単語記事: 東方昭和伝

編集

東方昭和伝とは、eleven氏制作の「東方キャラで昭和史を再現しようという無謀な試み」(本人談)である。

昭和史のうち、昭和の始まりからサンフランシスコ講和条約あたりまでを扱う(予定)。

~ 動画制作上のガイドラインについて ~

本動画では、森恪、近衛文麿、陸軍といった革新勢力の主義主張については相当尺を取り、擁護していますが、西園寺公望のようなリベラルの主張に対しては、本人の言葉をそのまま引用しているだけで、ことさら解説はしていません。というのも、大体至極真っ当なことを言っており、大局的に正しかったことは歴史が証明しているため、解説の必要性がないからです。こうしないと、リベラル・国際協調派=善、現状改革派・軍部=悪の単純な史観に陥りかねないので、こうした記述バランスをとっています。

関連項目

  • 東方昭和伝の年表
  • 東方昭和伝関連の各種一覧表
  • 内閣総理大臣
  • 東方ものしり講座

出演

≪ ※第八部現在 ≫

役名 演者 主な経歴
宮中
昭和天皇 東風谷早苗 第124代天皇
西園寺公望 西行寺幽々子 公爵 元老 元・総理大臣
原田熊雄 魂魄妖夢 男爵 西園寺元老秘書
木戸幸一 八雲藍 侯爵 内大臣府秘書官長 宗秩寮総裁
第1次近衛内閣文部大臣・厚生大臣
平沼内閣内務大臣
鈴木貫太郎 八雲紫 男爵 海軍大将(海軍兵学校14期)
海軍軍令部長 侍従長
内閣総理大臣
若槻礼次郎 綿月豊姫 第25・28代総理大臣 男爵
貴族院議員 憲政会総裁 立憲民政党総裁
田中義一 多々良小傘 第26代総理大臣 男爵 陸軍大将(旧制陸軍士官学校8期)
貴族院議員 立憲政友会総裁
浜口雄幸 第27代総理大臣 衆議院議員 立憲民政党総裁
犬養 毅 犬走椛 第29代総理大臣 衆議院議員 立憲政友会総裁
岡田啓介 聖白蓮 第31代総理大臣 海軍大将(海軍兵学校15期)
田中内閣海軍大臣 斎藤内閣海軍大臣
広田弘毅 ルナサ・プリズムリバー 第32代総理大臣 外務省官僚
斎藤内閣外務大臣 岡田内閣外務大臣
第1次近衛内閣外務大臣
近衛文麿 アリス・マーガトロイド 第34代総理大臣 公爵 貴族院議長
枢密院議長(平沼内閣班列)
平沼騏一郎 四季映姫・ヤマザナドゥ 第35代総理大臣 男爵 枢密院議長 
政治家
幣原喜重郎 パチュリー・ノーレッジ 男爵 貴族院議員(憲政会・民政党系) 
第1次若槻内閣外務大臣 浜口内閣外務大臣
第2次若槻内閣外務大臣
高橋是清 秋穣子 子爵 元・総理大臣 元・立憲政友会総裁
田中内閣大蔵大臣 犬養内閣大蔵大臣
斎藤内閣大蔵大臣 岡田内閣大蔵大臣
森 恪 封獣ぬえ 衆議院議員(立憲政友会) 立憲政友会幹事長
外務政務次官(田中内閣) 犬養内閣書記官長
鳩山一郎 ミスティア・ローレライ 衆議院議員(立憲政友会)
田中内閣書記官長 犬養内閣文部大臣
斎藤内閣文部大臣
松岡洋右 因幡てゐ 国際連盟日本代表主席全権 南満州鉄道総裁
迫水久常 雲居一輪 岡田首相秘書官
風見 章 メディスン・メランコリー 衆議院議員(無所属)
第1次近衛内閣書記官長
近衛篤麿
(外伝 特別出演)
神綺 文麿の実父 公爵 貴族院議長 学習院院長
官僚
吉田 茂 博麗霊夢 外務省官僚 外務事務次官(田中内閣)
駐伊大使 駐英大使
重光 葵 永江衣玖 外務省官僚 外務事務次官(岡田内閣)
駐華大使 駐ソ大使 駐英大使 
東郷茂徳 鈴仙・優曇華院・イナバ 外務省官僚 駐独大使 駐ソ大使
賀屋興宣 秋静葉 大蔵省官僚 大蔵事務次官(岡田内閣)
第1次近衛内閣大蔵大臣
岸 信介 黒谷ヤマメ 商工省官僚 商工省工務局長
満洲国総務庁次長
陸軍
宇垣一成 伊吹萃香 陸軍大将 陸軍士官学校1期
第1次若槻内閣陸軍大臣 浜口内閣陸軍大臣
第1次近衛内閣外務大臣
梅津美治郎 朱鷺子 陸軍中将 陸軍士官学校15期
陸軍次官(岡田~第1次近衛)
板垣征四郎 魅魔 陸軍中将 陸軍士官学校16期
関東軍参謀長 第1次近衛内閣陸軍大臣
平沼内閣陸軍大臣
