単語記事: 檀正宗

編集
編集合戦 ライターバトルゲームエリア内だけでお願いします。
プレイヤー同士が話し合わないと事態は行線です。
ポーズ&リスタート及びリセットの前に掲示板で話し合ってください。
それができなければ私自らが、君達を一人残らず「GAMEOVER」にする
※この記事は過去に編集規制がかけられています。
  今後また多くのプレイヤーの迷惑になるようなことが続けば、
  再び編集規制される可性がございます

檀正宗とは、『仮面ライダーエグゼイド』の登場人物である。

演:貴水博之
氏は作中の挿入歌を複数歌っているヴォーカリストでもある。

ニコニコ大百科の運営は黎斗でも…ましてや君でもない。この私だ…

檀黎斗父親で、元幻夢コーポレーション社長。自社が発表したゲームガシャットに発生したバグに端を発する一連の騒動「ゼロデイ」におけるバグスターウイルス責任息子から押し付けられる形で逮捕され、物語開始当初は刑務所に役していた。

初登場は第1クール終盤の12話で、斗の相を追い独自行動していた九条貴利矢との面会に応じ、斗と宝生永夢に関する重要な情報提供した(ただし利矢が斗によってGAME OVERに追いやられたためその相が明かされたのは第3クールになってから)。21話では永夢、仮野明日那との面会でバグスターウイルスの出自を明かすとともに、斗の暴走を止めるよう頼んだ。

ゼロデイの実行犯が斗であるとにされたことで33話で刑務所を出所後、々に幻夢コーポレーション社長への復帰を宣言。仮面ライダー達が上級バグスター達を攻略するべく闘を繰り広げる最中、彼らの前に姿を現し仮面ライダークロノスへと変身。両営を一方的叩きのめし、天ヶ崎恋ことラヴリカバグスターを絶版宣言と共に葬り去った事で正式に幻夢の社長へと返り咲いた正宗は、今後自身が仮面ライダークロニクル運営していくと宣言したのだった。

だが実際彼が行ったことは、プロガシャットを奪いその中の命のデータを使い他者を実質的に脅迫する、彼の所有しているクロニクルマスターガシャットバグスターを消去し、ラヴリカの件も含め直接的にバグスターを脅迫する―――など、医師バグスター双方の「命」の価値観を崩壊させ、「命」をに己の行為を通すという外道に他ない行為である。
本格的に登場して間もなく、ラヴリカの死でパラドを凍りつかせる、実質的な脅迫で鏡飛彩宝生永夢らを裏切らせるなど、彼の影大なものとなり、「経営」という名の強権者として猛威を振っている。本人は「幻夢コーポレーションホワイト企業」だと断言していたが、間違いなく正宗の体制はその反対である。
その上彼の的は「社の製作物である仮面ライダークロニクルの続行・拡散」であり、作中随一の危険人物と成り果てた。

外道行為の一方、クロノスを過信せず、直接的な戦闘以外の手段でを固めてCR・バグスター双方を追い詰めていた正宗は、ゲームオーバーになった人間を増やすことで、犠牲者の復活を賭けてさらにクロニクルプレイヤーを増加させることを狙い、自身が立ちはだかる「クロノス攻略クエスト」を立ち上げる。
しかし、彼が飛以外にも手駒として復活させた「九条貴利矢」を自身の左腕に置いていたことがとなり、奪っていたハイパームテキガシャットと、犠牲者のデータが入っていたプロガシャット利矢に奪われてしまい、挙句クロノスを正面突破できる仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマーが現れたことで計画が崩壊。撤退こそできたが、大きな痛手を負うこととなった。
この際に大荒れする姿は息子そっくりであり、彼等が親子であるわかりやすい材料になっている。

その後、小の命をに脅迫していた飛すらも、「世界で一番のドクター」になったことで彼に背く。
卑劣な策を弄し姑息に立ち回るも、根本的にCRとの戦差を覆すに至らず、窮地に追い込まれていた。
それでも西馬ニコゲムデウスウイルスに感染させ、仮面ライダークロニクル攻略しなければニコが助からない状況に置く=攻略にはパラドを倒すしかない=永夢のゲーム病の根であるパラドを倒せば永夢は変身を失う、と間接的な手段でのムテキの攻略を試みる。こういったしぶとさや機転、そしてド外道っぷりはまさしく親子である。
しかしエグゼイドとの戦いに敗れたパラドが崩壊直前で永夢に助けられ復元したことでその論見は潰れ、エグゼイドパラドクス協力プレイの前に膚なきまでに叩きめされてクロニクルガシャットを破壊される。
クロノス敗北をもって仮面ライダークロニクルは終焉を迎えるかと思われたその時。

ハイパームテキさえいなければ、私の計画は璧だった……!
ハイパームテキさえ! いなければああああああ!!!!!!

