単語記事: 本能寺の変

編集

本能寺の変正十(1582)年六月二日、・本寺に宿泊していた織田信長が、臣・明智光秀の率いる軍勢に攻められ自に追い込まれた事件。1000年をえる日本史の中でも屈の大事件である。

経過

変の発生前

1582(正10)年3月織田信長甲斐武田勝頼を滅ぼした。
これにより織田は、畿内を中心とした大勢となった。

残っている地域は

といった感じで、もはや織田信長下統一は時間の問題であった。もし本能寺の変が起こらなければ、あと数年のうちに日本は統一されたと思われる。

また、織田臣たちについては

 なお、信長の同盟者の徳川家康は、わずかな臣を引き連れ見物をしていた。

こういった状況の中、備中高松攻めにしていた秀吉信長に増援をめてきた。信長光秀に援軍を命じ、信長自身も出撃するべく軍勢の準備をさせる。

そして信長は僅かな手勢を引き連れ、・本寺に宿泊。織田織田信忠は妙覚寺に宿泊していた。

6月1日6月2日にかけ、明智光秀秀吉に援軍に向かうと見せかけ、突如進路を変更し、京都に向かった。この時に、かの有名な「敵は本寺にあり!」と宣言している。

変発生

六月二日明朝信長の宿泊している本寺の周辺がかに騒がしくなってきた。明智光秀が率いる13000人の軍勢が信長のいる本寺に攻撃を仕掛けたのである。

これに対し、本寺にいた信長たちはあまりに少勢であった。信長自身もをとり奮戦するが、小一人また一人と倒れ、信長自身も手傷を負ってしまう。信長へ引き退き、自したといわれる(享年49歳)。 

妙覚寺に宿泊していた織田信忠は本寺に向かったが、途中であった京都奉行・村井貞勝から本寺がすでに焼け落ちたことを聞き、二条に移る。「ひとまず安土に逃げるべきだ」とする臣もいたが、織田信忠は「このような謀反を起こすからには、まさかやすやすと逃がしはしないだろう。もしも雑兵に打ち取られたりしたら念」と言い、脱出を断念。臣の前田玄以にが子・三法師を託した。彼らは脱出に成功している。ほかには織田長益(織田有楽斎)、水野忠重などが脱出した。

明智軍は続いて二条に攻めかかった。織田信忠らは予想外に善戦したが、しょせん多勢に勢。自して果てた。(ちなみに信忠の介錯を務めた鎌田新介は脱出に成功。ザルってレベルじゃねーぞ!)

変発生後

光秀は今後の戦いに備え各方面へと救援をめた。まずは婿細川忠興とその細川藤孝。しかし子は信長の死により喪に伏すと言い、光秀につくことを断った。他に筒井順慶にも協を要請したが、彼は光秀の前に姿を現すことはなかった。

その頃、高松を包囲している秀吉で、光秀の密書を持っていた間者が捕らえられた。間者の持っていた密書は、毛利輝元信長の死を伝えるものであった。これを知った秀吉は直ちに毛利氏と講和を結び、大急ぎで京都へ向かった(中国大返し)。

大坂についた秀吉は、そこで待機していた織田信孝丹羽長秀らと合流し、光秀に合戦を仕掛けた(山崎の戦い)。

光秀は大敗し、逃亡中に農民によって殺された。

に滞在していた家康は変の報を聞き、自害しようとしたが、思いとどまって三河に逃走することにした。家康一行は賀をえ一路岡崎し、岡崎事到着する。この逃避行は、のちに「賀越え」と呼ばれることになる。

