単語記事: 段位認定

編集

段位認定とは、武道書道などの腕前を現す「段位」を認定することである。

ニコニコ動画ではに、beatmaniaIIDXに存在する段位認定モードのことをす。
本記事では、beatmaniaIIDX以外も含めた音ゲーに存在する段位認定制度について説明する。

IIDX段位認定概要

beatmaniaIIDXの「段位認定モード」とは、プレイヤーの腕前を客観的に評価するモードである。
プレイヤーは任意の段位を選び、既定の曲(SP4曲/DP3曲)をプレイして、最後までゲージ(専用の段位ゲージ、後述)を残せばその段位に合格したことになる。
段位は7級(DPは5級)~1級、初段~十段、皆伝(DistorteDより追加)の計18段階(DPは16段階)である。ただし九段・十段・皆伝は稼働直後には存在せず、しばらくしてからアップデートにて追加される(庭用では一つ下の段をクリアすると挑戦権付与)のが通例となっている。

段位認定による恩恵として、STANDARDモードにおける選曲制限の緩和がある。具体的には、段位未取得状態or五段以下だと1曲でSPは8以下(DP9以下)だが、六段取得でSP・DPとも9以下に、七段取得で10以下に緩和される。八段以上は段数に加えてプレー回数が緩和要件になっている。
またtricoroでは段位取得がイベント隠し曲の解禁条件の1つになっており、SPADAではSTEP UPモードの開始時難度が習得段位で変化するようになっている。
かつての作品ではクリアした段位の認定として、携帯サイト壁紙がもらえた。

バージョンが変わるごとに課題曲も変わるのが通例だが、中には毎回同じ段の同じ位置にいる「常連曲」も存在する。記事末尾に付録として代表的なものを挙げたので参考にして欲しい。

段位ゲージ

ゲージ段位認定専用の特殊ゲージ100%からスタートし、ミスをすると減っていく減算
通常プレイと同じくゲージの回復もあるが、その回復量はHARDゲージとほぼ同じ。しかしHARDゲージとは違い、GOODでも若干回復するようになっている。。スコア計算はSTANDARDと同じ。
さらに、BADやPOORでのゲージ減少はEASYノマゲ、HARDよりも少ない。これに加え、ゲージ30以下になって30補正が適用されると、減少量が半分になる。詳しいデータはこちらのページを参照。 
ディレクターKANI氏は30補正について「土俵一杯の粘り腰っていう感じの表現」と回答している

Lincleでは、新しくEX段位ゲージというものが隠し要素として登場。ミスしたときの減り具合がだいたいHARDゲージくらいの減少量になり、また上述の30補正もいため、さらに厳しいプレーめられる。挑戦段位決定後、EFFECTボタンとVEFXボタンを曲開始まで押しっぱなしにすると、黄色EX段位ゲージプレイできる。
SPADA稼働中より、EXゲージPASELIプレー(124P)時のみ選択できるようになった。つまり通常の段位なら24円引きのコインプレーで十分ということ……


しかしながら段位はあくまでも安であり、各プレイヤーの実全に反映するものではい。 
また上記のように段位取得の恩恵はあるものの、段位認定を受けるかどうかはプレイヤー次第である。 

世の中には8を落とす六段がいる一方、11がノマゲ出来る六段もいるし、段位で12をクリアする人も、面倒で(選曲制限に関わる)八段と十段しか取得していないトップランカーも存在するのだ。

その他の音ゲーにおける段位認定

SOUND VOLTEX(SKILL ANALYZER)

SOUND VOLTEX II段位認定相当のモードとして2013年7月3日スタート。おおよその流れはIIDXと同様で、各レベルごとに設定された3曲を連続でプレーし、完走すれば合格となる。レベルは10段階(Lv1~Lv10)で、達成率は200%満点。合格すると、最高段位に合わせた称号プレー画面に表示される。中にはKACコースのような、特定の課題をプレーすることで獲得できる称号も。

最大の特徴は、課題曲ユーザー投票で選定される事である。あらかじめ公式側で選出された補曲の中から、段位にふさわしい曲をユーザーが選んで投票する仕組みとなっている。課題曲更新は定期的に(というか毎のように)行われているので、機会があれば是非投票に参加してみよう。

で、SKILL ANALYZERの記事はないんですかね?

