単語記事: 機動戦士ガンダムAGE

編集
強いられているんだ!

ほんわかレス推奨だ!

基本的にこの項掲示板は、この作品をより楽しむためのものだ。
しかし、一部の者達が自分の思想をぶつけ合い、下らない論争に明け暮れている。
過度な叩き誹謗中傷は荒れる原因になるし、
ちょっとした意見や不満に過剰反応する者も荒らしと大して変わらなくなってしまう。
そのせいで俺達や何も関係のない人たちが嫌な思いを強いられているんだ!
だからそれらのしわ寄せが来ることを避けるためにも、
コメントを書く際はよく推敲するようにしてくれ。
俺達はこの掲示板をより良い環境にしたいと思っている。

 悪質なレスデスペラードで成敗(削除)する!

曖昧さ回避 この項では作品全般について記述しています。

機動戦士ガンダムAGE』とは、2011年10月9日から2012年9月23日までMBSTBS系ネットにて毎週日曜日午後5時に放映されたガンダムシリーズテレビアニメである 。

概要

3世代に渡る主人公ガンダム物語

フリット編主人公フリット・アスノアセム編主人公フリットの子、アセム・アスノキオ編主人公フリットの孫、キオ・アスノ

ストーリー

三つの運命が、歴史になる―

フリット編

圧倒的強さを誇るの敵「UE」を前に、戦うことによって自己進化する、新たなるガンダムが動き出す。今ここに、100年3世代に渡る、壮大なガンダム大河ストーリーが幕を開ける。

スペースコロニーへの移民が始まって数年が過ぎた宇宙時代。地球の覇権をめぐる戦争は終わり、平和な時代が到来するかに思われた。しかし、その平和は、脆くも崩れ去った。

A.G.101年(Advanced Generation)、突如出現した正体不明の敵「UEUnknown Enemy=アンノウン・エネミー)」によって、スペースコロニー「エンジェル」が攻撃を受け、崩壊した。多くの犠牲を出したこの大惨事は後に「天使の落日」と呼ばれ、その後もUE地球に住む人々を、長きに渡り苦しめることになる。

A.G.108年、UEとの戦いは続き、それまで平和だったスペースコロニー「オーヴァン」もまた襲われる。そこに住んでいた7歳の少年フリット・アスノは、戦火に巻き込まれ母親を失う。だが、そのの死に際、に代々伝わるメモリーユニットAGEデバイス」を託される。そこには、かつて救世主と呼ばれた古代のモビルスーツガンダム」の設計図が入っていた。フリットの思いを受け継いで、「ガンダム」を作り上げる決意をする。

A.G.115年、14歳となったフリットは、スペースコロニー「ノーラ」の連邦軍基地アリンストンに引き取られていた。7年間、基地のエンジニア達とともに研究を続けてきた彼は、ついに「ガンダム」を完成させる。ガンダムには、機体を自己進化させる画期的な仕組み「AGEシステム」が搭載されていた。しかし、ついに、恐れていた時がやって来る。UEの魔の手が、平和コロニー「ノーラ」にまで迫って来たのだ。そして今、フリットは自らが作り上げた「ガンダム」を動かして戦う。果たして、フリットは14年もの間、一度も勝利出来なかった恐るべき敵「UE」に打ち勝つことができるのか……?

アセム編

戦いは新たなる世代へ

フリット息子アセム・アスノ。彼はからガンダムを受け継ぎ、強大な敵、ヴェイガンに立ち向かう。しさを増す戦いの中で、若者達の友情は、命は、く消えて逝くのか?急展開するガンダム大河ストーリー第2章。

ヴェイガン……それは、移住計画の失敗によって火星に取り残された人々が創り出した新たなる国家だった。過酷な環境で生きる事を強いられた者達は「地球」という楽園を取り戻すため大いなる計画を企てたのだ。

A.G.140年(Advanced Generation)、25年という時が流れ、新たな世代へとガンダムは受け継がれて行く。地球連邦と、かつてUEと呼ばれた「ヴェイガン」との戦争は終わる事く未だ続いていた。連邦令官であるフリット・アスノは、AGEデバイス17歳誕生日を迎えた息子アセムに託す。その後、アセム達が住んでいるコロニー「トルディア」はヴェイガンの攻撃を受けてしまう。アセムヴェイガンから、コロニーの人々を守るため、隠されたガンダムを起動する。

