単語記事: 機動戦艦ナデシコ

編集

機動戦艦ナデシコとは、1996年10月1997年3月テレビ東京系で放送されたテレビアニメである。

概要

監督 佐藤竜雄
ストーリー
エディター
會川昇
音楽 服部隆之
制作 XEBEC
製作 テレビ東京
読売広告
XEBEC
話数 26話

SFロボットアニメ…のふりをしたラブコメアニメ…のふりしたやっぱりSFアニメXEBEC製作オリジナルSFアニメシリーズの第一弾であり、メインヒロイン役の桑島法子と、キャラクターデザイン担当のアニメーター後藤二の存在を広く世に知らしめ、しまじろう中の人等いないであった南央美大きいお友達ブレイクさせた作品である。

作中作に熱血ロボアニメゲキ・ガンガー3』がある(のちにOVA化)。『エヴァ』や『スレイヤーズ』などとも微妙に時期が被っているため、今ひとつ忘れられがちだが、1990年代を代表するアニメのひとつである。設定が山のように膨大にあったため全てのを全26話内で明かすことはできず、また3話分の脚本を担当した首藤剛志が「コンピュータの名前が『オモイカネ』である」という基本設定を思い出したように使ってみたところ、スタッフが全く忘れていたという逸話さえある(WEBアニメスタイルシナリオえーだば創作塾」第116回参照)。

続編が熱望されている作品であり実際に企画も進行していたようだが、2005年8月に『宇宙のステルヴィア』ともども作品外の諸事情により製作はほぼ不可能となったことが佐藤監督公式サイトアナウンスされた。

アニメ原作として漫画(『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』、作者キャラクター原案の麻宮騎亜)、小説ゲームなどが作られている。様々な作品のクロスオーバー作品である『スーパーロボット大戦シリーズにも参戦している。また、ヒロインの一人であるホシノ・ルリ警察庁のシートベルト着用キャンペーンのポスターに採用されるなど単独のキャラクターとしても各所で活躍を見せた。

2013年12月27日よりニコニコ動画でも全話配信開始、1~3話は期間限定で 無料配信される。

そして2015年9月18日より期間限定(10日間)で全話無料配信された。

劇場版

1998年TV版から3年経った休戦後の世界を舞台にした劇場版機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-』が開された。こちらはTV版でやりすぎた反省から一転してシリアス中心路線になり、TV版では描かれないアキトの成長をホシノ・ルリ視点で追いかける内容になっている。

仲間由紀恵が出ていたことで有名。ご本人公式プロフィールにも劇場版ナデシコを含めアニメ出演歴はしっかりと記載されている。ちなみに漫画家畑健二郎は昔、不安や孤独でどうにも出来なくて劇場に座り、この映画を一日中死んだで観ていたらしい。