永田鉄山 茨華仙(茨木華扇) 陸軍少将 陸軍士官学校16期
陸軍省軍務局長
東条英機 鍵山雛 陸軍中将 陸軍士官学校17期
関東軍憲兵隊司令官 陸軍次官(第1次近衛)
関東軍参謀長
石原莞爾 風見幽香 陸軍少将 陸軍士官学校21期
関東軍参謀 参謀本部作戦課長 参謀本部戦争指導課長
関東軍参謀副長
武藤 章 リグル・ナイトバグ 陸軍大佐 陸軍士官学校25期
参謀本部作戦課長 北支那方面軍参謀副長
田中隆吉 ルーミア 陸軍中佐 陸軍士官学校26期
上海公使館付武官 関東軍参謀
辰巳栄一 八海山辰巳(黄昏酒場) 陸軍中佐 陸軍士官学校27期
駐英大使館付武官
服部卓四郎 メルラン・プリズムリバー 陸軍中佐 陸軍士官学校34期
関東軍参謀
辻 政信 リリカ・プリズムリバー 陸軍少佐 陸軍士官学校36期
北支那方面軍参謀 関東軍参謀
安藤輝三 綿月依姫 陸軍大尉 陸軍士官学校38期
第1師団歩兵第3連隊第6中隊長
磯部浅一 サニーミルク 陸軍大尉(免官) 陸軍士官学校38期
村中孝次 ルナチャイルド 陸軍大尉(免官) 陸軍士官学校37期
栗原安秀 スターサファイア 陸軍中尉 陸軍士官学校41期
第1師団歩兵第1連隊付旗手
海軍
伏見宮博恭王 蓬莱山輝夜 元帥海軍大将 海軍兵学校16期 皇族
軍令部総長
永野修身 チルノ 海軍大将 海軍兵学校28期
広田内閣海軍大臣 連合艦隊司令長官
米内光政 上白沢慧音 海軍大将 海軍兵学校29期
横須賀鎮守府司令長官 林内閣海軍大臣
第1次近衛内閣海軍大臣 平沼内閣海軍大臣
山本五十六 藤原妹紅 海軍中将 海軍兵学校32期
ロンドン軍縮会議海軍首席随員
海軍次官(広田~平沼)
井上成美 河城にとり 海軍少将 海軍兵学校37期
横須賀鎮守府参謀長 海軍省軍務局長
高木惣吉 北白河ちゆり 海軍大佐 海軍兵学校43期
海軍省官房調査課長
外国要人
蒋介石 紅美鈴 中国国民政府主席 大元帥
汪兆銘 大妖精 中国国民政府副主席 行政院長
張学良 小悪魔(東方Project) 満洲奉天軍閥 国民政府西北剿匪副総司令
毛沢東 レミリア・スカーレット 中国共産党中央軍事委員会主席
周恩来 十六夜咲夜 中国共産党中央軍事委員会副主席
フランクリン・デラノ・
ルーズベルト
古明地さとり 第32代合衆国大統領(民主党)
ヘンリー・スチムソン 古明地こいし 合衆国国務長官(共和党フーヴァー政権)
コーデル・ハル リリーホワイト 合衆国国務長官
ジョセフ・グルー 洩矢諏訪子 合衆国駐日大使
ウィンストン・チャーチル 八意永琳 大英帝国庶民院議員(保守党)
元・海軍大臣 元・軍需大臣 元・植民地大臣
元・戦争大臣 元・大蔵大臣
ヨシフ・スターリン 比那名居天子 ソビエト連邦共産党書記長
ヴャチェスラフ・モロトフ カナ・アナベラル ソビエト連邦外務人民委員
アドルフ・ヒトラー フランドール・スカーレット ドイツ第三帝国総統
ヨアヒム・フォン・
リッベントロップ
Elis(東方Project) ドイツ第三帝国外務大臣
民間活動家・学者
北 一輝 レティ・ホワイトロック 国家社会主義運動家
大川周明 岡崎夢美 国家社会主義運動家
西田 税 エリー(東方Project) 国家社会主義運動家
美濃部達吉 朝倉理香子 東京帝国大学教授 貴族院議員(勅選)
尾崎秀実 上海人形 共産主義者 東京朝日新聞記者
近衛内閣嘱託 昭和研究会会員
リヒャルト・ゾルゲ ナズーリン 共産主義者 ソ連赤軍諜報工作員
白洲次郎 霧雨魔理沙 セール・フレーザー商会取締役
日本食料工業取締役
モブ
不偏不党(笑)の
新聞記者の皆さん
射命丸文 朝日新聞 他
階級だけは立派な
将校級軍人の皆さん
魂魄妖忌 荒木貞夫 杉山 元 南 次郎 他
上官の無茶に振り回
される兵隊の皆さん
レイセン 一般兵士 下士官 尉官クラス 他
見識ある政治家・軍人
の皆さん
森近霖之助 斎藤隆夫 渡辺錠太郎 他
救いようのないダメ
政治家・軍人の皆さん
こーりん 真崎甚三郎 他
その他の皆さん 高木社長
アイドルマスター)
適時使用

