単語記事: 比古清十郎

編集  

比古清十郎とは、「るろうに剣心」の登場人物である。

バカ弟子が今更ノコノコと現れやがって、こんな記事に一体、何の用だ?

比古清十郎

飛天御剣流十三継承者にして、「るろうに剣心」の主人公剣心のかつての師匠。ちなみに「比古清十郎」という名前は飛天御剣流の継承者に後述のマントと共に代々受け継がれている名前であるため、厳密には彼の本名ではない。
単行本6巻に収録された読切版「戦国三日月」でも同名の人物が登場するが、こちらは後述。

初登場は単行本10巻(第83話)。京都編にて、剣心が会得し損ねた義をめて会得するべく古の元を訪れた際に初めて顔を見せた。
冒頭に記載した通り43歳の中年男性であるが、どう見ても20代後半くらいの若々しい容姿や顔立ちをしている。 剣心にも当てはまる事だが、明らか年齢と外見が一致していないため弥や操からは「飛天御剣流には不老の秘術があるのか?」とツッコまれているのだが、詳細は不明。
(もっとも不老の秘術というと補はアレとかコレとかいろいろ考えられるが、現代でもリアルではこういう生きた実例がいるしねぇ・・・)

幼い頃の心太(剣心)をかつて行きがかりに賊の手から守り、『剣心』という名前を与え、一流の剣術使いとして育て、鍛え上げた、剣心にとっては名付け親にして育ての親でもある存在。
人間嫌いな性格であるため、普段は陶芸新津覚之進」として人里離れた山でひっそりと暮らしている。
その人物像は剣心く「自信で陰険でぶっきらぼうで人間嫌いで、(自分の過去を知っているという点で)斎藤よりも数倍タチが悪い」との事だが、古本人によれば「昔ケンカ別れしたバカ子の再修業に、もう1週間も付き合ってやっている人の良い師匠」らしい。事実剣心と再会後も剣心を「バカ子」と呼びながらも、義の伝授を通して和解した後は剣心を何かと気にかけている(義を伝授した後も、剣心の頼みを聞き入れ屋へ駆けつけている)。

剣心よりも体格が一回り大柄で身長も高く、ガチムチを地で行くマッチョな体格をしているため「恵まれた体筋肉って操る、人の剣術」と評される飛天御剣流を難なく放つ事が出来る。さらには剣心師匠だけにの実剣心はるかぎ、あらゆる面で剣心を上回るほどの凄まじいを持っている。 その圧倒的な筋戦闘力をもって作品中では屋での戦いに駆けつけた際には十本の一人、進撃の巨人不二の大を体格差をものともせずに(マントを付けたまま)生身で捌いてみせたばかりか、自身の得意技とする『九頭』の一撃で不二戦闘不能にしてしまう程の人ぶりを発揮している。普段から自意識過剰で、自らを「天才」と信じて疑わないナルシストな面もあるが、それを裏付けるだけの実を備えているんだからしょうがない。 
また、彼が常時身に付けている剣心には似合わなさそうなマントは、飛天御剣流の継承者が「比古清十郎」の名前とともに代々受け継がれる継承者のでもある。このマントの下には10貫(約37.5kg)の重さの肩当と身体の筋肉を逆さに反るバネが仕込まれているため、人的な筋を持つ飛天御剣流継承者のをこのマントによって普段は常人程度に抑え込んでいるのである。しかしそれでも、後述するとおり剣心義を伝授するときや屋での戦いではマントは常時付けたままである(=手加減している)。マントを外してを発揮したのは、剣心義を伝授する時ただ一度だけで、本気の彼はを一振りしただけで烈風が発生し剣心が身構えるほどの未知数なを持っている。そのためその気になれば志々雄にも普通に勝利できると思われるが(作品中でも「自分が出張れば済む」と発言している)、その役剣心丸投げしてしまった。剣心の意志でもあるとはいえ、の一大事を「面倒くさい」の一言で片付けるのはいかがなものか・・・
それらに加え、飛天御剣流継承者として世の中のあらゆる場面に立ち会ってきたという事なのか色々と達観した発言をしたり、登場人物達の心理の裏を見抜く観察眼を持つ歳相応な(?)一面もあり、作品中では読者視聴者の記憶に残る名言も多く発している。十本が誇る巨人兵・不二と対峙した際には、彼が振るった一太刀から不二が「化け物」ではなく「武人」である事を見抜いて、不二との果たし合いに応えて見せた。

 

