単語記事: 桐生戦兎

編集  

桐生戦兎(キリュウ セント)とは、特撮ドラマ仮面ライダービルド』の主人公
仮面ライダービルド変身する天才物理学者である。

演:丈(佐藤太郎役と二役)

仮面ライダービルドであるてぇんさぁい物理学者の桐生戦兎は万丈龍我の冤罪を晴らすべくファウストが送り込む怪人スマッシュと戦っていたぁ!

天才的な頭運動神経を持つ「たぶん物理学者」
記憶喪失のところを発見されたらしく、その出自にはが多い。
ここ二十数年の記憶がなく、失った記憶の原因とみられる、断片的に残っていた記憶は、ガスマスク科学者集団」「人体実験」「コウモリ男」……

経歴に「たぶん物理学者」と記されてはいたものの、採用試験で満点を取ったことで東都先端物質学研究所所長の氷室幻徳に雇われ、パンドラボックスの研究の仕事に就く。
……が、初出勤の日に、自分の断片的な記憶のうちガスマスクの集団」に人体実験をされたという共通事項を持つ万丈龍我を成り行きで保護。
本人は「殺しは一切していない」というが、世間的には殺人犯のため、いきなり殺人犯と逃亡生活をするハメに。しかもよりによって、変身状態のみとはいえ幻徳と対面しての事態である。幻徳は東都政府首相補佐官でもあるため、仮面ライダービルド」はいきなり東都規模の指名手配という大ピンチに陥る。
殺しは戦がもうやってるって? ほら、あれはだし、戦本人じゃないかもね……。

ちなみに、パンドラボックスから分離したと思われるプレート「パンドラネル」の存在を看破していることから、割と本件は私情による調べものをしているように見えるが一応仕事はしているようである。

の事件を追っていく中で、因縁のある組織と思われるファウストという単に辿りつく戦
め西都に向かうを助ける戦だったが……物語の舞台は東都のみならず三全域に広がっていく。

作中では、彼と同じ顔をしていた、現在行方不明の人物佐藤太郎の存在がられている。
が発見されたのは、佐藤が治験のバイトに向かい行方不明になった日と同日であり、佐藤ファウスト実験の犠牲になったと推測される情報があった。さらに、万丈龍我冤罪をかけられた日も治験のバイトと同日である。
そのため、全ての真実が戦、あるいは佐藤の経緯にかかっていることになったが、果たして彼の正体とは……。

ちなみに、奮するとの一部がぴょこんと跳ねる。
佐藤髪型トゲトゲ頭だが関係があるのだろうか……?

ややマイペースなところはあるが、悪に対する怒りと、弱者が踏みにじられることを許さない心を備えた立ヒーローである。
実際に彼自身も、見返りをめず人を助け、人々が救われた時に仮面の下で(見えはしないが)笑顔を見せているであろう、ということを話している。

また、佐藤太郎を思わせる馬鹿テンションになることもあるが、基本濃い周囲に振り回されるツッコミ役でもある。
番組開始時にと繰り広げる漫才のようなトークは必聴。

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。
以後、お見知りおきを。See you

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶をなくし、マスターこと「石動惣一」に拾われていた戦
惣一に導かれるまま、戦仮面ライダーとして戦うことを始めた。
しかし戦は、万丈の冤罪らす為に接触した鍋島という男から、遂に真実を知ることとなる。

惣一の石動美空と二人だけの秘密として、新たなボトルを浄化してもらっていた戦
ファウスト幹部ブラッドスタークは、そのボトルから導き出された「オクトパスライトフォー」の攻撃に対応できず敗れた。

これにより、鍋島言した石動惣一ブラッドスターク方程式明された。
これが真実であれば、彼の行動は全てモルモット同然のものであり、桐生戦兎人生は全て石動惣一の手の上で転がされていた」ということになり……。

その後は石動と決別し、彼からもたらされた情報から氷室がナイトローグだと知る。
交戦の末勝利後、氷室の悪事が明るみになり、文字通り東都のファウストは壊滅することとなった。

だが、氷室からられた衝撃の事実…なんとは姿を変えた葛城巧であることが判明する。
万丈の人・小倉香澄の死因も元をたどれば葛城であり、戦はこれまで葛城巧が行ったことによる責任を背負い込み、ふさぎ込んでしまった。
それでも他ならぬ万丈にを入れられ、元の「桐生戦兎」を取り戻した戦だったが、氷室と石動により三都間の戦争が遂に始まってしまう。葛城巧として多くの戦を開発してしまった戦に、矢次次に襲い掛かる苦難……。

かを大切に思うあまり、かと衝突してしまう。戦も万丈と、互いを想うあまり意見が衝突してしまう。
戦争の火蓋を切った原因である氷室は、氷室の・泰山により追放されるも、既に状況は危機的なものであり、戦ブラッドスタークからもたらされた禁断のアイテム・ハザードトリガーに遂に手を伸ばしてしまう。
それにより……科学による犠牲を出したくないがために戦った戦は、ハザードトリガーに自を蝕まれたことで、意識のないまま羽をその場で殺してしまう。

自分が犠牲を出してしまった事実に、戦意を全に喪う戦
しかし、それでも戦うしかない。ブラッドスターク石動惣一の思うが儘、戦石動惣一の敷いたレールを走り続ける以外には残されていないのか……。
貸与されたフルボトルや、内海成彰の協で手に入れたハザード暴走への対抗手段を手に、戦は「一対一で戦争を決着させる」というルールの代表戦に臨むこととなる。