ただの迷惑プレイヤー三下の負け惜しみにしか聞こえない台詞だが、この恨み節とともに、計画の障となったハイパームテキさえいなければという強い念により遺伝子が暴走し、ハイパームテキガシャットが存在しない時点までクロニクルの進行状況をリセットクロニクルガシャットを復元させるとともにCR営の切り札を封じてしまうのだった。

リセット仮面ライダークロニクル関係、そして各ライダーの状況をチェックポイント一定状況まで巻き戻してしまうリセットというよりロールバック。副次的に、利矢に取られた分のプロガシャット正宗の手に戻ってきた。
ところが、クロニクルガシャット破壊前に正宗はCRのゲーマドライバーを回収していたのだが、このリセットで各ライダーガシャット所持状況がハイパームテキ誕生前に戻ってしまったため、回収したゲーマドライバーもCRに戻ってしまった。これにより、ゲーマドライバーを新たに用意できなかった正宗は、外資ゲーム企業マキナビジョン社長ジョニーマキシマ(演:ブラザートム)との商談に失敗してしまう。
この商談失敗の事態で、永夢達とムテキのない状態で再戦する機会があったにも関わらず、八つ当たりするためにポーズを控え、エグゼイドを絶版にするチャンスを逃したことで、斗にムテキガシャットの再開発時間を与えてしまう。再開発されたムテキガシャットが、エナジーアイテムを用いたセーブ」機を搭載したことで、リセットすら攻略された。その上、西馬ニコリセットにより、先述のウイルス感染をなかったことにされ復活ポーズグラファイトバグスターに打破され、グラファイトニコトドメを刺されたことで仮面ライダークロニクル自体もラスボス降臨と、最一刻の猶予もなくなる。ハイパームテキさえいなければなんだって?

注意 この項は、放送中の作品のネタバレ成分を多く含んでいる。
ここから下は自己責任で閲覧する必要がある。
それができなければ私自らが、君達を一人残らずゲームオーバーにする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ゲムデウスデータを書き換えたことで、ゲムデウスが本来の想定にないパンデミックを引き起こし、大惨事を招くこととなった。
これでまたしても形勢逆転……と思いきや、利矢が斗を利用して作り上げたゲムデウス抗体から斗が作成した「ドクターマイティXXガシャットによりゲムデウスが抑制される。
危機を感じた正宗は、永夢達に倒される前にゲムデウスを自ら倒し、そのウイルスを自身に取り込む。これにより人間からバグスターに変異した正宗は、仮面ライダークロニクルラスボスの座をゲムデウスから奪い取り、ゲムデウスクロノスとしてラスボスに君臨した。

ゲムデウス登場までゲームを進めたニコを専用ゲームエリア拉致し殺しようとし、その論見がドクター達によって崩されてもゲムデウスクロノスの機で自身をさらにゲムデウスへと進化させる。
進化したゲムデウスで自発的にパンデミックを巻き起こし、ゲムデウスウイルスに感染した人々を、接触によりウイルスを感染させる下級バグスターウイルスに変貌させ、一つ大混乱の最中に巻き込む。

しかし、ポッピーピポパポの犠牲によりゲムデウスのワクチンが散布され、未曽有の大混乱が沈静化した上に、感染していた九条貴利矢も元に戻り戦線復帰。今までと較にならない性を持つゲムデウスも、ゲムデウス正宗レベル1ので分離するという手段で崩され、ゲムデウス自身もパラドと相打つ形で消滅した。

と、論見自体は全て崩されたのだが―――パラドがいなくなったということは、ポーズが容易に攻略される原因であるハイパームテキに、宝生永夢変身できなくなってしまったということでもある。
処に来て飛び込んだ優位に気づいた正宗は、ドクター達に向けて勝ち誇った「最期のSmileを向ける

