単語記事: 梶浦由記

編集

梶浦由記(かじうら ゆき)とは、日本音楽家である。

概要

TVアニメ映画サウンドトラック、楽曲の提供で知られており、特に真下耕一監督作品での活動が有名。ニコニコ動画ではMADLAXの挿入歌「nowhere」(通称:ヤンマーニ)などが有名。曲中でピアノ演奏することも多く、ライブ活動(後述)でも披露している。

オリジナルアルバム制作しており、2003年8月6日には1stFICTION』をリリースした。2011年3月30日には、およそ7年7ヶぶりとなる2ndFICTIONII』が発売された。

また、アニメーション業界では、女性作詞作曲として菅野よう子双璧をなす個性・実として知られ、海外での知名度も高い。手がけたサウンドトラックに、ボーカル曲を較的多く含むことも、両者の共通点である。また、作曲体としてはしくライブ活動も活発であり、「Yuki Kajiura Live」と銘打って定期的に開催しているほか、下述のKalafinaも積極的にライブを行なっている。

梶浦語

梶浦由記の用いる言体系。本人により「梶浦語」と呼ばれ広く知られている。それらは楽曲のメインボーカルコーラスなど、梶曲の至るところで聴くことができるが、音楽にのせられて歌われるにも関わらず口頭による伝承もなく表記する文字も不明、その内容は複雑で常人には解読不能であるため、その歌の多くを担当している貝田由里子歌詞に用いることの多い梶浦由記にしか分からないとされる。 [以下ネタバレ]→ 梶浦由記による造歌詞の総称(本人が独自の造による歌詞を好んでいるので、様々な曲で多用されている)

作曲法(作曲家・梶浦由記さんが作品との関わり方や作曲方法について語る/GIGAZINEより)
題歌はキャラクター寄り、劇伴は世界観寄り、というのが自分の中では大きく違います。どちらも自分の中では
読書感想文の様なもので、例えば原作のある作品であれば、その漫画小説を読んで浮かんでくるものを形に
しているのですが、題歌はキャラクターの存在や心情に寄せることが多く、劇伴は作品世界全体との整合性が重要に
なってきます。もちろん題歌も作品世界全体とのリンク感は大事ですが、劇伴の方が更に近い、むしろ全に
混ざり合うくらいが理想です。劇伴はどんなにいい曲を書いても、作品の世界観と整合性がとれていないと意味がない
ので、そこはすごく考えています。劇伴制作時は作品の背景画のデータ頂いてそれを見ながら作る事も多いですね。
全体のテンションを掴みます。テンションというのは「楽しい」「悲しい」ではなく、感情の波の高さのことで、
作品によって全然違うものです。どこまでみんなの感情が上がるのか、ピークは何処なのかと作品とつきあい始めて、
それに合わせて感情の高低を決めて……という様に、割とイメージ的な所から始めます。(空の境界

全体としては割とすぐに書けました。まどかの脚本は凄く面くて、どこが山か、どこが落ちている所かも
わかりやすく、先程お話したテンションを掴むのもすんなりいきました。あと、脚本に沿った形で音楽メニュー
いただけたのも大きかったです。テレビシリーズ音楽は話数が多いのもありシーン合わせで書くことはどないので、
「悲しい曲を3曲、楽しい曲を3曲、盛り上がる曲を4曲」といったオーダーを頂いて作ることもあるのですが、
まどか☆マギカは「この曲はこのシーンイメージしています」と具体的に使う予定のシーンを伝えてもらったので、
テレビとしてはしく、絵合わせ(シーン毎に曲を書く事)の様に作らせて頂けました。(まどか⭐︎マギカ

絵合わせの場合、事前にある程度絵がないと曲が作れないので、絵を作る人が相当前倒しで作業していないと
できないんです。これはufotableさんの頑りが大きかったです。できる限り絵合わせをしようという話になりました。
例えば、ごつい方々がどんどん消えていく時に、梶さんの曲が絵合わせで入っていて、映像と音が璧に
シンクロしたら最高だよねという様なことですね。

2ndシーズンでみなさんが散っていくシーンや衝撃的なシーンはほぼ絵合わせで、
しかもすでに声優さん達がアフレコをしてセリフが入った映像に合わせて曲を作らせて頂けたので、
それに釣られて出来た曲が何曲もあります。(Fate/Zero

活動

石川智晶とのユニットSee-Saw(シーソー)」として、1993年BMGファンハウス(現:BMG JAPAN)よりデビュー。しかし2年後に活動休止となったため、以降は作詞作曲活動に専念するようになった。

2001年にはレコード会社をビクターエンタテインメントに替え、See-Sawとしての活動を再開。同時期に放映されたTVアニメNOIR」「.hack//SIGN」で劇伴音楽を手がけ、監督真下耕一とともに高評価を得た。以降、同監督の「MADLAX」「ツバサ・クロニクル」「エル・カザド」等でその個性を遺憾なく発揮し、熱狂的なファンを数多く獲得した。

アニメ業界でも屈ヒットメイカーとしても知られ、See-Sawあんなに一緒だったのに」は、アニメ機動戦士ガンダムSEEDエンディング曲として、オリコン週間チャート最高5位、シングルCDの売り上げも20万枚を突破する大ヒットを記録。その後FictionJunction YUUKA」「焔の」や、有坂美香Life Goes On」、See-Saw君は僕に似ている」など、「SEED」関連で手がけたCDも軒並み高セールスを叩き出した。

そして、「SEED」を機に「FictionJunction」名義の活動が活発化。特に南里侑香と組んだ「FictionJunction YUUKA」にて、上記の「」「焔の」のほか、アニメMADLAX」の題歌「瞳の欠片」や挿入歌「nowhere」(ニコニコ動画では「ヤンマーニ」として親しまれている)、そしてアルバムDestination』『circus』をリリースしている。2009年2月25日には、「YUUKA」も含めたFictionJunction総括として、アルバムEverlasting Songs』をリリースしている。