ライダーウォーズ開始から代表戦に至るまで、戦には全く心の休まるタイミングがなかった。
本来成熟しているはずの積み重ねを、石動惣一により奪われていた戦は、精的にまだ未成熟であり、物語当初に見せていた高いテンションは、佐藤太郎というミスリードを用意しながら彼の精的な幼さを強調していたといえる。
ライダーウォーズ開始前からボロボロで、やっと最低限立ち直った精で戦ってきた彼にとって、羽の殺、そしてその責を自分にしか向けられない状況は、決定的な挫折・破綻という他なかった。
その後も戦は、皆の前では「ナルシストで自意識過剰な桐生戦兎」でいようと、元気を作っている。

葛城巧

「以後、お見知りおきを。See you!」

演:木山廉彬

桐生戦兎の前身……として明らかになった男。
東都におけるネビュラガス関係の技術の開発者であり、ファウストの技術全般は彼によって作られた[1]。東都に怪人スマッシュが誕生したのも彼が原因である。
しかし、彼は自作したライダーシステム「究極の防衛システムしていたり、一時期師事していた最上魁星の野望を知り離反するなど、っ当な感性を持っていたようである。
最上に関しては、離反時に彼に重傷を負わせ、その上最上の開発していた「カイザーシステム」を流用しフルボトル関係の技術を完成させていたため、葛城に恨みを抱いていた。

何らかの要因で「ファウストを抜ける」ことを決意した葛城だったが、自室で石動惣一に襲われ気を失う。
石動は真実を伏せて、佐藤太郎万丈龍我の二名を呼び寄せ、先に現れた佐藤を殺
その後、石動が火星で手に入れたにより佐藤の死体を葛城に、気絶した葛城佐藤に偽装した後、何食わぬ顔で通報し、万丈を葛城巧殺人犯に仕立て上げた。
その後、石動は火星由来の別のにより、葛城の容姿を佐藤太郎に変え、ネビュラガス実験前に葛城の記憶を奪い去った。人体実験後、石動は何食わぬ顔で、変わり果てた葛城と接触。彼を「桐生戦兎」に仕立て上げた。

つまり、「桐生戦兎」としての彼は何から何まで石動の敷いたレールの上を歩く人生だった、といえる。
石動惣一ブラッドスターク以外は真実を知らず、人体実験手術を行ったファウストの人間さえも彼が佐藤太郎ではなく葛城巧であることを知らなかった、というのも止むを得ない

佐藤太郎

焼肉っしょー! アッハッハッ……!」

桐生戦兎と同じ顔をした男(先述の通り演者も同じ丈)。
バンドツナ義ーズ」のメンバーであり、を生やしたような頭が特徴。
後輩の為に治験のバイトに応募し、葛城巧の自宅を訪問して以降行方不明になる。

上記台詞は、佐藤行方不明になる前の最後の台詞である。故に通称「焼肉太郎
……が、異常なほど高いテンションに加え、前番組を思わせる振り向きながらの台詞であり、戦同一視されネタにされることが多い。というか飼氏自らネタにしている

『仮面ライダーエグゼイド』登場時

注意 この項は、本編らび劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。
以後、お見知りおきを。See you

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーエグゼイド』終盤、檀正宗が起こしたパンデミックの最中、人間化したバグスター相手に戦う檀黎斗神 / 仮面ライダーゲンムの前に颯爽と登場。
ゲンムをエグゼイドと勘違いし、データサンプルの採取のためにゲンム相手に戦いを挑む。
その際に意図せず彼の残機を1個減らしてしまうが、復活した檀黎斗神を見て、勘違いだと察してその場を立ち去る。

トゥルエンディング』ではラストに登場。
バグスターウイルス相手に戦うエグゼイド達の前に現れ、その実パラドクスを圧倒し、フルボトルにエグゼイドデータサンプリングして去っていった。
話は映画平成ジェネレーションズFINAL』へと続く。
ビルドを追いかけビルドの世界に迷い込むパラドだが、当の戦は永夢やパラドに危を加えたことを覚えていないという……?

ちなみに残機で檀黎斗は生き返ったとはいえ、戦斗をGAME OVERにしたのは事実であり、色々物議を醸したり神殺し称号が生まれたりすることとなった。
客演時はいずれもビルド側の監修だが、本編序盤で描かれているビルドの人物像とはいまいちベストマッチしていない。

しかし、この時にビルドが発言した自己紹介台詞と似たような、理屈っぽい台詞を、プロジェクトビルドの動画内で葛城巧が発言している。
全ての答えは「平成ジェネレーションズFINAL」にて明かされる。

葛城巧はかつて同映画ボスキャラ最上魁星と協関係にあったが、彼の思想が葛城の思想と違った為対立。
その際に葛城最上カイザーが送り込む敵・ネビュラバグスターに対抗すべく、「ビルド」以前の平成ライダー世界にある仮面ライダーエグゼイドが持つゲーマドライバー変身するライダーを守るべく、宝生永夢の持つエグゼイドの成分を、最上が永夢のを使用不にする前に先んじて抜き取った。
最終的に、それにより対抗手段なしでも永夢はムテキのを取り戻すことができ、世界の自身と合体し「バイカイザー」となった最上不老不死になることを戦の機転が防いだことで、バイカイザーの野望は砕かれることとなった

つまり『トゥルエンディング』に及び『仮面ライダーエグゼイド44話に登場した仮面ライダービルドは戦ではなく葛城巧だったということになる。
だが、同映画は何故か浄化前のエグゼイドフルボトルを持っていたらしい
更に言えば『エグゼイド』に登場したビルドは上記の通り戦の推理では葛城らしいが、は戦のもののそれである。

