単語記事: 歴史

編集

曖昧さ回避

概略

歴史とは、万物がこれまでどのように変化したかの経緯の事である。

学校教育の必修科でもある。過去の人間がどのような過ちをしているのか学ぶことによって未来にそれを繰り返さないようにすることも可である。

ニコニコ動画日本の巨大ウェブサイトの一つとして歴史を刻んでいる。

日本本土の歴史

有史以前~古代

  • 縄文時代-約1万2千年前~紀元前数世紀ぐらい
  • 弥生時代-紀元前数世紀~3世紀ぐらい
  • 古墳時代-3世紀ぐらい~6世紀ぐらい
  • 飛鳥時代-6世紀ぐらい~710年 (古墳時代に含むこともある)
  • 奈良時代-710年~794年
  • 安時代-794年~1185

中世

近世

近現代

歴史(ニコニコ動画カテゴリ)

jp 歴史
de Geschichte
es Historia
tw 歷史

歴史」とは、ニコニコ動画カテゴリタグの一つでもある。

以下のような内容の動画に付けられることが多い。

関連動画

歴史カテゴリ再生数1位2位

歴史カテゴリマイリスト1位2位

関連商品

DVD

書籍

歴史学の古典

歴史学

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%B4%E5%8F%B2
ページ番号: 9606 リビジョン番号: 2455938
読み:レキシ
初版作成日: 08/05/16 20:31 ◆ 最終更新日: 17/02/05 00:43
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「自虐史観」「唯物史観」「歴史修正主義」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歴史について語るスレ

234 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 05:19:31 ID: DWEJeT1N1D
歴史を学ぶ人間が最初に知りたい問いは、マルクブロックの本の冒頭部に書いてある。要は、「パパ歴史は何の役にたつの、さあ、に説明してちょうだい」(マルクブロック歴史のための弁明』)ということだ。
> 長文失礼。ブロックの問いは定期的に自分に向けておくことをお勧めする。
>というか、ブロックの問いを意識しない歴史はそもそも学ぶ意義がないというのがの考え
はこれらのレスから御宅が歴史が何の役に立つのかという問いを人に向けてるとしか取れなかったんでそのつもりで返答してたが。
御宅のレスをいくら読んでも御宅がいう「ブロックの問い」=「パパ歴史は何の役にたつの、さあ、に説明してちょうだい」としか解しようがない。その上で回答していたが
しかも御宅はそれを本当にこの流れから「意識する必要はあれ、「役に立つ」ことが必要だとは思っていない」などと言い逃れするのか?

御宅のをまとめるとこうなるんだが
歴史は何の役にたつのかという問いを意識する必要があり、この問いを意識しない歴史はそもそも学ぶ意義がないが
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
235 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 08:54:59 ID: w7OyHtYrkP
>>233-234
>>「御宅がはじめから何も意味のある事を言っていなかった」
  こちらが正しい。「物事を経緯を追って考える際当たり前にやる事」という見解を確認することに「意味がない」というのならばその認識は間違っていない。だからこそ、>>232で列挙した諸問題が方に戻ってくるわけだ。

>>「はこれらのレスから御宅が歴史が何の役に立つのかという問いを人に向けてるとしか取れなかった」
  それは重ね重ね申し訳ない。これを>>229にまで分解するには大学レベル歴史哲学の素養が必要になる。原文通りに紹介したまま補足しなかったのは全にの落ち度です。

>>「御宅のをまとめるとこうなる〔略〕」
  「役に立つ」はという言葉は肯定的には使ってないから引用符が必要。あと、「歴史は何の役にたつのかという問い」を発したのがブロックの子だったことも忘れちゃいけない。他は概ね正しい要約。

>>「の>
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
236 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 17:32:20 ID: DWEJeT1N1D
>>235
大学レベル歴史哲学の素養」?御宅の言動に篭っているのは不実の繰り返しによって御宅自身が会得した「獲得形質」そのものだよ(血筋もあるなこりゃ)。御宅は歴史学者でも歴史学習者でもない、ただの「文系ゴロ」。
それが本当に歴史哲学の素養とやらであればそれがただの不実に他ならぬ事を御宅自身で示しているな。
自分のものですらない権威をに着るのは辞めた方が身のためだよ。「ご家族」か「お知り合い」に研究者か教育者の類が居て彼らから不実や欺詐の作法を学んだのかも知れんが。
パパ歴史は何の役にたつの、さあ、に説明してちょうだい」なんて尋ねてたのは幼少期の御宅自身だったりしても何ら違和感ないな。
御宅が研究者か教育者だったら悪しかさないだろう。そして残念な事に研究や教育の現場には御宅と同程度に不実な者達はそこらに溢れている。

