単語記事: 正論

編集  

正論とは、"理にかなう"正しい理論やなどのことである。

曖昧さ回避

概要

それぞれの時代や・地域毎に一般的に正しいとされている理屈や、普遍的に定着している常識などが「~であるべき」という文脈などでられる。正しい議論においては倫理徳的な側面で使われたりする。

また、現在ではに合理を追求するや理想論なども「理屈は正しい」とされて正論に扱われる事が多く、必ずしもポジティブな面のみを含む言葉とはされていない。

正論の取り扱い

正論は嫌われる」とはよく言われる言葉であるが、それに至るまでの理由は実際の所様々である。何にせよ、正論物にも似た非常に危険を伴う物でもあるため、その扱いには非常に注意を要する。

  • する人への信頼性の
    いわゆる「お前が言うな」というやつである。例え発せられただけは正論であっても、現実ではが言ったかと言うことも重要視されるため、どんな裏があるか分からないような人間の言葉では残念ながら単純には受け入れられにくい、既に信頼を損なう悪評が立っている様な人間の場合ではなおさらである。また、正論を言うだけで、その正論に基づく行動を常日頃から実践していない様な人(例えば口先では正論ばかり言うが本人自身の性格や態度はいい加減で責任でやることなすこと不徹底、といった人物が言った場合など)も同様である。
  • 言葉遣いや態度の悪さ
    自身の正論であることに酔い、相手を論破するために大上段から振りかざすような言動を取っていれば相手からは当然不評を買うことになる。純正義感が先走りしてしまっているような層もいれば、ストレス解消的などで意図的にこの様な扱い方をしていたり、他者のを「正論だ」と引っってきて人を追い詰めるためだけに利用する層はネットでも非常に多い。そもそも言葉遣いの悪さは議論において避けるべき基本の一つである。
  • 相手をとことん追い詰めてはならない
    たとえ対話する相手が正論に反するようなを繰り返しているような人であっても決して「逃げ」を塞いではならない。「窮噛む」ということわざがあるように、相手が逆ギレして痛いに遭う恐れがあるからである。ネット上でも、リアルでも、対人関係のトラブルを防ぎ自分の身を守るためには、相手をとことん追い詰めることよりも相手に「逃げ」を与えておくことの方がかに大事なのである。
  • そもそも正論ではない
    正論に痛い意見であったりすることが多いが、別に毒舌や辛口だから正論だというわけではない。また、都合の良い部分だけを切り取り、現実的でない理想をるようなも本来理にかなう正論ではないのだが、詭弁であっても何となく厳しい批判自体が正論だと勘違いされてしまうこともある。それが逆に正論という言葉自体のイメージに影している面も少なくない。
  • を突いているため
    人も態度も内容も全て問題ない文句なしの正論でも、人は痛いところを突かれるのはキツいものである。理屈では分かっていても、感情の面ではその摘が正しい故になおさらストレスを感じてしまうことになり、言われたほうがさらに反発して話が拗れてしまうこともある。もちろん時にはそのような過不足正論による摘が必要な時もあるし、それが当人のためになることがあるのも事実である。やはり辛い物は辛い、だが辛いからこそ効果がある摘になるのでその辺は仕方ない。
    ちなみに、かつて上岡龍太郎が「人は本当のことを言われると怒る」とよく言っていたのは、まさにこのことである。 

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%A3%E8%AB%96
ページ番号: 5242697 リビジョン番号: 2322321
読み:セイロン
初版作成日: 14/06/21 15:56 ◆ 最終更新日: 16/02/07 22:22
編集内容についての説明/コメント: 正論の取り扱いを加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


正論

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

正論について語るスレ

298 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 17:38:26 ID: jZOpy7cJK1
正論≒自分の願望と合致する意見

になってるよね
詭弁や屁理屈、認知バイアス正論でも扱いだし
根拠(エビデンス)に基づかなくてもだし
ファクトチェックもないし
299 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 21:15:02 ID: vNeRz+l8IR
>>279
人を攻撃する為の武器として利用してるよな
300 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 22:42:56 ID: mqBQf0/j3z
正論が正しいか否かはぶっちゃけ問題ではい。正論吐い て嫌われるって、それ以前にコミュ障なんだよね。
>>281が言及している「人は理屈の生き物ではない」は、デール・カーネギーの言葉で、「人は須らく感情の生き物である」という文言が続く。
究極的に、意見やが人に受け入れられるには、理屈が正しいかどうかは全くもって重要ではない。その個人の感情に合致するかが極めて重要な要素というのが正しい。
301 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 22:50:23 ID: mqBQf0/j3z
いわゆる、コミュ障や理屈屋はここら辺の話が分かってない。人を説得するには、論理性や整合性よりも感情にアプローチしなきゃならないのに。
カーネギ先生に拠れば、「人を説得したいなら絶対に相手の事を否定、議論、自分の意見を押し付けてはならない。自ずから思い付かせて意見を変えさせよ」という事だし。





302 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 17:35:12 ID: BCN5rVG3+P
たとえば遭難して食料が足りないって状況で「生き残る為に役に立たない老人と子供は殺そう」なんて言い出すやつは嫌われてもしゃーないって話よな
そこで「やれやれ感情論バカは困るぜ。現実見ようぜ?」なんて(本人的には)トドメを刺したら最初の犠牲者は満場一致で決まりや
303 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 17:39:59 ID: rNnyyJijZk
遭難するような険しい場所に老人と子供がいる時点で、遭難する前の最初の計画段階から既に敗北しているので、そんな詰んだ後の細かいことはどうでもいい
304 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 17:49:18 ID: EIC28MsgSV
船とか飛行機もあるし実際人肉食った例もあるし
状況を俯瞰出来る人間がどうでもいいとか思っても
当事者は必死なんだから詰みとか敗北とかそれこそどうでもいい
305 : ななしのよっしん :2018/06/03(日) 08:46:48 ID: V4yZlUR1Ms
正論だろうが効率的だろうが、結局そこに他者に犠牲を強いる「悪」が含まれてることも念頭に置かなきゃ駄よな。

そして効率厨的な数の理屈は、敵味方の理屈や、多数決という別の形の数の理屈という「正論」とやらであっさり覆る物にすぎないってことも。

306 : ななしのよっしん :2018/06/09(土) 23:36:07 ID: v842upIOEn
理も高ずれば非の一倍という言葉は正論ふりかざす人にこそ警句として心に留めておいて欲しい
307 : ななしのよっしん :2018/06/12(火) 11:03:50 ID: qAV7/yEcHn
>>298
>>300

まったくの正論だって賞賛されたり、に聞かせてやりたいと持ち上げられるような批判の類って
実際に批判の対に言っても効果なさそう、ヘタすりゃ逆効果になりそうなの多い気がする。

ああいうのって結局、同じ立場・気持ちの人に向けた共感のための言葉でしかないんだろうなと思う

だからそういう「正論」って、向こうが理解できるように伝えて納得を得るんじゃなくて
「共感の輪」でたくさん味方を付けて数でねじ伏せる使い方になる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829