なお、本作は翌年の星雲賞映画演劇部門とメディア部門を受賞している。

主な登場人物

テンカワ・アキト - 上田祐司 (現: うえだゆうじ
ナデシコのコック兼エステバリスパイロット主人公火星出身。何故かやたらにモテる。劇場版ではTV版のイメージとは正反対の衣を纏った仮面姿に。
実は劇場版になる前から既にロクな人生を歩んでいない。なかなかの死神っぷりである。
小学生頃に、ネルガルの研究者であった両親をネルガル社長に暗殺される
・その後火星ユートピアコロニーで孤児として貧しく育つ
 (遺産もあっただろうし、存命ならばなんの不自由もなかったはず)
ユートピアコロニー襲撃に立ち会い、そこである少女を守ろうとした際地球にボソンジャンプで跳ばされる。
・それがトラウマになり、戦火に怯え逃げ隠れする癖がつき、地球では笑い者
ナデシコに巻き込まれる(事情を知っていたプロスさんが保護した形といったほうが正しいか)
・友人になったばかりのヤマダが「軍所属の連中が逃げるところに居合わせたせいで」殺される
・積極的に言い寄ってくる女性いもって殺人料理
の前でユートピアコロニーにとどめを「ナデシコに」刺される
 (遅かれかれ滅んでいたとはいえだいたいユリカのせい)
で世話になった食堂のさんが一郎のダイマジン襲撃により死亡
・ヤマダを殺した犯人を問いただすもあっさり論破され、負ける。
 …が、試合には負けたが勝負には勝ち、犯人提督は正気を失い自爆
・分かり合えたはずの白鳥九十九が暗殺される
戦争終結。が、最初はコックとしての契約プロスの手違いもあり軍事物損保険に入っておらず、
 軍の嫌がらせもあって大な借を背負うことになる。
ユリカ結婚。その新婚旅行のシャトルで拉致される
・散々人体実験されて味覚を始めとした五感滅茶。そして劇場版へ…
これだけのに合っているのにっ直ぐに一生懸命生きていたからこそ、彼はモテるのかもしれない。
ミスマル・ユリカ - 桑島法子
多分メインヒロインナデシコの艦長。火星時代にアキト幼馴染みだった。多言、記憶優秀、発想、応用性も抜群で臨機応変。地球連合大学の戦略シミュレーションで負けしだったほどの逸材だが、ド天然アキトのためとなると暴走しがち。料理センスも壊滅的である。を演じた桑島法子はこれがほぼデビュー作。アキトに惚れている人その1。
ホシノ・ルリ - 南央美
人気No.1、称はルリルリ(命名byミナト)。ナデシコ天才的オペレータ。劇場版では主人公で、ナデシコBの艦長となっており、「電子の妖精」と呼ばれる。アキトに対しては淡い心のようなものを抱くが、家族としての感情であるという説もあり、人によって解釈は様々。
ダイゴウジガイ本名世をぶ仮の名前: ヤマダ・ジロウ- 関智一
エステバリスパイロット。『ゲキ・ガンガー3』の大ファン。あっけなく死ぬ。熱血キャラを演じることができるとり切っていた関智一を見て監督がニヤニヤしていたとかいなかったとか。しかし、『スパロボ』など2次創作クロスオーバー作品ではそのスーパー系な性格が幸いし、死なずに大活躍している。詳しくは後述。
スバル・リョーコ - 横山智佐
エステバリスチーフパイロット。機体カラー男勝りで負けず嫌いな性格をしており、何かにつけて素人パイロットアキトに絡んでくる。劇場版では統合軍のパイロットになっている。アキトに惚れた人その3。
アマノ・ヒカル - 菊池志穂
エステバリスパイロット。機体カラーオレンジオタク趣味を持ち合わせた陽気な眼鏡っ娘で、ウリピー(※ウリバタケ)とはいいコンビだが、思考はかなり現実的。劇場版ではプロ漫画家になっている。
マキイズミ - 長沢美樹
エステバリスパイロット。機体カラー水色。寒いギャグダジャレが大好きで、事あるごとに陰気にボソッとつぶやいては自分だけクツクツと笑って周囲をけさせている。劇場版ではバーオーナーを助けた縁で雇われママになっている。
