単語記事: 機械翻訳

編集  

機械翻訳とは、自然(人間が自然に取得した言体系)を、コンピュータプログラムを用いて、他の言翻訳することである。

概要

現在、様々なポータルサイトには、国語(L1)から他の言L2)への、コンピュータを用いた機械翻訳が存在する。また、機械翻訳ソフトは様々なソフト販されている。

しかしながら機械翻訳の技術はまだ未熟であり、定形の文章(書き言葉)には、機械翻訳翻訳をしたい文章を入すると、較的、良い翻訳が出されるが、不定の文章(話し言葉)を入すると、かなり間違った翻訳された文章が出される。 これはL1→L2機械翻訳でもL2→L1の機械翻訳でも、同じ事である。現在機械翻訳の精度は、せいぜい50程度だが、翻訳したい文章を短くする、などの工夫で翻訳精度が上がる。

反復翻訳ベンチマークテストとは

機械翻訳アルゴリズムの精度を測定する方法として、「反復翻訳ベンチマークテスト」というものがある。これは、L1→L2への機械翻訳による出された文章(第一次翻訳)をそのまま、同じ機械翻訳エンジンにおいて、更にL2→L1に翻訳し(第二次翻訳)、その出された文章の結果が、どれだけ第一翻訳に用いた「原の文章」を保てているか、ということで、機械翻訳アルゴリズムの精度が測定できる。

「反復翻訳ベンチマークテスト」の結果は、最初に入した文章が短く、文法的に簡単であればあるほど、テストの結果は向上するが、実際の自然において、反復翻訳ベンチマークテストを行うと、第四次~第六次反復を終了した時点で、最初に入した文章(原形文章)の形は、ほとんど原形を保っておらず、文法的にも意味的にも、言としての条件を満たさない状態になっていることがほとんどである。

反復ベンチマークテストを利用した遊び動画について

様々な動画において、反復翻訳を利用して、動画などに第二次翻訳(L1→L2→L1の反復翻訳)をアフレコする、という試みが行われ、非常に前衛的な動画に仕上がっており、翻訳エンジンの精度の低さにより、結果的に非常に面動画完成されている。

今後も、このような動画投稿されることが予想される。

歴史

コンピューターが出て間もないころから機械翻訳は試みられていて、1947年にウォーレンウィーヴァーが英語からフランス語への翻訳機械で行おうとしている。1954年にはジョージタウン大学IBMロシア語から英語への機械翻訳の実演を行なっている。その後機械翻訳の研究は各地で行われ、日本でも1955年九州大学電気試験所が機械翻訳を行っている。しかし1966年アメリカで提出されたALPACの報告書で機械翻訳は当分できないという報告がされ、アメリカでは研究予算が大幅に減額され研究が下火となった。

1980年代に入ってコンピュータの処理が増し、大量データを用いる統計的なアプローチが有効になっていきより高度な翻訳ができるようになっていった。日本では1982年科学技術庁による機械翻訳システムの研究プロジェクトが開始している。1990年代になると音声認識音声合成の分野に進歩があり、会話の翻訳の研究が始まった。またコンピュータの価格低下、高機化、一般への普及が進みパソコンでも機械翻訳ができるようになった。

関連動画

関連項目

機械翻訳サービス


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E7%BF%BB%E8%A8%B3
ページ番号: 4311871 リビジョン番号: 2221375
読み:キカイホンヤク
初版作成日: 10/03/19 11:02 ◆ 最終更新日: 15/06/19 14:34
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「Superdry極度乾燥(しなさい)」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

機械翻訳について語るスレ

12 : ななしのよっしん :2013/02/17(日) 16:45:04 ID: 3PYjcSUCRj
>>10
系統だけで考えればそうだが、地域間交流がもたらすものを全に視するのは関心できないな
例えば英語仏語。たしかにどちらも印欧で文法の基礎的な部分は共通だが、ロマンスゲルマンというくくりではかなり乖離している.しかしながら政治的要因や人が行き来したことで英語仏語の多くのを取り入れて彙面ではかなり近くなった。これは近さがもたらしたといってもいいんじゃないか。
日本語中国語だってかすってるよ。漢字の存在は大きい。漢文日本語にもたらした影は図りしれないし、日本人がつくった近代訳が中国語韓国語にとりいれられたおかげで、韓国語はもともとの文法が似ていることもあって機械翻訳の精度が上がり、簡単な英語と筆談で中国人と意思疎通がある程度できるんだから。
13 : ななしのよっしん :2014/05/02(金) 11:45:57 ID: l6XWFWd2ev
日本語韓国語って文法は似てるけど発音の体系が全然違うんだよね

日本語南方系言との類似性があるんだけど(ハワイの現地にも近いとか)
韓国語北方系言と似てるんだそうな


そんな訳で言語学会ではどっちも由来不明の扱いという…
14 : ななしのよっしん :2014/10/20(月) 20:27:50 ID: hCV1v7xyy3
韓国語マジで元から日本語の文章だったように翻訳できるからなw
15 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 05:03:42 ID: a8Aksb+SCM
ただ単に文法が似ている
あるいは翻訳ロジックを作る際に両言に精通しているものが多かった、とかじゃないの
少なくとも日本語←→フランス語などよりは。
16 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 14:59:14 ID: GW5fRh10A3
日本語朝鮮語もSOV順が同じだし
近代以降の朝鮮語植民地時代の経緯もあって
彙が共通してる部分も多いから訳すのも簡単なんじゃね
17 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 15:11:54 ID: uqLNqWyLt5
翻訳精度の評価がどうなってるか知らんけど
普通は構文重視やろ…って2012年かい
18 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 22:03:32 ID: Ntgz1aS5Gf
2017年現在のトレンドはディープラーニングによる機械学習。Google翻訳などはすでにディープラーニングベースで稼働している。
19 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 22:09:39 ID: uqLNqWyLt5
去年だったか
翻訳後の日本語がツギハギ感の少ない自然な文章になったと
評価されてたな
20 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 02:07:19 ID: Wa4DSlF2Fb
いずれ機械翻訳が、機械"意訳"になるときがくるんやなって...
21 : ななしのよっしん :2017/10/20(金) 17:13:13 ID: apR/TaBqwn
C3POみたいなプロトコルロイドが、実際にはどれほどSFであるのか思い知らされるな。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829