単語記事: 武士道

編集

武士道とは、日本における一種の倫理思想(特に侍の社会道徳の規範である)である。

概要

体系だった「武士道」については近世(江戸時代)と近代(明治時代)において解釈に違いがある。また、江戸時代以前の時代にはそもそも体系だっての思想である「武士道」というもの自体が存在せず、武士道と言えば一族郎党が生き残るための各家伝統の生存術であり、そのためには主君を頻繁に変えたり、卑怯な真似をしてでも勝利したりすることは特に恥ではなかった。例えば明智光秀の「武士の嘘をば武略という」(老人雑話)や朝倉宗滴の「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」(朝倉宗滴話記)等は有名だろう。この事から「武士道」という思想は比較的新しいものであり、平和になるに従って人々を円滑に統治するために作られたものである、という事が分かる。

近世(江戸時代)における武士道

戦国時代が終わり、天下が統一され平和になるに従って、これまでの、契約関係としての主君と郎党という概念だけでは主従関係の構築が難しくなってきた。つまり、「御恩も無いのに奉公なんて出来るかバカヤロー」である。このため、「御恩と奉公」とは別に、主君と郎党を繋ぎとめる倫理観が必要となってきた。そこで幕府は儒教の一派である朱子学を幕府の正学として採用し、朱子学の教えを武家政治の基礎理念とした。こうして生まれたのが「士道」改め「武士道」である。すなわち士道とは、儒教的な道徳を用いた倫理観であり、ここで初めて「仁義を尽くす」とか「忠義を尽くす」と言った事が武士に求められるようになったのである。

近代(明治時代)における武士道

江戸時代が終焉し、武士階級が解体されると、その倫理観である武士道もそのまま消えてなくなるかと思われた。実際、明治15年(1882年)の「軍人勅諭」では、「武士道」ではなく、「忠節」を持って天皇陛下に仕える事とされた。ところが日清戦争後、国家主義的な思想の萌芽の中で、江戸時代の支配階級の道徳であった「武士道」が、日本民族、国民の道徳として再評価される事になる。

最も有名なのは新渡戸稲造の著書「武士道」であるが、この中においては社会道徳の規範としてノーブレスオブリーシュ(高貴な身分の者を背負う責任)として、表現させている。また、同書によると、武士道の持つ精神として、義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義といったものが武士・侍の基礎になったと解説している。

が、しかしあくまで「武士道」は旧武士階級(支配階級)の倫理観であり、そもそもとして日本人全体の倫理観では無く、近代における拝主義などの個人主義と反するモノであったため、民衆にはあまり根付かず、速やかに廃れていってしまった。ただ、新渡戸が外国に対して「武士道」を日本国民の普遍的な倫理観としたため、海外からのウケは良く、日本と言えば「ブシドー」の国という印象が強く海外諸国に根付いた。

総括

今現在で日本および諸外国で語られているような武士の道徳や美徳としての体系だった「武士道」は、結局は近代に作られた、拝主義や唯物主義といった個人主義に対するアンチテーゼとしての「思想」に過ぎない。本来の(それこそ武士が戦っていた時代の)武士道とは、冒頭でも紹介したような「乱世におけるサバイバル技術」であり、そこに崇高な道徳とか美徳とかいったものが介在する余地は無かったし、むしろどちらかといえば個人主義に近いものであった。

ただ、「近代武士道」がダメなのかと言えばそうではなく、昨今の過度の個人主義の広まりからして、むしろ「近代武士道」に学ぶべき点は多くある、と筆者は思う。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 武士
  • 三島由紀夫
  • 切腹
  • 新渡戸稲造

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93
ページ番号: 4288361 リビジョン番号: 2400190
読み:ブシドウ
初版作成日: 10/02/19 18:10 ◆ 最終更新日: 16/08/30 14:17
編集内容についての説明/コメント: 関連商品の古い書式だったものを貼り直し『武士道』『五輪書』及び誉田 哲也の3冊
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武士道について語るスレ