幼い頃の剣心を、飛天御剣流の次期後継者とするべく育て上げるが、やがて剣心が13歳となった折に剣心とと喧別れしてしまい、その15年後に再会。剣心の抱えている事情を(や弥達を通しても)一通り聞いた後、剣心義を伝授する事を決めると、剣心を再び鍛え上げる。
その後義伝授の直前、剣心の心理状態を見抜いた古は剣心に「己に欠けているものを見つけ出せ」と示、同時に古も飛天御剣流の師の運命を受け入れるべく、覚悟を決めていた。
義:の伝授とは、師匠が放つ九頭子が義を放ち破る事で了するため、成功すれば師匠が命を落としてしまう。逆に子が義で九頭を破れなければ、子は九頭を受け死亡するという構図である。事実比古清十郎も先代・十二代比古清十郎の命と引き換えに義を会得している)
結果として剣心は「生きようとする意志」に開眼義の伝授は了、古は命を落としかけるが、しかし剣心が持っていた逆真打釘が緩んでいたお陰でを受け死にかけながらも一命を取り留めた。その後、マントと共に飛天御剣流剣心に継承しようとするも、剣心がそれをマントが似合わなさそうだという理由で拒否したため古は剣心めて破門するのだった。
もっとも剣心雪代縁をめぐる過酷な運命を背負う事になった背景に「自分自身にも責任の一端があるかもしれない」と考えているのか剣心の事を少なからず気にかけているようで、別れ際の「屋のみんなを守ってほしい」という剣心の頼みを聞き入れて志々雄の大部隊が屋へ襲撃してきた際はすんでのところで弥達に加勢すると「陸の船」を体現したような圧倒的戦闘力巨人不二を才槌共々破ってみせた。

 

作者和月伸宏言している通り作中で最強の戦闘を持つ人物でもあり、マントを装備した状態でもなお剣心が手も足も出なかった程のの使い手(捨て身で挑んでも、り傷を負わせるのが精一杯であった)。「その圧倒的な強さゆえに、使いどころが難しかった」「トランプで例えるとジョーカーに相当する」と和は単行本の中で発言しているため、作品中でも戦闘を行ったのは剣心への義伝授の過程を除けば、屋での十本不二との戦闘1度きりしかない。
また戦闘時以外は(回想の中でも)よくを飲んでいるが、こちらについては比古清十郎という人物の「男臭さ」を演出するための描写であるため、古がアル中なわけではないと断われている。もっとも、についても自分なりの美学を持ち合わせているらしく、彼の台詞の中にもそれらの要素が散見される。

OVA版「霜編」では、縁をめぐるストーリー完結した後もが近いにも関わらず変わらない容姿のまま登場しており、が振るっていた飛天御剣流を会得するために剣心息子路に押しかけられている。
その後、止めにやってきた弥をも巻き込むのだが、成長した弥を飲み交わしながら星空の下で「元より、にも継がせる気はい・・・ 飛天御剣流の代で終いだ」と述べており、時代が飛天御剣流を必要としなくなっていった事を反映してにも知られる事くひっそりと流を畳むつもりであった事がわかる。

 

そして余談となるが、古がっている思い出話の中に「剣心が飢えのあまりワライダケを食って笑い死にしかけた」というエピソードがあり、剣心毒キノコを口にせざるを得ないような遇へ追い込まれた剣心少年時代についても「剣心伝」の中でられている。同書によれば「飯抜きの罰を受けたのかもしれない」と言われているが、古の修行は確かに生易しいものではなさそうだ。(またこの時、デタラメを調合して飲ませたというトンデモない一面もあり、それは義伝授後に剣心へそを飲ませた後初めて発覚したのだった。)
さらに28巻では恵が剣心に対して「古さんのような恵まれた体格に~」と発言していることから、恵もまた比古清十郎と面識があるような事を匂わせている。しかし恵が京都へやってきたのは志々雄を打倒後に剣心達の治療のため訪れたのであって、上述の通り人間嫌いな性格の彼がなべ屋「べこ」の宴会へ参上したとは少々考えにくいところだが、恵が古の姿をどこで見たのか?その偽は不明である。
(単にがタダで飲めるからと、何食わぬ顔で参上していた可性も否定できないが。)

