単語記事: 札幌市時計台

編集

札幌市時計台とは、札幌を代表する観光名所のひとつで、の重要文化財に定されている建造物。単に「時計台」とも呼ばれる。

正式名称は「旧札幌農学校演武場」。その名の通り札幌学校の一施設として利用されてきた時計台は、北海道の開拓史をる上で欠かせない存在である。
また、時計台に設置されている時計機械は、ほぼ設置当時の状態のまま現在も動いている。時計としては日本最古、世界的に見ても明治期から現在に至るまで動いている時計は他にあまり例がない、重な時計である。

沿革

時計台は、札幌学校演武場として、農学校の初代教頭であったクラーク博士が構想、第2代教頭であったホイラーが設計を行い、明治11年(1878年)に建設された。余談であるが、クラーク博士演武場落成の前年、明治10年(1877年)に札幌を去り帰しているため、実際に演武場で教を執ったわけではない。

当時は現在のような時計ではなく小さな鐘楼が設置されていたが、黒田清隆開拓長官が時計の設置を発案したのを受け、ホイラーアメリカ時計メーカー「ハワード」に時計を発注。しかし、明治12年(1879年)に到着したこの時計は思いのほか大掛かりで、既存の鐘楼には設置できないものであったため、かなりの大修を余儀なくされたという。時計の設置工事は明治14年(1881年)の5月頃に着手され、同年6、7月頃に完成した。

明治21年(1888年)、演武場に設置された時計札幌の標準時計とする旨の告知がなされる。

明治36年(1903年)、札幌学校は現在の北海道大学の位置へと移転されることになったが、市民時計への着や標準時計としての役割(当時は一般市民が気軽に時計を所持できる社会情勢ではなかったため、多くの市民演武場時計を頼りにしていた)から、演武場はその場に残ることになった。このとき演武場札幌区に貸与され、会堂として使用されることとなった。

明治39年(1906年)、演武場札幌区に買収され、区の整備に伴い、解体せずに屋で現在の位置に移転。この頃から演武場は「時計台」と呼ばれるようになったと言われる。

その後、市民の集会場・図書館として利用されてきた時計台は、昭和42年1967年)からは札幌歴史を展示する施設となり、昭和45年1970年)には時計機械ともどもの重要文化財として定を受けている。

現在は札幌市カントリーサイン市民章をはじめ札幌イメージとして広く使われており、札幌徴ともいえる施設となっている。

がっかり名所?

ところでこの時計台の姿を見てくれ。
こいつをどう思う?

以上のように、札幌と共に歴史を歩んできた時計台であるが、がっかり名所という不名誉な呼び方をされることが少なくない。

なぜ、時計台はがっかり名所と呼ばれるようになってしまったのか。

理由はいくつか考えられるが、代表的なものとしては「観の問題」が挙げられる。札幌都市としての発展と共に時計台の周辺にも大規模なビルが建ち並び、歴史的建造物としての時計台の雰囲気を壊すと同時に、相対的に規模の小さい時計台に「ぱっとしない」印を与えてしまっているのである。「大自然」「雄大な大地」「広々とした」など、北海道に対して抱く過剰な幻想とのギャップが、がっかり感に拍を掛けている面もある。

観光客の中には、その「がっかりっぷり」をあえてネタにするために時計台を訪れる者もいるという。市民としてはなんとも複雑な心である。


確かに、その観が市民も認めざるを得ないほど残念なのは事実である。しかし、沿革の項で述べたとおり、時計台は「札幌歴史を展示する施設」である。時計台を訪れようと思うのなら、ぜひ建物の中にも入ってもらいたい。

一般人が実際に見ることができるのは、時計台の1階と2階の部分。1階はパネルや標本などで札幌北海道、そして時計台自身の歴史を伝える展示室。2階はホールとなっており、結婚式コンサートのための貸し出しも行っている。特に2階ホール歴史を感じさせる、とても雰囲気のあるフロアである。洋の近代建築物が好きな人にはオススメである。

