編集  

正義の味方単語

セイギノミカタ
曖昧さ回避 正義の味方とは・・・
  1. 2001年ソニーから発売されたPS2ゲームソフト。本記事後半は本ゲームについて記載されている。
  2. 千秋漫画作品。2008年テレビドラマ化もされた。
  3. スガシカオの楽曲。1999年アルバム「Sweet」に収録されている。

正義の味方(せいぎのみかた)とは、月光仮面のことである。

1958年川内康範が作った単

概要

月光仮面

正義の味方とは、弱きを守り、強きを挫く、正義の心を忘れない熱い魂を持った人々のこと。
この言葉の発案者は、森進一の『おふくろさん』や江三奈の『伊勢佐木町ブルース』なども手がけた、作詞川内康範

1958年大人テレビ番組『月光仮面』のオープニングテーマ歌詞の一部で初めて「正義の味方」という単が使われた。もともと「正義」とはを意味し、そちら側に元々いて遣わされて来た者という意味で発案された。「正義そのものとは違う」という意味が含まれているらしい。

現代の漫画アニメでは、正義のために悪と戦う人の代名詞であり、英語の「ヒーロー」とほぼ同義で使用されたりする。

昨今の正義の味方

昨今は「正義」という言葉の意味合いが問われる傾向があり、「正義」という大義名分を掲げた「悪」としか思えない行為も多数存在する。→鬼畜ヒーローシリーズ

具体的には昨今の大抵の正義の味方は相手を殴ったり蹴ったりすることが多い。
今は絶対的正義ではなく主観正義客観正義が混在する時代と言えるだろう。
正義の反対は別の正義」などとも言われることも少なくない。

また、「正義」を執行する者の姿も多様化しており、某自称越後のちりめん問屋ご隠居のように勧善懲悪という訳ではなく、何かしら影を背負っていたり、「正義」を義務として自身に課している「正義の味方」や「正義」のあり方について葛する「正義の味方」も数多く見受けられる。

名言

正義の味方だが どうやら正義俺の味方ではないらしい」

映画変態仮面」より

関連動画

関連商品

関連項目

正義の味方(ゲーム)

正義の味方とは2001年ソニーから発売されたPS2ゲームソフトである。

7:00から始まる特撮番組の主人公一となって番組をすすめる事が的。
番組名称は未定。何十種類かの言葉を組み合わせて「正義刑事」、「電人」などの戦隊物などに
ありそうな飾り言葉を生み出し、その後にヒーローの名前を決定する。作った名前はOPでロゴになるぞ!

ヒーローの姿は「宇宙警察」、「戦隊」、「改造仮面」、「超能力者」、「人造鉄人」、
科学鳥人」、「忍者」、「太陽使者」の8種類のパーツタイプを頭、両腕、胴体、両足に
それぞれ割り振る事でオリジナルのものを作り出せる。
とりあえず太陽使者の下半身はヒーロー的にあるまじき姿だと思う、短パンだし。

この番組、なんと生放送で進められる。そのために重要なイベントのある時間に関係ないところにいると
番組がまるで進まず、視聴率も上がらない。イベントがない時間に町の人々に聞き込みをする事で
イベントのありそうな場所を特定しつつ視聴率を稼ぎ、時間までにそこへ到着してイベントを開始させ、
怪人と戦わなければならないのだ。
ちなみに登場する怪人は一話につき通常ルートと裏ルート、二種類の怪人が存在する事が多い。
ルートでは本来戦わなければならない怪人ヒーローと対になるヒロインが倒し、主人公
裏のヒーローとして他の怪人を倒していた、となる。

番組終了時、的視聴率を上回っていなければその時点で番組は打ち切りとなる。30%えてれば十分だろ、おい。
しかし、このおかげで最終的に視聴率100%を誇る脅威の番組に成長したりもする。他局涙目
高視聴率を稼ぐコツは、「怪人を倒すときは必殺技」「聞き込みはマメに」「困っている人はヒーローらしく助ける」
「その場で立ち止まったり同じ人に何度も話しかけるなど、視聴者を飽きさせることをしない」といったところだろうか。
せ!視聴率100%

余談だがこのゲームヒーロー必殺技、「パワースライサー」はを一振りで破壊するを秘めており、最後の必殺技ハイパーシュート」に至っては特殊間で使用しないと銀河系が消滅するという、明らかに不必要なほどの破壊の武器である。これらを食らって即死せずに戦闘終了後に会話してる一部の敵、お前らいったいなんなんだ。