概要

東方昭和伝第一部  【動乱序曲編】  [ 昭和元年(1926年)12月 ~ 昭和6年(1931年)6月 ]

要するに、昭和という時代は、日本を取り巻く環境がどんどん悪くなっていく、国際情勢が激動し始めた時にスタートしたのである。それにはどんどん悪化しつつある状況にどう対応するべきか、問題をどう処理すべきか、 これが日本の至上命題であり、最も解決を急がされる問題として突きつけられた。ここから昭和が始まるのである。

≪ 主なできごと ≫ 昭和開幕 昭和金融恐慌 国民党中国統一 第16回衆議院総選挙(初の男性普通選挙) 張作霖爆殺事件(満州某重大事件) 世界大恐慌 金解禁 ロンドン海軍軍縮会議 統帥権干犯問題 浜口総理大臣狙撃事件 三月事件(陸軍クーデタ未遂事件)


東方昭和伝第二部  【満州攻防編】  [ 昭和6年4月 ~ 12月 ]

国際社会の「良識」に基づく、妥協なり自制が中国に対しても働くと信じた幣原外交は限界を迎え、もはや破綻をきたしていることは明白であった。外交的な協調が不可能であるならば、日本が取り得る選択肢は、二つしかない。全面撤退か、戦うかのどちらかである。

≪ 主なできごと ≫ 満州事変 朝鮮軍独断越境 錦州爆撃 十月事件 第2次若槻内閣総辞職


東方昭和伝第三部  【連盟脱退編】  [ 昭和6年12月 ~ 昭和8年(1933年)5月 ]