アカツキ・ナガレ - 置鮎龍太郎
エステバリスの補充パイロットロン毛の女たらし。何かとアキトに突っかかるような物言いをする。
ゴート・ホーリー(Goat Hoary) - 小杉十郎太
スーツ姿で不想な戦闘揮担当。以前は軍に所属しており、かなりのマッチョ。既婚。カタブツそうに見えて実は…
アオイジュン - 伊藤健太郎
ナデシコ副長。ユリカ地球移住後の幼馴染み。「いい人」すぎて何かと報われないカワイソウな人。
ハルカ・ミナト - 岡本麻弥
ナデシコの操士。元々は大企業社長秘書をやっていた。その他にも教員からシャトル操縦まで多種多様な資格を持つ歩く免許。露出が多く手な見たとは裏に(ナデシコの中にしては)常識があり精的に強い女性。そもそもあのバストサイズに合う制服がなかっただけである。ゴートとはいい仲になりかけるも価値観の相違により破局。物語終盤、ある男性に落ちるが・・・
メグミレイナード(Megumi Reinard) - 高野直子
ナデシコブリッジ通信士。元々は声優をやっていた。「メグミという名前」「看護士資格も持っている」などの設定から、キャラモチーフは当時人気だった某声優であると思われる。。アキトに惚れた人その2。
エリナキンジョウ・ウォン(Erina Kinjo Won) - 永島由子
ナデシコ副操士。ネルガル本社から派遣されてきた人物で、本来の役職はネルガル社長秘書。職務に忠実で、ユリカを初めなにかと羽を外したがる他のクルーたちとしばしば対立する…が、ミス・艦長コンテストに参加しかける等なんだかんだで染まっていた。実は結構な少女趣味で、ラピスは正にこの人の趣味。なんだかんだで可がっていたようである。アキトに惚れた人その4。
ウリバタケ・セイヤ - 飛田展男
ナデシコチーフメカニック。元々は町工場で働く発明好きの違法改造屋だったが、その技術を買われてスカウトされる。「こんなこともあろうかと」という台詞に憧れ、言うチャンスを虎視々と狙っている。メカオタクでいい加減なオッサンにも見えるが、「整備をしくじれば人が死ぬ」「は女では失敗しても整備でコケたことは一度もない」という信条を持ち合わせている生職人でもある。たった2年の宇宙中に初めて触ったオーバーテクノロジーから対フィールドランサーディストーションブロックを造り上げてしまった凄い人(でもMITを7浪してる)。劇場版でもステルスシートを作ったりと、持ってる特許の数と質はかなり凄い。スパロボではアストナージや各研究所の博士という仲間を得て、を得たのように様々な発明を行っている。
プロスぺクターMr. Prospector) - 小野健一
ネルガルから派遣された本名不明(プロスペクターは資探索者の意。通称プロスさん)のナデシコ会計・監担当で、クルーを「人格に問題があっても一流の人材」という基準でスカウト(まさにクルー=資)してきた本人でもある。慇懃かつ飄々としたもの言いでありながら、実は格闘技が使えたり(多数のシークレットサービスを一人で圧倒する程の腕前)ラーメン屋台を引けたり(麺類嫌いなルリおかわりするぐらいに美味しい)、ベースギター弾けたりとにかくの多い人物。
リュウ・ホウメイ(Howmei) - : 一みゆ希
ナデシコの食堂スタッフ5人組「ホウメイガールズ」を取り仕切る中年の女性料理長。専門は中華だが、あらゆる料理に精通している。また、クルーたちの良き相談相手であり、アキトにとってはコックの師匠でもある。
イネス・フレサンジュ(Inez Fressange) - 松井菜桜子
説明おばさん科学分析と医療全般を担当する白衣の才女。火星一の生き残りであるが、実は・・・。アキトフラグが立ちかけた人。