その後明かされた本編でので、こそが容姿を変化させた葛城巧であることが判明した。
つまり上記の行動神殺しは結果的に戦がやってしまったことになる。

推察を重ねると、檀黎斗神人違い神殺しした際に「ごめ~ん!」と軽い調子に謝っており、佐藤太郎に関係せずとも葛城自身が元々ノリの軽い一面があった可性もある
また、エグゼイド本編登場時のビルドは、戦の夢フィルターがかかっていると言われている。
葛城もそうだが、変身時のビルドドライバーの音も戦が後付けしたものであるため。

本編と絡め引きを作り、視聴者興味を惹いたこの手法は、ビルド側の話が進むにつれ考察が進み、放送当初ではなく、映画近くになって効いてくる描写となっており、非常に挑戦的な試みである。

『仮面ライダービルド』。『作る』『形成する』って意味の、ビルドだ。
以後、お見知りおきを。

彼が劇中で変身する仮面ライダー
劇中で説明されているように「作る・形成する」という意味のビルド。

元々存在していた変身ベルト自身が改造し作り上げた「ビルドドライバーアイテムフルボトルをシェイクし装填することで変身できる。

ちなみに戦がシェイクした際には彼の勝利の方程式をくみ上げる計算式が中に浮かび現れ流れていくのだが、万丈がこれを見て驚いて避けていたり、初変身時に戦が「すげぇ…!」と驚いて見ていたことからこの計算式は視認でき、そして触れられるらしい。

ベルト自体を1から作ったわけではないが、戦は少なくともベルトを新造できるだけの技術がある。の後継者
特捜エクシードラフト」に登場するアイテム・ビルドラバーに似ているが関連性はい。
変身時はその場で高速ファクトリー「スナップライドビルダー」から、装甲材質「トラジェルソリッド」を用いてランナーを作り出し、プラモデルを合わせるように合体する。
このランナーは変身時以外でも作り出すことが可であり、防御を有する。
変身状態からさらにフォームチェンジするときの掛けは「ビルドアップ!」になる。

仮面ライダーWを彷彿とさせるような二色半分の姿をしており、あちらは半身が左右半分になっているのに対しこちらは斜めに体色が混じっている。
実際に、かつてWの没案で挙げられた要素がいくつかビルドに流用されているようである。

フルボトルを特定の組み合わせて装填することで「ベストマッチ」となり各フォームにフォームチェンジする。
怪人であるスマッシュを倒すことで、スマッシュを元となった被害者と成分に分離でき、成分を石動美空によって浄化することで、新たなフルボトルにすることができる。
こうして手に入れた成分だが、ベストマッチしていない状態でも使用でき、その場合トライアルフォーム」と呼ばれる亜種形態となる。試験を重ね、ベストマッチする組み合わせを探していく、という解釈だろうか。但し、ベストマッチが見つかった後も、それ以外のフルボトルと組み合わせて使用するシーンも存在する。
自体もベストマッチを探し試行錯誤していたが、筋肉バカのはずの生物機械の組み合わせ」という共通項を見つけ出している。ダイヤモンドとかニンジャとかコミックは……。もっと正確に言えば、有機物と機物の組み合わせが基本となっており、形成する「ハーフボディ」は有機物側と機物側で向きが決まっている。ニンジャ半神的存在ヒトの一種カウントなのだろう。
フルボトルのベストマッチは、秘密基地にあるパネルを用いて確認することもできるが、4話にてこのパネルパンドラボックスから分離した「パンドラネル」であると判明している。
ちなみにフォームチェンジ名は、仮面ライダーディケイド以来「~フォーム」と名の付く仮面ライダーである。

ファウスト幹部・ブラッドスターク台詞から、ビルドの使用条件や出には「ハザードレベル」と呼ばれる基準があるらしい。戦同様、スマッシュを作り出す元となるネビュラガスの注入手術を受けてもスマッシュにならなかったとられているが……。

また、ライダーではおなじみの複眼のあるデザインだが、前作・仮面ライダーエグゼイドライダー達が複眼ではなく瞳のあるデザインだった為「なんで今回のライダーいんだよ」ファンの間に言われたとか。

必殺技の名前はベストマッチしているフォーム自体のものがボルテックフィニッシュ!」トライアルフォームのものがボルテックアタック!」。武器を使用したものがボルテックブレイク!」に統一されている。
攻撃方法はフォーム毎に違うが、現在フォームの技名は全て同じ名前。
プロジェクトビルド責任者の葛城巧によれば、特定の組み合わせで必殺技が発動可になる模様。

なお、「てぇんさい物理学者」を自称する戦は、各フォームに合わせて自作の武器を作ることが多い。
そのため、ビルドの使用する武器は、全ての形態に武器があるわけではないにしても非常に多い。
ちなみに戦自身には武器が完成するとそれが味方かつ生身だろうがお構いなしにかれ構わず武器を試し切り・試し撃ちをしようとする危険極まりない悪癖がある。

本作の形態は非常に数が多いため、基本となるラビットタンクフォーム以外の通常フォームはスクロール処理にて記載する。

ラビットタンクフォーム

ラビット×タンク!
ベストマッチ!!