変発生の影響

諸大名への影響

信長の死により、織田の攻撃を受けていた諸大名は窮地を脱した。毛利氏は秀吉と協関係になり、長宗我部氏は四国統一へ動き始め、上杉氏もなんとか態勢を整えた。

家康信長は取れなかったが、信長の死により混乱地帯となっていた甲斐信濃に軍を進め、同じくこの地を狙いにきた北条氏政上杉景勝と争った。

織田家家臣の動向

事件の後、秀吉は自らの野心を徐々に剥き出し始める。信長光秀を討った秀吉中で発言が増し、織田臣団筆頭・柴田勝家をもえるまでになった。まずは信長の後継者を決める清会議において、信長の次男・信雄や三男・信孝ではなく孫の三法師を推す。嫡男・信忠の子ならば全く不自然ではないのだが、三法師はまだ幼く、秀吉が影を強く持つために利用しようとする意思は明らかであった。しかし発言が増した秀吉は長秀らを味方につけ押し切ってしまう。
この会議で大きな不満を持ったのが柴田勝家である。秀吉のさらなる野心を見透かしつつあった勝は、同様に不満を持つ三男・信孝と協調し秀吉を倒そうとする。一方、秀吉も信孝と険悪な関係にあった信雄を立てて対抗。ここでも速かつ的確な動きを見せた秀吉賤ヶ岳の戦いで勝・信孝を打倒、死に追いやる。その後信雄とも敵対するが講和に至る。

この後、秀吉は自身が下統一へと突き進んでいくことになる。

光秀の動機

動機の考察江戸時代よりされており多くの説が存在する。下記に挙げたものはその一部である。

怨恨説

この説は古くから提唱されている。理不尽な行為を受けたことにより謀反を起こしたとするものは、根拠とする史料が創作であることからほぼ否定されている。ただ近年、これとは違う理由の恨説は一定の支持はされている。

↓良く聞くパターン

黒幕説

黒幕説では様々な説が提唱されている。その黒幕として秀吉家康朝廷・義昭などが挙がるが、拠がない。

野望説

自分が下を獲ろうと考えたとき、自身の年齢を考えるとほとんど時間が残っていない。そんな時光秀チャンスが訪れる。信長は僅かな手勢を引き連れているのみであり、周辺に自分の軍勢に対抗できるほどの軍勢もない。光秀は一か八か行動を起こすのである。

四国征伐阻止説

当初四国長宗我部氏と織田は良好関係にあった。また光秀臣の斎藤利三は長宗我部氏は婚姻関係にあった。しかし状況の変化から信長の方針が変更され、長宗我部氏とは対立を深めることになる。そして信長は信孝・長秀を四国征伐を命じ、大坂で準備させることになる。光秀前に迫った四国征伐を阻止するため信長に攻撃を仕掛けることになる。

信長の遺体の行方

事件後も信長の遺体は見つからなかった。信長の葬儀では、遺体の代わりに信長の木像が造られ、火葬されている。しい火災により、遺体が信長と確認できぬ程に燃えたものと思われるが、密かに運び出されて埋葬されたという史料もある。いずれにせよ現在特定はされていない。

安土城焼失

安土城信長の思想を具現化したものといわれる。安土城軍事要塞的要素は少なく、に政務を執り行うである。

安土城本能寺の変が起こりしばらくして炎上、焼失してしまう。出火場所は発掘調により本丸付近であると特定されている。多くの容疑者が挙がっているが、動機が不明瞭であったりアリバイがあったりで犯人は分かっていない。

下をし自らの思想を組み込んだ安土城が本寺に倒れると焼失する安土城。一つの時代は終わりを告げ、次の時代へと移っていく。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9C%AC%E8%83%BD%E5%AF%BA%E3%81%AE%E5%A4%89
ページ番号: 4537991 リビジョン番号: 2043909
読み:ホンノウジノヘン
初版作成日: 11/01/05 19:27 ◆ 最終更新日: 14/06/24 23:21
編集内容についての説明/コメント: 四国方面を改訂
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

本能寺の変について語るスレ

25 : ななしのよっしん :2012/12/22(土) 23:17:58 ID: NzHpy70stE
>>23
そんな事は書いておりません。
捏造はやめましょう。
26 : 削除しました :削除しました ID: 98Lx7M4Pof
削除しました
27 : ななしのよっしん :2013/01/25(金) 13:46:22 ID: h3CXk/5Oij
歴史上の出来事って意外な文献に記述があったりするし、闊に捏造とか言っちゃうとっ恥を書くよね
論、たとえ有名なものであっても信憑性は怪しいものがあったりするからみにするのも危なくはあるんだが
28 : ななしのよっしん :2013/02/06(水) 12:06:11 ID: NzHpy70stE
原文

