単語記事: 栗田ターン

編集  

栗田ターンとは、

  1. 太平洋戦争中、レイテ沖海戦において栗田健男中将揮する第一遊撃部隊が行った反転の俗称。
  2. 1に由来し、オンラインゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」において提督たちに襲いかかる確率の悪戯。 
  3. 同じく1に由来し、一部ニコ動歴戦ゲ系動画において栗田中将に付与される反転衝動。

のことである。

1.反転

1944年フィリピンで行われた一連の戦において、日本作戦『捷一号作戦』での水上部隊の役割は、栗田健男中将揮する「大和」「武蔵」「長門」他高雄重巡洋艦四隻などを中核とする第一遊撃部隊が、ハルゼー大将率いる敵機動部隊を空母部隊である機動部隊本隊北方に誘致し、基地航空隊と共にこれを撃滅。この間接掩護のもと上陸部隊を輸送する攻略部隊を捕捉殲滅、既に上陸を開始した場合は上陸2日以内に上陸地点(捷一号作戦ではルソンレイ、ミンダナの3補だった)に突入してこれを殲滅することとなっていた。
なお、詳細な作戦行動についてはこのニコニコ大百科でも「レイテ沖海戦」の記事が非常に詳しく書いてくれているので、必要ならばそちらも確認されたい。

しかし第一遊撃部隊は以下の要因によりレイテ湾入り口近くまで到達しながら反転北上してしまった。

  • 進撃中に「武蔵」撃沈をはじめとする多大な損を被った。
  • 期日が上陸から5日も経過していて、上陸地点についても既に上陸は終わり、地上のどれが敵でどれが味方か分からず攻撃できず、作戦は破綻している。
  • 連日にわたり大襲を受け、更に午前中にサマールで敵機動部隊の一群(誤認で実際は護送空母の一群)と接触した事と、機動部隊本隊からの連絡がない事から敵機動部隊の北方誘致は失敗したと考えた。(実際軍令部でもそう判断していた)
  • 北方に敵機動部隊がいるという報告が入り、効果を望めない攻略部隊撃滅に向かうより、基地航空隊が果たせていない敵機動部隊殲滅をした方が戦局に貢献できると考えた。

こうして第一遊撃部隊はレイテ湾突入寸前に反転北方へ転針。しかし北方の敵機動部隊という情報は誤りで、第一遊撃部隊は再突入の機会を逸し撤退した。結果的に作戦は失敗に終わり、太平洋戦争後期の日本軍を増やすのみの結果に終わった。また、この敗北により参加した第一遊撃部隊、第二遊撃部隊は戦が半減、機動部隊本隊と単独で先行突入した西村部隊は壊滅し日本海軍事実上止めを刺され、この後には組織的行動を取ることが困難となった。

終戦後、第一遊撃部隊の行動について幾多の議論とともに多くの説が囁かれた。栗田中将自身が戦後取材でった発言などもあるが、その明確な理由は不明のままになったことから、「反転」と呼ばれるようになった。

この「反転」については現代でも研究書が何冊も出版され議論され続けている。反転を決断した栗田批判するものが多かったが、最近ではそれら批判内容のどが資料考不足、検証不足、客観的でない感情的な批判、勘違い・思い込みによる批判であることが判明してきている。中には映画や書籍で脚色された描写を正しいと思って議論をしていた者がいたほどである。