Are You Ready!?
変身!」
鋼のムーンサルト!ラビットタンク!イェーイッ!!!
「勝利の法則は決まった!」


ラビットフルボトルとタンクフルボトルで変身するビルドの基本フォーム。
交差でマザルアップしたデザインをしている。

ラビット」の要素は「跳躍強化」
左足にはスプリングが仕込まれており、高いジャンプで素く敵との距離を調整することが可
「タンク」の要素は無限軌道
右足にキャタピラが仕込まれており、高速走行の他、キャタピラ活用で装甲を削り取ることが可
総じて機動を重視した軽快なフォームである。

また、ドリル武器「ドリルクラッシャー」をメイン武器として扱う。
ドリルで戦う接近戦用の「ブレードモード」、ドリルを刺して接続部の口を使う「ガンモード」と二種類のモードが存在する。

必殺技はグラフ状のランナーを作り出して敵を拘束した後、グラフに沿ってキックを放つ。

後に明かされた話によると、戦石動惣一に拾われ、ベルトを渡されてから初めて変身したのはこのフォームであり、当時はベルトも未改造だったためか音も鳴らなかった。

なお、モルモットマウス同様に実験動物として使われることがある。
そして戦車戦争に用いられる兵器である。
このことから、戦車実験兵器、即ち試験用兵器の暗喩と推測することもできる。

余談だが、戦の名前の由来は恐らく=ラビット」「戦()=タンク」から。
惣一が名前をフルボトル二種から、苗字行きつけの理から取って名付けたのが「桐生戦兎」と言われている。

ビルドフォン

が開発したスマートフォンガジェット
通常のスマートフォンのようにメール電話の各種機が使用できる。

通常は手のひらサイズの大きさだがライオンフルボトルを装填することで大二輪バイクマシンビルダー」に変形し、ビルドの移動をサポートする。
マシンビルダー自体も戦闘力を有しており、体に搭載されているで敵を攻撃することができる。

他のベストマッチフォーム

東都のフルボトル

フルボトルは作中の推測で60本存在する。
パンドラボックスから分離したパンドラネル1枚につき10本フルボトルが存在。
うちパンドラネル2枚=フルボトル20本が東都に存在しており、残り4枚=フルボトル40本は北都・西都に存在する。

東都の20本のフルボトルは作中前半で浄化が了し、全てのフォームが登場している。

ゴリラモンドフォーム

ゴリラ×ダイヤモンド!
ベストマッチ!!

Are You Ready!?
「ビルドアップ!」
きのデストロイヤー!ゴリラモンド!イェーイッ!!!


ゴリラフルボトルとダイヤモンドフルボトルで変身するフォーム。このマッチングは2話で発見された。
剛腕なゴリラと強固なダイヤモンドが混じり合うフォームでパワー体の戦い方をする。

ダイヤモンド鉱石そのものが要素。その硬さだけでなく、ダイヤエネルギー攻撃を弾いたり、周囲の物体をダイヤに変えることが可
ゴリラの要素は「野性のパワー。単純なパワーで硬さを生かすことも可であり、パンチの威を二倍にまで底上げするもあるが、実は「パンチ攻撃時、稀に敵が即死」する効果を備えている。通常の一撃で仮面ライダーゲンムレベル0をゲームオーバーにしていたが、乱数に嫌われ、この低確率を引いてしまったようである。

他の序盤のフォームと違い、犠牲を極抑えようとする戦と、この「低確率即死」が噛み合わないためか、基本ガーディアン戦でしか使用されず、出番は少な

必殺技ではダイヤの渦を放つ。
ゴリラで射出した渦で敵を攻撃する他、そのまま拘束・分離にもつれこませることも可
ダイヤ時に与えられるには弱いが、これを逆用し、物質をダイヤに変換してからゴリラパワーで砕くことで、鋭利な弾丸となったダイヤが飛散していくという、理にかなった攻撃法となっている。
この特性を応用して、突破の難しいダイヤに変換して砕くことも可

ホークガトリングフォーム

タカ×ガトリング!
ベストマッチ!!

Are You Ready!?
「ビルドアップ!」
の暴れん坊! ホークガトリング! イェーイッ!!!


タカフルボトルとガトリングフルボトルを用いて変身するフォーム。
ベストマッチ自体は、戦の拠点に設置してある試験機を用いてが偶然勘で発見した。

タカの要素「飛行」によって、中を自在に飛び回ることが可
そしてガトリング銃器要素により多数の敵を相手取ることができる、ラビットタンク以上の軽装フォーム。
また、タカ側にはタカガトリング側には火の起爆がそれぞれ要素として仕込まれており、格闘戦も可

自作した、最大装填数100発・装弾と同時に弾の自動生成が可な片手持ちのガトリングガンホークトリンガー」変身形態でも要武器として使用し、敵を圧倒する。
発射する「バレットイレイザー」は、着弾点を爆発と共に消し去るの弾である。
ガトリングにより、敵の防御特性に合わせた特殊弾を時に自作できる。
武器側の必殺技の使用時は、周囲にフィールドが展開され、敵にのみ被害を集中させることで周囲の被害を抑えることができるようになっている。

ニンニンコミックフォーム

ニンジャ×コミック!
ベストマッチ

Are you ready!?
「ビルドアップ!」
びのエンターテイナー! ニンニンコミック! イェーイッ!!!


忍者フルボトルとコミックフルボトルを用いて変身するフォーム。生物機械の組み合わせは何処に行った。
5話から登場するマッチングであり、が直感で発見した。

忍者「隠密性」による変幻自在の機動・対応が持ち味。
これにコミックエンターテインメントを加えることで、非現実的な創作界の術を実体化させ、まるで漫画のような戦いが可
尚、コミック側の装甲は原稿用数千枚を重ねた、文字通りの紙装甲となっている。
しかしネタと侮ることはできず、物理防御に強い強固な装甲である。

このマッチングを発見した際、戦今週のビックリドッキリ専用武器4コマを作り上げた。
4種類の術が搭載されているほか、先端のペンで描いた絵を実体化させることが可
また、漫画コマを模した奇特な形状をしているが、戦闘時にはコントロールすることができるため、戦闘時のみ切れ味鋭いに変形し、ノコギリ状や二枚といったを自在に出すことができる。

分身や隠れ身といった器用なが評価されてか、物語が進んでもちょくちょく登場する。

ロケットパンダフォーム

パンダ×ロケット!
ベストマッチ

Are you ready!?
変身!」
ぶっ飛びモノトーン! ロケットパンダ! イェーイッ!!!


