編集  

桂歌丸単語

カツラウタマル

桂歌丸とは、落語家である。ミイラ、理科室のガイコツ、はげちゃびんではない。

概要

1936年横浜市生まれ。本名は椎名巌(しいな いわお)。落語芸術協会所属で、落語芸術協会5代目会長を務める。怪鳥ではない。5代目古今亭今、4代丸に師事。当初は新作落語を中心としていたが、現在古典落語としており、れてしまった落語の演の発掘などを積極的に行っている。古典落語以外にも「化粧術」の芸は当初から遊女を見てきた(後、化粧品のセールスマンを務めた)歌丸の十八番芸である。

笑点」(日本テレビ)の出演者としても有名。病気が理由で一時期療養していたことはあっても、1969年に7ヶほど降していた時期を除いて放送開始(1966年)から2016年まで足掛け50年間出演し続けた。
また、「笑点」の前身番組である「金曜席」(1965年1966年)にも番組開始当初から大喜利メンバーとして出演しており、まさにミスター笑点」「笑点の生き字引」と言うべき存在であった。

番組開始当初から大喜利メンバーであったが、5代目三遊亭圓楽の降を受けて2006年より会者に昇格。着物の色は1970年より長年にわたって黄緑色だったが、2007年に深い緑色に変わった。
ハゲ」「死去」「冨士子(歌丸夫人)」ネタでいじられることが多い。ちなみにハゲについては放送初期からだいぶ危ない状況であった(だいたいは小円遊と6代目圓楽の仕業)。

また、アニメ作品『落語天女おゆい』にも本人役で声優として出演。やけに増毛されている。

2018年7月2日、81歳にして天国の高座にのぼっていった

笑点での歌丸

回答者時代は風刺を効かせた答えが多く、会者やメンバーケンカを売るキャラクターだった。落語の人物で言うと「がらっ八の八五郎(うるさくておっちょこちょい)」

笑点と言えば罵倒合戦であるが、特に酷かったのは三遊亭小圓遊との罵倒合戦だった。小遊を知らない人のために簡単に述べると

罵倒合戦から延長して、ただのケンカということもあり、歌丸く「笑点だか成田(闘争)だかわかんなくなった」と言うほど酷い状況であった。ある時に視聴者から文句言われて、小遊と和解するもすぐに手を洗ったという逸話もある。しかし、若いころは一杯のかけそばをすするほどの仲であり、時同じくして落語芸術協会の理事になるほど、戦友でもあり、親友でもあった。しかし、1980年に小遊は急死してしまうのである。

その後は三遊亭楽太郎(後の六代目三遊亭圓楽)との罵倒合戦に発展していく。きっかけは歌丸に今後の笑点でのキャラクターについて相談したところ「のことでもいいから」と答えたためである。なお、楽太郎が六代圓楽に襲名した時に歌丸に感謝の言葉を述べているほど、歌丸を尊敬している。

そして、回答者から会者になって以降はいうちから三波伸介の手法をベース会進行していく。

ジジイなどと言われながらも、まだまだ元気に会をしてほしいと視聴者メンバー共に思っていたが、「体限界」を理由に、「笑点」放送開始から満50年を突破した2016年5月22日放送回をもって惜しまれつつも会を勇退。春風亭昇太会の座を譲った。

なお、勇退後は「終身名誉死体会」という位置付けになり、前座番組である「もう笑点」には引き続き出演した他、オープニングアニメーションにも一コマだけ登場していた。

歌丸の逝去直後の笑点放送回となった第2620回(2018年7月8日放送)では急遽歌丸を追悼する内容に変更され、会の春風亭昇太をはじめとした笑点メンバー過去映像振り返りつつ歌丸を送る放送となった。
番組後半の追悼大喜利では感極まった圓楽が「ジジィ!早すぎるんだよ!!」と涙ながらに圓楽流の言葉でその死を惜しむ回答を行い、視聴者に深い印を残した。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A1%82%E6%AD%8C%E4%B8%B8
ページ番号: 4691062 リビジョン番号: 2606453
読み:カツラウタマル
初版作成日: 11/08/04 10:06 ◆ 最終更新日: 18/07/11 12:58
編集内容についての説明/コメント: 追悼大喜利とライムスター宇多丸との関係について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桂歌丸について語るスレ

317 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 01:58:36 ID: 1BNSs66spL
笑点メンバー師匠より先に逝っちゃった人なんだなあ。
318 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 04:15:24 ID: 2Z+X7pPajO
>>312
ただしそのあの世で歌丸師匠と顔を合わせることは決してない
319 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 01:44:39 ID: uIQhIK4Kh8
亡くなったときの扱いはあくまで「笑点会者」であってそれだけがクローズアップされてたような気がする。落語がどうこう、芸がどうこうって取り上げ方したマスコミはいなかったような。
320 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 01:56:57 ID: iWu0Z8C1bn
>>319
一番分かりやすい言い方だったからしゃーない。
追悼番組始め「落語家桂歌丸」をピックアップした報道もあったで。
最期まで高座に立つ事を諦めなかったことや、六代圓楽との師関係など色々な方面で報道はされてた。ただ笑点民的番組である関係で笑点が中心に報道はされてはいたけどね。
321 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 02:18:29 ID: uIQhIK4Kh8
>>320
有難う。見逃してたんだな。
いや、“落語家笑点会者をやってる”が本来であるハズが、“笑点会者。以上終わり”みたいな取り上げ方してたところが多かったのがどうにも気になって・・・。
322 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 08:52:04 ID: +ESDjHocVA
そのへんは「パンツレスリングビリー・ヘリントン」の訃報で終わりがちなのと同じだから仕方ないね
生前最後の映像を見るとミイラだ骸だ言われてた頃はまだだいぶ元気だったんだなと思ってしまった
323 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 10:35:12 ID: 4YM6LVATQV
しかし、師匠の何がすごいかってあれほどの大病やってるのに最晩年まで喋りがハッキリしていたこと。

あんなほっそりと火が消えそうな感じなのに、燃え盛る炎のような生き様。

炎の落語家ですわ
324 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 18:02:37 ID: 1BNSs66spL
「もう笑点」は撮りだめ分はやるみたいね。
325 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 16:46:51 ID: tL4hYsLjz7
>>323
晩年帯を摘出してが出なくなった立川談志落語家引退してた5代目円楽と違って
最期まで落語家として活動し続けたのはすごい
326 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 21:42:13 ID: wwM0TH93H3
生前最後の映像は正直見てて辛い
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829