「同意できない」なんて仰るがそれで結構。不実の徒からの支持同意などこちらから願い下げる。御宅から別を宣言してくれて助かるよ。これからも「研究者の努による歴史関連の良質な
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
237 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 18:42:50 ID: w7OyHtYrkP
>>236
>>「自分のものですらない権威をに着るのは辞めた方が身のためだよ。」
  では、「自分のものですらない権威をに着る不実の者」といわれるのを承知で言わせてもらおう。「パイアス」じゃない。バイアス(bias)だ[出典:『ジーニアス英和大辞典』2011年電子辞書版]。
  そして、自分の使う言葉を辞書・教養書・専門書総動員で調べる程度には「自分のものですらない権威をに着る不実の者」が研究や教育の現場には溢れている。その権威義ときたら厄介なもので、「不譲師」を地で行くような、大先生の著書を容赦なく全否定するくらいには「自分のものですらない権威をに着る不実の者」が、特に山川系の教科書執筆者にはゴロゴロいる。
  そして、そのような「不実の者」を説得しようともせずに、「支持同意などこちらから願い下げる」と言って「自的に歴史を学んでいった」人間のためだけの歴史教育ったところで、民皆学の学校教育論としては説得を持つことはないだろうね。
238 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 21:47:02 ID: XllMOvcKEm
科学全般に、「巨人の肩の上にのる人」って言葉があってね。
昔の人間が積み立てていった考えの上にたちは立っているのよ。
それは歴史学を科学として捉えるのならば同じことでさ。
だから、歴史学を学ぶものはE.H.カーマルクブロックフェルナン・ブローデルといった歴史学の重鎮たちの思想を重く受け止めるんだよ。

論、これらの重鎮たちへの批判をしてはいけないというわけではないのだが、その批判にすら数多くの先達の積み重ねがある。
それを視し、意味がいと断ずるのは、己が巨人の肩の上に立っていることを忘れた、極めて傲慢な態度なのよ。
歴史学そのものを創ってきた偉人たちの思想の影を一切受けずに歴史るとか、あんたにそんなことできるんかいってなるからね。
239 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:08:39 ID: 5bruM9L/xo
まあ、先行研究漁るのが重要なのは、先人が残した試行錯誤のうち、どれが実を結ばなかった、ってのを知ることも含んでいるからね

そこらへん視して新たなメソッド開発しようとしても、出来た成果物が所謂「輪の再発明」だったりするんだよな。場合によってはそれは既に失敗例だったというオマケまでついて、だが
240 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:49:43 ID: w7OyHtYrkP
  >>236および同氏はレッテルり方が全体として雑だった。他人の権威をに着る者とか、自発的に歴史を学ぶ者とか、不実の者とかね。その最たる例が「較検討」なんだが、概念規定が弱いから237でやったような言葉遊びに対して一言も反論できない。
  それをどれだけ「自発的」だなんだと言って正当化したところで、自分で辞書を引く「不実」の者に対して歴史学習者として優位に立てるはずがないわけで。
241 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 16:23:27 ID: DWEJeT1N1D
>>238
ああそうですか、ドワーフ君は巨人の肩でも何でも乗ってて下さい。私はそうなる位なら寧ろ一本の考えるでありたいね。因みに私は歴史学を所謂科学の1つだとは思ってないんで御宅のう「俺達」の中に私はいないというだけ。

歴史学そのものを創ってきた偉人たちの思想の影を一切受けずに歴史るとか、あんたにそんなことできるんかいってなるからね。
別にそういう人間が歴史るも自由だし私はそういう人間の話でも聞くに値することを言っていればを貸すがね。私は積み重ねだとかそんな敷居は設けていんで。

>>240
御宅自分の言動を言葉遊びと自らうのか。これは恐れ入った、また例のブロック君の話みたいな変節やるよって宣言か、参ったな
あと優位に立てるって何ですか?何の話なのマジ
人が読んでもいない内から反論出来ないとか勝利宣言する辺りがもう、もういいですって感じだな。まるでウィキペディアンみたいなノリですね
不実の者を説得というのがまずおかしい。可な限り不実の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
242 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 16:46:52 ID: DWEJeT1N1D
>>239
は先行研究調べる事を別に否定してないよ。w7OyHtYrkPのような不実なやり方では詐術を除けば何事も追究できないよというだけ。彼は何か人を導いている積りのようだが己の不実さを開陳するだけにしかなっていない。
人間のあり方、対話への応じ方についてw7OyHtYrkPという1つの失敗作を見せられただけに終わった。
何処かで聞いたような言葉、それをただ壊れたレコードのように再生するだけ、それも不実を交えてという。w7OyHtYrkPとの対話からは何も得られない、正に不実は不稔。
243 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 19:50:55 ID: w7OyHtYrkP
>>241
>>「人が読んでもいない内から反論出来ないとか勝利宣言する辺りがもう、もういいですって感じだな」

それで、反論できるの? できないの? 方が>>237>>240に反論しない限り、「歴史を自ら学ぼうとする者」という言葉に何の説得もないし、学校教育制度の問題としても何ら生産性もないわけだけど。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015