単語記事: 朝倉敏景

編集

朝倉敏景あさくら・としかげ 1428 ~ 1481)とは、越前戦国大名である。朝倉教景朝倉(英)とも名乗ったが、この記事では同名の人物との区別の為、一時期の名乗りである敏として記述する。

概要

朝倉7代当
朝倉家景の嫡男。朝倉朝倉朝倉朝倉など。子に朝倉氏景朝倉明、朝倉孫四郎、朝倉総、朝倉教景(以千宗勝)、朝倉朝倉儀、朝倉宗滴がいる。

元々は名門・斯波武衛一家臣であったが、武衛と守護代甲斐氏の対立関係の中で徐々に頭を現す。応仁の乱でははじめ西軍に属したが、越前の支配権を条件に西軍から東軍へ寝返り、最前線で大活躍した。

独立大名としての立場の完成息子に託すことになるが、この後の戦国時代に多発する守護代勢による下克上、その第一号と言える。自立の下準備を整え、朝倉100年の繁栄の基盤を作った名将である。

名前について

当初は教、次に敏を一時名乗ったが、理由あって教に戻す。その後は孝名した。

朝倉教景』の名前は祖(法名は心宗覚)、(のち朝倉家景)、五男(法名は以千宗勝)、八男(朝倉宗滴)と歴代で5人も名乗っている由緒ある紛らわしい名前である。詳しくは朝倉教景の項を参照。

次に、君・斯波義敏から一字拝領して敏名。だが義敏と対立関係となったため、「敏」の字を捨てて教に戻した。実は敏を名乗っていた期間はかなり短いのだが、他の歴代当と被らないので、区別の為にこの名前が用いられる事も多い(この記事もそうだが)。

やがて寺社横領などを繰り返したために、教の名前に対して呪詛をかけられてしまい、朝倉へと名した。でも呪われたはずの教の名前を息子に継がせている不思議。

曾孫にあたる10代当朝倉は、この7代孝(敏)にあやかって同じ名を名乗った。二人を区別するため、7代(敏)を『』と呼ぶこともある。英は法名。(゚∀゚)o彡゜えーりん!えーりん! (この場合、10代の事は『宗』として区別する)

背景 … 朝倉氏と斯波氏との関係

当時の朝倉氏は三管領の一家・斯波武衛の重臣であり、越前守護代を務めていた。同じく越前守護代を務める有臣に甲斐氏が、尾守護代としては織田氏がいる。

100年後に朝倉氏は織田信長によって滅ぼされるのだが、この頃は(は違えど)同じ武衛に仕える同僚という間柄であった。余談だが織田氏も発祥の地は越前である。

朝倉氏らの君である斯波武衛越前・尾・遠江の3ヶを治める守護大名で、管領職を務めるなど室町幕府にて代々重きをなしていた。が、7代当・斯波義の子(斯波義豊)が1432年に18歳若さで亡くなった所から、名門の歯車が狂いだした。

翌年に義も亡くなり、の斯波義郷が跡を継ぐが、3年後に落が原因で27歳で死去。わずか2歳であった義郷の嫡男・斯波義健が継ぐことになる。義&義郷のである斯波持有がこれを補佐するが、彼も1440年に28歳で若くして死去する。

そして朝倉敏景の時代、1452年にはとうとう斯波義健も18歳で跡継ぎなく逝してしまい、武衛の嫡流は断絶する。このため有である大野斯波から、斯波持種の子・斯波義敏が本家を継承することになった。

生涯

1450年、23歳の時に朝倉家景が亡くなったため、祖朝倉教景(宗覚)の後見を受けて督を継いだ。当初の名前はも祖も名乗っていた「朝倉教景」。まだ存命であった祖から名前を譲られたのだろうか。

上述の通り1452年に斯波義敏が新当となったため、偏諱を受けて名した。

長禄の変

督相続当時の斯波氏は先述したとおり、当逝続きで重臣クラスの守護代が権を握っていた。
ここ越前においても越前と遠江の守護代を兼ねていた甲斐常治こと甲斐将久により支配されており、甲斐氏の行動に好ましく思わない義敏と対立していた。
朝倉中においても敏叔父であり岳でもある朝倉と対立を深め、敏甲斐側に肩入れして名を捨てて名した。(但しここでは以下も敏名義で記述する)
は義敏側に味方につき、越前において斯波氏の内紛が勃発した。
1456年に義敏が将久の専横を告発したのを端を発すると血を血で流す戦いへと突入した。
1458年に将久が病に倒れると、義敏が臣・堀江(敏の義)を大将として将久の子・甲斐らを撃ち破り越前から追放し、緒戦を勝利で収める。