太鼓の達人(段位道場)

詳細は段位道場の記事を参照

2013年1月30日スタート。新筐体において、カードを用いて一人プレイする場合のみ挑戦できる。定の3曲を通してプレイする流れは同一だが、クリア条件に良・可・不可の判定数スコアが含まれる点が特徴的である。なお、挑戦失敗が確定しても演奏途中での閉店は発生しない(次の楽曲に進めないだけ)。

maimai(トロフィー - CHALLENGE)

「段位チャレンジ」という名前のついたこのシステムは、特定の4譜面RANK S(達成率97%)以上でクリアすることで当該段位のトロフィー(実績)を獲得するものである。専用のモードがなく個々の自己ベストよいこと、曲公式には発表されないこと(初代maimaiでは末期皆伝を除いて発表された - 参考)が大きな特徴である。

jubeat(COURSE MODE)

2014年3月3日jubeat saucer fulfill稼動とともにスタート。種類が難度を問わず随時増えていくことから、システム的にはむしろbeatmaniaIIDXに昔あった「EXPERTモード」に近いが、ここで説明する。

定の5譜面を連続してプレーするもので、専用モード(標準価格2クレor180P、PASELIなら通常の5曲200Pより少しだけ安い)として用意されている。通常プレーと同様に曲単位マッチングし、演奏途中での閉店は発生しない。各コースにはレベル(10段階)とともにコース名がつけられており、一部を除き対の5曲をつぎはぎした言葉になっている(見てみる価値は結構あると執筆者は思う)。
新要素として、通常時より判定を厳しくした「HARDモード」が一部(上位の)コースに存在し、それまでの緩い判定に満足できなかった層から評価を得ている。

コースクリア条件はスコアフルコンボ曲数やPerfect判定率などで、3段階(高いほうから順にGOLD、SILVER、BRONZE)設定されている。ただしクリア判定は1曲ごとになされ、最低クリア条件(BRONZE)を一つでも下回る(ことが確定する)とそこで挑戦失敗・終了となる。マッチングなどによる救済続行制度は一切ないので注意。

  1. BRONZEクリア条件が「スコア90万点」のコースにおいて、1曲92万点、2曲91万点、3曲85万点だったとすると、(1)2曲終了時点では均が91.5万点で続行、(2)3曲終了時点では均が89.3万点と条件を下回るため、ここで挑戦失敗・終了。4曲が得意で100万点出せるとしても考慮は一切されない。
  2. BRONZEクリア条件が「フルコンボ2曲」のコースにおいて、4曲終了時点でフルコンボが1曲も出せていない場合、5曲フルコンボしたとしてもフルコンボが1曲しかなく条件を満たせないことが確定するため、5曲に進むことなく終了。

なお、最も易しい設定のコースでもLv.7~8のEXTREME譜面85万点取る必要があるため、全な初心者には厳しいかもしれない。慣れたころにステップアップして挑戦してみよう。

REFLEC BEAT(リフレク道場)

2014年6月4日REFLEC BEAT groovin'!!稼動と同時にスタート。一人プレーでのみ選択可。腕前を判定する「認定試験」(5級~1級+初段~八段+師範代の14段階)とテーマ別の選曲で楽しめる「検定試験」(随時追加の模様)の2種類があり、他機種同様定の3曲を連続してプレーする。ちなみに、「場」というコンセプトに合わせシステムボイス日本語(「試合始め」「勝利」など)に変わる。なんと芸の細かい。

クリア判定方法は前作coletteで実装されたBATTLE MODEである。簡単に説明すると、達成率の代わりにLIFEが自分と相手に設定されており、曲が終わるまでに自分のLIFEを0にすることなく相手のLIFEを0にできればステージクリア、となる。プレー途中で自分のLIFEが0になってしまうと、プレーは強制終了する。ちなみに、自分のLIFEGOOD・MISS判定で減り、相手のLIFEはJUST判定でのみ減る。