国民は犬養の死に同情はしても、これで内閣が倒れ、二大政党制が崩壊していくことを悲しむことはなかった。果てしなく続く派閥抗争や「政治とカネ」の問題に、人心は既に離反していた。「話せばわかる」「問答無用」このやりとりは、そのまま政党政治の落日と、軍部に代表される革新勢力の台頭を、象徴的に物語っていた。

≪ 主なできごと ≫ 犬養内閣成立 萱野和平工作 第1次上海事変 リットン調査団派遣 満州国建国宣言 血盟団事件 第18回衆議院総選挙 上海天長節爆弾事件 五・一五事件 斎藤挙国一致内閣成立 国際連盟脱退 ヒトラー首相就任 フランクリン・ルーズベルト大統領就任


東方昭和伝第四部  【国内抗争編】  [ 昭和8年4月 ~ 昭和11年(1936年)2月 ]

岡田内閣が誕生した昭和9年7月は、危機を理由に挙国一致内閣に結集されていた諸勢力が、その緩和の中で自己主張を抑えられなくなっていた時であった。政界はにわかに忙しくなり、国内におけるエリート層の分裂と対立は、この岡田内閣で頂点を迎え、政党間、軍内部、官僚内部に政界再編に向けての動きが活発化しはじめる。

≪ 主なできごと ≫ 塘沽(タンクー)停戦協定 ゾルゲ入国 軍令部令及び省部互渉協定改定 天羽声明事件 帝人事件 「重臣会議」初開催 岡田内閣成立 スターリンの「粛清」開始 海軍軍縮条約破棄 共産党指導者毛沢東 天皇機関説問題 華北分離工作 第19回衆議院総選挙


東方昭和伝第五部  【帝都騒乱編】  [ 昭和11年2月26日 ]

誰も国家の崩壊などを意図したのではなかった。飢えて死んでいく家族を、国民を救いたいだけだった。ただ明るい未来が欲しいだけだった。しかし、その純粋な思いが生んだのは、ただ悲劇だけだった。青年将校たちの純粋すぎる思いは、いずれにしろ、その目論見以上の致命的な影響を、祖国に対して与えてしまったのである。

≪ 主なできごと ≫ 二・二六事件 北一輝、永田鉄山の事跡につき総まとめ


東方昭和伝第六部  【軍部台頭編】  [ 昭和11年(1936年)3月 ~ 昭和12年(1937年)7月 ]

事態が危険な方向に進んでいることが見えていても、立憲君主である以上、止める権限はない。そうした天皇の立場を理解する者すら周りにいない。歴代天皇が味わうことのなかった過酷な運命が待ち構えているであろうことを思うと、西園寺は涙を流さずにはいられなかったのだろう。そして西園寺の憂慮は、現実のものとなるのである。

≪ 主なできごと ≫ 広田内閣成立 軍部大臣現役武官制復活 「南北併進」の国策決定 日独防共協定締結 綏遠事件 西安事件 宇垣内閣流産事件 林内閣成立 スターリンの「大粛清」 食い逃げ解散 第20回衆議院総選挙 第1次近衛内閣成立


東方昭和伝第七部  【日中激突編】  [ 昭和12年6月 ~ 昭和13年(1938年)4月 ]

此の如く 支那側が帝国を軽侮し 不法暴虐至らざるなく 全支に亘る我が居留民の生命財産危殆に陥るに及んでは 帝国としては最早隠忍其の限度に達し 支那軍の暴戻を膺懲し以て南京政府の反省を促す為 今や断乎たる措置をとるの已むなきに至れり(昭和12年8月15日 午前1時10分発表「政府声明」)

≪ 主なできごと ≫ 盧溝橋事件 通州事件 大山中尉殺害事件 第2次上海事変 北一輝らの処刑 石原莞爾作戦部長更迭 トラウトマン和平工作 南京陥落(南京事件) 国家総動員法制定