代表的な事例として映画連合艦隊」の描写を事実と考えている者が多い

  • 捷号先戦での機動部隊本隊の北方誘致が当初より「囮」であることが決まっていた作戦→実際は航空隊を整備して従来通りの機動部隊として敵を誘致し、基地航空隊と協してこれを殲滅するというのが作戦であった。「囮」となったのはあくまでも直前の台湾沖航空戦で再建した航空提供してすり潰してしまったのと、かき集めれた航空機100機ちょっとでしかなかったからそうなってしまっただけで、実際には機動部隊本隊は当初の作戦通り、少ないながらも航空の一として敵を誘致し攻撃している。
  • 瑞鶴ど艦載機を積まず、格納庫内もガラガラの状態だった→実際にはこの時瑞鶴が搭載した艦載機は66機であり、マリア戦の時の77機とべてもそれほど大差はない。また残りの3空母瑞鳳千歳千代田、それぞれ搭載機定数30機)も各17~18機と定数の半数以上は搭載している。つまり機動部隊本隊は4空母で搭載できる艦載機の半数以上を積んで出撃していたことが判る。
  • 垣(第一戦隊令官)が旗艦を愛宕から大和に替えるべきと進言するが栗田が却下する→実際は逆でマリア戦後に艦隊が内地に帰還した際に、小柳第二艦隊参謀長や第一機動艦隊参謀の双方より、軍令部及び連合艦隊に旗艦を大和に変更したいと進言するが共に却下している。尚この話は戦史研究の基本資料である戦史にも記載されている話であることから、栗田に「頑迷な軍人」というイメージを持たせようと制作側が演出上行った創作であることが判る。
  • 反転した際に垣が大で反対し、突入をするべきだと述べた垣が反転した時点で不そうであり、「北に行くのか」と尋ねたのは現場に居合わせた当事者の言などがあるが、不だった理由が「突入するべきだと垣が思っていたから」というのは現在では否定的である。垣自身は上陸部隊を攻撃するよりも敵力部隊との決戦を望んでいた事が彼自身の日記「戦藻録」の9月23日の記述にあり、反転直前のサマール戦でも、栗田が敵艦隊追撃を取りやめ、突入を再開するために集結命令を出した際も「何を思ったか」と不満であったととれる記述もしている。
  • 反転した当日も襲を受けていた事がなかった事になっている栗田垣の会話の中で、小沢艦隊からの連絡がない事に栗田が苛立っていると、垣が「襲がないのは囮作戦が成功しているだ」と発言するシーンがあるが、実際は栗田艦隊はサマール戦後も断続的に襲を受け、反転を決断した時も襲の最中であり、事実と全く異なっている。

この他にも史実と異なる描写が多くみられる。映画という娯楽作品である訳だから脚色があって当然なのだが、レイテ沖海戦映像化しているほぼ一の作品であり、映画での描写を「事実」と考えてしまっている者が多い。

当時の評価はどうだったかというと、今とは全く逆で栗田は「敵機動部隊の一群を自隊だけで殲滅した」として評価は非常に高かった。この後栗田軍兵学校長となり終戦を迎えるわけだが、軍兵学校長は将来の軍を背負う人材に軍の基本を教育する重要な職責の長であり、歴代大学校甲種修了者が務めていて、その出身者がなったことはどない。戦ど失い、多くの将官が予備役入りなどして人員整理がされる中、それに引っかからずに逆に栄転している訳である。

この人事を「軍による暗に左遷人事」という軍出身者もいるが、軍兵学校長が左遷人事先であるという考えはなく、他でも見受けられない。上記のように人材を育てる重要な職責である。

逆に現在では評価の高い西村祥治の方が、当時及び戦後の一時期評価は低かったという。戦後まもなく刊行されたレイテ沖海戦関係の書籍では第一号である「レイ日本艦隊」では西村の行動を厳しく批判し、ほぼ戦犯扱いである。また西村部隊で一生還した時雨艦長の言として「長官は戦死して良かったと思う」(その後の彼への批判を知らずに死ねてよかったという意味)という発言も掲載している。

この他にもこの問題に対する問題は多くあり、ニコニコ大百科でその内容まで書ききれるはずもないので、最後に、当時の英国首相ウィンストン・チャーチル回顧録からの言葉を引用して記述を終えたい。

