単語記事: 歴史修正主義

編集  

歴史修正主義とは

  1. 新資料や、過去の資料の見直しによって、歴史をより事実に近いであろう事に書き換えること
  2. 特定の思想により過去歴史認識を書きかえる行為

1は学術的、2は通俗的な意味である。ここではに2を扱う。

概要

多くの学問は最新の研究結果を常識とするが、現在政治や外交に大きく影を与える近代史について新たな研究結果を歴史修正主義の言葉を用いて非難するがある。歴史修正主義という言葉が肯定的に使われる事はあまりなく否定的な意味合いで使われる。

たとえば南京大虐殺日本軍による慰安婦の強制連行などがあるが、これらについて「疑わしい」という研究結果に対し「これは史実であるためそれを否定する行為は歴史修正主義である」というような論法で用いられる。現在歴史認識を「揺るがない史実である」という思想者が新たな歴史認識について”意図を持って歴史認識の変えようとしている”と糾弾する。

「歴史修正主義」主張の問題点

歴史修正主義は上記のように事実レッテル張りとして使われているため、現在の認識を史実とする人間によって新たな歴史認識について正しいかどうかの検証がきちんと行われない状態を引き起こしやすい。現在の認識が正しいからそれを否定する認識は論じるに値しないとする。

これらの問題の最たるものがナチスドイツにより行われたとされるホロコーストの否定、一部否認の禁止である(ホロコースト否定禁止法)。これは戦後ドイツ内法だけでなく、2007年1月26日国連総会本会議でもこれらを禁止する採択がとられ可決された。こういった特定の見方以外は検証すら認めないといった行為が近代史研究の停滞を引き起こしている。

「歴史修正主義」主張の問題点の問題点

ホロコースト否認の事例を挙げると、2010年時点で否定論の根拠となりうる読付き論文[1]は1本も存在していない。しばしば誤解されるが、ホロコースト否定禁止法は学術的な読(場合によってはその後の学界論争も含む)を経る分にはホロコースト否認を禁止していない。

言い換えれば、仮に結論がホロコーストを一部否認する旨の論文だったとしても、それを学術雑誌へ投稿する行為そのものは禁じられていないのである。禁止法が対とするのはあくまで(学問の土俵の外で、学術的な議論を経ずに)根拠もなくホロコーストを否認するをするということに限定される。

ある歴史事実についての通説は、多数の研究者のを通して論理面、実面における問題点を徹底的に洗い出された後に形成される。仮に、ホロコースト否定禁止法が禁止している行為を「歴史修正主義」であるとするならば、このが対とする行為は「専門的事実の正否を判断できない非専門に対し、学術的な議論を通すことく、そうした通説を否定する言説を流布する行為」にすぎないことがわかる。

よって、ホロコースト否認を「歴史修正主義」として批判する行為には、学術的な議論によって通説を更新する行為そのものを否定するような意図は含まれていないことがわかる。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *専門性が特に高い一部の学術雑誌には論文には読(peer review:研究者仲間や同分野の専門投稿論文を審する手続き)が存在する。学術論文はこれを経ることで、根拠となるデータの集め方、及びそこから導き出される論理的な筋などに問題がいかどうかが評価される。要するに、論文が学術的に正当だと認められるためには、基本的にはこうした読過程を通ることが必要不可欠ということである(読についてはwikipediaの「読」の項も参照)。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9
ページ番号: 5318484 リビジョン番号: 2455937
読み:レキシシュウセイシュギ
初版作成日: 15/03/12 15:44 ◆ 最終更新日: 17/02/05 00:42
編集内容についての説明/コメント: 関連項目「歴史」「南京事件」「慰安婦」「ホロコースト」「自虐史観」「レッテル貼り」追加。記事冒頭太字化。htmlタグ調整。等。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

歴史修正主義について語るスレ

330 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:09:39 ID: 0OEICVEs6N
>>「「法律効果」に事実認定が含まれんのか? 軽く調べた限りではそういう解説は見つからなかった。」
  「法律効果」という用自体が「法律要件」を離れては成立しないからね。「法律効果」を認めた時点で「法律要件」も認めることになるし、「法律要件」には事実認定も含まれるよ。だから方の>>329の解釈は成立しない。
331 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:18:57 ID: tSzcXRMcte
Wkipedia(笑)の解説でなんだが。

> 法律効果(ほうりつこうか)とは、具体的な事実法律要件を充足することによって生じる、法規範が定める法的な効果である
> 法律要件(ほうりつようけん)とは、一定の法律効果を生じるため要される事実のこと。