アセム学校に転入してくる多き青年ゼハート・ガレット。彼との出会いがアセムの運命にもたらすものとは……。

A.G.141年、やがて、学園生活を終えたアセムは、地球連邦軍へと入隊する。そして、アセムは、新たなるガンダムAGE-2」に乗り込んで戦いへと赴く。

キオ編

フリットの孫でありアセム息子キオ・アスノ地球平和都市オリバーノーツで、のびのびと育っている。 キオ地球上で始まる新たなる戦いに巻き込まれて、戦士として成長していく。 キオに眠るは、果たして戦争を終結に導くことはできるのか? 大きなうねりを見せる、ガンダム大河ストーリー第3章。

移住計画。その失敗によって火星に取り残された人々は 独立国家ヴェイガン名乗り地球連邦政府に戦争を仕掛けてきた。 その戦いが始まってから、すでに70年という時が過ぎようとしていた。

ヴェイガンの移動要塞ダウネスによるノートラム攻略作戦は、阻止され地球は守られた。 しかし、その後、地球では大きな動乱が起き、地球連邦政府は変革を迫られることになる。 そんな中、アセムロマリーは、人生をともに歩んでいくことを決意する。 それから10年…

A.G.151年(Advanced Generation)、アセムロマリーの間にキオが生まれ、さらに13年が過ぎる。

A.G.164年、アセム息子キオは13歳になり心優しい少年に育っていた。 キオが暮らす平和な町オリバーノーツに、突如ヴェイガンが襲い来る。 敵要塞によって破壊されるビッグリング。 そして、ヴェイガンの首領イゼルカントは、地球侵略の全面的な開始を宣言する。 ヴェイガンの攻撃は地球全域に及び、連邦は大混乱に陥ってしまう。 この危機的状況の中、キオフリットは、オリバーノーツに隠された、新たなるガンダムAGE-3」を起動する!

三世代編

フリット・アスノは、ヴェイガンへの憎しみを募らせてヴェイガン殲滅を掲げる。 アセム・アスノは、宇宙海賊となり中立の立場として両者の均衡を保とうとする。 そして キオ・アスノ地球火星戦争を終わらせることを願い、動き出す。 それぞれの思いは戦争行方に、大きな影をもたらそうとしていた。 3人の思いは、火星導者イゼルカントの企てた、恐るべき計画を阻止することが出来るのか。 ガンダム大河ストーリー最終章。

A.G.164年、キオは、ヴェイガンに捕らわれ、火星に運ばれたものの、であるキャプテン・アッシュことアセム・アスノの決死の救出作戦によって救い出された。 地球に戻ったキオは、火星で暮らす人々の事情を知ったことで、戦争に対しこれまでとは異なる考え方をするようなっていた。これまで、ヴェイガンを悪の徴と信じて戦ってきたキオは、今、本当の意味でヴェイガンと向き合うことになる。

キオは、新たなるガンダム、「AGE-FX」を操り、戦争を止めるべくXラウンダーを使う。アセム・アスノ宇宙海賊として、両営の均衡を保ち、大きな戦闘のない仮初めの平和を維持しようとする。 そして、フリット・アスノは、ますますヴェイガンへの憎しみを募らせ、一挙にヴェイガンを殲滅しようと画策する。 ヴェイガンに奪われた面基地ルナベースに侵攻する連邦軍。 そして、動き出す、ヴェイガン最大の宇宙要塞ラ・グラミス地球火星の長きにる戦いは、ついに最終局面を迎えようとしていた。

スタッフ

監督
山口晋

ストーリー/シリーズ構成
日野晃博

キャラクターデザイン原案
長野拓造

キャラクターデザイン
千葉

メカニックデザイン
海老川兼武
石垣純哉
寺岡

主題歌

フリット編

オープニングテーマ
明日へ」
作詞尾崎 / 作曲尾崎岩井郁人 / 編曲・歌:Galileo Galilei
エンディングテーマ
君の中の英雄
作詞作曲栗林みな実 / 編曲飯塚昌明 / 歌:栗林みな実
挿入歌
Memorial days
作詞作曲KOKIA / 編曲伊藤真澄 / 歌:KOKIA
~第11話・第14話より~

