編集  

松本育夫単語

マツモトイクオ

松本育夫とは、元サッカー日本代表サッカー選手、元Jリーグチーム監督、元Jリーグチームゼネラルマネージャーである。現役時代のポジションはFW。

概要

1941年11月3日生まれ。栃木県宇都宮市出身。

宇都宮工業高校時代から将来を嘱望されており、大学入学時の1960年若干18歳日本代表入りをした。1963年天皇杯早稲田大学を優勝に導くなど、早稲田大学ア式蹴球部の黄金時代を築いた。

1964年に東洋工業(現・マツダ)に入社し、当時の蹴球部(後のサンフレッチェ広島)に入部した。チームメイトには大学チームメートであった桑田幸、二村昭雄、大野毅がいる。また、当時の日本代表選手らとプレーしていた。サイドアタッカーウイングとしてJSL(日本サッカーリーグ)創設時の不滅の4連覇に貢献した。

1968年メキシコシティオリンピック日本代表に選ばれ、三郎から右ウイングポジションを奪い、日本銅メダル獲得に貢献。FIFAフェアプレー賞も受賞した。1969年に選手を引退

1971年-1975年は東洋工業のコーチ1976年には東洋工業の監督として選手を育成した。東洋工業在籍中の1972年日本ユース代表監督に就任。1979年U-19日本代表監督に就任し、風間、柱幸一、史など、後のフル代表を育て上げ、1979年日本開催のワールドユース選手権に出場した。1985年アジアユース時では、井原中山雅史を育て上げた。1990年に所属していたマツダマツダSCJリーグ10チーム入りを降りようとした際、関係者と共にJリーグ入りを後押しした。1996年マツダを退社。

Jリーグ開幕後、1996年から京都パープルサンガゼネラルマネージャー(GM)に就任し、ハンスオフトなど有名監督を招致し、ラモス瑠偉らを獲得するも、下位に低迷するチーム事情があったために、1999年シーズン途中にGMを辞任。

1999年途中、川崎フロンターレ監督として招聘され、監督に就任。熱血導があって元気のかったチームに活を入れ、同年のJリーグ2部(J2)優勝、1部昇格を果たす導を行った。しかし、2000年は代表権のない社長職に追いやられ、チームは低迷し、2001年シーズンJ2降格が決まった。松本社長職を辞任した。

2002年長野県地球環境高校(通信制の高等学校)の監督に就任すると、一躍長野県代表に入る偉業を成し遂げた。しかし、拡大義をする学校側と意見が対立し、翌2003年8月に辞任した。

2004年、前年J2ぶっちぎりの最下位だったサガン鳥栖監督に招聘され、就任した。2004年当時はチームプリンセス功をスポンサーに迎え入れるも、経営面がボロボロが不足し、12チーム中11位と、最下位には終わらなかったものの、結果サガン鳥栖第2次解散騒動に巻き込まれた。親会社がサガドリームスに代わった2005年からようやく躍進し、監督最終年の2006年にはチームJ2最高位の4位まで押し上げ、有終の美を飾った。2007年より野靖之に監督バトンタッチし、GMに就任する。しかし、チームGMを行っている3年間、J1昇格圏内を狙える位置、また、J2昇格圏内にある位置でプレーしていたが、シーズン後半に弱く、結局2009年までにJ1昇格を果たすことが出来ず、野は監督を辞任、尹晶煥を後継の監督とするために、2010年は再び監督に就任した。しかし、従来の『情熱』ではサッカーが通じず、ワールドカップ中断後はズルズルと順位を落とし、また、横浜FCに大量に選手を獲られた事もあり、結果は9位だった。そのまま監督を退任。尹晶煥へと監督職を託した。

サガン鳥栖ゼネラルマネージャー(GM)在任中の2009年サッカー殿堂入りを果たしている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%82%B2%E5%A4%AB
ページ番号: 4548133 リビジョン番号: 1045710
読み:マツモトイクオ
初版作成日: 11/01/19 12:01 ◆ 最終更新日: 11/01/19 12:01
編集内容についての説明/コメント: 追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松本育夫について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/01/31(日) 11:25:43 ID: 7b8WybZlEp
イクヲさんすき
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829