単語記事: 横書き

編集  

横書きとは、文字を書き進める方法(書字方向)のひとつで、文字を横に並べたもの。

つまりこの記事のような書き方である。

概要

横書きは左から右に書く「左横書き」、右から左に書く「右横書き」に大別される。欧の言は左横書き流であり、日本などのアジア圏でもこれに倣って左横書きが使用されることが多い。対して、中東圏では右横書きが使用されている。アラビア語ヘブライ語などが代表的である。

書く方向に柔軟性があるものとしてはヒエログリフがあり、生物の形をしたヒエログリフが向いている方向が文頭になるので、左右の横書きはもちろん、縦書きも可となっている。

古代ギリシャの古い碑文では、左から右→改行したら折り返して右から左・・・というしい書き方も確認されている。これはで鋤を引くのような書き方なので、「耕式(ブストロフェドン)」と呼ばれる。

横書きの例:英語(筆記体) 横書きの例:ヘブライ語
~^אה^~הלב שלי יזנק

第六駆逐隊の掛け軸

日本では古来から右縦書きが流だったため、昔は横長のスペース文字を書くときは縦書きの文章を「一文字ずつ改行して」右から左へ書くことが多かった(以下、便宜上これも「右横書き」と記す)。このため昔の看や本の表にはよく右横書き文字が書かれているが、これはあくまでスペースの都合であり、本は右縦書きというのが普通であった。「昔の日本は文章を右横書きで書いていた」と勘違いする人も多いが、これは誤り。

日本では江戸時代後期になると、蘭学の影でぽつぽつと左横書きの本が現れ始める(アラビア数字との整合性を得るため)。とはいえ、このような本はエリート層が手にするようなもので、看などでは縦書きに慣れた庶民にとって分かりやすい右横書きがよく使われた。その後は右縦書きと左横書き、右横書きが併せて使われていたが、戦後は左横書きが一般的になった。

スジャータのトラック

現在よく見られる右横書きは、トラックの荷台に書かれた文字だろう。これは対向線のがすれ違う際に文字読みやすくするための工夫である。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A8%AA%E6%9B%B8%E3%81%8D
ページ番号: 5392753 リビジョン番号: 2526325
読み:ヨコガキ
初版作成日: 16/01/08 20:50 ◆ 最終更新日: 17/09/23 23:25
編集内容についての説明/コメント: 掲示板の指摘を反映
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

横書きについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 13:29:54 ID: d+VEmGxYKz
記事の概要で、右横書きに関する説明に「タイ語」と書いてありますが、タイ文字は原則的に左横書きです。
(例外的に常時左置きにするのは、音の記号のうち一部だけです。また、そういった左置きの記号の場合も、書き順は左置きの記号の側からであり、右置きの記号の側からではありません。)
修正をお願いします。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829