アセム編

オープニングテーマ
sharp #
作詞幸子 / 作曲:沙田瑞紀・幸子 / 歌:ねごと
エンディングテーマ
「My World
作詞MOMIKEN / 作曲:UZ / 編曲SPYAIR / 歌:SPYAIR
挿入歌
君と僕はそこにいた」
作詞AiRI / 作曲編曲宮崎京一 / 歌:AiRI
~第17話より~

キオ編

オープニングテーマ
REAL
作詞シン / 作曲イヴ / 編曲ViViD・宅見将典 / 歌:ViViD
エンディングテーマ
WHITE justice
作詞飛蘭 / 作曲上松範康 / 編曲藤田 / 歌:飛蘭
挿入歌
「君といた日々」
作詞飛蘭 / 作曲rino / 編曲戸田章世 / 歌:飛蘭
~第38話より~

三世代編

オープニングテーマ
AURORA
作詞Eir・重永介 / 作曲:重永介 / 編曲下川佳代・重永介 / 歌:藍井エイル
エンディングテーマ
forget-me-not ~ワスレナグサ~」
作詞川村 / 作曲三橋幸 / 編曲Jin Nakamura / 歌:FLOWER
挿入歌
君の中の英雄
作詞作曲栗林みな実 / 編曲飯塚昌明 / 歌:栗林みな実
~第49話より~

ゲーム

バンダイナムコゲームスレベルファイブで共同開発するゲームガンダムAGERPGが発表された。[1]後に対応ハードPSP2012年発売予定と判明した。そして、2011年10月28日スクリーンショット開された。そして正式タイトルが決まり、機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブの2バージョン2012年8月9日発売予定になった。8月30日発売延期した。

また、本作単品ではないが、2015年8月20日発売予定のスーパーロボット大戦最新作スーパーロボット大戦BXに新規参戦が確定した。
「BX」においてはキオ編以降が扱われることがインタビューで明言されており、PV1ではキオ・アスノガンダムAGE-3ノーマルの姿が映っている。
ただし、残念ながらパッケージ絵にはAGE機は映っていない。

漫画

これまでガンダム漫画といえばコミックボンボンかケロケロエースガンダムエース等のイメージが強かったが、本作ではなんとコロコロ漫画が連載・・・つまりこれまでガンダムにとってほとんど関係のなかった小学館の雑誌で漫画が連載されるという歴代シリーズの中でも最大級の事件が起こった。
また、従来通りガンダムエースでも漫画が連載される。

機動戦士ガンダムAGE ~始まりの物語~

2011年45号から46号まで小学館漫画誌『週刊少年サンデー』にて掲載された中西寛による前後編形式の読み切り漫画である。

ストーリー及び設定にはアニメの初期案が使われており、AGEシステムなどに差異がある。

戦闘ではAGEシステムUEに有効な武器が何か教えてくれたり 、コロニーの風車を使ってUEを撃退したり、ラーガン出オチだったり、キャラクター顔芸が多かったりと初期設定によるものもあるとはいえ突っ込みどころ満載であり、これらがアニメの評判に繋がっている節がある(特にラーガン)。ラーガン・ドレイスの項も参照。

後述の『追憶のシドコミックス1・2巻に収録。

機動戦士ガンダムAGE First Evolution

2011年10月号から2012年8月号まで角川書店漫画誌『ガンダムエース』にて連載した葛木ヒヨンによる漫画である。
フリット編コミカライズであり、一部シーン若干の差異はあるが基本的にアニメを忠実に漫画にしている。

機動戦士ガンダムAGE Second Evolution

2011年VoL4号から2012年VoL.12号まで角川書店漫画誌『ニュータイプエース』にて連載したばうによる漫画である。
アセム編コミカライズとなっている。

機動戦士ガンダムAGE Final Evolution

2012年11月号から2013年4月号まで角川書店漫画誌『ガンダムエース』にて連載したばうによる漫画である。   
キオ編終盤から三世代編コミカライズとなっている。