奈須きのこ原作劇場版アニメ空の境界」にて、全7章の劇伴・題歌を制作しており(「終章」も含めるなら全8章)、各章DVDの初回版にはサウンドトラックCDが付属している。梶いわく、「短い効果音的な、断片的な音まで収録したのは初めてだった」としている。[1]なお、これらの音楽リアレンジ・再編集し、2枚組のアルバムとしてまとめた「the Garden of sinners-劇場版「空の境界」音楽集-」が、2011年3月2日リリースされた。

そして、「空の境界題歌制作のために結成されたプロジェクトが「Kalafina」であり、シングルアルバムを含めたすべての関連CDが、オリコン週間チャートTOP10入りを果たしている(期間限定の「Re/oblivious」を除く)。「空の境界」の一連のリリースが終了した後に解散される予定だったが撤回、現在も精的に活動している。現在は『Seventh Heaven』『Red Moon』『After Eden『Consolation』の4枚のアルバム[2]と、多数のシングルライブDVD等を発表している。詳しい解説は「Kalafina」の記事を参照。

2011年、『コゼットの肖像』でもタッグを組んだ、シャフト新房昭之監督の『魔法少女まどか☆マギカ』にて、劇伴音楽とED題歌(KalafinaMagia』)を担当。サウンドトラックCDは単体では発売されず、ブルーレイDVD初回限定版に付属している(『空の境界』と同じ方式)。[3]また、アニメサウンドトラックとしてはしく、単曲の着うた配信も行われている。→ ニコニコ市場で検索してみる

代表的なサウンドトラック

参加したユニット・プロジェクト

関連動画

関連商品

Solo Works - Original Soundtrack - サントラ付きBlu-ray - See-Saw - FictionJunction - Kalafina - 楽曲提供・コラボレーション

Solo Works

Original Soundtrack

サントラ付きBlu-ray

See-Saw

FictionJunction

Kalafina

楽曲提供・コラボレーション

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *梶浦由記公式ブログの記述より。
  2. *3rdAfter Eden』は、オリコンウィークリーチャートで最高3位を記録、梶浦由記がこれまで手がけてきたアルバムの最高順位を更新した。
  3. *なお、サウンドトラックCDDVDBlu-rayのVol2,4,6にそれぞれ収録されているが、そのいずれも両フォーマットの合計売上が6万枚を突破しており、またTVアニメBlu-ray売上記録を更新している。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A2%B6%E6%B5%A6%E7%94%B1%E8%A8%98
ページ番号: 266405 リビジョン番号: 2247161
読み:カジウラユキ
初版作成日: 08/06/21 23:06 ◆ 最終更新日: 15/08/15 21:33
編集内容についての説明/コメント: GIGAZINEより(梶浦由紀インタビュー)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

梶浦由記について語るスレ

265 : しゅう :2016/02/23(火) 03:04:00 ID: uV+5En9W1x
去年の11月ユリイカ梶浦由記特集をやっていたから読んでみたら梶さんはメロディーラインから作曲するみたいなことが書いてあった
だからかもしれないがコード進行や構造が既存のものに似たとしてもメロディーが生えるため一つ一つの曲に個性が出るのかもしれないなぁと思ったり
まあそのせいで雰囲気が毎回似るのは事実だけど、それは裏を返せば期待通りの曲を提供してくれるってことだから別にいい気がする
266 : ななしのよっしん :2016/02/29(月) 23:44:46 ID: e9qPMHnmBr
コンビ組んだ中で一番良かったのは個人的にEmilyなんだけど、
圧倒的に影が薄いなあ。
今でもforestfake wingとかはトップクラスの出来だと思ってる。
267 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 00:46:34 ID: GL2PekQehh
いつか梶さんの劇伴でウルトラマンが見てみたい。ストリングスく勇壮なテーマ、三拍子で不安定な怪獣テーマ梶浦語で追いかけっこするワンダバとか。
268 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 15:25:31 ID: uF/UGHHxM4
監督のころの前面にでた劇伴、また作ってほしいな
269 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 16:55:41 ID: 98AEEiQldK
4月からはいふりってアニメ放送されるけど、放送まであと10日ほどしかないってのにまだ音楽担当発表されてないんだが、もしや音楽題歌梶ん?
270 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 16:20:25 ID: kaXxihkOAI
Fate/HFも梶さんが担当するらしいね
271 : ななしのよっしん :2016/05/11(水) 01:23:43 ID: krdVbYGUnw
>>266
SIGNから入ったから一番印的なタッグだなぁ
本当にに残る曲が多かった
272 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 19:08:06 ID: uV+5En9W1x
よく話題に上がる梶さんの楽曲の和(コード)がワンパターンって話が気になっていたから楽曲について調べてみた
そしたら結構な曲で短調の順次下降系(Ⅰm>Ⅴm>>>m>Ⅰm>m(dim)>Ⅴ7)の全部分もしくはその一部と偽終止、Ⅴsus4>Ⅴが使われていてなるほどって感じだった
加えて短3度転調がとにかく多い
あと、フリギアの話が良く上がるけど短調の曲でメロディが根音から全5度音程で始まる曲が多いためにそう聞こえるのではと勝手に推測
273 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 12:49:10 ID: dDce1b2STA
昨日NHKアニソン特集やってたけど全部梶さんが音楽担当したアニメ題歌だった。カラフィナも出てたし。
274 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 12:54:21 ID: gz3RD6mHhI
NHKでやってたSONGSだっけか
そう考えると梶さんめてすごいな
ある意味さん特集でもあったな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015