リフレク場の特色として、曲の選択にある程度の自由が存在する。

  • 認定試験の場合、1曲補が3曲、2曲補が2曲あり、どの組み合わせであってもクリアすれば段位認定される(ボスに当たる3曲は固定)。なお、自分のLIFEIIDX同様の曲をえた引継ぎなので、自分の得意不得意を考慮した選曲が認定の鍵を握るといえよう。
  • 検定試験の場合、1~3曲毎に数曲補が用意されており、各補の中であれば自由に選曲できる。こちらには「新曲・新譜面の解禁」という要素が用意されており、当該譜面を選曲し完走(自分のLIFEを0にせずに曲の最後までプレー)すればショップに出現させ購入することができるようになる。

なお、師範代ボスDEADLOCK(BEMANI)(≠現時点での最難曲)で、また合格で獲得できる実績が(最上位のプラチナではない)ゴールドトロフィーであることから、師範代の上の段位の存在が噂されていた……が、7月4日にさらに上位の段位「師範」「名誉師範」が追加された。新たな頂点となる「名誉師範」の3曲ボス)には、CLAMAREと並び現行最難曲と言われるHAERETICUSが就任した。

関連動画



関連商品

関連コミュニティ

関連項目

付録:beatmaniaIIDXの段位認定における新旧常連曲


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AE%B5%E4%BD%8D%E8%AA%8D%E5%AE%9A
ページ番号: 1118075 リビジョン番号: 2051677
読み:ダンイニンテイ
初版作成日: 09/01/26 01:30 ◆ 最終更新日: 14/07/10 16:12
編集内容についての説明/コメント: リフレク道場の師範・名誉師範位追加について。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

段位認定について語るスレ

120 : ななしのよっしん :2014/03/30(日) 20:02:00 ID: 1BXQlZUYEv
正直、灼熱はいつか来るとは思ってたよ
Lincleぐらいで皿曲を積極的に導入するようになってから、特にな
121 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 22:12:51 ID: BdIWFxX1Qy
にもコースモードとかいうの入ったんですが…(小)
122 : ななしのよっしん :2014/04/15(火) 12:53:25 ID: /XaBXBVuTn
>SPHは段位初登場の7th~EMPRESSまで五段の常連であったが当時はランダム選曲だったので登場しなかったことも。

この書き方だと、EMPランダム選曲だというに捉えられかねない気がする。細かい事だけど…。
123 : ななしのよっしん :2014/06/04(水) 12:35:29 ID: jQwRX59v9W
リフレクの方もリフレク場で認定試合という名前で段位認定が来たのですが。
124 : ななしのよっしん :2014/06/04(水) 20:47:05 ID: n2zcSp1DVM
そんな気はしたけどやっぱりリフレク段位も7段ボスサファリだった…。
125 : ななしのよっしん :2014/06/08(日) 20:53:25 ID: bAbJgeD5WQ
なおリフレク場は級位もあるとの事。
126 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 08:30:38 ID: XKM6ihhimB
なにかとネタがあるIIDXSP八段だけど、
もし歴代の八段楽曲から八段を作るとしたらどういう組み合わせが一番難しいのかな?

自分は、
雪月花(A)→ギガデリ(H)→(H)→ゲロン(A)
かなと。

ただ、自分は四段も受かってないぺーぺーだから、
わかる人おせーてください。
127 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 08:42:32 ID: /XaBXBVuTn
ギガ一八雪月花>ムンチャ…という冗談はさておき
灼熱ギガ>麺かねえ
128 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 17:45:04 ID: XKM6ihhimB
>>127
10th入れてもいいのよ?

やっぱりムンチャはやばいのかぁ…
129 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 19:47:10 ID: /XaBXBVuTn
>>128
元9段ボスだからな
ちなみに10thの4曲はいずれもHYPERが八段に入ったことがある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015