主なメカニック、技術

基幹技術、兵器

相転移エンジン
古代火星文明の遺物。未だに全解明されていないが、それでも強な出を持つ。
エネルギー保存の法則によりエネルギー(おそらくダークエネルギー)から膨大かつ尽蔵のエネルギーを取り出している。その為、大気中では反応が低下し、出が下がることが欠点。
ナデシコ級はそれを補うために核パルスエジンを4機搭載している。
ディストーション・フィールド
古代火星文明の遺物。相転移エンジンから取り出される膨大なエネルギーを利用し、
間を曲させた場を発生させる、強かつ便利なバリア
重力レンズのような性質も持ち、兵器全にシャットアウトし、粒子、実弾兵器等の質量兵器もある程度防げる上、楕円上に展開されることによる流抵抗、大気抵抗、摩擦の低減等、戦艦運用に欠かせない装備である。破るには強な質量弾、もしくは重力をぶつけるのが手っ取りく、他に中和するための近接兵器も「個人の手で」作成されている。(捕えたテツジンから解析された可性が高い)
ゲームにおいてはバランス調整のため重力よりも兵器に対して弱いことが多い可哀想な存在。
ラビティブラスト
古代火星文明の遺物。その名の通り圧縮した重力波を放射する強兵器ぶっちゃけブラックホールをぶつけてるに等しく、直撃した場合まず助かりようがない。一、高出ディストーション・フィールドのみで防ぐことが可ゲームでは核ミサイルプラズマより弱い場合もあるが…まあ、ゲームだからね。
相転移
Yユニットを装備したナデシコA最強の装備であり、あまりの威に使用禁止条約が結ばれた程である。
簡単に言うと「リミッターしでで相転移エンジン外部で反応を起こさせたらどうなるの?」であり、敵を破壊するのではなく、定した座標の間を破壊する兵器である。もちろん通常のレベルで防御、回避の手段はなく、ミルクレープ並に多重にディストーション・フィールドった火星極冠遺跡のみが、この攻撃に抵抗することに成功している。
ボソンジャンプ
いわゆるテレポーテーション。時間を跳躍する技術で、転移の前兆としてボソン(ボース粒子とも。光子重力子などのエネルギーを伝播する粒子の総称)が検出されることから命名。木星連合側が地球兵器を送り込む手段として利用しているが、地球側では研究の最中と言ったところ。通常の手段では生命体を運ぶことはできず、強ディストーションフィールドでの保護や、特殊な遺伝子改造が必要。火星極冠遺跡と何らかの関係があるらしいが…
ボソン
木星連合側兵器ユリカ銘名。「敵どん中にボソンジャンプで直接爆弾を送り込めば安全で高効率じゃね?」という発想としても技術としてもとてもシンプル兵器である。もちろんその構造として、動き続ける相手には命中精度が極端に下がるという欠点もあるが、動きが鈍かったり動くことができない戦艦、基地、要塞等に対しての有効性は凄まじく、テロ的な使い方も可なため相転移同様、条約で使用が制限されている。
火星の後継者の機動兵器である積気の戦法は正にこれであり、爆弾でなく人戦闘機を送り込むという、条約をうまくすり抜けた運用法であると言える。
IFS
イメージフィードバックシステムの略。体内にナノマシンを注入、周辺に補助を形成させると同時に、右手のひらにインターフェイスを生成させる。これにより、対応機器を「イメージした通りに」動かすことができる。エステバリスナデシコ戦艦の運用に必須であると同時に、火星の開拓民にも積極的に用いらていた。安全性は保され、これと言った副作用はなく(発動時は血管がる、使用時は若干が高揚しやすい、ナノマシンエネルギーを喰われるためおきやすいぐらい)、反射経向上等のメリットも大きいのだが、生地球育ちには「改造人間」との印を受けやすい。
オモイカ
代々ナデシコメインコンピューター。高度なAIでもあり、ルリとは親友関係。地味にゲキ・ガンガーが好きで、アキトルリ暴走(というより拗ねた)を止めに来た時、自己防衛のためにゲキ・ガンガーを具現化させたこともある。学習コンピューターでもあり、歴戦の実績とYユニットを取り込んだ経験から、ナデシコCの全システム握というを得る。名前の由来は日本古代の知恵と知識の

