単語記事: 機動戦士ガンダム00

編集

機動戦士ガンダム00とは、2007年から2009年に放映されたサンライズ制作TVアニメである。

ガンダム00ガンダム00

概要

監督 水島精二
シリーズ
構成
黒田洋介
音楽 川井憲次
制作 サンライズ
製作 毎日放送
サンライズ
話数 第1期25
第2期25

ガンダムシリーズ初のハイビジョン放映作品である。TV放映のガンダムシリーズでは初の前編と後編の二部構成となっている。

ファーストシーズン2007年10月から2008年3月まで放映。2008年10月から2009年3月までセカンドシーズン放映。物語の上ではファーストシーズン西暦2307年、セカンドシーズン西暦2312年から始まる。

これまでのガンダムシリーズは架の紀年法の世界観のもとで物語が展開されていたが、現実西暦を舞台とした作品は史上初。

ちなみに機動戦士Oガンダムとは一切関係ない。

詳しくはWikipedia公式HPなどを参照。

なお、2009年3月29日ガンダム00セカンドシーズン最終回の番組上で、劇場版機動戦士ガンダム00」が告知され、去る2010年9月18日に全開された。

主な登場人物

ソレスタルビーイング

一般人

ユニオン・AEU・人革連ほか

イノベイター

ナレーション

機体一覧

ソレスタルビーイング
ユニオン・AEU・人革連ほか
イノベイター

外伝シリーズ

ガンダム00には本編の放映と並行して「ガンダムエース」、「電撃ホビーマガジン」、「月刊ホビージャパン」の三つの雑誌で展開された外伝シリーズが存在する。
もちろんこれらを見なくても本編は楽しめる。しかし「ガンダム」である以上、どうしても機体設定で外伝が密接に関わってくる。より00の世界への理解を深めたいのならば、見ておいて損はないだろう。

主な楽曲

DAYBREAK'S BELL - 一期前期オープニング
歌:L'Arc~en~Ciel / 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc~en~Ciel
Ash Like Snow - 一期後期オープニング
歌:the brilliant green
- 一期前期エンディング
歌:THE BACK HORN / 作詞:波栄純 / 作曲編曲:THE BACK HORN
フレンズ - 一期後期エンディング
歌:ステファニー / 作詞:ステファニー
儚くも永久のカナシ - 二期前期オープニング
歌:UVERworld
泪のムコウ - 二期後期オープニング
歌:ステレオポニー
Prototype - 二期前期エンディング
歌:石川智晶
trust you - 二期後期エンディング
歌:伊藤由奈

ニコニコ動画への介入行動

御多分に漏れず、放送当時から本編映像ニコニコうpされていたが、 サンライズ作品ということで削除は厳しめであった。 そのせいか多くの本編映像タイトル偽装されてうpされていた(それでも一日持たずに削除された)。

オープニング祭り

第一話が放送された時(余談だがこの回は当日のランキング入りもした)、 多くのOP・EDの曲差し替えMAD投稿された。

タグガンダムOO‐OPMADリンク

MAD

放送が進むに連れネタガチの優良なMAD投稿されるようになったが、 何れも削除が厳しく、酷い時は投稿から数分で削除されることもあった。

動画

タグ

本作品を表すタグは、末尾の00が数字で00なのかアルファベットでOOなのか、頭に機動戦士がつくかつかないかと安定しない。(本来は数字で00である。)

商品

関連コミュニティ

関連リンク

外伝シリーズ記事リンク

関連項目

1st - Z - ZZ - V - G - W - X -  -  - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ

CCA - F91 - 0080 - 08 - 0083 - G-SAVIOURIGLOO - UC - ORIGIN


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A000
ページ番号: 195234 リビジョン番号: 2274591
読み:キドウセンシガンダムダブルオー
初版作成日: 08/06/03 07:23 ◆ 最終更新日: 15/10/13 22:32
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動戦士ガンダム00について語るスレ

3404 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 14:01:51 ID: 7JJ4eOwtfW
>>3403
シリアスな笑い

俺がガンダムだ
3405 : トライデルタ :2016/12/30(金) 17:26:39 ID: bM21nCoKEb
キッズステーションでまとめ放送を見ているが、
後で調べるとトレミーの初期クルー過去が凄まじいなあ・・・