機動戦士ガンダムAGE クライマックスヒーロー

2012年6月から11月号まで小学館漫画誌『月刊コロコロコミック』にて連載した岬諒による漫画である。
作者はかつて漫画版『ロックマンエグゼ』を手がけた事がある。
キオ編コミカライズであり、後述のトレジャースター入れ替わりで連載される。
物語の展開が非常にく、連載2回にしてガンダムAGE-FXが登場した。 

外伝

機動戦士ガンダムAGE トレジャースター

2011年9月から2012年5月まで小学館漫画誌『月刊コロコロコミック』にて連載していた吉田正紀による漫画作品。
役機は当然ガンダムだが、AGE-1とほぼ同の機体という特徴がある(ただし胸に映るマーク「A」ではなく「T」という違いがある)。

漫画オリジナルストーリーが展開されている一方、アニメリンクしている様な描写もあり、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』 のような外伝作品となっている。そのほか、「コテツジェノアス」などのオリジナルMSも登場する。

ストーリーは冒険活劇色が強く、またキャラクターなどを見れば分かる様に、良くも悪くもコロコロ読者(つまり子供)に向けた絵柄と内容となっている。
一方で戦闘シーンは基本的に手堅い仕上がりとなっている。

詳しくは「機動戦士ガンダムAGE トレジャースター」の項を参照。

機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~

2012年3月号から2012年12月号まで連載した小学館漫画誌『週刊少年サンデーS(スーパー)』にて連載中の公式サイドストーリーである。作者は「始まりの物語」を手がけた中西寛である。
アセム編から約10年後(つまりアセム編キオ編の間)のキオが生まれた年が舞台であり、主人公が属する組織は長い戦乱の間で台頭した宇宙海賊という設定。役機はオリジナルMS擬似ガンダムである「Gサイフォス」。
また、ラーガンアセムなど本編に登場したキャラクター達も続々と登場する。

本編物語が密接にリンクしており、キオ編OPに宇宙海賊ビシディアンの旗マークが登場している他、キオ編第1話でられたアセム行方不明となった任務がられている。
また、アニメにてオリジナルMSである「Gエグゼス ジャックエッジ」「シャルドールローグ」が登場。

詳しくは「機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~」の項を参照。

機動戦士ガンダムAGE EXA-LOG

2012年5月から2013年6月までアスキー・メディアワークス模型誌『電撃ホビーマガジン』にて連載していた公式外伝である。本編では描かれなかった世界観設定について触れる「MSVモビルスーツバリエーション)」である。第1回では「ガンダムAGE-2アルティメス」が登場した。

機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS

2012年5月から2013年5月までホビージャパン模型誌『月刊ホビージャパン』にて連載していた公式外伝である。本編では描かれなかったMS達の戦いに関する「MSVモビルスーツバリエーション)」である。第1回では「ガンダムAGE-1レイザー」が登場した。

MEMORY OF EDEN

2013年7月26日ブルーレイ及びDVDで発売のOVA作品である。アセム・アスノゼハート・ガレットを中心に再構成を行った作品。全150分の大作である。ガンダムレギルスは必見。

詳しくは「MEMORY OF EDEN」参照。

関連動画

関連静画

関連商品

ホビー

 

BD・DVD



 

ゲーム

CD

書籍

コミック(本編コミカライズ)

コミック(外伝)

ノベライズ

ムック

関連コミュニティ

外部リンク

アニメ公式サイト
機動戦士ガンダムAGE 公式サイト
http://www.gundam-age.net/
プラモデル公式サイト
機動戦士ガンダムAGE プラモデル公式サイト
http://bandai-hobby.net/gunpla_AGE/
ゲーム公式サイト
機動戦士ガンダムAGE ゲーム版公式サイト
http://age-game.channel.or.jp/
業務用ゲーム公式サイト
ガンダムAGEゲイジング公式サイト
http://gage-ing.com/

関連項目

1st - Z - ZZ - V - G - W - X -  -  - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ

CCA - F91 - 0080 - 08 - 0083 - G-SAVIOURIGLOO - UC - ORIGIN


るなーるについて語るスレ#324

脚注

  1. *新ガンダムシリーズ「機動戦士ガンダムAGE」は2011年10月よりMBS・TBS系列にて放送開始。レベルファイブ制作のRPGやアーケードゲームなどを展開 - 4Gamer.net
    ガンダムAGEの大作RPGをレベルファイブが制作、ICチップ搭載ガンプラを買うと無料で遊べる店頭ゲームなどガンダムAGEの新展開いろいろまとめ - GIGAZINE