ロケットフルボトルとパンダフルボトルで変身するフォーム。

今回は生物機械の組み合わせだが、これまでと較しても特筆してありえない組み合わせをしている。
共通項といえば、イメージするが近隣のという程度。中国北朝鮮フォーム呼ばわりはやめてさしあげろ。

ロケットフルボトルの方は採取~浄化のサイクルではなく、ファウスト幹部のブラッドスタークから奪ったフルボトルを使用している。これにより、ファウストがビルドと同系統の技術を使用しているのがより明確になった。
今となっては、ブラッドスタークロケットフルボトルを所持していたのも、何らかの伏線だったのかもしれない。

ロケット宇宙活動」要素により、大気圏外でも活動でき、右脚・左肩それぞれのロケットブースターによる機動や姿勢確保、生命維持用のエアタンクなど、生存性や機動確保に優れている。左腕はレーザーが内蔵されているほか、装甲を合体させ突撃ロケットとして運用が可
一方のパンダは……」とか「」とかそんなんばっかりである。一応、防寒用になる毛皮や右腕のパワークローなど、った形状や特殊性ロケット釣りあいの取れるは持っている。

その推進のためか、戦闘用として扱われることは少なく、に離脱・脱出用として使われている。

ファイヤーヘッジホッグフォーム

ハリネズミ×消防車!
ベストマッチ
「来たぁ~っ!!」

Are you ready!?
変身!」
レスキュー山! ファイヤーヘッジホッグ! イェーイッ!!!


第1話から長らくトライアルフォームで使われていたハリネズミフルボトルだが、8話にて漸く消防車フルボトルとのベストマッチが発見される。これ変身音やりたかっただけなんじゃ……。

ハリネズミの「針」要素による変幻自在の貫通性や針によるカウンター防御、消防車の「消防装備」によるパワー確保や放攻撃と、遠近両用のネタで済まない性を誇る。
何気に双方足裏に刺突物が仕込まれており、ハリネズミの場合はつま先から出せる針だが、消防車の場合は姿勢制御用のアンカーパイルを出すことができる。そこから可燃性物質を送り込んで燃やすことも可

必殺技敵に放を突き刺しを詰めて、そこから針で突き刺し破裂させるという、絵にすると相当エグい技である。よく生きてたな被害者……。

ライオンクリーナーフォーム

ライオン×掃除機!
ベストマッチ

Are you ready!?
たてがみサイクロン! ライオンクリーナー! イェーイッ!!!


長らくビルドフォン用として使われていたライオンフルボトルと、トライアルフォームで使われていた掃除機フルボトルがベストマッチだったことが9話で判明した。

掃除機「吸引」要素により、敵の攻撃を吸い上げ、エネルギーに変えたり吐き出すことが可
ライオン「狩猟」要素が基礎性を底上げしており、敵を殴りつけてグロキーにしたり、鋭利な哮による衝撃波を放つことも可。また、ライオンエネルギー波を放って獲物を狩ることができる

キードラゴンフォーム

ラゴン×ロック!
ベストマッチ
「よりにもよって、ベストマッチかよ……!」

Are you ready!?
変身ッ!!」

封印のファンタジスタ! キードラゴン! イェーイッ!!!


に持たせていたドラゴンフルボトルを一時的に受け取った戦が、ロックフルボトルと併用し変身したフォーム。
しかし、パワーの膨れ上がったドラゴンフルボトルは制御が困難であり、長時間の戦闘は困難
ベストマッチであるロックフルボトルを用いてすら、短時間での戦闘いっぱいいっぱいになってしまっている。

ドラゴン炎」が敵を滅却する大火力となり、軽快な格闘戦で敵を圧倒する。
ロック「封印」要素で敵の特殊や動きを封じることも可であり、ドラゴン肉弾戦に繋げることが容易なため、相性が非常によい。公式に設定されている得意技はアームロックヘッドロック
また、ロック装備は非常に強固な装備となっており、致命的な攻撃でも二度は耐えることができる。

海賊レッシャーフォーム

「コレ電車ボトルじゃん! ってことはの計算で行くと……」
海賊×電車!
ベストマッチ
ベストマッチ来た~っ!」

Are you ready!?
変身!」
定刻の反逆者! 海賊レッシャー! イェーイッ!!!


1話時点で所持していた海賊フルボトルと、それを含めフルボトルを取り返した際に紛れていた電車フルボトルを使用し変身したフォーム。過去特撮面で見ると、微妙に時期が噛み合いそうで噛み合わない組み合わせである。

海賊上適応」要素により、を利用して推進を確保しながら、海賊ハーフボディや武器による射撃を行う。
また、電車「走行」で如何なる状態でも通勤ラッシュ状態でも安定して切り抜けることができ、電を周囲から確保して打撃を高めることも可
総じて走破性に優れた射撃戦フォームである。

このベストマッチ発見後、戦はすぐに専用武器のカイゾクハッシャー」を作成。
ライダーお約束として、近接攻撃にも使用でき、パワーを4段階に調整可

オクトパスライトフォーム

オクトパス×ライト
ベストマッチ

Are you ready!?
「ビルドアップ!」
稲妻テクニシャン! オクトパスライト! イェーイッ!!!