スメラギAEU所属時にマネキンの部隊との同士討ちというトラウマを負う
フェルトアストレアアブホールマイスターの忘れ形見
クリス:義の不仲で出し、犯罪まがいで生計を立てていた
リヒティ太陽光発電紛争で両親と半分体を失い、そして機械の体に・・・
ラッセ;元マフィアメンバー
イアンとモレノフェルトの両親とは旧知の仲
3406 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 04:29:33 ID: mELzZnVdUh
>>3397
矛先が向かったら美味くないよ
自分の居住地に矛先が向いたら限に稼げようと価値
しょせん支配者も命ある人間だからね
だからISみたいな原初欲求に訴えるタイプは最大の邪悪だけど、最大の有効手でもある
3407 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 18:20:52 ID: pLPSWXK8l6
>>3400
>ラルクバクホンも良い曲
だよねー
正直、種シリーズともその前とも違う味の題歌だったからこそかれてたようにしか思えない
保守の猛反発というか

その題歌の動画の、コメントの中で戦争OPED否定VSバンド信者)が起こってるのを見て
「こいつらはこの作品や歌のテーマを理解してるのか?」
って呆気にとられたのは、今となってはいい思い出
3408 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 14:58:37 ID: H3Gof+f55L
マリナ様の歌がサーシェスへのトドメを邪魔した曲とか書かれててワロタ
3409 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 08:43:53 ID: Jmlk8rs2aW
昔はこいつらのガンダムつえー!かっけー!敵すげぇぇぇー!つえー!とか
めっちゃふわふわ感想しかかったけど今思うと
「自分達を絶対悪とし世界団結させ争いをくし紛争を根絶させる」って
特定の敵を作って自民の不満不を紛らわせるようなことを複数の大相手にするっていう
すげーとこやってたんだな
それでも結果としてアロウズとかの世界が手を取り合った体制の膿が出てきて
それでも戦って陰謀も終わらせて勝って平和にできたっていう

映画ある意味、そのやってきた結果の清算なのかもしれない
だって平和じゃなければELSを防げなかったかもしれないし
まずガンダムと共闘にもならなかったかもしれないし
ELSと分かり合うっていうにならないと思うし
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
3410 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 08:52:32 ID: 3MQy7T+vnC
>>3409
そもそもGガンダムの時点で宇宙地球の格差とか自然をないがしろにするところとか書いてるもんな
案外一見ガンダムっぽくない関係ないことやってる所にガンダムらしさ少し織り交ぜるほうがガンダムらしくなるよな
3411 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 16:33:25 ID: 3p6O5OTx3A
1期の「武による戦争根絶」ってのはちょっと過テーマだったけど
それで主人公たちが失敗した上で、2期・劇場版の「対話と相互理解」の流れに入ったわけで
最終的にはすっごいガンダムらしい(≒宇宙世紀っぽい)テーマを扱ってはいたんだよね

ガンダムの新作が発表されるたびに「ガンダムらしくない」って言う人一定数出てくるけど
アナザーガンダムは他のアナザーとの差別化を考慮してキャラデザメカデザ・世界観等の
「外見」で個性を出すのは当然だし、そういう面で「今までのガンダムらしくない」のは当たり前のことだと思う

その上でアナザーは他のガンダムでやったようなお話のテーマ的を形を変えて扱ってきた歴史があるから
宇宙人が出ようが「戦争平和」やら「人類の革新」やら扱ってたら、それは十分ガンダムらしいと思うよ
3412 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 19:58:27 ID: I5lmNb/cKO
>>3408
間違ってはいない

あそこでサーシェスのあのまま感情に任せて止め刺してたら、刹那は確実に
戦闘マシーンから抜け出せないままイノベイド戦の突入して、リヴァイヴとヒリング
ボコられて死んでたけど
それ以前にブシドーに負けるか
3413 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 02:00:34 ID: 3p6O5OTx3A
刹那が明確に対話を意識し始めるのってあの辺からだしね
ルイスを取り戻したいという沙慈に手を差し伸べたりとか。ブシドーにもトドメ刺さなかったし

二期は結局対話でなんとかならなかった敵も多いけど(リボンズとかサーシェスとか)
そんな中でもルイスはちゃんと取り戻せたし、子の誤解は溶けたし、ビリーは復讐心捨てられたし
劇場版では勝ちのない戦いを対話で終わらせたのだから、したとこは間違ってなかった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015