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0age
ページ番号: 4650817 リビジョン番号: 2351137
読み:キドウセンシガンダムエイジ
初版作成日: 11/06/09 21:38 ◆ 最終更新日: 16/04/18 00:26
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に、「フリット編」など各編記事3つ、「君の中の英雄」など楽曲記事2つ、「〜追憶のシド〜」など関連作品記事3つ、追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ガンダムAGO

機動戦士ガンダムAGE メインビジュアル

オペ子

強いられているんだッ!!

デスペラード

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動戦士ガンダムAGEについて語るスレ

15079 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 21:03:47 ID: J3OGvAJA3U
>>15078
加藤さん(以下略)の発言は事実を述べただけ(実際シリーズ構成日野さんでないのは確かだし)しかもAGEの件じゃない。
日野さんの評判もそういう評判で通っていたと言う事実を話の流れに沿って述べただけ(別にその評判を言ってたのはじゃない)
終盤情勢の分析ついてはそれのどこがネガキャン?って逆に質問したいくらい。

スタンスについては>>14985で触れてるとおりなんだが…
もう少し詳しくるならこんな感じか。以下個人的な所感や好みも含めてる。

AGEは始めてリアルタイム放送で見るガンダムってことで楽しみにして見てた。
初期に上記で書いたような評判をたまに見ることはあったけど
どこもアンチなんて大げさに言うもんだし仮にもガンダムなんだから大はずれはねーだろー(笑)とか楽観的に捉えて詳しく聞いたり調べたりはしなかった。(続く)

15080 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 21:24:17 ID: J3OGvAJA3U
(続き)正直とりとめのない個人的所感の話続くぞ~w
キャラデザは別に文句なかった。癖があっても3日みれば慣れる程度と思ってたし。メカデザも作中での活躍次第だし別に文句なかった。
アセムゼハートに関しては燃える友情物語を見せてくれるもんだと期待してて
それと同じように地球連邦ヴェイガンが最終的に和解するのは既定路線だろうから、価値観の異なるもの同士の共存への、対等な人間としての交流ということで感動させてくれるのを期待してた。
アセム編終わったあたりは結末への前フリとしては概ねOK!ってなもんでさ
今思えばみてる最中思ったより熱さがないな…とか「ん?」「おいおい?」な突っ込みどころも結構あったのだけど
アニメって終盤一気に伏線回収して盛り上げて終わるタイプの話もあるじゃん?
その盛り上がりでそれまでの細かいモヤモヤも吹っ飛ばして大団円迎えるような。
だから結末までみないと分かんないぞって、むしろ必死に擁護してたんだよね終盤までは。
15081 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 21:55:37 ID: J3OGvAJA3U
(続き)だけど、結局終盤までみた結果は期待外れだった。
和解の部分はそもそも和解に見えなかった。アセムゼハートの友情もキオ編以降はど感じられなくなったまま終わってしまった…
そうなるとそれまでスルーしてた「ん?」「おいおい」なところも思い出してしまって…ジラードさんの件もその一つだな。
まあ不満は自分なりに消化もしたし、不満も内容的には他の人が今までこことかで散々書かれた内容と被るから今更は言う気ない。
…また結構忘れてきてるのもあるしねwもう何年もたってハマりものは他に移ったし。
そんなわけでTV版に関して言えば初リアルタイムとして想い出深くはあるし、当時期待してた身としては一定の着はあるけど、同時に不満も多くあるという状態。
そして小説AGEというのは、その辺のTV版で自分がうけたモヤモヤを解消してくれた部分があって、また実際一つの話として引っ掛かりなく没頭して読めたので個人的には小説版のほうが好み。個人的な感想は以上。