121 : ななしのよっしん :2016/02/09(火) 22:29:11 ID: 4vsjO7QvN3
>>118
三ヶ月も過ぎてから反論するとか・・・
それだけで長州藩が中心とか流石に無理がある
長州も薩摩も、連携を維持するため自分の縄張りに互いの実力者を配置して勢力均衡に努めてる
陸軍要職に薩摩系がいたり、海軍要職に長州系がいるのもそのため
「薩長」は連立して一つの勢力だから
むしろそうまでしないと伊藤博文まで加わった政党勢力に対抗できなかった
本当に藩閥が守られてるのなら藩閥不遇の隈板内閣は誕生してないから
とくに教育を取り仕切ってた内務省なんかは、権限が大きすぎるので薩長土肥や政党派が牽制し合った超重要ポスト
統帥権の独立は、軍が政争に使われるのを防ぐためで明治までは上手く機能してたんだよ
それを昭和になってもほったらかしてたのが問題なわけで
今も昔も時代遅れになった憲法は改正しないと弊害が出るってこと
122 : ななしのよっしん :2016/02/10(水) 00:14:20 ID: n1zBHHYzRw
 
武士道とは複雑怪奇なり
 
 
123 : ななしのよっしん :2016/02/10(水) 18:45:14 ID: /iHYVE64V2
>>121
多分XmurRhbMnyにはそれほど深い近代史の知識はないゾ
大隈や松方の影響力を分かってない時点でお察しだ罠

ちなみに、こいつと同じく貴君とか言ってる奴が
新撰組の記事でも知識不足による知ったかしてフルボッコにされてた
124 : ななしのよっしん :2016/03/12(土) 22:53:22 ID: 8UpJhNFrTg
全く無関係な内容ではないだろうけど武士道の記事で何でこんなレスが延々続いてんのかこれもうわかんねえな
殴り合ってるならもうお互いターン終了時まで+1/+1の修正受けてさ、終わりでいいんじゃない?(武士道1)

>>115
契約か忠義かみたいな違いはあるっぽいけど、他の人も言ってる通り新渡戸兄貴が騎士道参考にして日本的な倫理観はこうだぞ!って示したわけだからお互い会ったところで「騎士/武士だ見つけ次第斬れ」みたいな事にはならんでしょ。
>>114みたく軽い意味で言うならドッチモドッチモ普遍的な所あるからお互い「やっぱり・・・武士道/騎士道を・・・最高やな!」になると思う
125 : ななしのよっしん :2016/03/19(土) 17:40:43 ID: 9DpZOz8jZX
武士道といふは、死ぬ事と見付けたり。
二つ二つの場にて、早く死ぬ方に片付くばかりなり。
別に仔細なし。胸すわって進むなり。
図に当らぬは犬死などといふ事は、上方風の打ち上りたる武道なるべし。
二つ二つの場にて、図に当るやうにすることは、及ばざることなり。
我人、生くる方が好きなり。多分好きの方に理が付くべし。
若し図に外れて生きたらば、腰抜けなり。この境危うきなり。
図に外れて死にたらば、犬死気違なり。恥にはならず。
これが武道に丈夫なり。
毎朝毎夕、改めては死に改めては死に、常住死身になりて居る時は、
武道に自由を得、一生落度なく、家職を仕果すべきなり。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
126 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 02:42:37 ID: UC/AOjL3BG
>>120
騎士道でも、実践していた封建制における騎士階級がいたかというと…ね。
騎士道物語が、騎士の実在した11世紀くらいの中世から存在していたので勘違いしやすいけど。
その嚆矢がアーサー王と円卓の騎士だけど、これをはじめとした騎士道物語が一番流行したのがフランスというから、その時点で騎士と騎士道の間にズレがあっただろうことは予想できる。
騎士道と武士道の違いは色々言われているけど、騎士道と実在の騎士、武士道と武士の関係は似ている気がする。
127 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 13:38:28 ID: CqNgcFfeEs
サムラァイ
サムラァイ
ブシドー
128 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 09:16:43 ID: hE/BZP+T0m
>>126
向こうも向こうで「強盗騎士」とかいう碌でもないのが居たからな。
129 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 12:53:25 ID: Nzr/kT773J
悪しき上下社会は江戸時代からの負の遺産
で、とりあえずキリシタン新渡戸はなぜ「日本人の道徳観は神道、仏教、あとちょっとの儒教です。」だけにしなかったのか
武士道じゃなく分別と人情だけで俺は十分だと思う。
130 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 00:13:34 ID: jEQUvwAIh5
立憲君主制や選挙制度を導入したのと同じ理由じゃね
神道仏教儒教じゃあ西洋的な「契約」の概念をねじ込めなかったとか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015