入館料

大人個人 200円
大人団体
(総人員20人以上)
180
中学生以下 無料

※なお、入館時に障がい者手帳、療育手帳、精保険手帳を提示すると、手帳の所持者および介護者1名(車椅子使用者の場合は2名まで)が無料となる。

開館時間と休館日

開館時間は8時45分~17時10分。ただし入館の受付は17時までである。

なお、毎4月曜日(第4月曜日が祝日の場合はその翌日)と年末年始(12月29日1月3日)は休館日である。

アクセス

最寄りは、JRであれば札幌駅(南口から徒歩10分)、地下鉄であれば大通駅役所側出口から徒歩2分)となる。周囲にバス停もいくつか存在するが、全て挙げるとキリがないので、詳細はこちら時刻表・料検索で「時計台前」を検索して確認していただきたい。

なお、時計台の敷地内に駐車場は用意されていない。一応、周辺に有料駐車場がいくつかあるが、札幌駅大通公園間は一方通行路が多いこともあり、自での訪問はあまりオススメしない。

関連動画

関連静画

時計台の画像はNo.60とかNo.8082あたりにあります。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%82%E6%99%82%E8%A8%88%E5%8F%B0
ページ番号: 4517520 リビジョン番号: 1349131
読み:サッポロシトケイダイ
初版作成日: 10/12/04 14:11 ◆ 最終更新日: 11/11/12 22:07
編集内容についての説明/コメント: 画像のソースを少し弄った
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

札幌市時計台について語るスレ

2 : ななしのよっしん :2011/09/10(土) 07:00:23 ID: p3mt3durbG
はあのビルに囲まれた風景が好きなんだけどね、開拓の時代から今の発展した時代までを変わらない姿で時を刻んで鐘の音をかせるなんて素敵だと思うんだけど。
逆にあれが郊外に移転されたりしたら醒めで歴史的建造物の魅がた落ちだよ
3 : ななしのよっしん :2011/11/13(日) 01:37:53 ID: qkH8C7YzoU
実際に中に入って訪問者の足跡ノート見てみると、
がっかり名所と聞いていましたが全然そんなことなくて素敵な場所でした!」
という感じの書き込みがかなりたくさんあるよ。
がっかり名所として変な方向で有名にはなったけど、
やはりここは中に入って本当の良さがわかる場所だと思う。
4 : ななしのよっしん :2013/02/15(金) 12:26:40 ID: ffqbj7l5eC
ぱっと見は「…」となるけど鐘が鳴る時間に行くと「がっかりとはなんだったのか」となるので毎時ジャストあたりに行くのがいいと思う(本当に音はいいから)
5 : ななしのよっしん :2013/08/15(木) 12:35:11 ID: 0NrLh6i52U
時計台は、周りとの時の流れのギャップを感じて楽しむ場所だと思ってる。
もし、ステレオタイプ札幌市風景めているならが丘展望台あたりにでも行けばいい。
6 : ななしのよっしん :2013/12/27(金) 18:05:12 ID: ITPI5KKaCq
前回の祭りの時についで出回ったけどかぶってて綺麗だった。
7 : ななしのよっしん :2014/01/02(木) 14:53:22 ID: tkCic8Oclj
ビルよりも周りの木が邪魔で全景が撮れないってのががっかりやね
8 : ななしのよっしん :2014/01/02(木) 15:00:56 ID: G4RkbNIigZ
大泉洋なんとかインチキできんのか
9 : ななしのよっしん :2014/11/24(月) 01:43:00 ID: E08YcadWuW
周りのビルを壊したいと思ったことは何度かある。
電線邪魔だとか、木ももう少しなんとかしたいとか。
10 : ななしのよっしん :2015/08/27(木) 14:14:53 ID: p1H6TDgPOV
水曜どうでしょう企画ミスターがやらかすから水曜どうでしょうイメージが強い
11 : ななしのよっしん :2015/10/26(月) 03:18:54 ID: fKHIKbLGTH
>>10
大泉「すべてがわからん」
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015