東方昭和伝外伝  【それぞれの日露戦争編】  [ 明治33年6月 ~ ]

明治37年(1904年)2月、極東の小国・日本は、北方の大国・ロシアに戦いを挑んだ。日露戦争は、興隆期日本の「成人式」であり、明治の日本人が一丸となって立ち向かった国難であったが、もちろんその中には、若き日の昭和の指導者たちの姿もあった。

≪ 主なできごと ≫ 北清事変 露清密約 裕仁親王御誕生 対露同志会結成 日英同盟 日露戦争


東方昭和伝第八部  【複雑怪奇編】  [ 昭和13年3月 ~ 昭和15年1月 ]

1939年ほど不吉な状態で明けた年は稀である。全体主義国家と民主主義国家とが、それぞれ急速に戦争配置に結合しつつあり、もうひとつの “ アルマゲドン ” が地上に起こる可能性が高いのである。これは危険な年になるであろうし、楽観主義が許されるとは私には見受けられない。(合衆国駐日大使 ジョセフ・グルー)

≪ 主なできごと ≫ ナチスドイツのオーストリア併合 近衛内閣改造 徐州作戦 張鼓峰事件 ミュンヘン会談 汪兆銘の和平工作 近衛内閣総辞職と平沼内閣成立 三国同盟問題 ノモンハン事件 日米通商航海条約破棄 独ソ不可侵条約 第二次世界大戦開戦


東方昭和伝第九部  【大政翼賛編】  [ 昭和15年1月 ~  ]

唯徒に聖戦の美名に隠れて、国民的犠牲を閑却し、曰く国際正義、曰く道義外交、曰く共存共栄、曰く世界の平和、斯くの如き雲を掴むような文字を列べ立てて、そうして千載一遇の機会を逸し、国家百年の大計を誤るようなことがありましたならば、現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことは出来ない。(斎藤隆夫・反軍演説)

≪ 主なできごと ≫ 米内内閣成立 反軍演説 ソ連・フィンランド「冬戦争」 チャーチル内閣成立 ドイツ軍西方電撃戦

各部マイリスト一覧






【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E6%98%AD%E5%92%8C%E4%BC%9D
ページ番号: 4248881 リビジョン番号: 2006672
読み:トウホウショウワデン
初版作成日: 10/01/02 22:27 ◆ 最終更新日: 14/04/15 01:01
編集内容についての説明/コメント: 第九部項目作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東方昭和伝について語るスレ

195 : ななしのよっしん :2014/09/22(月) 15:25:18 ID: MHP8Rsdkro
>>193
昨日酔った勢いで古川さんの本をアマゾンで買っていたらしいので、目次を読みましたが、参考文献目録を含めて、かなり有用な本かと思います。

また、宮内庁に連絡しました。宮内庁によると手続きが今集中して時間は掛かるそうですが、電子媒体で手に入ります。まず情報公開法に基づく開示請求(送付なら収入印紙300円、電子申請なら200円)をし、普通なら1ヶ月前後の手続きを経て(現在申請が集中しているとのこと)、再度所定の書類に必要事項を記入して送付すると、手に入れることが出来るようです。

紙ならば6万3千、電子ならば1万5千円+CDR100円とのことです。僕も来月収入が入ったら申請していようかと思いますw
196 : eleven :2014/09/25(木) 00:07:08 ID: AXH/6lwsIn
>>194
>>195 
返信遅れ申し訳ありません。早速ご回答頂きましてありがとうございます。
川田稔『昭和陸軍全史1』p18
『憲法義解』より「法律勅令及びその他国事に係る詔勅は、大臣の副署によって始めて実施の力を得」る。
という部分ですね。

したがって、天皇には「国家統治の大権」があるとされるが、それは建前で、国事に関わるものは国務大臣の副署(=同意)がなければ効力はなく実行されない。統帥事項も同様で、参謀総長の署名がなければ命令することはできなかった、と…
たしかに天皇機関説こそが、憲法を作った伊藤たちの公式見解だったということの史料的根拠と言えそうです。