ナデシコ級戦艦

ナデシコA
作品タイトルにもなっている宇宙戦艦。「エンタープライズ(スタートレック)に波動砲ATフィールドつけたら最強じゃね?」という発想の元にデザインされた「ぼくのかんがえたさいきょうのうちゅうせんかん」であり、それがグラビティブラストや、ディストーションフィールドという設定につながっている。
その他、多連装ミサイルランチャーや、フィールドブレードからのレーザーを持ち、実は潜水艦も持っている。
航空力学な形をしているのは「大気脱出、突入時は楕円形のディストーションフィールドることで空気抵抗を減らすことができる」ためで、エンジンの高さもあって施設しで高速に大気脱出が可。再突入に関してもフィールドることで艦体への空気の断熱圧縮の影をなくすことができる上、ナデシコ自体に反重力推進、浮遊があるため落下速度を落とし、安全に突入することができる。
Y-ナデシコA
ナデシコ四番艦シャクヤク完成前に大破してしまったために、強化ユニットであるYユニットユリカの思いつきで理やり近代化取り取り付けた姿。思いつくユリカユリカだが、電装系が全く違うYユニットを安定させて取り付けてしまったウリバタケもやはり者ではない。
Y-ユニットに搭載された2機を合わせた4機の相転移エンジン、大レドーム、更に増えたミサイルランチャー、2連装に換装され出が上がったグラビティ
ブラスト、そして広域間破壊兵器である相転移を兼ね備える反則戦艦である。
ナデシコB
劇場版で登場。扱いは試験戦艦であり、その気になれば艦長のルリ一人で動かせる。
武装はグラビティブラストのみだが、スパロボ等では不便なのでミサイルランチャーがつけられることが多い。
ナデシコC
劇場版で登場。 「戦いは数だよ兄貴!ができないのなら戦う前に勝てば良い」というコンセプトに基づき、単艦でボソンジャンプして敵ん中に出現、ありとあらゆる手段で時に相手システムに入り込み、握、効化してしまうというY-ナデシコA以上の反則戦艦である。三本のフィールド発生ブレードは開閉式で、閉じているときは出が上がる。「戦闘の必要がない」ため兵装はやはりグラビティブラストのみであるが、修により相転移の装備も可。また、やはり使いにくいためスパロボ等ではミサイルがつけられたりする。何もなかったスパロボRでは使いにくいことこの上なかった。
ユーチャリ
劇場版で登場。ナデシコCのためのワンマンオペレーションの第二実験艦と同時に、アキト工作活動の移動拠点として運用されていた。基本単艦テロ活動のための艦であるため、強固なディストーションフィールドを発生させる特殊形状のフィールドブレードや、多量のバッタ(無人機兵器)を搭載し、面制圧を高めるために四連装に分離実装された(4つで4倍威というわけではない)グラビティブラストを装備、他にも情報収集、ハッキングのための様々なを有する。ナデシコCを中心にあらゆる艦船で艦隊を組む「ナデシコフリート」計画の一員であるともされている(その中での役割もやはりバッタの母艦)。