この戦場と同様の経験をした者だけが、栗田審判することができる

2.「艦隊これくしょん~艦これ~」において

ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」の戦闘において、マップ内でのルート分岐時には「らしんばんまわすよー」「えー、らしんばんまわすのー……」などの台詞とともに羅針盤が登場し、プレイヤーが画面をクリックすると高速回転して分岐先が決まるというシステムを採っている。のだが……
羅針盤のせいでボスに辿りつけない」「ボス手前で羅針盤に引っかかって逆方向に行ってしまった」という問題が頻出し、マップクリアや任務達成に苦労するようになった。また、マップによってはこの羅針盤によって向かう方向が明らかにそれまでのから180反転し出撃地点へ戻るような形になることもあり、いつの間にか「栗田ターン」と呼ばれるようになった。なお、分岐の中には艦隊に含まれる艦娘の種類や速、隻数によって進撃する方向が固定、あるいは特定の方向に向かいやすくなる地点も存在する。

ちなみに、羅針盤は回すものではない

3.ニコニコ歴戦ゲ系の一部動画において

1の反転によって、栗田提督に「反転キャラ」のイメージが付いて回るようになったため、「提督の決断」などの太平洋戦争ゲームでは「とりあえず反転したがる」といったキャラクターが付与されることがある。

なお、本来の栗田提督一家言ある、ゲーム内でも普通有能提督である。
別に普段から反転するのが趣味だったりするわけではない。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A0%97%E7%94%B0%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3
ページ番号: 5124074 リビジョン番号: 2509420
読み:ジュウロクテンカイトウ
初版作成日: 13/08/03 19:32 ◆ 最終更新日: 17/07/22 11:19
編集内容についての説明/コメント: 詳細の追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

栗田ターンについて語るスレ

202 : ななしのよっしん :2018/03/09(金) 11:47:12 ID: YTvmJ1cejA
なんかの小説を史実と勘違いして居る頭の沸いた方かな?
学校校長って「敵前逃亡した人間」がなれるような適当な部署じゃないんだが?

特攻命令と勘違いしたり、教育を軽視したり、ほんと栗田批判者って旧軍の無能軍人そのままだよな。
栗田が取るべき責任は、戦いに負けた責任だけであって、敵前逃亡とかはただの難癖だろ。
負けた責任だって、現場レベルの話で、豊田とかその辺の責任の方がはるか重いんだし。
203 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 10:59:06 ID: 7/yWR3dtOq
>>190
チャーチル栗田への言及は、三好徹の『亡と夢』(1986年)でも引用されてたから創作にしてももっと古いと思う。
でも正直、いくらとはいえ常に辛辣なチャーチルがそんな甘いコメントするとは思えないな。回顧録読んだことないけど。
204 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 08:58:16 ID: HoOgKmmURX
賛否両論になるのは当たり前だと思うがな、作戦開始前に的達成が不可能な中で各提督は奮戦したとは思うしタフィ3撃破(未達)で戦果上げて後退したのもそこだけ抽出すりゃあ正解だし適当
問題は架の機動部隊を理由に転進したことだろう、連合艦隊中枢が褒められない揮してるのは間違いないが誤情報に踊らされて突入を取り止めた事実は否定されるべきだろう。
205 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 23:14:03 ID: 0BXWtJJEYv
議論されてるのがこの掲示板位で、他はほぼ佐藤をそのまんまコピペして国賊栗田、軍西村ネタが繰り返されるのが現状だな
206 : ななしのよっしん :2018/03/31(土) 00:57:21 ID: 97NryGxKjC
>>203
日本語版だと第二次大戦回顧録22p36~37に「同様な試練を経験した者だけが、栗田審判することができる」と書いてあった。
そのページにはキンケイドやハルゼイの部隊が遠方で救援に時間がかかるだろうから、突入していれば戦果を挙げれたのではないかとの記述や、
栗田艦隊が反転した要因については西村艦隊全滅の報があったことや小沢艦隊から連絡が届いておらず、キンケイドとハルゼイの艦隊に攻撃を受けつつあること、輸送船団がすでに逃亡しているのではないかと判断したことや三日間絶え間なく戦闘が続いたことなどついても書いてあった。

