単語記事: 機動兵器

編集  

機動兵器とは、リアルロボット兵器として扱った場合の一つのジャンル区分、架ロボット兵器の総称である。

概要

兵器として何らかの武装が施されたロボットリアルロボット)の総称。
大抵の場合は大の人二足歩行ロボットであるため、「人型機動兵器」「人型ロボット兵器」等と呼ばれる事が多いが、人のみとは限らない。
機動兵器リアルロボットリアル系)に含まれるジャンルだが、リアルロボット兵器として扱われていないものも含まれる場合があるため注意が必要である。
参照 → 『リアルロボット

なお、英語圏では、ガンダムシリーズにおけるモビルスーツMS)やモビルアーマー(MA)等の総称としてモビルウェポンMobile Weapon、「機動兵器」の意)と呼ぶ。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E5%85%B5%E5%99%A8
ページ番号: 4136845 リビジョン番号: 385819
読み:キドウヘイキ
初版作成日: 09/08/06 11:14 ◆ 最終更新日: 09/08/06 11:25
編集内容についての説明/コメント: 少々追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


豹型ロボット

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動兵器について語るスレ

1948 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 19:51:23 ID: BAnCX+fNvZ
長文失礼します。

 柔軟地踏破でいえば、装甲車戦車には地形通行可性の安として「車輌の接地圧」と「路面の地耐圧」の関係というのがあります。
 接地圧が地耐圧を越えると路面が耐えられなくなって輪や軌回りして前に進めなくなるのですが、二足歩行だと足裏の方向の摩擦がなくなるに等しいので「転ぶ」という致命的な事態に発展します。
 つまり装甲車戦車よりも接地圧が高ければ、たとえ地でも二足歩行兵器は前に進むこともできず頻繁に転倒するというもあてられない事態になる可性が高くなるということです。

 ちなみに装甲車戦車の接地圧は、戦車で人間の2~2.5倍、装軌装甲車で1.5~2倍、装輪式装甲車で約5倍程度。一方、硬い地面の地耐は人間の接地圧の8倍程度です。なので接地圧が人間の8倍以下ならば人兵器は歩行可(走るのは困難)です。ただ河川敷などは地耐が人間の接地圧の3~5倍以下程度なので、そこを歩行すると考えるとさらに重量を絞る必要があります。

 人間並みの機動性を確保したいのであれば、人間と同等の接地圧に抑える必要があり、全長4m、8mの巨人を想定して、その許容重量を人間の重量(160cm60kg)を基準に考えると4mで約6.25倍(約375kg)以下、8mで約25倍(約1.5t)以下に抑える必要があります。
 戦車並みの接地圧であれば4mで約12.5倍(750kg)、8mで約50倍(3t)。装輪式装甲車並みであれば4m約30倍(1.8t)、8mで約125倍(7.5t)でしょうか。
 硬い地面の地耐を基準として考えるなら、4mで約50倍(3t)、8mで約200倍(12t)となります。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1949 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 22:29:10 ID: 1Ns6iitrOm
とりあえず足の接地部分を広くとればその制限も緩くなるんじゃない?
1950 : ななしのよっしん :2017/11/20(月) 06:49:39 ID: BAnCX+fNvZ
>>1949
 接地面積を多くとろうとすると、どうしても足が大きくなり、直立時に足同士が干渉しあわないよう股関節を大きく広げて足を離す必要性が出てしまいます。
 そうなると構造バランス的に人間とはかけ離れてしまうので、安定的に歩行することはできても、人間のように横への素い姿勢変更を行うことが不可能になるかと。
 あと凄い蟹股になるので見栄え的にも悪くなります。
1951 : ななしのよっしん :2017/11/20(月) 15:19:06 ID: XYYixKBnI0
軍用はガニ股もっさりなぐらいでちょうどいいと思うのだが。
反復横跳びはどうしようもないね。

装甲と構造材は兼ねることにすればその分軽くはなるが、それでも全周小銃に耐えて要所は機関ぐらいに、となるとキツそうだの。
1952 : ななしのよっしん :2017/11/20(月) 20:38:30 ID: nn+djszu/8
腕にを装備しよ
1953 : ななしのよっしん :2017/11/20(月) 21:08:35 ID: RXaIZOBqJC
腕にって戦車着弾時にもげないように頑丈につけないといけないから
直接装甲足すより余計に重量増すし
さらにとはいってもアニメみたいに視でガードなんて不可能だし
1954 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 00:50:28 ID: 1Ns6iitrOm
>>1950
靴とかかんじきでそんなに干渉が問題になるとは考えづらいけど
そういう接地面積拡大法を取るのじゃダメなんで?
1955 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 08:08:36 ID: YNJKIvJS60
フルプレートの騎士小銃抱えて走り回るのに耐えられるかんじきって
コスト度外視で小でも丈夫なものを用意するか
実用性度外視で大で広く厚いものを用意するか
どっちにしろ兵器としての信頼性を損ねる気がする
1956 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 15:12:29 ID: XYYixKBnI0
クラスは戦術で耐える、避けるとしても、機関銃弾ぐらいはいつどこに食らっても大丈夫にしとかなきゃ前線兵器としては役に立たんからの。

カンジキは割と歩くのにコツがいるのと、強度がな。
1957 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 23:50:47 ID: IuQk2+gLnT
と言うか脚同士の干渉性以前に
脚の大きさや装甲を増やせば一番問題になるのは脚部関節&駆動部への負荷の増大じゃね?
ただでさえ機体の全重量を直立時に2本、歩行時には歩行動作の運動エネルギーを加えたものを
たった1本かつバランス取りながら支える…って言う謀なことさせてるのに
ただでさえ各種重火器を背負う必要があるんだし、無茶振りも大概にしろよと言いたい
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829