編集  

横綱単語

ヨコヅナ

横綱とは、大相撲における最高位、またその力士、またその力士の絞める綱の事である。
転じて、同類のものの中で最も優れたものを言う。

概要

元来は相撲の最高位は大関であり、江戸時代相撲ブームに沸く江戸において行の総元締であった吉田が権確保を的として「横綱免許」を設置。それまでは上覧相撲、奉納相撲などの特別なイベントで行われていた土俵入りを土俵上で行っていた顔見せ土俵入りを結びつけ、綱をつけさせて一人で土俵入りさせる事を立案。そして1791年、谷風小野が同時に横綱免許を受け「認」となる。当初横綱は名誉称号にすぎなかったため、かなりな好成績を残しながら横綱とは呼ばれなかった強大関も存在した。その後、横綱相撲における公式な地位となり、大関の中で相当の成績を挙げたものにのみ吉田が授与するという形で存続する。しかし、第40横綱富士までは吉田による本免許授与式により横綱を許されたが、その後相撲協会は吉田絶縁したため、第41横綱千代の山からは協会単独での推挙で横綱が誕生しており以後今日まで吉田からの横綱免許授与は行われていない。

戦後の昇進条件としては「大関の地位にあって、連覇またはそれに準ずる成績」が基準になっている。
かしこの「連覇に準ずる成績」というのが現在まで議論の対となっており、12勝程度でも連覇なら昇進なのか、連続で14勝の次点であっても昇進見送りなのか、はっきりした結論はいまだ出ていない。
戦後昭和時代、連覇で昇進したのは栃錦、大鵬北の富士、琴の4人だけであり、後に大横綱と言われる北の湖千代の富士でも連覇は横綱昇進後である。
昭和末期、北尾(後の双羽黒)が一度も優勝することなく横綱に昇進し、その後不祥事により業したため横綱昇進基準がより厳格化されるきっかけとなり、その後の富士から日馬富士までは例外く連覇で昇進している。貴乃花武蔵丸も、以前ならとうに横綱になっていてもおかしくない成績を挙げながら昇進を見送られた例もある(後には連覇で昇進)。しかし2014年大関鶴竜が初場所14勝の優勝同点、翌3月14勝で初優勝と、連覇ではなかったが第71横綱に昇進する。初場所の千秋楽本割で横綱白鵬を破った点(白鵬はこれに勝っていれば15戦全勝であった)、3月に2横綱を倒して初優勝した点などが評価されたと考えられる。また2017年1月に14勝1敗で初優勝した稀勢の里は、大関在位中の勝率が7割をえておりカド番も一度しかないなどの安定した成績、直近6場所の勝率が8割をえていることなどを評価されて昇進が決定した。

横綱大関以下の力士にはない特権と責務があり、引退するまでその地位を保障される代わりに、出場する際には常に最高レベルの成績、内容をめられる。大関以下の力士が衰えて地位が下がっても相撲を取り続けられるが、横綱にあってはこれが許されずが衰えれば引退の他にはない。そのため怪や重圧に堪えきれず若くして引退した横綱も少なくない。

部屋の規模にもよるが、大関以下の力士は付け人は3、4人であるがのに対し横綱の付け人は15人程度とかなり多い。全現役力士の代表として相撲協会の評議員の権利を持ち(ただし日本国籍保持者に限る)役員選出などの投票も行う事ができる。移動においては飛行機ファーストクラス電車グリーン車を利用できる。引退後は年寄を持たなくても5年間現役名で親方として協会に残れる(大関は3年間)。また最もく出世した横綱(不在の場合は大関)は現役力士の組合である「力士会」の代表になる。

また横綱の中でも、史上稀に見る程の好成績を残して引退した者に対しては「一代年寄」として現役名のまま停年まで協会に残れる制度もある。名前の通り一代限りの年寄名であり他の力士がこの年寄名を継ぐ事は出来ない。戦後から現在まで一代年寄を許されたのは大鵬北の湖千代の富士(ただし本人が辞退)、貴乃花の4人だけである。おおむねの条件としては20回以上の優勝と言われており上記の4人は全員それを達成している。ただし、朝青龍は史上3位の25回の優勝を果たしていながら素行面での数々の問題や、日本国籍を取得していなかったため年寄取得権利自体持っておらず、授与されなかった。

