単語記事: 杏さや

編集

杏さやとは、『魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物、佐倉杏子美樹さやか百合カップリングを示す言葉である。受け攻めを逆転させて「さや杏」とも書く。

おそらくまどか☆マギカにおいては「ほむまどまどほむ)」と人気を二分するほどの百合

なお、読みとしては通常の名前の読みから「きょうさや(さやきょう)」となるが、「杏子」が「あんこ」と読めてしまう事と、「きょうさや」の読みでは上条恭介さやかカップリングである「恭さや」と間違えることもあるため、「あんさや(さやあん)」と読む場合も多い。

概要

性格的には「魔法を利己的に使う」杏子と「他人のために使う」さやか、正反対な二人だが、杏子はかつて父親のために願ったことが家族崩壊へと繋がったことが、さやかの自らを犠牲にしてまで他人の為に魔法を使い、戦うことに重ねて見るようになり、さやかの身を案じることとなる。

そしてさやかが壊れ、魔女化し、それでも救おうとし、そしてその果てに…

独りぼっちは、寂しいもんな

この結末をどう見るや。ともあれこの一言が引き金となって二人を関係づけて描くことが多くなっている。

さらに別の時間軸でも杏子さやかになんらかの想いがあったらしく、再構成された世界でもさやかが召されたときにつぶやいた「せっかく友達になれたのに」という言葉が重くのしかかる。

シチュエーション的には、男性的な杏子から女なさやかへのツンデレアプローチが多々見られるが、本編の悲劇的な結末から二人が幸せに暮らす内容を描いていることも多い。

叛逆の物語では(ネタバレ反転)

もうまさに杏さや好きとしては見なければならないと断言せざるを得ないほどに公式杏さやマシマシとなっている。

衝撃のラストもだけど、公式二次創作を越えるってどういうことだ、おい。

そしてこの人も

ご存じキャラクター原案の蒼樹うめ先生、この人も結構な百合好きで、同人誌で逐次描いているほか、『ひだまりスケッチ』でも沙英ヒロという百合夫婦を生み出している。そんなてんてー、突如原案者なのに非公式薄い本を発行そして発行した即売会でワルプルギスの列が大発生したのだが、その中で杏さや漫画を描いており、さらに「大好きなこカップル」と、杏さやであることを明言してしまっている。そしてこのような言葉を残した。

どっちがツンでどっちがデレでも成り立つところが素晴らしい…。
どっちもおさまでどっちも王子さまなんですよね。もえる。

なにこの名言さすがうめてんてーや、わかりすぎやでぇ…。

そして宝島社から発行された杏さやムック本でも2人への手紙という形でその思いの丈をイラスト入りでっている。てんてーどこまで好きなんですか。同人活動再開したら杏さや本出しそうでいろいろな意味で怖い。 

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

攻\受 鹿目まどか 美樹さやか 巴マミ 佐倉杏子 暁美ほむら 百江なぎさ
鹿目まどか   まどさや まどマミ まど杏 まどほむ まどなぎ
美樹さやか さやまど   さやマミ さや杏 さやほむ さやなぎ
巴マミ マミまど マミさや   マミ杏 マミほむ マミなぎ
佐倉杏子 杏まど 杏さや 杏マミ   杏ほむ 杏なぎ
暁美ほむら ほむまど ほむさや ほむマミ ほむ杏   ほむなぎ
百江なぎさ なぎまど なぎさや なぎマミ なぎ杏 なぎほむ

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9D%8F%E3%81%95%E3%82%84
ページ番号: 4626698 リビジョン番号: 2017839
読み:キョウサヤマタハアンサヤ
初版作成日: 11/05/06 01:27 ◆ 最終更新日: 14/05/06 14:31
編集内容についての説明/コメント: カップリング表に百江なぎさを追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