最後のJudgement

そしてクロノスゲムデウスの装備は据え置き)に変身した正宗最強形態に変身したライダー全員仲間が傷つく姿を見た永夢は昂、生身のままクロノスに立ち向かう。

しかし正宗は永夢を軽くあしらいパラドとポッピーを「意味に散った商品価値のい命」と嘲笑する

そしてポーズを発動させ、永夢を絶版にすべくを振るおうとするが…

「…るな」

「…なに?」

「…お前が命をるなぁ‼︎」

なんと斬首されようとした時、生身のまま、永夢が止まった時の中で動き出し、クロノスバグヴァイザーにヒビが入ってしまう。

これは後にが永夢がわずかながらパラドに再感染していた影パラドゲムデウスと心中した際正宗バグスターも抑制していたと判明。

その影ポーズが解け、ドクター達は動けるようになり…

「いいねぇ…ノってやろうじゃないの‼︎」

「全てのバグスターをぶっ潰す!」

「人類の…未来の為に‼︎」

「患者の運命は…たちが変える‼︎」

変身‼︎」

エグゼイドブレイブ、スナイプ、レーザーの四大ライダーレベル2が勢ぞろいし、クロノスに反撃開始。

四大ライダー達に追い詰められ、キメワザで一掃しようとするクロノスだが、ゲンムの時間差コンテニューに気を取られ、防戦一方になってしまう。

最後はエグゼイドライダーキック対決になるが、ウィルス抑制の影で打ち負けて、変身解除させられる。

これにより正宗の野望が幻の夢となってしまったのであった。

永夢達に衛生出頭し罪を償うよう説得されるが、仮面ライダークロニクルマスターガシャットを掲げ、「審判をするのは衛生ではなく自分だ」とのたまい、ドクター達を「消滅者を救えなかった命の冒涜者」と罵り、マスターガシャットを胸に突き立て、消滅者を連れに自害・消滅した。

最後の審判は下された…」

人類史上最悪の殺人ゲームは勝者がいないまま、後味が悪いエンディングを迎えてしまった…


しかし、プロガシャットには未だ消滅者のデータが残っており、医療の発達とともに彼らが人間としての体を取り戻せる希望が残っていた。

そして衛生の会見における永夢がった消滅者の名前で、正宗の名前があった(その前には妻・正宗、その後には息子斗の名前も。)

劇場版トゥルエンディング」におけるマキナビジョンの騒動には正宗はもういない。しかし彼が復活し、罪を償ったとき、彼にとってのTRUE ENDINGが待っているのかもしれない…

そして、Vシネマ「アナザーエンディング」で復活が告知された、しかしその様子は彼が囚われていて、その前にはオールバックラスボスと化した息子斗の姿が…

SEE YOU NEXT GAME!
to「ANOTHER ENDING

本作のメイン格の登場人物はそれぞれの登場人物が他者を違った呼び方をすることが多いが、彼の場合は各ライダーバグスターを全てガシャット名=商品名で呼ぶ。実の息子ですら例外ではない
それどころか斗に至っては、ゼロデイの前から息子ではなく利用価値としてしか見ておらず斗自身もそれを既に察している。
ただし、ハイパームテキガシャットを使用後のエグゼイドのことはそのまま「エグゼイド」と呼んでいる場面もある。後のシーンでは「ハイパームテキ」と呼んでいるため、商品ではなくライダーとしての「エグゼイド」を全て対にするという意味合いであろう。

仮面ライダークロノス

「今こそ審判の時」

仮面ライダークロニクル
ガシャット

「変、身…」

バグルアップ!》
を掴めライダー!刻めクロニクル!今こそ時は極まれり!》

ガシャコンバグヴァイザー仮面ライダークロニクルガシャットを挿入して変身するライダー
仮面ライダークロニクルラスボスゲムデウス一対抗できる伝説戦士と謳われている。
正宗クロニクルガシャットは先述の通りマスターガシャットであり、クロニクル全体のゲームを管理できる。
ゲーム病やクロニクル被害者はこのマスターガシャットを用いなければ、たとえデータの入っているプロガシャットを奪ったとしても復活が不可能となっている。

ゲームエリアの時間を自由に止める「ポーズ」、静止した時を戻す「リスタート」というチート級のゲムデウスへの対抗手段として搭載している。
プレイヤー」である自分一人のみが停止した時の中で一方的に攻撃を行うことが出来、その状況下で死亡した者は死の間で時間を固定され、ラヴリカがそうであった様にたとえ復活する手段を持っていたとしても効化されてしまう。
言うまでもなく元ネタゲームポーズであり、永夢もそれに言及している。が、それにより永夢と斗はほぼ同時に突破口を見出す。バグヴァイザーの機を利用し、バグスターとなっていた斗がバグヴァイザーに侵入、バグヴァイザークロノスの中=プレイヤーの一部に存在することでポーズによる時間停止を免れるというガバセキュリティを利用した手段により奇襲に成功する。だが、既に従わせていた飛の介入により一度限りの奇策は失敗してしまう。
また、バグスター側は先述のゲムデウスウイルスを採取し、それをバグヴァイザー叩き込むことでポーズを不全にしてしまおうとしていたが、こちらは復活させた九条貴利矢仮面ライダーレーザーターボに対処させることで、レベル0のウイルスを抑制する形で化した。

