単語記事: 正論

編集

正論とは、"理にかなう"正しい理論やなどのことである。

曖昧さ回避

概要

それぞれの時代や・地域毎に一般的に正しいとされている理屈や、普遍的に定着している常識などが「~であるべき」という文脈などでられる。正しい議論においては倫理や徳的な側面で使われたりする。

また、現在ではに合理を追求するや理想論なども「理屈は正しい」とされて正論に扱われる事が多く、必ずしもポジティブな面のみを含む言葉とはされていない。

正論の取り扱い

正論は嫌われる」とはよく言われる言葉であるが、それに至るまでの理由は実際の所様々である。何にせよ、正論物にも似た非常に危険を伴う物でもあるため、その扱いには非常に注意を要する。

  • する人への信頼性の
    いわゆる「お前が言うな」というやつである。例え発せられただけは正論であっても、現実ではが言ったかと言うことも重要視されるため、どんな裏があるか分からないような人間の言葉では残念ながら単純には受け入れられにくい、既に信頼を損なう悪評が立っている様な人間の場合ではなおさらである。また、正論を言うだけで、その正論に基づく行動を常日頃から実践していない様な人(例えば口先では正論ばかり言うが本人自身の性格や態度はいい加減で責任でやることなすこと不徹底、といった人物が言った場合など)も同様である。
  • 言葉遣いや態度の悪さ
    自身の正論であることに酔い、相手を論破するために大上段から振りかざすような言動を取っていれば相手からは当然不評を買うことになる。純正義感が先走りしてしまっているような層もいれば、ストレス解消の的などで意図的にこの様な扱い方をしていたり、他者のを「正論だ」と引っってきて人を追い詰めるためだけに利用する層はネットでも非常に多い。そもそも言葉遣いの悪さは議論において避けるべき基本の一つである。
  • 相手をとことん追い詰めてはならない
    たとえ対話する相手が正論に反するようなを繰り返しているような人であっても決して「逃げ」を塞いではならない。「窮噛む」ということわざがあるように、相手が逆ギレして痛いに遭う恐れがあるからである。ネット上でも、リアルでも、対人関係のトラブルを防ぎ自分の身を守るためには、相手をとことん追い詰めることよりも相手に「逃げ」を与えておくことの方がかに大事なのである。
  • そもそも正論ではない
    正論に痛い意見であったりすることが多いが、別に毒舌や辛口だから正論だというわけではない。また、都合の良い部分だけを切り取り、現実的でない理想をるようなも本来理にかなう正論ではないのだが、詭弁であっても何となく厳しい批判自体が正論だと勘違いされてしまうこともある。それが逆に正論という言葉自体のイメージに影している面も少なくない。
  • を突いているため
    人も態度も内容も全て問題ない文句なしの正論でも、人は痛いところを突かれるのはキツいものである。理屈では分かっていても、感情の面ではその摘が正しい故になおさらストレスを感じてしまうことになり、言われたほうがさらに反発して話が拗れてしまうこともある。もちろん時にはそのような過不足正論による摘が必要な時もあるし、それが当人のためになることがあるのも事実である。やはり辛い物は辛い、だが辛いからこそ効果がある摘になるのでその辺は仕方ない。
    ちなみに、かつて上岡龍太郎が「人は本当のことを言われると怒る」とよく言っていたのは、まさにこのことである。 

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%A3%E8%AB%96
ページ番号: 5242697 リビジョン番号: 2322321
読み:セイロン
初版作成日: 14/06/21 15:56 ◆ 最終更新日: 16/02/07 22:22
編集内容についての説明/コメント: 正論の取り扱いを加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


正論

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

正論について語るスレ

207 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 04:27:48 ID: zoYaOrahIM
>>204
もが納得できる理論を展開することなんて現状では不可能なんよ、それが例え一片の矛盾まない正論であったとしても
まして感情的な人間に正論を受け入れさせることは、どんなに言葉を選んで伝えても理といってもいい
だって観と違うことを認めることが耐えられないって結構いるし

それと話思いっきり変わるけど、の言ったエセ正論正論の違いも説明しとく

いじめられっ子のA君がいじめっ子のB君になんらかの弾みで暴力的手段に出てB君を傷つけた場合、「どんな事情があれ暴力に訴えたのは許されることではないからいA君に罰則を適用させるべき」ってのがエセ正論
それに対して「こうなるに至った過程を鑑みてB君にも相応の責任がありA君には情状酌量の措置がなされるべき」ってのが正論

この例だと「社会通念や徳といったものに反する場合」にそぐわんかもだが、まあの言いたいことは大体こんな感じ
ようは「殴られたらが立つし反撃したくなる」っていう人間の性質を捉えているかどうかの違
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
208 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 15:23:25 ID: mqjhlzkoh/
>>202
要 不要 ではなく可 不可 である
必要があろうとなかろうと、この場で論争することには何ら関係のいことだ。

君の質問に対する回答はい。質問の前提自体がおかしいので答えようがない。
209 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 01:10:13 ID: ALwMVM3uq7
ネットの「正論過ぎると話題に!」的なのは、大抵一部の人の溜飲を下げるだけのただの極端な意見だったり、悲観的過ぎる見方を書き殴ってるだけだったり。
210 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 22:34:42 ID: MZ1hVrJJKz
>>207
それに関しては自分も大体同じような意見だ。
正論て当為論なものだから、そこには絶対に思想や感情に基づく「人の考える正しいこと」が基本にある。
解の公式やオームの法則はいくら論理的に正しい論であっても、それらは「正論」とは言われない。
だから「本物の正論」というには、複数のいろんな面から見て人間が「正しい」と思う必要がある。
それがなぜ「正しい」のかは、感情に基づくものだからものすごく曖昧なものなんだろう、ぶっちゃけて言えば「理的に正しい」の「理」とはなにかってものを言ってるのと同じだから。
表面上「常識ルール」に外れていても正論になる場合って、そこには何かしらの別の常識理に沿った「正しさ」があるから、正論となりうるわけだから。いじめられっこがいじめっ子を殴っても正しいという意見が正論になるというのは「いじめは悪いことである」「不当に傷つけてくる相手から自分を守る権利がある」といった「常識」があるからだし。

要するに逆なんだろう、「理論的に正しいから正論」なんじゃなくて「正
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
211 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 22:40:56 ID: XVVrlTFTuk
長文は大半読まれない
212 : ななしのよっしん :2017/06/17(土) 16:18:38 ID: FhvjQZiO4e
>>211
マジモンの正論来たな…
213 : ななしのよっしん :2017/06/19(月) 08:58:44 ID: PR1oU3cipy
そもそも馬鹿なの長文を読めない
214 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 04:34:25 ID: AZ4NxJGCCP
個人の出張や要望をこれが絶対だと思い込ませるのが大事なのであって正しいかなんてどうでもいい
215 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 05:00:01 ID: EfSRHUaakV
読めないと読まれないを混同しちゃいけない
216 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 02:03:01 ID: HdsRBAYBVE
人間ってアホだからそれっぽい暴論や根拠に乏しい妄想でも、断定口調で自信満々に言われたらなんとなくそうかもと思っちゃう。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015