オクトパスフルボトルとライトフルボトルを用いて13話で変身したフォーム。
滝川紗羽を救助した際に採取した成分を、石動美空と二人だけの秘密でボトルに浄化しており、それによりこのベストマッチが発現した。
今までビルドの攻撃を、まるでその性を知っていたかのように対応していたブラッドスタークだが、このオクトパスライトフォームには対応できずにスタークは撤退する。戦にとってはこの戦い自体が、自らがブラッドスタークにとって最初から最高のモルモットだったのかを明するための実験であり……。

オクトパスの「触腕」で不規則かつ自在な攻撃を可とする。
ライト電気くらましを働いたり、電撃攻撃を可とする。
ライトで作られた隙をオクトパスで強引に抉じ開ける、と技の変則的な攻撃が可
煙幕・二重のくらましを行うことができ、対応が高い。

北都のフルボトル

スマホウルフフォーム

ウルフ!×スマホ!
ベストマッチ!

Are you ready!?
「ビルドアップ!」
つながる一匹! スマホウルフ! イェーイッ!!!

プロジェクトビルド」PV内にて、葛城巧により名称と外見だけ明かされたフォーム。
後にTV本編でも登場したが、双方とも北都にあるフルボトル「ウルフ」「スマホ」を用いての変身だった。

腕に巨大なスマートフォンがついているのが特徴であり、よりによってこれをシールドに用いる。それにより画面が割れても時間が経てば自己修復する。
また、ビルドを応援するフォロワー人間達の増加が戦闘力に直結していたり、変身スマホアプリデイリーミッションを消化してくれたりと、ネタに事欠かない。

最初に紹介した人物の名前といい、その組み合わせといい、仮面ライダー555主人公乾巧を連想させるがあちらは携帯電話携帯電話でも時代の都合でガラケーなので厳密には違う。

フェニックスロボフォーム

フェニックス×ロボット!
ベストマッチ!

Are you ready!?
変身ッ!
不死身兵器! フェニックスロボ! イェーイッ!!!

映画平成ジェネレーションズFINAL』にて開され、先行登場したフォーム。
映画では石動惣一から提供された北都のフルボトルフェニックス」「ロボット」2種を用いて変身したが、事件解決後に奪われている。
その後、北都と戦争状態になった際、北都三羽ガラスが所持していたものを奪い、それを用いて変身した。

火の鳥になって中を自在に移動する他、必殺技では巨大なロボットアームで攻撃していた。

ローズコプターフォーム

ローズ×ヘリコプター!
ベストマッチ!

Are you ready!?
「ビルドアップ……!」
情熱の扇風機! ローズコプター! イェーイッ!!!

北都のフルボトル「ローズ」「ヘリコプター」の2種を用いて変身したフォーム。
作中では石動惣一に貸与され、戦いの中で試行錯誤していた際、発見した。
その際は精が不安定故に、乱雑な戦いしかできなかったが、後に「ハザードレベルを上げる ~7つのベストマッチ~」においてある程度立ち直った状態で使用。ここで漸く価を発揮した。

戦闘用に強化されたヘリコプターのローター「バトローターブレイド」、右腕の「イバラッシュアーム」に配置された荊のなど、多な攻撃を特徴とする。
飛行も可であり、便利な自動航行システムを備えている。
また、しおれたを治したり、殺風景な場所に種をネタも備えている。

クマテレビフォーム

クマ×テレビ!
ベストマッチ!

Are you ready!?
変身ッ!
ハチミツハイビジョン! クマテレビ! イェーイッ!!!

バトルDVD「誕生! クマテレビ!! vs仮面ライダーグリス」にて登場予定。
万丈が手に入れた北都のフルボトル「クマ」「テレビ」2種を用いて変身したフォーム。

標識テレビが配置された異質なフォームであり、テレビは実際に番組を表示することが可なようだ。

ラビットタンクスパークリングフォーム

は、自分が信じる正義の為に……アンタを倒す!」

ラビット×タンク!
スパークリング!!

Are you ready!?
変身!!!!」
シュワッと弾ける!ラビットタンクスパークリング!!!イェイイェーイッ!!!!!

パンドラボックスの成分によって誕生したフルボトルにラビットタンクフォームの成分を合成し、戦が開発したビルドの強化フォーム。
2本で1本の缶ジュースフルボトル「ラビットタンクスパークリング」を使用し変身する。
変身する際は炭酸ジュースを振り回し、ふたを開けた際に炭酸が噴き出す演出を彷彿とさせるエフェクトが出る。
子供真似したら危ないだろ。

ラビットタンクフォームを純に強化した形態であり、タンクの強固さとの機動が更に強くなっている。
また、自身の体を炭酸に変化させワープ移動をすることができる等非常に芸達者。

必殺技中にワームホールを発生させ、そこにキック叩き込む「スパークリングフィニッシュ!」。
ブラッドスタークの放ったモンスターを2体めて葬り、その後方に居たスタークも飛び散った炭酸ダメージを与えスタークごと倒したという、キック攻撃にも関わらず非常に攻撃範囲の広い技となっている。

ハザードフォーム

ハザードオン!