エステバリス

いわゆるロボットアニメ主人公機が相手を倒して活躍すものであるのに対し、エステバリスの役はあくまでも「艦載機」しかも「戦闘機」である。それどころかヘタすると「対」扱い。ナデシコは左舷の弾幕が薄いどころか全くないのである。つまり、「戦艦フィールドりつつエステバリスに守ってもらいグラビティブラスト(あるいは相転移)をチャージして照準。チャージが終わったら本命を敵ん中にズドン。戦闘終了」というのが基本戦法である。さらにナデシコは単艦で活動し、戦闘場面が多岐にわたり、人数x多種多様の機体の多量収容スペースも確保できない。
しかもパイロットは癖の強いエースいで乗り換える際、ソフト周りの調整がややこしい(IFSがそれに拍をかけている)。その為エステバリスには「最小限のコストで最大限の汎用性」がめられ、それがエステバリスに一本化した換装システムに繋がっている。
その為、原作未登場のオプションフレームオプション装備が数多くあるのも特徴で、替え玉ならぬ替え弾や交換バッテリー等を持ち歩くための持ちなんてのも使用できる。多分ウリバタケお手製。
また、「どうせ艦載機なんだから旗艦から線で電供給してもらえばいいじゃん。そうすればバリアも推も使い放題だろ?」という割りきった発想をすることで、ジェネレーターと推進剤をし、装甲を軽く薄くし(一次装甲に金属ど使われておらず、に強化防弾脂と複層セラミックで出来ている)、デッドウェイトとデッドスペースすることに成功している。
メインの役があくまでも「戦闘機」「機」であるため基礎火力はあまり高くないが、ディストーション・フィールドを持っているため、それを拳やナイフの先に集中させることでそれこそ敵駆逐艦を撃沈させることも可になっている。
こらそこ、ピンポイントリアパンチとか言わない。
・陸戦フレーム
最も基本的な地上運用タイプ。地面をキャタピラ状グライディングホイールで滑走し、ナイフアサルトライフルワイヤー付きロケットパンチを基礎装備として運用される。「飛ぶ」ことにエネルギーを回す必要がないためバッテリー運用でも長く稼働できる上、重さも余裕があるため膝のバッテリーが大きい。火炎放射器、多連装ミサイルランチャー等を積んだ重武装タイプバリエーションを持っているのもこれ。つまり、ヤマダさんはこれに換装成功できたとしても宇宙なので身動きできずに落とされていた可性が高い。
フレーム
大気中戦。流石に重力内で反重力推進だけでは効率が悪いため、それにプラスしてジェットエンジンが搭載されている(反重力推進で浮いたり機動性を確保し、ジェットエンジンで吹っ飛んでいる)
戦闘特性の問題と軽量性を確保するため武装も軽め。また、他のフレーム重力ビームを中継する役割もある。
・0G戦フレーム
宇宙空間戦闘用。重力波推進を利用するという仕様上、中戦もそこそこ得意。(スパロボで反映されることは少ないが…)。もちろん他の環境でも(専門フレーム程ではないが)均的に運用可である。
反面、旗艦から離れず運用することを前提としている上、宇宙空間という過酷な環境用の設計をされているため、バッテリー稼働時のエネルギー消耗がしく、じっとしていたとして一時間足らず、全で戦闘をすれば数分と保たない。アカツキ専用機のみ新であり、他のアサルトピットでは起動できない。
・重機動フレーム(フレーム)
撃戦用に120mmキャノンミサイルランチャーを装備させたフレーム反動に耐える必要があるため重りを兼ねた重装甲を持っている(地雷を「通過して除去」できるほどには硬くて重い)。また、旗艦から離れることになるためバッテリー容量も大きい。それ故他のフレームべて機動性は劣悪だが、戦車同様の遠距離火力とそれ以上の機動性、防御を確保することを可にしている。
フレーム
エステバリスを旗艦しで拠点防衛に使うというコンセプトで開発されたフレーム。その為に外付けの相転移エンジンを搭載することで電容量に余裕ができ、ディストーションフィールドを破るほどのレールガンの使用が可になった。もちろん弊もあり、機体が大化(アサルトピット全に内蔵し、専用の頭部を用いる)した上、機動性も損なわれている。また、動が相転移エンジンであるため、大気中での運用も難しい。その他に、敵ジンタイプフィールドごと破壊できる程の大対艦ミサイルも装備している。
・Xエステバリス
ウリバタケがまたもや断で開発していた0G戦フレームの特殊カスタム機。通称エクスバリス(ムネタ提督は『エステバエックス』という呼び名に拘っていた。尚、この呼び名は該当回脚本がガンダムX脚本家であったことによる)。
重力ビーム受信機構周りを極限まで見直すことにより5倍以上の効率を引き出し、6mクラスエステバリスに小とはいえグラビティブラスト(エックスキャノン)を搭載することに成功した、正に究極の移動台。が、効率が良すぎて機体がエネルギーに耐えられず、エックスキャノンのチャージを行うと自爆してしまうという欠陥機となってしまった。ただ、後述のスーパーエステバリスの高効率にはこの機体の技術が応用されてる可性が高いと言われている。尚、スパロボ等に出ると大抵エックスキャノン以外の装備を持たせてもらえない(元が0G戦フレームなので、ライフルぐらいは使えるはず)が、「毎ターンEN全快で高出距離兵器ぶっぱできる」という、高火力モビルスーツ顔負けの火力を誇る。もちろん普段は合体攻撃を持たないアカツキが乗せられる羽になる。
エステバリスII
劇場版量産機IFSを利用することで「思った通りに動く」ことが最大の売りであるエステバリスであるが、ナノマシン注入による補助形成が必要であるため地球パイロットには「改造人間」と敬遠されやすかった。更に電を外部に持っている宿命で、キャパシタ容量が足りず、フィールドを破るレールガンを使用できない。ついでにIFS等のイニシルコストも高いため次世代の正式機争いに負けてしまった。しかし、その運動性、柔軟な反応性、アサルトピット脱出による生存性の高さがベテランパイロットゲキ・ガンガーオタク元木連パイロットに好評(そもそも木連パイロット全員遺伝子操作を受けており今更IFSぐらい気である。それ以上に思った通りに動き、ランサーの使用(熱血り)とディストーションアタック(ゲキガンフレア)を実践できることに惹かれたことは想像に難しくない)であった。スパロボWではアカツキが持参したのはよりにもよってこれであり、ライフル以外はナイフランサーはおろか、ディストーションアタックすらないという有り様で、即座にエクスバリスに乗せ換える羽になるのは言うまでもない。
エステバリスカタム
運動性に関しては競合機に対しても高いアドバンテージを持っていた(ライバル機のステルクーゲルは対フィールド射撃追求し、格闘戦はほぼ捨てている)ものの、外部電式の宿命として、機動ではかなわず、高出兵装の使用もできなかった。が、リョーコの「アンテナ増やせば出も倍だろ」という脳筋発言を実際に実装してみたら本当に出が上がってしまったというのがこの機体である。
実際にレールガンが使用できたり速度が上がったりフィールドの出も上がったりしているが、あまりにもピーキーになりすぎてエースパイロットにしか扱えなくなってしまった。尚、元木連側エースパイロットにも用者がおり、ゲキ・ガンガーカラーに塗装されたエステバリスカタムを駆っている。
スーパーエステバリス
ナデシコB、ナデシコCに艦載されていたエステバリスアカツキ専用0G戦フレームの発展であり、アンテナユニット1本でありながらレールガンの使用が可な高効率高出機である。また、武装強化としてミサイルランチャーや連射式キャノンを装備し、汎用的かつ強火力を持つ。