変身するにはあらゆるバグスターウイルスへの全な抗体が必要であり、正宗は16年前に自らウイルスに感染し、その抗体を獲得している。
斗の発言をみ取ると、本来の仕様クロニクルプレイヤー変身仮面ライダーライドプレイヤー最強フォーム」であり、プレイヤーが使うことを想定していたである故に攻略」としては全に想定していなかったことを斗は吐露し、オーバーアクションで悔やんでいた。このことから、正宗クロノス変身者の条件を元々満たしていただけであり、使用ガシャットマスターガシャットであるかは関係ないと推測できる。
全な推測だが、「バグスターへの全な抗体」はゲーム病をしていくたびに抗体を獲得し、全バグスターを打倒=したの抗体を入手したことでクロノスへの変身権を得られるのではないか、と思われる。
後に正宗クロノス攻略クエストを立ち上げた際、そのCMクリアすればプレイヤークロノスを使える」表している。但し、クエスト自体がライドプレイヤーには絶対攻略不可能なものであるため、どこまで真実かは疑わしい。

仮面ライダークロニクル最強キャラクターとして作られたこともあってか、そのスペックインフレしい『エグゼイド』登場ライダーの中でも一際抜きんでており、パンチキックジャンプ、走の全てが仮面ライダークウガアルティメットフォームを上回るというトンデモぶりである。
しかも時間経過と共に防御を高める機と、攻撃がヒットするたびにパンチキックが10%ずつ上昇していく機があるため、戦いが長引けばここからさらに強くなっていく
にも関わらず、ガードパーツ100t以下の攻撃を容易に耐えることができるため、防御も当然これが基準となる。

めると、

と、チートであるとしか言いようがない
しかし、斗の新たに開発したハイパームテキガシャット全にクロノス打倒を意識したを持っており、メタられた上で、さらにそれを利用したレベルを持たない変身形態仮面ライダーエグゼイドムテキゲーマーに上を行かれる形となり、正面から敗北することとなった。
その後もムテキゲーマー相手に押されることとなったが、永夢のゲーム病の原因であるパラドを狙うなど、正宗も直接対決以外の方向で対処を試みている。
また、肝心要のポーズも、ゲムデウスウイルスを抑制する相方がいなくなったため攻略されやすくなかったが、今度はエナジーアイテムを独占し一人だけ制限に使用可にすることで優位性を得た。チートが通じなくなったから普通チート行為をしてきた
そしてその煽りは、性の特徴がエナジーアイテム任意入手である仮面ライダーパラドクスが受けることとなり、パラド弱体化=永夢の間接的な攻略が近くなる、という好機を招いた。

実は格上に対して的確に攻撃を捌いている描写が散見され、変身者である正宗の戦闘意外とかなり高い。
チートに本人の技量が加わり、当初は圧倒的な強権として君臨していたが、一方で斗に遺伝していた慢心ガバプレイ芸は健在であり、己の行動で結果的にピンチを招いたことが多い

必殺技は反時計回りの回転蹴りクリティカルクルセイドであり、時計の長針の逆行に合わせ蹴りを放つ演出が成されている。初登場時はこれにより社長職に就いていた天ヶ崎恋ラヴリカバグスター全に葬っている。
この「クリティカルクルセイド」は仮面ライダーポッピーと同じ攻撃名であり、両者はガシャコンバグヴァイザーを用いて変身する共通点がある。
他にもガシャコンバグヴァイザーを用いた必殺技が2種存在し、ビームンモードはビームの乱射「クリティカルジャッジメント」、チェーンソーモードエネルギーを飛ばす「クリティカルサクリファイス」。

余談だが、変身音の「を掴め」「クロニクル」「まれり」=「刻」「時極」=「天国」「地」とも読み取れる。

ゲムデウスクロノス

檀正宗は人間としての命を終えた…

私こそが「仮面ライダークロニクル」の運営にしてぇ…

真のォ…ラスボス…

足りない…もっと視聴者を増やさなければ…

これ以上の関連商品を望むなら、それに見合った労働をすることだ

レベル100の力で関連項目を、絶版にしろォオオ……ッ!!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AA%80%E6%AD%A3%E5%AE%97
ページ番号: 5486785 リビジョン番号: 2531613
読み:ダンマサムネ
初版作成日: 17/05/21 09:38 ◆ 最終更新日: 17/10/12 12:33
編集内容についての説明/コメント: 12回コンテニューしてまで色つけました…ウッ(ゲームオーバー)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