葛城巧が作ってしまい、あまりの副作用から封印を決意した「ハザードトリガーを、ベストマッチ状態から追加で用いたフォーム。
スーパーベストマッチ!」となり、強大なを誇る一方、変身するとあっという間に理性を失い、に映るもの全てを破壊してしまうという、極めて危険なフォーム。変身音も明らかにその危険性を強調している。
これまでの暴走するライダーとハザードの違いは、ただただ機械的に、殺戮のためだけに効率よく動くところ。物事を考える理性すらなく、以外で止めようがない分、スクラッシュドライバーを上回る強副作用である。

ハードスマッシュがハザードスマッシュになるのと同様、身体がく禍々しく変化。
通常フォームとは異なり、フルボトルの特性は反映されるものの、外見上は刺々しいい装甲が固定となっており、その四肢には敵を分解・消滅させるが備わっている。
また、装甲は任意で重装化することも可となっている。
だけはベストマッチフォームのままとなっており、ここが使用ベストマッチに応じて入れ替わる。

ラビットタンクハザードフォーム

ラビット×タンク!
スーパーベストマッチ!!

ドンテンカン!ドンテンカン!ガタガタゴットン!ズッタンズタン!
Are You Ready!?
変身
アンコトロールスイッチ!ブラックハザード!ヤベーイ!!!

ラビットタンクフォームにハザードトリガーを追加し、変身したフォーム。
本編で初めて登場したハザードフォームである。

当初は使用をためらっていた戦だが、万丈が戦のために、身の危険を顧みず戦っていたことを知った戦は、万丈を止めるために遂に変身を決意する。
圧倒的な強さを持っていたが、期にハザードトリガー副作用が発生。理性を失った戦僅か一分足らずで副作用に耐え切れず暴走し、遂に明確に敵を殺してしまう。取り返しのつかなくなったことで、全に己のアイデンティティを失ってしまった戦だが……。

暴走時は、的確に敵の急所のみを狙って凄まじい速度で攻撃を連打。
した羽に対しては、頭部を拘束してから分解気体を浴びせ装甲をズタズタに融解。その状態で全必殺技を喰らわせ、変身解除すら間に合わせずその命を奪っていた。

スマホウルフハザードフォーム

ウルフ!×スマホ!
スーパーベストマッチ!!

ガタガタゴットン!ズッタンズタン!ガタガタゴットン!ズッタンズタン!
Are You Ready!?
変身
アンコトロールスイッチ!ブラックハザード!ヤベーイ!!!

スマホウルフフォームにハザードトリガーを追加し、変身したフォーム。
ラビットタンクハザードとの違いはパーツのみ。

スピンオフ作品のネットムービー仮面ライダービルド ハザードレベルを上げる 〜7つのベストマッチ〜」で登場。
再会した内海成彰の命をった協の元、ハザードトリガーによる暴走リスクを抑えるべく、暴走時のデータを取得するために変身案の定変身して二、三分と経たず暴走してしまうが、ハザードとナイトローグでは戦差があまりに大きいにも関わらず、ナイトローグ変身した内海ホロラムを利用、一の隙を突きハザードトリガーを分離させることで、事生きたまま暴走時のデータを取得することに成功する。

ホークガトリングハザードフォーム

タカ×ガトリング!
スーパーベストマッチ!!

ガタガタゴットン!ズッタンズタン!ガタガタゴットン!ズッタンズタン!
Are You Ready!?
アンコトロールスイッチ!ブラックハザード!ヤベーイ!!!

ホークガトリングフォームにハザードトリガーを追加し、変身したフォーム。
通常のホークガトリングフォームと同じく飛行を持ち、ホークトリンガーを武器として使う。

作中では仮面ライダーグリスとの代表戦において変身し、一方的にグリスを攻撃して変身解除に追い込み、東都に勝利をもたらした。しかし戦理性が失われた状態で変身したため、変身解除した猿渡一海にとどめを刺そうとしてしまう。そこへクローズチャージに変身した万丈が現れ交戦状態になり、暴走状態の制御に成功したクローズチャージの一撃により変身解除される。

トライアルフォーム

処までベストマッチ要素を挙げたが、ベストマッチしていない組み合わせでも状況に応じて先述の「トライアルフォーム」になることができ、ベストマッチが見つかったハーフボディでも別の組み合わせを模索していることがある。

現在作中に出ているビルドのハーフボディは全てベストマッチが見つかっている。
今後トライアルフォームが新たに登場した際、便宜上処にベストマッチしていない要素をめておく。

レジェンドライダーフォーム

ゲーム等で登場する、過去仮面ライダーネタにしたフォーム。
フォーム自体の外見は仮面ライダーディケイドカメンライドのように、各仮面ライダーのベルトだけをビルドドライバーに変えたような姿になる。
使うボトルのハーフボディ自体はデザインされているようであり、ゲームガンバライジング」ではトライアルフォームでハーフボディの使用を確認できるが、ベストマッチフォームの変身ではハーフボディ合体直後レジェンドライダーの姿に変化する。
また、レジェンドライダーフォームに使用するフルボトルは、通常のベストマッチに使われるフルボトルの別の組み合わせであることも多い。

また、『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』ではレジェンドライダー単品のフルボトルが登場。
こちらのバージョンも各ライダーに存在し、単品でも使用できるが、ライダー同士の組み合わせでベストマッチをすることが可