何れでも、「事実」と「法的な効果」を区別している。そして、事実法律効果には含まれていない。アンタの言うとおり付随はしているがね。

そして大橋の発言もこれに矛盾しない。「事実を元に設定された効果」を受け入れるとしているが、「事実」を受け入れてはいないから。従っての解釈は十分に成立する。以上。

アンタは話が分かる相手だと思ってたんだが、まさかこんな基本的な文法の説明までする羽になるとはな。ちと残念だわ。こんな馬鹿げた解釈持ち出して意見否定しにくるとは思ってなかったから。
332 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:24:44 ID: 0OEICVEs6N
>>331
 いや、Wikipedia分を文字通り読んでも「付随」どころの話ではない。論理的には明確に要件の方がで効果の方が従だ。「事実法律効果には含まれていない」からといって、法律効果を認めることと事実認定が別なわけじゃない。>>330で書いた通りの三段論法だ。

法律効果を認める→法律要件を認める
法律要件を認める→事実認識を認める
ゆえに、法律効果を認める→事実認識を認める 
333 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:41:46 ID: 0OEICVEs6N
日本語が通じないとお考えならプログラミング言語方式で書こうか。法律効果が成立した時点でif文のthenブロックに入っているから事実認定したことになる。
//は1行以内のコメントで、実行には関係ない。また、便宜上事実法律要件は整数変数とする。

int fact = n;
if (fact >= Legal_Requirements) { //事実法律要件を満たせばthen、満たさなければelse
    return Legal_effect; //法律効果発生
} else {
    return 0; //法律効果なし
}
334 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:48:06 ID: tSzcXRMcte
> 法律効果を認めることと事実認定が別なわけじゃない。

法律効果を認める前段として、各段を認める必要はあるが、それらは断じてイコールではない。

だがまぁ経験上この流れになったらどっちも引かねーで延々と同じこと繰り返すだけだからもう止めるわ。

最後に言わせてもらうなら。
が何か言うとちょいちょい専門の判断が伴っていないから決定的じゃないと言って逃げるくせに、専門じゃない自分の意見での解釈が絶対に成り立たないと言い出すのは正直萎えた。自分の意見だけで相手の全否定すんなら最初からこんなこと言い出すなよ……。
335 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:55:08 ID: 0OEICVEs6N
>>「それらは断じてイコールではない。」
  ソースは? それ以外の話は聞いてない。「専門じゃない自分の意見での解釈が絶対に成り立たないと言い出すのは正直萎えた」とか書くくらいなら勝手に萎えてろよ。嫌なら学術的なソースを持ってこい。「遊びのディベート」(>>300)なら方の勝利だが、先行研究の裏付けがない以上解釈の妥当性は別問題だ。
  もちろん逆もまた然りで、仮に方をボコボコ論破できたとしても、「遊びのディベート」の域を出ることはない。先行研究が整理できてないからね。
336 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 00:57:45 ID: tSzcXRMcte
ソースは?じゃねーよw お前だってソースねーだろがw

こういうのも含めて、都合よく手前のルール曲げてんじゃねーよって事なんだが、まあ認めないだろうから勝手にしときな。
途中までの議論は楽しかった。最後の方はだったけど。
337 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 01:07:11 ID: 0OEICVEs6N
>>「お前だってソースねーだろがw」
  違う。双方ともど同じネットの記事をソースにしたうえで、解釈だけが逆なんだ。「法律効果を認める前段として、各段を認める必要はある」なら、イコールである必要は全くない。>>332三段論法は揺るがない。
  むしろ、法律要件>法律効果の不等式が成立するくらいだ。法律要件を満たしても法律効果が相殺される場合があるからね。ちなみに、こちらが参照したのは下記。

Wikipediaの「法律要件」「法律効果」の項
・コトバンクの「法律要件」「法律効果」の項
338 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 01:19:29 ID: 0OEICVEs6N
>>334で「経験上この流れになったらどっちも引かねーで延々と同じこと繰り返すだけだからもう止めるわ」ってあるからめて過去レス分に戻る必要が出てくる。というのは、下記の箇所の前提が崩壊するから。
  そもそも不毛な掛け論で退く程度の論なんか明の名に値しない。条文解釈の前には個人の経験なんか問題じゃない。

>>「「事実を元に設定された効果」を受け入れるとしているが、「事実」を受け入れてはいないから。従っての解釈は十分に成立する。」(>>331
339 : ななしのよっしん :2018/02/25(日) 01:37:00 ID: 0OEICVEs6N
もう一つ疑問点を上げておく。昭和34年11月25日分の議事録(>>319)で、「判決に至るところの理由、そこまでを受諾するという意味合いではありません」(高橋発言)の前後になぜ委員長が何度も「静粛に願います」と言っているのか。
  安直に考えれば、政権時点での高橋の発言が、きわめて異例の、「ジャッジメント」から事実認識を外した解釈だったからだ。むしろ大橋西村の解釈の時点では条約第11条で「受諾」したジャッジメント事実認識を含んでいたと考えた方が筋は通るのではないか(>>325-326)。
  西村大橋の発言の時点では議事進行はスムーズなのに、8年後の高橋の解釈の際には、高橋解釈を認めた藤山に対して岡田が今の野党さながらに噛みついている。同じ解釈に対して野党が急に対応を変えたとは考えにくい。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829