檀正宗について語るスレ

716 : ななしのよっしん :2017/10/03(火) 23:13:16 ID: pQ+KPvK/Sg
そういや最終回追記がされてないな
アナザーエンディング追記までこのままか?
717 : ななしのよっしん :2017/10/06(金) 10:58:00 ID: 3clMdWdS1l
>>716
編集合戦のせいで最終回の様子を記載した編集リビジョンが絶版になってしまってね…
718 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 23:21:53 ID: KJVteABYIW
>>715
幻夢の社員は本性を知ることなくカリスマ経営者として慕っているけど、飛利矢には間近で邪悪さを見せつけてたからなぁ。
>>716 >>717
もうしばらく規制続くのかな?編集の内容についてはVシネ登場が表されたから手直しが必要になりそうだね。
(あと、関連項浅倉大介も「次回作・ビルドの題歌担当」「2作連続でaccessメンバーライダーに参加」くらいに修正したほうがいい気がしますがどうでしょうか)

宇宙船」にVシネの情報が少し載ってたけど(念のため下げ)





(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
719 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 14:37:44 ID: BukV7QCLp7
>>715
>医者に向かって手術失敗せぇは流石に人心握が下手過ぎる
そうか?
初期飛さんならまだしも、あの時期の飛さんはCRの仕事しまくって医者の誇りをくしかけてたぞ
さんとの信頼関係ができてなかったら本当に医療をかなぐり捨てて正宗に従った可性もあったと思うが

そして正宗のいう人心握っていうのは、ゲンムの社員を見る限りだと
思考停止して自分についてくる崇拝者に仕立て上げる」
ってことなんだと思うし、そういう意味ではわざと手術失敗しろっていう示も理に適ってはいる
一番大事なものを自分の手で壊したっぽになるから支配しやすい

正宗の敗因は飛さんと大さんの信頼関係を過小評価しすぎたことだけであって
人心握が下手とかそういう問題じゃないと思うんだがなぁ
720 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 23:58:55 ID: pm3ujwMEis
ぶっちゃけ普通の人」相手なら何の問題もなかった。今までも脅して餌をぶら下げれば相手は従うし、いい地位(左腕)を与えてやれば裏切られることもなかったんだろう。だが飛利矢は意思も癖も強い人間だった。

戦闘でもクロノスエナジー独占と最強データ使いながら、実際の戦闘ではゲーマーの機転に振り回されたように、正宗は不遜な社長らしく個々人の事情(データ)こそ知ってても、人を商品名で呼んでるように人格や内面はちゃんと見てないからそういう失敗をするんだろう。
721 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 11:30:12 ID: mt4IxGA3ad
ここで飛と大の間にできてた信頼関係に隠れそうな永夢の功績を挙げておこ
患者の治療妨については永夢も怒ってたけど、それまで永夢も飛と信頼関係を築いてきていてだからこそ「これ以上飛さんを苦しめるな!」とクロノスに言ったり飛の苦しみを理解してCRに帰る場所を残していてくれたからこそあの展開にもなったと思う
患者第一だからそれについては対立したけど、あれで全に飛を見限ったりしていたら飛だってもう帰る場所はないと思って悪魔囁きに乗ったかもしれないし
永夢の他人を背負い込める強さが正宗から飛を取り戻せた一因だと思うな
強いってことはプラスに捉えれば自分の事だけでいっぱいいっぱいにならず他人の事を受け止められるって事でもあるだろうから

そんな彼らに追い詰められて消滅したのにこの度復活するらしい正宗だけど、あれって人間でなのかなバグスターのままかな
人間てのも現時点じゃありえなそうだけど日が経ってバグスター化した元人間を人間に戻す技術ができたって展開なくもなさそう
・・・それはそれで新たなドラマ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
722 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 16:30:54 ID: Xdkj3d9w+X
編集制限が解除されました。
しかし多くのものを失っている……自分一人では復元できそうにない……。
723 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 12:35:02 ID: ekFfCkao1j
12回コンテニューしてようやく少しは取り戻せました…
724 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 18:06:38 ID: enqs3OqgKU

しかし見返すとまさに糞運営だな…【】とかソルトバーとか参考にした?
725 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 13:53:58 ID: m6/3Z5kMRr
しかし、欲望おじさんと違って本当にブラック企業だよなあ。
欲望おじさん定時退社をバンバン許したりしてるのが凄いだけなのかもしれないが
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829