主な楽曲

YOU GET TO BURNING - テレビアニメオープニング
歌:松澤由実 / 作詞:有聡美 / 作曲編曲大森俊之
私らしく - テレビアニメエンディング
歌:桑島法子 / 作詞松浦有希 / 作曲編曲松浦有希、吉田
Dearest - 劇場版題歌
歌:松澤由実 / 作詞:有聡美 / 作曲編曲大森俊之

2次創作などでの扱い

スーパーロボット大戦シリーズ等、2次創作クロスオーバー作品では、作ライトであり、また劇中劇として『ゲキ・ガンガー3』という昭和ロボット作品のパロディを抱えているためか、リアル系の作品よりもスーパー系の作品との相性がいい。ただし、終盤や劇場版ではハード物語展開になるためリアル系との絡みも多くなる。
また、シナリオ面でも古代火星遺跡という文明や、ボソンジャンプという間、時間跳躍技術の存在により、いろいろ便利に扱われている。
それでも初参戦時は「スパロボギャグ萌えを持ち込むな」って物凄くかれたんです。これでもかってぐらいに。

また、ダイゴウジガイが優遇されることが多い。エステバリスは他作品のロボットべ小火力が不足しがちな為、彼との合体攻撃の存在が主人公であるアキトの使い勝手を左右する例が多々ある。
あげくのはてに本編には存在しない専用エステや劇場版の顔グラまで作られてしまった。

具体的には…

こんな感じである。

俺達り合い、共に信じる正義は一つだと誓い合ったのさ。はそれを裏切らなかった。木星の中にに和めたんだ。これも現実だ、ちがうか」
「要は見るしだいって事よ、テンカワ。ゲキ・ガンガーの言うことは、まちがっちゃいねえ」

「そいつは違うな、木連の大将
「勝とうが負けようが、正義ってなあ信じてなんぼよ!勝つためにひん曲がった正義なんぞ、一文の価値もねえ!」

関連動画

関連静画


関連立体

関連商品

関連チャンネル

関連生放送

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%8A%E3%83%87%E3%82%B7%E3%82%B3
ページ番号: 368027 リビジョン番号: 2375284
読み:キドウセンカンナデシコ
初版作成日: 08/07/18 16:32 ◆ 最終更新日: 16/06/20 21:57
編集内容についての説明/コメント: 「関連立体」の節を新設し、「「ぶい」 / spon さんの作品 - ニコニ立体」(td26739)を掲載しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機動戦艦ナデシコについて語るスレ

586 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 17:36:02 ID: qcEcibD7rC
スパロボでこそガイってかっこいい熱血として活躍してるの多いけど本編だと現実アニメを混同してる痛いって感じが強い
クルーと接する期間ほとんどなかったから死んでもアキト除いて全然悲しんでない
まあ実際誰だって話す機会もなかった職場の同僚が死んでもショックなんかほとんどないよね。あの人亡くなったのか程度の出来事

地球防衛企業ダイ・ガード世界にいたヤマダジロウさんはそんなことないといいな
587 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 21:01:11 ID: auHcfDoj7f
一回火星から帰還するくらいまで生きてたらあれで結構皆と仲良くなってたと思うし、ジンタイプ戦あたりで死んだら結構悼まれて死んだと思う。ヤマダ。 アニオタなだけで腕はいいし。

588 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 21:20:14 ID: orvQaRsxur
と北たちってどっちが外道なんだろうな
589 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 01:00:39 ID: 0ZqzAuCmjD
ところで大半の機動戦艦ナデシコファンにとって、遊撃宇宙戦艦ナデシコはどんな感じなんだろうか
590 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 01:12:45 ID: T3XW8FdL9F
欠点があってもがないとナデシコクルーにはなれんからな、ヤマダもそんなタイプ

漫画のはキャラ一緒でも別もんだからな、そこそこ面かった記憶はあるけど。
591 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 19:57:49 ID: yE+65i0rDt
そういえば今年でナデシコ放映開始から20周年迎えるんだな。
これは何かイベントを期待していいかなと思っていたりしてる自分がいる。
592 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 20:11:17 ID: rdbqPISmjZ
>>586
序盤でガイゲキガンガーすすめた時は見向きもされなかったのに白鳥さんがすすめたら一大ムーブメント起こすあたりやっぱ人柄って大事だなぁ、と
593 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 03:14:32 ID: KtyaX42Ucy
ブラックサレナの設定見たけどアキト苦戦しまくってたんだな…

エステ3人「キャッキャッ」→北6機撃墜

なぜなのか サブロウタもいたけど
594 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 03:19:43 ID: Nah/fb5445
1VS7と4VS6、それも数合わせでなくチームワークも優れた面子じゃ較にもならんやろ
595 : ななしのよっしん :2016/06/10(金) 03:29:27 ID: KtyaX42Ucy
いやーでもヒカルイズミ2年ぐらいブランクあったじゃん
慣らし運転も格闘ゲームぐらいしかやってなかった割には余裕であしらうとか強くない?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015