単語記事: 武満徹

編集  

武満徹1930~1996)とは、日本現代音楽に属する作曲である。

概要

戦後日本の代表的な作曲であり、日本クラシック音楽としてはまず一番に紹介される代表的な存在である。西洋の古典ロマンに関心が向きがちだった楽壇にあって、独自の作を打ち出した人物であった。

14歳の時初めて西欧音楽に触れ、第2次世界大戦後は進駐軍のラジオを通して、ドビュッシーメシアンといった作品にを傾け、独学で作曲技法を身に着けた。

1960年代から頭を現し始めた、松村三、湯浅譲二、三善石井真木ら欧実験音楽の受容を通して独自の個性的な作を表した世代の作曲の一人となった。その活動初期からストラヴィンスキーなどにその才を認められていたが、ジョン・ケージとの出会いが武満徹邦楽への関心に向かわせる。代表曲である尺八オーケストラのための『ノーヴェバー・ステップ』は、トーン・クラスターや弦楽器打楽器的な奏法による騒音的なきを用い、邦楽器と洋楽器を違和感なく合わせることに成功している。

彼らの世代は1970年代大阪万博で絶頂となり、やがて欧現代音楽と軌を一にしたミニマル・ミュージックや新しい単純性といった世代の作曲に世代交代していく。しかし1994年グロマイヤー賞を受賞するなど、死の間際まで武満徹の活躍は続いていったのである。

また伊福部昭同様映画音楽にも着手しており、大島の『の亡霊』、黒澤明の『乱』といった作品の楽曲を作っている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%A6%E6%BA%80%E5%BE%B9
ページ番号: 5524672 リビジョン番号: 2579130
読み:タケミツトオル
初版作成日: 18/04/13 17:47 ◆ 最終更新日: 18/04/13 17:47
編集内容についての説明/コメント: 今までいなかったのかという感じの人を新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武満徹について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 武満徹についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829