単語記事: 森下卓

編集

森下卓とは、将棋棋士である。棋士番号161。段位は九段。(故)村元九段門下。

概要

1966年生まれ、福岡県北九州市出身。1978年に奨励会6級入会1983年に四段昇段(プロ入り)。
タイトル戦登場6回、棋戦優勝8回、竜王戦1組16期、順位戦A級10期の実績を持つ。
現在は竜王戦2組、順位戦B級2組に在籍。

子に増田

俳優森下大地は実子。

居飛車党の正統派で受けの棋
森下システムを考案し、升田幸三賞特別賞を受賞している。
「駒得は裏切らない」という格言が有名で、「歩を5枚持つと『一森下』」などと言われる。

タイトルに6回挑戦しながら獲得経験がなく、「冠の帝王」と呼ばれた。

非常に礼儀正しいことから付いたあだ名が「先生」。
対局時計の秒読みにも「はい」と答えるという逸話がある。

解説は毒舌なことで有名だが、ニコ生で解説する際はやや控えめ。

2014年に行われた第3回電王戦へ副将として出場。ツツカナと戦い敗れた。

2014年12月31日に秒読み10分、継版ありという森下九段提案の特殊なルールツツカナリベンジマッチを行った。20時間以上の熱闘の結果、勝勢になるが、体的な問題、運営スタッフの交代要員の準備不足などの為、運営提案で掛けとなる。その後、し掛けからコンピューター同士で対戦させたところ、森下九段側の100100勝となったことや、決着まで数手をようしたことから、対局再開とせずに森下九段の勝ちとされた。

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A3%AE%E4%B8%8B%E5%8D%93
ページ番号: 5169736 リビジョン番号: 2328546
読み:モリシタタク
初版作成日: 13/11/09 22:16 ◆ 最終更新日: 16/02/22 12:58
編集内容についての説明/コメント: 息子さんについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森下卓について語るスレ

21 : ななしのよっしん :2015/01/01(木) 21:29:15 ID: WMptynqa1U
素晴らしいぜ、森下さん
22 : ななしのよっしん :2015/01/02(金) 15:54:33 ID: pCp4fkky6W
正直に、笑いものとし者になるだろうと思ってた。情熱も萎んでしまうかなと。
本当に申し訳ありませんでした…!

何度も何度も訪れる分岐点を、えながら全て正解していった姿は
やっぱりカッコ良かった。継ぎ盤あってもカッコ良かった。
煽りマジレスみたいな形で始まっちゃった企画だけど、
モリシタ将棋教室」みたいなファンサたっぷりの解説も含めて本当に楽しませて頂きました。
本当にありがとう。コレシカナイ、コレシカナイデスネ。
23 : ななしのよっしん :2015/01/10(土) 14:46:14 ID: ikirPWQEPV
し掛けで終わってたけどもうし終えたのかな
勝負には勝ったから試合も決着させてほしい
24 : ななしのよっしん :2015/01/12(月) 00:43:43 ID: OrBTgqm9sb
人間とコンピュータが対戦する時は、それに合わせてフォーマット
考えた方が良い、という発見は大きな功績だと思う
25 : ななしのよっしん :2015/04/04(土) 00:48:03 ID: 86FlZAhOh+
まぁ最高だった
もうすぐコンピューター棋士全にえる時代がくるのは避けられないのかも知れないが
人間がコンピューターに対しての最後の足掻きというか最後の抵抗というか、人間として棋士としての誇りと意地を見せて貰ったように思います

文句なき勝利です!感動しました!
26 : ななしのよっしん :2015/04/13(月) 21:40:08 ID: MpwdLv5ChQ
本気で人対コンピュータールールを考えて実践したのは森下さんだけ
他の棋士も開発者も与えられたルールに甘んじているのみ
27 : ななしのよっしん :2015/05/02(土) 09:03:03 ID: 9qa4tPqJwu
将棋に対する心構えを第一とする精論的考え方と
実情や局面を温和なり口で冷徹にる合理義的なところが
レベル融合している人だね
個人的には将棋界で一番個性的な人だと思う
28 : ななしのよっしん :2015/07/24(金) 19:07:06 ID: rVxLAprEqJ
あの一局、またやってくんないかな。
対局中の森下さんの解説&独り言にこそ、あの一局の意義はあったように思える。
トップレベル棋士トップクラスの戦いをしている時に、頭の中で何を考えているかをちょっとだけ垣間見れたじゃない。
人間同士じゃアレはできないからね。
コンピュータと人間が切磋磨できるいい例だと思うよ。
29 : ななしのよっしん :2015/11/23(月) 02:13:13 ID: Rvp/IC+tE+
ぶっちゃけ嫌い。
なんか、羽生さんとかへの劣等感がにじみ出てて、素直にそういうトップ棋士の凄さを認められない部分がこの人にはあるよな。

タイトル補に並ぶ棋士だったのに、結局一つもタイトル取れなかったのがずっとの中で渦巻いてんだろうね。
30 : ななしのよっしん :2015/12/09(水) 06:18:28 ID: T4BXjtMblx
昭和棋士ってむしろそういうタイプが多数だよ
大山中原だってさんざんいろんな感情をぶつけられてきた
むしろ倒すべき宿敵を簡単に認めちゃったら勝負師としての持に関わった時代
この人あたりはそういう時代に育ってきた最後の世代なのかもしれない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015