また2011年9月場所で20の優勝を果たした現役の白鵬日本国籍取得に前向きである事から一代年寄授与は確実と見られている。

横綱土俵入り

十両以上の力士は本場所の際、化粧しをつけて土俵に上がり各力士の紹介をするが、横綱はこれとは別に太刀持ち、露払いを従えて単独で土俵入りを披露する。これを「横綱土俵入り」と言って他力士の土俵入りと区別する。

横綱土俵入りには「」と「不知火」があるが、本来は名称が逆だという説もある。

雲竜型

せり上がる時に右手を伸ばし、左手を胸の近くに当てる。

69連勝を達成した双葉山、史上最多優勝の大鵬、史上最年少横綱北の湖、史上初の1000勝を達成した千代の富士、史上初の外出身横綱となった22回の優勝を誇る貴乃花、史上初の年6場所全制覇を達成した朝青龍など、偉大な横綱の多くがこのを選択しているため、このを選択した横綱は大活躍すると言われる。

ただし中にはを選択しながら短命で終わった横綱前田山、武蔵山、三重など)も存在する。

不知火型

せり上がる時に両手を伸ばす。

明治末期から大正初期に無敵を誇った太刀山、双葉山引退後の第一人者だった羽黒山などの名横綱がこのを選択しているが、戦後は全勝優勝で昇進しながらその後は一度も優勝できなかった吉葉山、圧倒的な強さから将来を嘱望されながら病気で現役死した玉の、高齢で昇進したため結局短命だった琴不祥事業した双羽黒、その双羽黒事件のおありを受けて好成績を連続しながらなかなか昇進できなかった富士、史上初の兄弟横綱を達成しながらライバル達に押されて長くは務められなかった三代目若乃花など、横綱べると活躍できた横綱は少ない。

しかし69代白鵬がこのを選択し、数々の記録を打ち立てて現在でも現役で活躍していることから
そのジンクスは払拭されたとも言われている。 

横綱力士の主な記録(昭和以降)  ※太字は現役力士

 優勝  全勝優勝 連続優勝
白鵬 35 白鵬 10回 白鵬 7連覇
大鵬 32 大鵬 8回 朝青龍 7連覇
千代の富士 31 千代の富士 7回 大鵬 6連覇
朝青龍 25 北の湖 7回 北の湖 5連覇
北の湖 24回 朝青龍 5回 千代の富士 5連覇
貴乃花 22 貴乃花 4回 貴乃花 4連覇
輪島 14回 輪島 3回 3連覇
武蔵丸 12回 北の富士 3回
11回 日馬富士 3回

連勝記録 勝率 横綱在位
双葉山 69連勝 双葉山 88.2% 北の湖 63場所
白鵬 63連勝 玉の 86.7 千代の富士 59場所
千代の富士 53連勝 大鵬 85.8 大鵬 58場所
大鵬 45連勝 玉錦 85.2% 貴乃花 49場所
朝青龍 35連勝 千代の富士 84.8 48場所
羽黒 32連勝 朝青龍 83.6 47場所
北の湖 32連勝 貴乃花 81.3 輪島 47場所
日馬富士 32連勝 北の湖 81.1 朝青龍 42場所
貴乃花 30連勝

大横綱

歴代の横綱の中でも、史上稀に見る程の活躍をした者を「横綱」と呼び、別格の評価が与えられる事がある。

単に現役時代の実績のみならず、土俵の内外での態度、品格を含めて呼ぶ事も多く、実績を残しながら素行面での評価が芳しくない横綱は大横綱とは呼ばれない事もある。

江戸時代

谷風
実質的初代横綱。優勝相当成績20回以上、63連勝、勝率9割を誇った。「準場所」と呼ばれる当時の巡業行を含めると、なんと98連勝を記録している。
「負けず屋」というあだ名がついていた。横綱昇進後、明治維新の動乱に巻き込まれ2場所しか横綱を務められなかったが、結果的に14勝2分0敗で「勝率10割」という未来永劫破られないであろう記録を打ち立てた。

明治、大正時代

(初代)
58連勝を記録。幕内在位中の勝率は9割5分1厘であり「歴代横綱トップ」である。
常陸
強さだけでなく、相撲世界武士道の精を導入し、力士の地位向上に多大な貢献をし、「技」と呼ばれる程に押し上げ、また「スポーツ」のカテゴリに加えた立役者である。大相撲近代化に貢献した事から「」の異名を取る。
太刀
43連勝後に56連勝を記録し、間の1敗がければ100連勝に達していた。横綱時代のはわずか3で、金星を与えた事もかった。
栃木
56連勝中の太刀山に土をつけた。勝率9割をえた最後の横綱

