編集  

有澤孝紀単語

アリサワタカノリ

有澤孝紀とはありさ たかのり、1951年4月2日 - 2005年11月26日 )とは、アニメ作品のBGMCM等を手がけた日本作曲編曲

概要

洗足学園大学音楽学部卒業後、卒業後、1980年コーラスグループSOAP」としてレコードデビュー。代表曲に「コカコーラ」(1980年 - 1980〜 1981年 - 81年)や日本航空 JAL30周年キャンペーンソングTAKE OFF」(1981年)等。

SOAP」解散後は、作曲として活躍。

美少女戦士セーラームーン」のBGM1998年2000年2001年JASRAC際賞を受賞した。 

2005年11月26日、膀胱のため54歳で死去。

代表的なサウンドトラック

編曲作品(童謡)

etc...

劇場版 美少女戦士セーラームーン劇伴について

シリーズ全編を通して劇伴を担当した有澤孝紀音楽は評価が高く、有澤はこれらセーラームーンシリーズ音楽JASRAC際賞を受賞した。

大きな特徴としては変身シーン必殺技などに際して、同度堆積による特徴的な音階を使用することが挙げられる。

また、これら見せ場のシーンではバックコーラスが「セーラームーン」と歌うのも大きな特徴。

コーラスにはこれ以外のセリフはなくあとはスキャットが僅かに入るのみで、

見せ場において大変効果的であった。R映画版以降は他のセーラー戦士変身シーンに合わせてそれらのキャラクター名がバックコーラスに入る各キャラ専用変身音楽も作られた。これらコーラスの使用は、有澤が1980年代初頭にコーラスグループSOAP」を結成していたことによる影が大きい。

その他、Rではサクソフォンクラリネット、Sでは(劇中設定の海王みちるの特技に合わせて)ヴァイオリンの特徴的なソロを含む曲が多く用いられた。

セーラースターズでは必殺技シーンイントロで波形編集により、ターンテーブル効果で音程をうわずらせたり、セーラースターライツテーマ(特に変身シーン)では特徴的なシンセサイザーの音色やピアノシンコペーションを用いるなど、1996年当時流行していたユーロビートなどのテクノ音楽の影が強くえる。(wikipediaより)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

有澤孝紀に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%89%E6%BE%A4%E5%AD%9D%E7%B4%80
ページ番号: 5494358 リビジョン番号: 2565484
読み:アリサワタカノリ
初版作成日: 17/07/17 01:07 ◆ 最終更新日: 18/02/25 13:30
編集内容についての説明/コメント: 動画追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

有澤孝紀について語るスレ

1 : /m :2018/02/25(日) 06:09:15 ID: 0/BgL+Lt/L
ディアボロモンの逆襲からテイマーズまでの曲が未だに頭に焼き付いて離れない
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829