単語記事: 森博嗣

編集  

森博嗣(もりひろし 1957年愛知県生まれ)とは、小説家、研究者(工学博士)である。

は、シェットランド・シープドッグ。 

概要

1996年、『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。ただし実際の応募作は第2作として出版された『冷たい密室と博士たち』。本来『すべてが~』はシリーズ4作だったのだが、デビューにあたって順番を入れ替え、よりインパクトの強い作品である『すべてが~』を第1作として出版した。これが大ヒット作となり、講談社ノベルスの看作家としての地位を確立する。

デビュー当初は、S&MリーズやVシリーズなどのミステリィを中心に執筆していたが、スカイ・クロラシリーズなどのSF作品や『工作少年の日々 Under Construction forever』などのエッセイ、『建築家 A Cat of Architect (絵・佐久間人) 』などの絵本等、様々な作で執筆を行っている。

処女作である『冷たい密室と博士たち』を雑誌「メフィスト」に応募し、出版が決まって編集部が連絡を取った際には既に続編を4作まで書き上げていた、という逸話が示すように、大変な速筆である。デビューから20年で、著作は小説からエッセイ、趣味の分野まで含めると150冊をえる。小説ビジネスとして書いていると言しており、だいぶ前からしばしば「数年内に小説を書くを止める」と発言しているが、それがいつになるのかは今のところ不明。

デビュー当時は、某国立大学工学部助教授であったが、現在は退職している。専門は「塑性体の流動解析手法」。学術著書として、『建築材料 ―その選択から施工まで―』等があるように、建築学者である。

趣味人としても知られ、最近は鉄道模型製作に没頭されているご様子。他にも、イラスト董品・キャラクタの貯収集などの趣味がある。趣味系の著書には、『おもちゃライフ』『ミニチュア庭園鉄道  欠伸軽便鉄道弁天ヶ丘線の下がり』『アンチハウス ANTI HOUSE 』等がある。

また、「むく」のペンネーム漫画同人活動を行っていたこともある。同人サークルグループドガ」を宰し、同人誌即売会コミックカーバル」を開催した。グループドガ解体後は「出版JETPLOPOST」を宰した。JETPLOPOST同人には、山田章博などが在籍していた。当時描かれた漫画作品の幾つかは『森博嗣ミステリ工作室』に収録されている。

カタカナの使い方に特徴がある。「ミステリー」を「ミステリィ」(本当は「ミステリ」じゃねーかって言うツッコミは野暮です)、「メーカー」を「メーカ」、などと表記する。これは理系分野では長音記号(“ー”とかの伸ばし棒のこと)を単語尾に多用しないというルールが存在したためである(現在この縛りはない)。
なのでこのようなカタカナを使用している人はファンの可性が高い。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A3%AE%E5%8D%9A%E5%97%A3
ページ番号: 353879 リビジョン番号: 2324126
読み:モリヒロシ
初版作成日: 08/07/15 02:18 ◆ 最終更新日: 16/02/12 05:07
編集内容についての説明/コメント: 気付けばデビュー20年なので少し修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

森博嗣について語るスレ

79 : ななしのよっしん :2014/09/27(土) 10:51:45 ID: k4tigmyzfz
>なんで賀田四季キャスト言わないんだ?と思ったら、そうか。言えないんだな。ちょっと素敵だ。

普通キャスト発表されて、なおかつほぼネタバレに近い情報造作に開されてますが。
テレビドラマって本当に素敵ですね(白目

そのうち「○○○○役も彼女に決定しました!」とか然と発表しそう
80 : ななしのよっしん :2014/09/29(月) 01:02:19 ID: nX3bpC74lD
「笑わない数学者」が入ってないのか。
確かにあれはトリックとしては非常に陳腐だし、映像じゃ真のテーマに迫れないかな。

「数奇にして模型」の時は原作通りでやればなんか一部で荒れそうだから心配だわ。ディープな世界の描写がどうなるんだろ?

しかし「封印再度」と「有限と微小のパン」とはまた推理物としては反則な所を持ってきたなぁ。後者は確かに必須タイトルではあるけどね。
81 : ななしのよっしん :2014/12/08(月) 21:06:25 ID: NdkMcefZNO
実験的経験で筒井康隆に解説もらってたな
というかイギリスに引越してたのな
まさに々自適というか
82 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 23:21:30 ID: ReRL+aQnya
君が決めるんだ
83 : ななしのよっしん :2015/02/13(金) 08:53:22 ID: GUsgivSOYq
シリーズの「黒猫の三」がフジテレビの二時間ドラマ映像化。
期待してはいなかったが、いわゆる二時間ドラマの味付けがされていてそこそこ楽しめた。
はVシリーズを読んでから時間が立って記憶が薄れているから、
ファンからしたら怒る内容だったかも知れないが……

れんちゃんは俳優さんが頑っていたが全再現は理だよねえ。
しこさんは普通女の子になっていた。保呂さんと子さんは結構頑っていたと思う。
子さんと離婚した刑事との仲が原作べてマイルドになっていたから、もし二時間ドラマあるあるシリーズ化されるなら、
段々と仲良くなっていくかも知れない。

演の檀れいが良かった。もし次回があるなら、小鳥遊くんのヘンテコで浮世離れした感じをもっと見せて欲しい。
今のままだと視聴者に「ただの女装」と勘違いされて終わる。
84 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 01:49:52 ID: y3Gjjhipv4
英語日本語の中間くらいの発音をしてみると
氏のカタカナは正しいと感じてしまう。
っ当なことをフランクにやってるのに、それが個性と呼ばれる。
まっすぐなんだけど曲げられてしまう。
それでもまっすぐをやめない。
そんな感じで氏が好きです。
85 : ななしのよっしん :2015/05/26(火) 15:00:27 ID: gjmpLLCe7H
賀田四季の名前について
「季」という字は古代中国で四男に付けられることがある字(あざな)なので「四季」という名前が4*4=16を表す可性が微粒子レベルで存在する……?
86 : ななしのよっしん :2016/03/22(火) 17:24:59 ID: 9RfUpu0Uns
『封印再度』での枝の会話
「君は、何でも知ってるね」
「何でもは知りません」
「ま、そりゃそうだけど・・・」

化物語』に出てくる羽川翼の決め台詞
「何でもは知らないわよ、知ってることだけ」
西尾維新先生森博嗣先生を尊敬してるそうだから、上記の会話から着想を得たのかな。
87 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 18:58:12 ID: PRzS1lyx4V
森博嗣作品から大分離れてたが、かなり新作出てるんだな
ヴォイド・シェイパってやつちらっと見たら剣豪小説っぽくてびびった
一筋縄ではいかない剣豪小説としか思えないけども
講談社タイガから出てる新シリーズ引用文がニューロマンサーやら虎よ虎よから引っり出されてる上、作品のSF度が高くてびっくり
シリーズ好きだったからこれはホントに嬉しい
88 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 00:03:15 ID: vTUieNch89
>>86
九十九十九とか極堂とか矢吹駆とかにも影受けてるから、多分そういう名探偵の決め台詞だと思う
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829