昭和時代

双葉山
皆勤で69連勝という最高記録を達成(それ以前の連勝記録は引き分け、休場、預かりを挟んでのものである)。未だに破られていない連勝記録である。
大鵬
史上最多の32回の優勝。全勝優勝8回、6連覇を2回も達成。
北の湖
史上最年少横綱。年間最多勝利を20年以上も保持。横綱在位期間が最も長い。
千代の富士
史上初の1000勝、戦後最高(当時)の53連勝を達成。

平成時代

貴乃花
ライバルの多い時代に20回以上の優勝を達成。

尚、朝青龍は実績面からすれば当然大横綱と呼ばれるべきであるが、土俵上での態度や、素行面で問題視された事が多く、大横綱には相応しくない、と見る者も多い。

関連動画

 

関連商品

横綱に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

横綱に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A8%AA%E7%B6%B1
ページ番号: 4577141 リビジョン番号: 2554491
読み:ヨコヅナ
初版作成日: 11/03/01 03:26 ◆ 最終更新日: 18/01/15 23:49
編集内容についての説明/コメント: 日馬富士の引退に伴い日馬富士の太字を解除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

横綱について語るスレ

21 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 14:49:58 ID: 7r7kSP0/3E
個人的な印横綱を格付けさせてもらうと、

特上:双葉山大鵬白鵬
特上:北の湖千代の富士貴乃花朝青龍

って感じかな。
22 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 22:33:57 ID: LjwNy+RtyJ
横綱時代には14、15勝はでにくくなるだろうな
23 : ななしのよっしん :2017/05/19(金) 00:10:43 ID: VWl6XimBwG
>>9
強かっただけって・・・。
仲間さんの護送船団に助けられて優勝を伸ばし、
全に治るまで半年も休みまくり、子供の頭を小突き、
女優を振って、引退後に宗教にはまった人が大横綱なら、
朝青龍は紛れもく大横綱だろうよ。

これだから横綱の品位に拘る差別義者と言われる。
大百科を書いたもそんな連中だろう。
24 : ななしのよっしん :2017/05/19(金) 01:57:05 ID: ZSY270k25K
個人的には>>21に同意かな
双葉山大鵬と同列にれる横綱といったら、やっぱり白鵬しかいない気がする
その下にいる4人の中で一人挙げるなら北の湖だけど、4人中最低勝率だからなあ(それでもめちゃくちゃ高いけど)
25 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 01:17:15 ID: ZSY270k25K
現在横綱を武器で例えると、白鵬剣、日馬富士鶴竜稀勢の里イメージ
26 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 20:12:12 ID: 6zj+hBJg0D
一人は横綱の中の横綱
一人は横綱じゃなくなった
一人は横綱じゃない
一人は横綱かどうかわからない
27 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 19:35:16 ID: p3sY9Mw+8E
>>18
平成最弱は間違いなく三代目若乃花だな
勝率も実際の取り組み見てもあれ程弱い横綱平成にいない。とは格が違い過ぎる

>>23
優勝決定戦の片ヤオ以外でヤオやってないってのは評価できる
まぁ護送船団に関してはが可哀想だとは思うが、
あれは本人のせいじゃねぇだろうし、
親父が決定戦で裏で噛んでんならそりゃ宗教以前に批判したい気持ちは分かるわ
ってかそいつがアウトならその1つ上のはヤオやりすぎて全にアウトだよw
ヤオの言は中板井から当時の親方までゴロゴロと出てきてるしなw
まぁ朝青龍は大横綱だとは思うよ。あと
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
28 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 20:07:59 ID: qeZxdETaAz
>>27
若はより、というか横綱として小兵だったからなあ
平成では最軽量じゃないか?それでボロボロになりながらやっとこさ横綱昇進して。
弱い横綱だったのは事実だけど、格が低いと扱き下ろされるのは少しかわいそう
29 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 20:53:26 ID: p3sY9Mw+8E
>>28
日馬富士の方が軽いらしい。一番小さいのは若乃花だけどね

本人の性格はともかく若乃花相撲の取り口は別に嫌いじゃないよ。小兵ながら技巧を尽くして頑ったとは思う
けどそれは横綱ではないだろう。横綱として負け越した時点で大乃国みたいに進退伺うべきだったと思うよ
まぁ体格に恵まれてたあっち以上に横綱としての強さが足りてるか怪しいから引退勧められるだろうけど

あとどうしてもケチがつくのが綱取りの一番の怪しさがね
30 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 10:41:17 ID: h2BGvbvgSK
不知火やっぱり呪われてないか。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829