指揮官がなぜその判断をしたのかについて考えるには後知恵はなるべく使用せず、その当時に得られた情報や状況から考える必要があるということだろうか。
207 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 12:44:52 ID: 2f7+sBm5Ku
瑞鶴生存者のクーデターとかの話って聞いた聞いた事もないけど元ネタはどこで信憑性の高い話なん❓
作り話なんじゃないの
同じく栗田の兵学校長時代の教え子の人の本あるけどそんな話書いてない
208 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 21:04:37 ID: 2f7+sBm5Ku
>>201
2日も遅れたのは栗田艦隊が突入するのに必要な燃料を作戦通り手配出来なかった事が理由であり、手配の責任者である連合艦隊令部の責任だろ
逆に栗田が独断で手配していた油槽船が1日遅れだが来てくれたおかげで何とか予定より2日遅れで済んだのであり、栗田のこの判断がなければもっと遅れていた
そんなことも知らずに批判するのが栗田批判論者の特徴ですね
またこの方の書く「小沢艦隊や地上部隊の犠牲を駄にした」という論調は感情論で攻める常套手段で栗田責任を転する良くある手ですね
犠牲を駄にしないためにじゃあ栗田艦隊の将兵もレイテ湾に到着できない(突っ込んでも事に敵上陸地点まで到着できない事は当時の状況からでも推測できた)事を承知で、死ぬことを強いろというのは責任な発言でしょう

あと栗田艦隊の攻撃標は「輸送船団」であり上陸した地上部隊は攻撃できても沿部だけでしょう。そもそも作戦自体が標を輸送船団としていて上陸して内陸部に侵攻した敵は想定していない
これは洋上からは内陸部で戦闘している地上部隊を敵味方区別するのは不可能だし、そういった連携を栗田艦隊とレイテの地上部隊が事前に協議していた事実もない
狙えるのは沿にいる物資や少数の要員だけでしょうね
まあそれらもレイテ湾は沿近くまでジャングルがある地形なのでジャングル内に隠されたら見つけられず結局効果的な地上撃は出来なかったでしょうけどね

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
209 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 21:14:36 ID: 2f7+sBm5Ku
栗田艦隊と陸軍の連携について補足すると、最終補給のために集結したブルネイで陸軍の参謀と協議したけど、この時陸軍側からは
「艦隊は突入しても地上は敵味方入り乱れていて撃しても同士討ちの恐れがあるから洋上の輸送船を撃してほしい」
と言われたと記録されています
敵上陸から5日も経過しているのだから輸送船はも同然だと分っていながらのこの発言に小柳参謀長などはむっとしたそうですが、地上部隊側としては栗田艦隊の突入はあくまでも輸送船団攻撃などの自分らにとっては間接的な支援でよく、上陸した地上部隊を攻撃するのは自分たちと基地航空隊だという認識だった事が判ります
※実際戦史書の陸軍側の記録である『捷号陸軍作戦(1)レイ決戦』では栗田艦隊の来援よりも基地航空隊による24日、25日の敵上陸部隊への大攻勢に大きな期待を寄せていたかのように書いている
210 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 19:56:50 ID: YTvmJ1cejA
205
片方をいて、片方を持ち上げること自体がおかしいのにな。
つか、西村提督って軍みたいな評価されてるか? むしろ、栗田提督叩き反動とかモリソンのせいで不当にかれる傾向の方が大きい気もするんだけど。

いずれにしろ、2人ともソロモンではしっかり活躍しているんだから、等々じゃなくて、戦かったせいで負けただけだと思うけどな。
211 : ななしのよっしん :2018/04/24(火) 08:33:06 ID: 2f7+sBm5Ku
本当に栗田批判者は客観的な判断できないね

冷静に考えたら基地航空隊台湾沖航空戦で大打撃を受けてる状況で作戦を訂正もせずに実行した連合艦隊敗北の一番の責任者なのに

そしてそんな謀な作戦に付き合って戦の半数を失いボロボロになりながらもギリギリまで実行していた現場指揮官が「ここまで頑ったけどやっぱり理」と判断したことを「卑怯」「臆病者」と罵る。
故人とはいえそんな責任な事していいとは思えません


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829