同時に、そうであれば、やはり国務と統帥の一致のためには、「元老」という存在が必要不可欠だったということになりますね。ご紹介いただいている古川隆久『ポツダム宣言と軍国日本』の「1軍隊と憲法」の部分にはその辺りのことも書いてあるのかな。第四幕の作成にあたって、自分もチェックしてみようと思います。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
197 : ななしのよっしん :2014/09/27(土) 12:53:35 ID: OsAcY2boGG
そういえば町田忠治って出ないんでしょうか?
地元唯一と言っていい総理候補だったので
198 : eleven :2014/10/13(月) 13:27:27 ID: AXH/6lwsIn
>>197
町田は出ないですねえ…町田に限らず、政党人は政党政治の終焉後は日本政治を動かす主体となりえてないので、ほとんど配役をあてていません。久原房之助、中野正剛、斎藤隆夫、芦田均など、魅力的な人物はたくさんいるのですけどね。没落した後の政党人達の動向は、鳩山一郎一人出しておけば足りるだろうと考えています。
199 : ななしのよっしん :2014/12/29(月) 22:23:58 ID: MHP8Rsdkro
いよいよ明日ですね、楽しみにしています。川田さんの昭和陸軍全史は2巻が出され、次いで3巻が待ち望まれますね。

その後実録は購入しようとしていましたが、金銭事情で未だ買えておりませんw
200 : eleven :2015/01/12(月) 09:09:09 ID: AXH/6lwsIn
>>199

ありがとうございます。投稿時にエンコードの問題でバタバタしましたが、なんとか無事投稿できました。

いよいよ日米開戦が近づいてきて、昭和陸軍全史第三巻の刊行を心待ちにしています。四月くらいかなあ…

昭和天皇実録はこの間ようやく収入印紙を宮内庁に送り、開示決定待ちです。これも届くのが待ち遠しいですw
201 : ななしのよっしん :2015/01/15(木) 02:28:22 ID: MHP8Rsdkro
>>200
おつかれさまです。西園寺公は本当にいつか大河で描いて欲しいですが、これを扱うには色々な問題に切り込まないといけないので難しいのかもしれませんね。よく考えたら八重の桜でも出てこなかったし・・・。

ところで、年末に今後に参考となりそうな本が出ていました。ご存知でしたらばすみません。福永文夫『日本占領史1945-1952-東京・ワシントン・沖縄』中公文庫、2014年です。まさしくこの後を描くときに参考となりそうです。史料に基づいて、かつコンパクトに纏まった良著だと思います。
202 : ななしのよっしん :2015/04/13(月) 23:44:12 ID: IJ1o2swaz0
一夕会で動画を検索したら、第十六章「昭和維新への道」が引っかかったんで拝見させていただいたんですが、皇道派のイメージが悪すぎるような。
『未完のファシズム』が出たのが2012年で,動画が投稿されたのが2010年ですから、仕方ないっちゃ仕方ないんですが、この業界は次々未発掘の資料が出てきたり、新説が出てくるので大変ですね。
203 : ななしのよっしん :2015/06/03(水) 23:54:26 ID: WpI49OWcCP
東方昭和伝外務省とか言う人政治的主張したり主張が違う奴に絡んだりしてるけどやるならやるで名前から東方昭和伝外すなり政治垢つくってやりゃいいのに
204 : ななしのよっしん :2015/08/01(土) 21:25:08 ID: MHP8Rsdkro
ども、ついに昭和陸軍全史完結しましたね。まさにこれからの動画に活用できる内容になっていて、テンションが上がっていることかと思います。

また、日本の一番長い夏も公開されますし、リメイクとはいえ楽しみにしているところです。個人的には鈴貫は、山崎じゃないだろうと気持ちもありますが、個人的には楽しみです。では、今年もあついので健康にお気をつけください。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015