二日、、未余いねて有之処ニ、袖越中来り、明知、本のう寺法寺也、信長いられ所へ、明知取懸、
やき打ニ申也由申、そのまゝ出て、二条之御所へ可参トへハ、はや ゝ 人数取まき、入申事不成、
公家衆不成井上ト申者明知者也、かれよせ衆也、輙参度由申へ者、成間敷由申間、
しはし立やすらいへ共、成て、御所参て、分申入介ハ二条之御所ニ親王御方御座候、被参
そのまゝ取つめ申村井のかれへの由申、当番之衆御供申、のかれ、若宮様、二宮様、五宮様、
ひめ宮様、御あ之局、其外女房衆、公家飛鳥井子、庭田、中納言、中山中将、四中将、薄、左頭、
中御門弁、柳原大納言卿二日御番請取にて、其被参也、正親町中納言参て、御供不申て、
跡のこりて、二ヶ所手おい、あとよりのき申、余存河勝左近ト申者、余をたつねて、御供申、のけ申
ひるいもなき事也、のかれ事あるましき事也、にて御座候由各申入也、庭田、
川端はせ参て、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
29 : ななしのよっしん :2013/02/06(水) 12:08:40 ID: NzHpy70stE


二日、晴れ。まだ寝ていなかったところに、袖越中が来て、「信長がいた法宗の寺・本寺を明智が攻め、焼き討ちにした」と伝えてきた。
私はそのまま外出し、二条御所へ参ろうとしたところ、くも軍勢が取り巻き、入ることができなかった。
ほかの公家たちも入れなかった。
井上という光秀臣に「御所に入りたい」と言ったが、それはできないと言われた。
しばしその場にとどまり、どうしようか迷っていたが、時間が経ったので、天皇の御所へ参上し、以上の次第を報告した。
介(信忠)は親王の居場所である二条御所に入ったが、そのまま(そこを)攻撃された。
村井貞勝は親王に逃げることを勧め、この日当番だった公家たちがお供し、逃れた。
(脱出したのは)親王以下、若宮様・二宮様・五宮様・宮様・御あの局、そのほか女房たち、公家飛鳥井教・継の親子、庭田重保・高倉永相・中山慶親・四季満・薄諸・左頭・中御門であった。
柳原は二日の当番と交代するため、に御所に参上していたが、脱出のお供はせず、居残って二か所に傷を負い、あとから脱出した。
私の知る河勝左近という者が私を訪ね御所にやって来て、親王にお供して脱出した。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
30 : ななしのよっしん :2013/02/06(水) 12:19:32 ID: NzHpy70stE
98Lx7M4Pofの誤読、および捏造


豊が聞いたのは「信長のいた本寺が焼き討ちにされた」ということである。
 信忠のことも二条御所のことも聞いていない。

・信忠が泊まっていたのは妙覚寺である。
 よって豊は親王の「救出」に向かったのではなく、本寺の近くにいた親王が心配になって向かったのである。

光秀ではなく、光秀臣に断られたのである。

・「信忠がここに籠っているので」「絶望した」などとは書かれていない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
31 : ななしのよっしん :2013/02/06(水) 12:34:46 ID: NzHpy70stE
ちなみに三日・四日の全文は以下。


三日 。物のけ種々さうせつ共日記書つき隙なく、後かき申間大かたなり。
禁中はのけ申、事也。



人々が避難し、色々な噂が流れたが、日記を書くヒマがなく、大方は後で書いたことである。
禁中(天皇の御所)には人々が避難してきて、異常な状況である。


(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
32 : 削除しました :削除しました ID: 98Lx7M4Pof
削除しました
33 : ななしのよっしん :2013/05/17(金) 11:31:51 ID: NzHpy70stE
削除人さんです。
いやまったく、荒らしには困ったもんですなぁ(笑)
34 : 削除しました :削除しました ID: pE0kRjD2+3
削除しました
この掲示板には規制がかかっていて、投稿できない状態です。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015