単語記事: 松田聖子

編集

松田聖子(本名:神田法子)とは、福岡県出身の歌手1962年3月10日生まれ。

概要

1980年代を代表するアイドルであると同時に日本ポップスシンガー。非常に人気があり熱ファンが大勢いる。日本正統派アイドルのようにられることもあるが、その実は数々の常識を破った革命児的なアイドルという側面も。

1980年デビュー3rdシングル色」で初のオリコン一位を獲得。現在までにシングル26曲、アルバム19枚でオリコン一位を獲得している。その類い稀な質とポップセンスで数々の才を引き寄せ名曲を生み出した。また、当初B面(C/W)であった「SWEET MEMORIES」がA面扱いに昇格、11週後に再び一位になったり、合唱曲としても有名な「璃色の地球」がアルバム曲であったりと、いわゆる捨て曲が非常に少ないのも特徴である。三度海外進出にも挑戦している。

歌手としての実績だけに留まらず「ぶりっ子」や「子ちゃんカット」、「ママドル」「ビビビ婚」等、タレントとして芸スキャンダルも含む多くの話題を集め、時代のアイコンでもあった。三度結婚二度離婚

現在もライフワークとしてにはコンサートツアー、年末にはディナーショーツアーを行う一方、映画CMTV出演等をこなし、本邦におけるショービジネス界の徴的存在として君臨している。デビュー30周年(2010)を迎えた年には年初から、ドラマ出演、矢島美容室とのコラボニューシングルニューアルバムリリース等精的に活動を続けた。

九州柳川城だった蒲池氏第十六代蒲池鑑盛池宗)の子孫であり、江戸時代柳川藩家老格の系でもあり、世が世ならばリアルな「」である。

 

詳しく知りたい人はWikipediaへ。

主な楽曲

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E8%81%96%E5%AD%90
ページ番号: 459140 リビジョン番号: 2295725
読み:マツダセイコ
初版作成日: 08/08/13 20:08 ◆ 最終更新日: 15/12/02 04:14
編集内容についての説明/コメント: 動画差し替え、商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

松田聖子について語るスレ

48 : ななしのよっしん :2014/05/20(火) 10:39:50 ID: YEJ2/Fz0qC
今でも歌手声優が好きな人に挙げるほどだから影すさまじかったんだろうな
49 : ななしのよっしん :2014/06/28(土) 11:42:12 ID: ArhGrJFsEr
の注度が上がったせいで
自分のことは棚に上げてを束縛する悪
みたいな報道されたりしてちょっと悲しい
50 : ななしのよっしん :2014/07/20(日) 00:38:36 ID: rxO9CrqInU
この人の歌好きだったんだけど当時は好きと言えない雰囲気があった
めて聴くとやっぱり好きだよ
51 : ななしのよっしん :2014/07/20(日) 14:36:30 ID: Cyc7U3x+3y
たしかに「ぶりっ子」っていう批判キーワードが幅を利かせていて、男女とも賛否に分かれてたな。女子は髪型見れば立ち位置が判るという。
52 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 00:43:25 ID: y3m6M7GPW7
>>49
多き女性すぎてさんが辟易してるってのはよく聞くな
多きってのも若干オブラートに包んでる感があるが
53 : ななしのよっしん :2015/02/14(土) 15:51:39 ID: nWtkb844JV
よく聞くってから?
まとめブログでも見ときゃいいのに
54 : ななしのよっしん :2015/12/24(木) 00:25:51 ID: zxuKsrZH6z
とにかくすごい
この人のだってすぐ分かるのって本当凄いと思う。
55 : ななしのよっしん :2016/01/01(金) 23:33:32 ID: 876VIAp68D
紅白キーを2つ下げてて驚いた
外見はお綺麗なままだけど、はそういう運命なのね
56 : ななしのよっしん :2016/01/18(月) 04:52:41 ID: GAxv8Mamn5
そもそも全盛期から何年経ってると思ってるんだって話よ
最近まで当時と変わらない歌出してたとか普通じゃない
まさに妖怪とも呼べるわ
57 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 08:54:02 ID: sWt8fEH/be
当時は何となく嫌いだったという人がいて安心した。節々で感じられるあざとさ、アイドルとしての計算高さが不快に感じられたのかな? それがたぶん「ぶりっ子」として認識されたんだろう。

ただ、泡(うたかた)のような芸界で生き残るためには、個性として確かにそういう部分も必要だし、彼女は(転機にはスキャンダル提供も含めて)その点ではプロであり続けた。その場の自分のイメージと照らし合わせて歌詞を咀嚼し歌い上げるは極めて高かったように思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015