正義の味方(ゲーム)の関連動画

題歌は名曲異論は認めない

正義の味方(ゲーム)の関連商品

正義の味方(ゲーム)の関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A3%E7%BE%A9%E3%81%AE%E5%91%B3%E6%96%B9
ページ番号: 2577676 リビジョン番号: 2533152
読み:セイギノミカタ
初版作成日: 09/03/29 15:58 ◆ 最終更新日: 17/10/18 00:24
編集内容についての説明/コメント: ウルトラマン症候群追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


仮面ヒャッカー10

仮面ヒャッカー9

仮面ヒャッカー8

仮面ヒャッカー7

仮面ヒャッカー6

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

正義の味方について語るスレ

997 : ななしのよっしん :2018/04/11(水) 20:00:03 ID: ZzB3L8jgE9
>>995
創作の正義と言う意味じゃそんなの好み以上のものはないんだし適切も何も無いだろう
絶対正義ヒーローも格好いいし賢明な行動をするのも格好いい
大人が見るという意味じゃ大人なら現実と創作の区別くらいつけろって話になる
998 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 07:53:45 ID: v/20/VGRNY
>>997
絶対正義ミスをしない、ヒーローたる自分に間違いはありえないと考えるから絶対正義を掲げるんだよな。
その気持ち悪さに区別はいらないでしょ。
そういう人物をヒーローにした作品を知らないけどやばいじゃんwどは自分なりに賢明だと思った答えが正義に繋がっていく感じじゃない?ダ-クヒーローとかも。
好み以上のものはないなんていったらなんでも許されちゃうし、法に沿うだけのヒーローとかもいるけど絶対正義は多分掲げてないとおもう。
999 : ななしのよっしん :2018/04/24(火) 18:12:14 ID: PK8D2VONTR
賢愚は見方によって違うってのは置いといて、むしろヒーロー・ダ-クヒーローの世間や理屈から見て愚かな行動が正義と感じて胸を打つものもあるし。
1000 : ななしのよっしんた :2018/05/24(木) 13:11:56 ID: f3a+b7xEjb
過去の悲劇や虐殺も、示した、喜んでやってたもいて、そいつらみんな自分が正しいことやってる、悪いをやっつけてると思ってた模様
1001 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 20:17:28 ID: GsjIXYEC9T
>>1000
独善的な悪役を出すのもありだが、その悪役の行為が悪事である事は分かりやすく描くべきかな?
1002 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 20:33:42 ID: ZzB3L8jgE9
>>998
なんでも許せちゃってなんか問題でもあるのか、現実でならともかく創作の正義
こういう正義の味方像しか認めないってののほうがなんだかなとは思うけどな
個人的には絶対正義を掲げるのが気持ち悪いとも思わないし、正義の味方に間違いはないってのは全然いいとは思うけどね
そりゃ好みの問題で気持ち悪いと思う人もいるだろうけど
悪いをぶっとばす無敵ヒーローとかやっぱ燃えるし

いろいろな正義の味方キャラやいろいろなその作品内の正義があってもいいとは思うが妙にこれはだめだみたいに言う人はいるなとは感じるね
1003 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 20:36:49 ID: sWKq3/vCgJ
正義の味方黄金バットのことだろJK
1004 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 20:45:13 ID: yuGeYGcHbA
月光仮面vs黄金バット
なおマジンガーZvsデビルマンのように戦うわけではない模様。
1005 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 21:49:22 ID: PK8D2VONTR
>>1002
闘いで争いを収める少年漫画主人公に対して、それは暴力だ!なんて、作中で必ずしも突っ込む必要もないしな。

「あるテーマを書く場合、その負の面とか否定的要素を入れなければいけない」「間違いは摘されねばならない」みたいのが別に義務でもないのに決まり事みたいにされてるのちょっと違くね?とは思う。

それで話の勢いを殺しちゃうこともあるし、伝えたい・見せたい正義が逆に半端や曖昧になることもある。極論、負の面描かず正の面に全振りでもいい訳だ。
1006 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 19:12:53 ID: rO5+wRJFPn
「昨今の正義の味方」のところのイラストヒーローというよりクライファイターって感じだな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829