と登場するので、颯爽ヒロインを助けるヒーロー宇宙海賊コブラパロディの「スペースほむら」や、まどか危機をいちく知る為に常にストーキングし続けた末にまどかLove駄目人間と化し、悪化すると変態淑女になってしまう「変態ほむらさん」などの様々な二次創作キャラが誕生した。また第11話でのワルプルギスの夜戦での暴れぶりからのコマンドーパロディーホマンドー」や、装甲騎兵ボトムズ題歌のタイトルからの「炎のさだめネタも記憶深いといえよう。
また、キュゥべえによる勧誘にまどかが乗りかかった時には高確率どころかほぼ確実に現れて阻止するため「それには及ばないわ」が名言扱いされたりしている。なものからカオスまで様々な設定が存在するが「まどかに好意を抱いている」ところは概ね共通している。
基本的にはまどかとのカップリングメイン。10話放映前はクールほむらと気弱なまどかの印が強かったためにほむまどが多かったが、10話でほむらの本来の性格やまどかのために自分をげる姿といった二人の関係が深く描写されてからは、まどほむが数を増やしている。他にもマミほむ杏ほむといったカップリングもあり、さらに本編ではの仲だったさやほむも(半分ネタを含めて)描かれている。

作中最大の敵対関係にあるキュゥべえに対しては、原作通りほぼ例外なく類なき憎悪を示す。契約阻止のついでや言葉でおちょくられた時はもちろん、特に何もしていない時や場合によってはむしろキュゥべえが恩を売った時でさえを背けたくなるレベルの暴行を加えたりする。「ほむらなら、憂さらしのためにキュゥべえボコッていい」と各々に思われてる節すらある。契約阻止ストーキングキュゥべえへの過剰防衛兵器などをイジる要素が多いことから、今やキュゥべえに次ぐ2011年アニメを代表するフリーダムネタキャラと化してしまっている。

胸はマミさんと正反対にファンはおろか関係者からも「極めて残念」な扱い。変身すると制服で確認できた若干の膨らみが消え、版権絵では段々胸囲が削られ…公式がこんなおかげで、二次創作では身長も含めてブービー賞なはずのまどかにすら劣るように描かれることも…。一方で、叛逆の物語では若干胸の膨らみが増えて測で杏子以上になっているようだが果たして。
現状の胸囲ランキングマミさやか>>ほむら杏子まどか

初期は様々な特徴(髪型など)が附合するため化物語戦場ヶ原ひたぎイメージされる事が多かった。(ちなみに、クラスメイト男子には阿良々木暦にそっくりなデザインの生徒も居る)しかしその後「魔法少女まどか☆マギカ」という作品の爆発的な流行や前述の二次創作のこともあってか、ひたぎイメージは離れ、現在暁美ほむらという一個のキャラクターとして独立している。

ほむらの呼称の一覧

本編

本編初登場順にまとめる。

その他

ここでは本編に登場していないものを書く。本編に登場した場合は「本編」の項に引っ越す。

  • (その他に関する項を紹介してください。)

お絵カキコ

暁美ほむら とくに深い意味はないです WATASI HA HOMU HOMU HA DESU!! 暁美ほむら 暁美ほむら 暁美ほむら 暁美ほむら ドラマ「RESCUE」より 眼鏡を描くかどうか死ぬほど迷った ほむらの絵 ぐぬぬ>>49 ほむほむ 暁美ほむら 暁美ほむら よしこについて語るスレ#13 よしこについて語るスレ#24 よしこについて語るスレ#30

ほむほむアイコン1 ほむほむアイコン2 ほむほむアイコン3 ほむほむアイコン4 ほむほむアイコン5 ほむちゅう 大変な時こそほむほむ 暁美ほむら リボンほむほむ 暁美ほむら ほむらSGアイコン 魔法少女の武具:暁美ほむらの盾 