以下にそれぞれの組み合わせを記載する。

変身するライダー 有機物側 機物側 補足 単品ボトル
仮面ライダー電王 モモタロス 電車 電車フルボトルは海賊レッシャーと兼用。
同作を代表する味方怪人モモタロス」と、
同作のモチーフの一つ「電車」の組み合わせ。
仮面ライダーディケイド ライダーカード
カメラ
ディケイドは例外として、「有機物」と「機物」の
組み合わせすら破壊してしまった。
ディケイドの使用する「ライダーカード」と、
変身者・門矢士の持つ「カメラ」の組み合わせ。
片方ゲームコラボの限定品なせいで再現が困難。
仮面ライダーW 探偵 USBメモリ 職業探偵」と、ガイアメモリデザイン
USBメモリ」の組み合わせ。
仮面ライダーオーズ タカ メダル タカフルボトルはホークガトリングと兼用。
基本フォームの動物の一つ「タカ」と、
作中のキーアイテムメダル」の組み合わせ。
仮面ライダーフォーゼ 友情 ロケット ロケットフルボトルはロケットパンダと兼用。
作中のワード「友情」と、多くのフォームのモチーフ
ロケット」の組み合わせ。友情は生物なのか?
フォーゼ
ウィザード
フォー
仮面ライダーウィザード 魔法使い ダイヤモンド ダイヤモンドフルボトルはゴリラモンドと兼用。
変身者の「魔法使い」と、インフィニティスタイル
モチーフダイヤモンド」の組み合わせ。
仮面ライダー鎧武 オレンジ ロック ロックフルボトルはキードラゴンと兼用。
変身アイテムモチーフオレンジ」と
ロック(錠前)」の組み合わせ。
片方限定品なせいで再現が困難。
鎧武
ドライブ
フォー
仮面ライダードライブ 現在単品版のみ開されている。
仮面ライダーゴースト おばけ パーカー 変身者の「おばけ」と、ライダーモチーフ
パーカー」の組み合わせ。
両方限定品なせいで再現が困難。
ゴースト
エグゼイド
フォー
仮面ライダーエグゼイド ドクター ゲーム 作中コンセプトドクター」と「ゲーム」の組み合わせ。
映画平成ジェネレーションズFINAL』にて
実際に変身している。

関連動画で笑顔になってくれたら、「くしゃ」ってなるんだ。俺の顔が。
再生数を期待したら、それはニコニコとは言えねえぞ。

さぁ、関連商品で実験を始めようか!

関連項目編集の方程式は決まった…!

脚注

  1. *ただし、この基盤は最上魁星が既に作っていた技術。一から全技術を作ったわけではない。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A1%90%E7%94%9F%E6%88%A6%E5%85%8E
ページ番号: 5499219 リビジョン番号: 2564016
読み:テェンサァイブツリガクシャノキリュウセント
初版作成日: 17/08/23 20:02 ◆ 最終更新日: 18/02/20 01:10
編集内容についての説明/コメント: 関連商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桐生戦兎について語るスレ

250 : ななしのよっしん :2018/02/16(金) 19:40:39 ID: f9+Earnb82
そっちの予算を本編か別の映画に回す方がいいことに気付いたんじゃね
まあ全部想像だけど
251 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 13:11:01 ID: D4wYKJkm04
何だかんだスパークリングは今でも活躍できているな。まあハザードフォームがまるで使い物にならないのが問題なんだが。
252 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 17:38:21 ID: W6Jw4q12LE
今回もローグボコられてたし、ハザードもローグにやられるらしいし、つーか今回敵ばっかり強いから苦労しまくり
253 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 01:36:29 ID: QcOm97CWPo
ベストマッチのお得なスキル細かく知ると面いな
バトル以外でも楽しく使う回とかやってくれないだろうか
戦闘力だけが全てじゃないだろう
254 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 13:22:28 ID: Z65VdHQzMZ
ベストマッチと言えばこの前の放送からトラユーフォフォームが追加されたけど、ユーフォー側のボディの異次元間に相手を放り込んだりだとか変身者が危機に陥ると胸部装甲を突き破って不定形の攻撃ユニットが出てくるとか怪電波を発して呼び出したUFOなどを操るとか書いてあった。
・・・ハザードフォームとは別のベクトルでヤベーイが満載過ぎる気がする。
255 : ななしのよっしん :2018/02/21(水) 10:48:14 ID: WjocDglo+o
ゴリラモンドハザードならローグ相手でも負けしないような気がする
256 : ななしのよっしん :2018/02/21(水) 11:11:55 ID: zYlobJT5Hm
ほんの数週間前までの心身衰弱ぶりから軽口をけるまでに立ち直ることができて
ひとまずホッとしてる
すぐさま新しい爆弾放り込まれてるなんて知らない
257 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 10:59:48 ID: mNlOCJvwe5
>>251
代表戦を制するのに不可欠だったハザードフォームを「まるで使い物にならない」ってそれどうなんよ?
次回渡が味方になってくれれば、暴走止める役が2人になって安全性上昇、使い勝手よくなるし
使い方次第だろ

>>253
戦争中はだべ
258 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 11:31:11 ID: OJ0D/Ak1Bx
はハザードトリガーは時間制限付きの無双モードとして見てるからゲーム好きとしては脚本の人面い設定思いついたなぁと思う
戦闘マシーンとして暴走する前にいかにダメージを稼ぐか、できればノックアウトまでいけるかみたいな
シナリオ暴走にはなんの旨味もないし、モブ敵が出るような状況じゃないのでインフレにやられそうではあるけど、理性を保ちながら暴走並のスペックを引き出せるアイテムが出るまではハザードである程度削り、あとは臨機応変にが基本戦術になりそうだし、ダメ押しとしてハザードトリガー自体が必殺技みたいな扱いも面そう
259 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 21:22:59 ID: oiwhO+t82v
ハザードは全に単体行動かつ一切殲滅向けのビルドだから全く戦に向いてないのがネックだなぁ...もちろん葛城の思想とも合わないから封印したんだろうけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829