ちなみに当たり前ながら異なる他人の「好み」を否定する気はさらさらない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
15082 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 22:02:01 ID: BII/Pbg4U5
おう、よかったな
15083 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 00:17:32 ID: LyARGkv8NO
正直小説版はキャラの性格や展開とかがアニメ版と変わりすぎてアニメの補アニメの不満解決にはむいてなくね?フリット編ならまだしもキオ編以降はアニメ版の評価点潰すような変多いし
アセムゼハート関係と55秒撃破が不満ならMoEで補出来るし
15084 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 07:29:48 ID: J3OGvAJA3U
>>15083
そこは単純に自分がそこまで原作再現に拘らないタイプだってのもあるな
ければパラレルで全く構わんばっちこい!なほうだから…
オリジン(初代)もリベリオン0083)もUCの原作アニメの違いも結局面いので楽しんでるしね。

あとアセムゼハートに関して言えば結局のところ不満点が55秒だけじゃないから、ってことで。
終盤にorz状態になってから思えば不満点はもっと前の段階からあったわけで
そこの段階から解消してくれたと感じられたってことなんだろう、と自己分析してる。
15085 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 10:35:51 ID: im7pHTArPT
TV版はもっぱらゼハートアセム体なんだよな
学園編は特にそうだがアセムは特に意識せず自然体で動いてて、勝手にゼハートが惚れ込んでる

ラストもそう。
アセム自然に出た言葉が、かつて彼がゼハートに言ったものと同じで、それでアセムが、二人の関係があの頃のまま変わっていないと明されてる
たちはずっと友達だ」のような積極的な働きかけではなく、ゼハートが勝手に救われてるの。
でもTVゼハはアセム自然体の魅…困ってる人に手をさしのべる優しさだったり、友達を疑わない純さだったりに惚れてたから、それが全く変わってなくて、今でも友達であるんだと分かったことは何よりの救いだったと思う

そして20年前ゼハートった言葉からその本質を見抜いて叩きつけた、本人以上にゼハートのことを分かっているアセムだからこそ、「お前の想いも全て背負って!」に説得がある
TV版は他にべて直接的な熱い友情描写はないんだけど、所々の描写から確かな繋がりを感じてそれがイイ
15086 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 21:18:11 ID: J3OGvAJA3U
そうなると、小説版のほうのアセムゼハートの良さは双方向からの友情の矢印にあると言えるね。
互いに影を与えあって互いに意識しあって、徹頭徹尾対等な強い友情。
二人のラストでも実際描かれてたけど、「お前とは同じ」という共感で繋がっているのが魅だと思う。
またその共感ゆえに、ゼハートイゼルカントの狂気にのみ込まれずに持ちこたえることができたし
ラストゼハートから動的にアセムへ(そしてキオへ)未来への願いを託したという展開はやはり燃えたし泣けた。
そして怒涛の最終決戦へ…と。

そういやキオゼハート間で面識ができたのは小説オリジナル展開だったけか…短い描写ながらここも好きなシーンだ。
15087 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 22:49:29 ID: uhVI30t6Rf
なんか『AGE』という作品を取り巻く環境を考えるとスパロボBX第3次ZAGみたいに他媒体由来の人によってはしかめ面したくなるネタ
例えばフリット小説版由来の「さんに嫌われているんじゃないんですか?」とか『EXA VS』由来の「ノーラでヴェイガンじゃない火星人の乗る救世主ガンダムに殺されかけた」とか振られたり
ネットスラング的な「強いられているんだ!ネタとかアセム相手に「好物は酢豚ですか?」みたいなネタを振られたりしなかったのはよかったと思うわ

しかし『AGEスタッフをも沈黙させた(夏目や北クロボン長谷川やXのキャラデザの人、今ノとかは単行本巻末に寄稿したが『AGE』関連人物は全く『EXA VS』への言及なし)千葉による『EXA VS』でのあの扱い、ぶっちゃけあの扱いってどう思う?
それに反例するかのようにマキブでは換装が独特で使いづらいAGE-1以外は割と優秀だったけどさ(レギルスは壊れ手前だったか?)
15088 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 12:13:57 ID: LyARGkv8NO
>>15087
あの件で千葉は信用出来なくなったわ、いくら評価が一時期ヤバかったとは言えどあの扱いは酷いし、一部のらはそれらを使って「BF世界AGEEXAVSみたいに打ちきり」だとか言ってるし
あと壊れ手前はゼイドラじゃね?レギルスは出た時期もあって壊れだって言われてたし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015