Charlotteちゃんも大絶賛

関連動画

関連動画「暁美ほむら」でタグ検索
変態ほむらほむほむのほうでもリストしてます。
まどか☆マギカMADリンクの項も参照。

関連静画

関連静画「暁美ほむら」をタグ検索
変態ほむらほむほむのほうでもリストしてます。

関連立体

関連商品

暁美ほむら総合

生活雑貨

タオル・クッション・寝具類

携帯・小物・アクセサリー類

Tシャツ・バック類

魔法少女まどか☆マギカの関連商品一覧の項も参照。

関連チャンネル・関連コミュニティ

関連項目

魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧の項も参照。

魔法少女まどか☆マギカ
アニメ 第一期 テレビアニメ | 劇場版(総集編)
第二期 劇場版(新編)
スピンオフ漫画 魔法少女おりこ☆マギカ | 魔法少女かずみ☆マギカ | The different story
魔法少女すずね☆マギカ | 魔法少女たると☆マギカ
ゲーム ポータブル | オンライン | ペンタグラム
登場人物 メインキャラクター 鹿目まどか - 暁美ほむら - 巴マミ
美樹さやか - 佐倉杏子 - キュゥべえ - 百江なぎさ
サブキャラクター 志筑仁美 - 上条恭介 - 早乙女和子
鹿目詢子 - 鹿目知久 - 鹿目タツヤ
モブキャラクター 中沢 - ショウさん - エイミー
おりこ☆マギカ 美国織莉子 - 呉キリカ - 千歳ゆま - 優木沙々- 浅古小巻
かずみ☆マギカ かずみ - 御崎海香 - 牧カオル
浅海サキ - 若葉みらい - 神那ニコ - 宇佐木里美 - ジュゥべえ
ユウリ様 - 飛鳥ユウリ - 双樹あやせ - 和紗ミチル - 聖カンナ
すずね☆マギカ 天乃鈴音 - 奏遥香 - 日向茉莉 - 詩音千里 - 成見亜里紗
たると☆マギカ ジャンヌ・ダルク - リズ・ホークウッド
メリッサ・ド・ヴィニョル - エリザ・ツェリスカ 
その他 魔女 - 使い魔 - 魔獣
楽曲 TV版 コネクト | Magia
また あした | and I'm home | (サウンドトラック
劇場版(総集編) ルミナス | ひかりふる | 未来
劇場版(新編) カラフル | 君の銀の庭 | misterioso
関連人物 スタッフ 新房昭之 | 虚淵玄 | 蒼樹うめ
宮本幸裕 | 岩上敦宏 | 岸田隆宏 | 劇団イヌカレー | 鶴岡陽太
アーティスト 梶浦由記 | ClariS | Kalafina | 貝田由里子
関連団体 シャフト | ニトロプラス | アニプレックス | MBS
一覧 関連項目一覧 | 関連商品一覧 | 関連書籍一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9A%81%E7%BE%8E%E3%81%BB%E3%82%80%E3%82%89
ページ番号: 4554000 リビジョン番号: 2495083
読み:アケミホムラ
初版作成日: 11/01/28 15:44 ◆ 最終更新日: 17/05/31 07:49
編集内容についての説明/コメント: 静画1つ削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


「わけがわからないよ」

ゴスほむrkgk

電撃表紙

マドカマドカマドカマドカマドカマドカマドカマドカ

ほむら

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

暁美ほむらについて語るスレ

3772 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 01:08:06 ID: vkI+APiZCU
>>3769
劇場版永遠の物語はEDでホムリリィ誕生を想起させる描写は確かにあったがその節は筋が通らない。リボほむ時代を全部作り物って言っているようなものじゃん。
ほむら変後の世界で虚しい思いしながら魔法少女続けていたんだよ。
出なきゃQBまどかを知らないじゃん
3773 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 20:08:06 ID: bazquakaTH
なんか懐かしくなってアニメ放送当時のないかなーって適当に漁ってたら
3話で見せたほむほむテレポートのこと『ゼロバスト』って呼ばれてて流石に噴き出した
その発想はなかった
3774 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 10:59:33 ID: EKboze11Qg
相対性理論で時を遡れる可性が示唆されてるからほむらチートって言うほどでもないと思うんだよな。確かに強だが魔法少女なら光速えられそう
3775 : ななしのよっしん :2017/03/03(金) 02:31:18 ID: dLjUOdjVAf
悪魔ほむらは チ-トすぎるやで
世界の理を変えるとか
3776 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 19:19:11 ID: Z5k1zb+Bvv
漫画『~は明日から頑る』は気に入らん。キャラ崩壊は言うまでもなく、親友の命かかっててやる気停滞とか整合性ないわ
3777 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 18:37:03 ID: rA8ZdzLyoG
眼鏡ほむらほむらで別々に出るだろうか?
ホムリリーも2種あるし
3778 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 01:47:18 ID: 8UmLaagucA
ほむらはあれだな
魔法少女はたった一つの希望と引き換えに全てを諦める者である」
という、QBが(特に意図せず)作った理にいつまでも縛られているんだな
まどかがそれを効にした世界でもただ一人縛られている
自分が作った世界でもなおただ一人縛られ続けている
3779 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 22:10:58 ID: vkI+APiZCU
記憶がある時点で理だろ。どんだけ長く地を見てきたと思う?
まどか編なんて根幹の部分には大した意味はない。彼女が本当に自由になるには、彼女自身が自分を愛し、許せるようにならなきゃダメなんじゃないかな?
3780 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 13:18:15 ID: ZzF4rXIVi/
>>3778
まどかほむらだけでなく何人かの魔法少女の理は効化出来なかったぞ。
3781 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 21:12:39 ID: nk5TiHiPja
一見すると最後の展開は、ほむらまどかのこと思って身を引いたとか、決別したとか見えるんだけどさ
あの時点ですでにほむらって世界そのものなんだよね
つまり体的にそばにいなくても、実質的には常に一緒にいるのと同じで、
それこそ世界が終焉するそのときまで一緒にいられるわけで
最後の歌いながら踊ってるシーンは、たぶん彼女にしかわからない幸せを噛みしめてるんだと思うんだよね
だからね、本人が満足してて幸せそうなら、それでいいんじゃないかな?って思うんだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015