杏さやについて語るスレ

127 : ななしのよっしん :2014/04/12(土) 02:01:45 ID: JUpeIaEyaJ
>>125
収録…されてませんでしたね…(遠い

女だが杏さやは本当に良いものだ
TVだと断然杏さやだったが、反逆観た後はさや杏もいけるようになった

あまりくっつきすぎない関係がとても良い 両方ともさばさばしてるから格好いいんだよね
涙を一滴して、あとは笑ってさやかちゃんの背中を守ってみせる杏子さんマジイケメン
反逆の絡みの多さは嬉しかったけど、もっともっとイチイチャしてほしかったわ
まあ続編があったらまた観られそうで、次回作期待してる

128 : ななしのよっしん :2014/04/22(火) 14:45:15 ID: PutFUDDR0x
友達になれてよかったなぁ杏子(涙)
129 : ななしのよっしん :2014/05/12(月) 16:54:31 ID: xCSQIOgE3f
>>128
misteriosoBGMに手つなぎ&共闘するシーンは泣けた
ああ良かった…本当に良かったね…って思った
130 : ななしのよっしん :2014/06/04(水) 12:21:16 ID: 2fFGfF2JsF
さやかアンチではいんだが「杏さや肯定しないやつは死ね」みたいな潮が嫌だ
131 : ななしのよっしん :2014/06/20(金) 16:27:18 ID: s3ag2/aCWu
http://www.goodsmile.info/ja/product/4438/
軍資もだけど今回はダイレクトパス買い忘れないようにしないとな……
132 : ななしのよっしん :2014/11/04(火) 11:28:00 ID: mJjuQqcpCl
未だに渋で根強い杏さやは凄いと思う
映画でも杏さやっぽいシーンはあったけどキャラの組み合わせが王道なのが人気を支える一端のように思える
このまま終わるのはいろいろともったいない組み合わせだよなぁ
133 : ななしのよっしん :2015/12/23(水) 18:06:05 ID: gsHM1Z8g64
そういえばこの2人の雰囲気ってなんか懐かしい感じがしてたけど犬夜叉かごめに似ているんだな
杏子っぽいさとツンデレ八重歯…後は魔獣編辺りでさやかに先に逝かれてしまった事と彼女を見殺しにしたと思って後悔している所
さやかは明るさや性格はかごめっぽいけど設定は桔梗に似て自分が死人であるという事に苦しみ、恋愛を諦める…という描写がある所かな
(他にも似ている所がありそうだけど)
小ネタだけどまどポ杏子のようにして振り回すあの必殺技ってついてた事かなww
犬夜叉BGMで2人のMADをしたら本当にすごく似合うと思う
134 : ななしのよっしん :2016/01/14(木) 15:39:25 ID: bT5wpRzd3o
>>130
さやかファンだが同感だ。映画化以降は公式からでさえそういう雰囲気を感じる。
叛逆の結末なんてまさにその類。さやかは生き返りました、杏子同棲してます、まどかマミさんとの記憶はなくなったけど、ハイ万歳……って、そうじゃないだろうと言いたくなる。
恭介への慕も、まどかとの親友関係もあってこそのさやかであり、家族とのゴタゴタがあって、一旦アウトローに走ったからこその杏子であり、マミさん子同士だからこその二人なのに、二人とも「お互いさえ居ればプロセスは関係なくハッピーエンド」って、それこそ悪魔から告げられたようで、すっごく微妙な気分だった。

なんて言うか、メイン五人の人間関係は、五人全員がそれぞれを大切にしていたのに、映画化以降は制作側が特定の関係ばかりをプッシュして、他の関係性をおろそかにしているように感じる。
杏子さやかは互いを補し合う関係だけど、この関係が全てみたいなキャラに変わりゆくのは余りにも寂しい。
135 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 03:29:02 ID: XJ3BXbKz7A
>>134
そりゃほむらが作った世界だから元の自然世界ではないさ
あとさやかが好きなのに「この関係が全て」みたいに思ってるのなら、
まともに映画見てないんじゃないかと言いたい

変後の杏子の性格は結界の中の性格なのかな
結界内も変後もほむらが作った世界だから、間違いなくあの性格だろうけど
元の性格のままで変後の世界にいてほしいというのもある
136 : 勃起 :2016/10/09(日) 21:04:36 ID: u52IBbssr2
叛逆がそんなに「さやか杏さやが全て」みたいな雰囲気だったか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015