単語記事: 栗

編集

とは、ブナ科の木の名、またその実のことである。→クリ

また以下のことを表す。

人名

は、日本の姓である。

漢字として

Unicode
U+6817
JIS X 0213
1-23-10
部首
木部
画数
10画
意味
  1. クリ、堅い、うやうやしい、実り、(と通じて)ふるえる、恐れる、(凓と通じて)寒い、(と通じて)越える
  2. (裂と通じて)裂ける
説文解字〕の本字はで〔説文・巻七〕に「木なり」とある。〔爾雅・釈木〕に「、椈なり」とある。
字形
全体でクリの木の形。〔説文〕は木+𠧪の会意とし「木にひ、其の、下垂す。故えに𠧪にふ」とある。
音訓
読みは、1.の場合、リツ(音)、2.の場合、レツ(音)。訓読みは、くり。
規格・区分
人名用漢字である。1981年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
符とする漢字には、傈、凓、、瑮などがある。
階・子・栗鼠

異体字

Unicode
U+3B9A
部首
木部
画数
13画
𣡼
Unicode
U+2387C
部首
木部
画数
31
𣡷
Unicode
U+23877
部首
木部
画数
28
𡨓
Unicode
U+21A13
部首
画数
10画
𣗴
Unicode
U+235F4
部首
木部
画数
14画
  • は、〔説文〕の本字。
  • 𣡼は、〔康煕字典〕に〔説文〕の古文とある字。三𠧪に従う。
  • 𣡷は、〔説文〕に「古文、西にひ二𠧪にふ」とある古文。また徐巡の説として「木、西方に至りてす」と、西に従う説明を紹介している。
  • 𡨓は、〔龕手鑑〕に「音古文」とある異体字。
  • 𣗴は、〔字彙補〕に「と同じ」とある異体字。
  • 慄の簡体字でもある。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A0%97
ページ番号: 4196470 リビジョン番号: 1963820
読み:クリ
初版作成日: 09/11/02 17:23 ◆ 最終更新日: 14/01/26 01:14
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

栗について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/01/28(土) 12:11:27 ID: GcCcwtbym/
口みたいな栗しやがって
2 : ななしのよっしん :2012/05/09(水) 13:52:14 ID: Py5nvfH+wG
くり。
3 : ななしのよっしん :2012/12/25(火) 17:10:34 ID: oxtf/n2uOC
の毛色 色、栃

地名としての
京都府
兵庫県たつの新宮町
4 : ななしのよっしん :2013/08/04(日) 21:29:50 ID: Py5nvfH+wG
クリリン君が危ないよ
5 : ななしのよっしん :2014/01/07(火) 16:40:39 ID: Ov3a9Upv8d
うにー
6 : ななしのよっしん :2015/07/06(月) 05:07:10 ID: XmbW8E32xZ
精液の匂い
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015