近江へと追放された敏らは中央への接触を試みる。
1459年に幕府の調停に義敏側は反発、逆に幕府が敏甲斐側に肩入れさせる好機だと感じて打診を行い、味方に引き入れることに成功した。と言っても前々から将久による幕府とのパイプがでかかったのもある。
この前後に足利成氏討伐のために関東出兵を命じられていたが、敏甲斐側も義敏側も相手の行動を警していたため、関東へと兵できなかった。
結局8代将軍・足利義政逆鱗に触れた義敏は西大内の元へと逃亡し、越前にいた義敏一は悉く討ち果たされた。
このとき敏にとってのたんこぶであった同族を討てたのは大きかったであろう。
朝倉、義堀江、庶流の朝倉契(朝倉5代・朝倉教景朝倉の孫)らはこの戦いにより全員戦死した。
この戦の直後に将久は病で亡くなり、甲斐がその跡を継ぐも立場はその子・甲斐信久と守護代の交代を何度もするなど不安定な状態となった。
代わりにこの戦で名をあげた敏中はもちろんのこと周辺においても名をあげることとなった。

応仁の乱

斯波氏の督は義敏の子である当初3歳の斯波義寛が継ぐこととなっていたのだが、幕府の介入により足利氏・斯波氏の遠縁の一族である渋川氏より斯波義廉を迎えた。
これに反発した義敏は義廉と対立する。
同時期に河内畠山氏でも尾州と総州に分裂しており、戦は包まれることとなった。
そしてそこに足利義政に嫡男・足利義尚誕生により将軍でも督相続問題が発生。
この3にならうようにして幕府内で権ふるっていた伊勢氏でも兄弟で分裂。
三ヶ半の太守である極氏でも臣の身内分裂もあり近江以外の三ヶで分裂した。
以前から分裂していた小笠原氏、六角氏、小早川氏、河野氏、島津氏にも広がった。
大内氏や富樫氏や若狭武田氏など、幕府の有者の暗躍で分裂大名も存在した。

は西軍の総大将である山名宗全に味方して応仁の乱が勃発する前年の1466年に文正の政変を起こすなど、斯波義廉のとして活躍する。
また、翌1467年には応仁の乱の前戦というべき御霊合戦に畠山義就方として参加、敵方である畠山政長を攻め立てて義就の友軍として活躍した。

応仁の乱が勃発すると、まずは東軍の怒涛の攻撃が展開された。
将軍の身柄を東軍にとられた上、若狭武田氏や大和衆の活躍により西軍が不利となる。
甲斐一族と共に細川勝久を攻めるも、東軍の極持清と赤松政則が向かってきたため、持清を撃退したが、政則には敗れて撤退した。
足利義政により西軍への降伏勧告が行われ、賊軍になるのを恐れた六角高頼、土岐成頼、斯波義廉らが降伏に応じようとしたが、条件が『朝倉敏景の首級』であったために降伏を断念した。
このときの敏は劣勢の西軍の中を獅子奮の活躍でいでいた。

その敏の活躍に味方の援軍が到着した。その中でも一番の大物が周防の大名である大内である。
こうなると形勢は逆転、敏を得た状態となり1468年には西軍が苦戦した賢を討ち取るなど、更なる働きを見せた。

敏景の不穏な動き

しかし、京都が焼け野原になっていた1470年になるとどうやら越前に戻っているようである。
そして不可解な出来事が起きた。畠山義就の猶子となっていた畠山という人物が越前で敏によって殺されたのだ。
義就は西軍であり、敏も西軍である。
は義就に実子である畠山修羅が誕生したことにより嫡となり追放されてしまっており、実家へと戻る最中だったと推測される。
彼の実家能登畠山氏であり、ここも義就を支持していた西軍であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件の翌年…………、敏越前守護という土産と引き換えに意気揚々と東軍に寝返った。

面下で東軍と接触を図っていたのだ。

晩年

これにより、対立していた義敏からすれば困惑していただろうし、今まで配下と見ていた義廉も愕然としただろう。
同じ東軍となったとは言え、越前簒奪を狙う敏慢ならなかっただろうが、将軍命令で義敏は強制中立化にされてしまった。
念に思った義敏は59歳の・斯波持種と15歳の子・斯波義寛(1485年までは斯波義良)に託したという。

越前の刈り取りを義政から半ば認められた状態になった敏は斯波の拠点を撃破していき、1475年の甲斐の降伏でほぼ了した。
しかし、越前の斯波の残党の抵抗にあい、1479年には堂々の23歳の若武者となった義寛に越前奪還の兵を出されるなど苦戦を強いられた。
また、東軍に寝返った1471年には福寺の経覚の宗違いである本願寺如が越前吉崎に赴いたことにより、朝倉にとって最大の不の敵となる種を植えてしまった。
これ以降朝倉が滅亡した後も旧臣たちは本願寺勢に苦しめられることとなる。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける朝倉敏景一覧

録に正式に参加していたわけではなく、PKの特選カスタマイズの賞品としてである。賞品なだけあって強い。

軍事 内政
群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
統率 74 知略 85 政治 95
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 武勇 知略 政治

関連動画

朝倉敏景に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%95%8F%E6%99%AF
ページ番号: 5477105 リビジョン番号: 2472152
読み:アサクラトシカゲ
初版作成日: 17/03/21 08:19 ◆ 最終更新日: 17/03/25 14:01
編集内容についての説明/コメント: 見出しレベル調整。背景の部分の文章校正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

朝倉敏景について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 18:29:34 ID: uRxeUiM547
ちょうど例の新書の応仁の乱を読んでたところだったから面
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015