名言

  • 器 剣術殺人術 どんな綺麗事やお題を口にしても、それが真実
  • (「あんた年齢いくつなんだ?」と尋ねられて) 四十三だ、それがどーした
  • 明治になって消息の途絶えたバカ子が、の教えた飛天御剣流で何をやっていたのか・・・
    が今一番知りたいのはそこなんだ。あいつの口からではなく、あいつを近くで見てきた者の口からな・・・
  • これから死ぬ輩に名乗っても意味がねえよ
  • やさし過ぎて客にはそぐわないな、お前今日から「剣心」と名乗れ。
    お前にはの・・・ とっておきをくれてやる
  • ま、ひとえにの巧みな加減のおかげだな。 わかったらさっさと打ち込んで来い、本気でな
  • 覚えておけ、どんなに強くなってもお前は一介の人間・・・ 修羅になる必要なんかねぇんだ
  • 欠けているものが見出せぬ半端な状態では義の会得はおろか、志々雄に勝つ事もまず理だろう。
    歩譲って仮に勝てたとしても、お前の心に住み着いた人りには絶対に勝てん
  • 「生きる」意志は何よりも強い・・・ それを決して忘れるな
  • ただ覚えておけ、お前飛天御剣流を教えたのはお前不幸にするためではないことだけ
    余計な心配は用、お前はとっとと志々雄を倒しに行きな
  • いいぜ小僧、よくぞえた。この勝負、最後までバカ子を信じ抜いた、お前の勝ちだ!
  • 過ぎた強さは時に、周りに「卑怯」と取られる事がある。ましてお前不二)の場合はどんなに望んでもその図体だけに既に「正々堂々」とはいかないときている。
    だが今日は違う、お前が全を出しても倒せない男が、こうしての前に立ってやっているんだぜ
  • 今の一撃、申し分なし! ・・・だが、惜しかったな
  • 夜桜 には 満月 には それでは十分美味い
    それでもが不味いんなら、それは自分自身の何かが病んでいる
  • この世のすべての哀しみを1人で背負うつもりか?(実写版・比古清十郎台詞

『戦国の三日月』の比古清十郎

るろうに剣心」が連載される前に製作された読みきり漫画戦国三日月」でも、同姓同名の人物が登場する。
基本的には上記で説明した比古清十郎モチーフとなった人物だけに容姿や立ち位置など様々な点が似ているのだが、両者の間に血縁及び直接の関係はい。
ついでに言うと、本作に登場する流は「飛天流」であるので飛天御剣流とはやはり関係いものの、古が使用する長桔梗」が「」の名で、飛天流に代々伝わる宝として登場している。
(こちらは同じなのか、それとも同名の別物かは不明だが)

実写版映画「るろうに剣心」の比古清十郎

2012年以降に開された実写映画るろうに剣心」でも登場。福山雅治が演じた。

第2部「京都大火編」のラストで顔見せ程度に出演し、第3部「伝説の最期編」にて本格的に登場。
京都大火編にて、志々雄との船上での戦いに敗れへと転落、尽きたまま砂に流れ着いた剣心を肩に担いで去っていくの人物が出てくるが、彼こそが比古清十郎である。なお放映当時「伝説の最期編」開までは正体を伏せられていたが、原作ファンからは思い切りバレていた
伝説の最期編」序盤で、志々雄を倒しに行くかつての子・剣心に対して義を伝授するために、剣心に再修行を行う点は原作と同様。

原作とは違いマントは付けておらず、筋肉々でもない普通客といった見たであるが、その若作りぶカリスマ性や実原作比古清十郎とは別の意味で達人級であり、を交える場面では山野に落ちていた手頃な枝切れのみで(逆とはいえ)剣心が振るうを最小限の動きで軽々とあしらい圧倒してしまうなど、時代劇だからこそ映える剣術アクションを見事に披露している。

なお、剣心役を演じた佐藤健とは同じ事務所先輩後輩の間柄でもあり、佐藤健は「古役は福山さん以外考えられないくらいぴったり」と福山の役作りを絶賛している。
また、福山剣心師匠を演じるにあたり剣心以上のの達人として、撮影時は剣心以上にハードアクションを要されたという。殺の立ち回りをマスターするまでは相当に苦労したようで、撮影終了後福山は今まで体験した事がない関節の痛みに苦しんだと明かしている。

お前達には俺の・・・とっておきの動画をくれてやる

オラどうした、わざわざイラストを陳列してやったんだ、さっさと見ろ

やれやれ、今日のニコニコ市場は千客万来だな。望んでもいねぇってのに

てめーの参加を心待ちにしている人間が大勢いるんだろ。
ぐずぐずしてねェで、さっさとコミュニティへ入ってきやがれ。

余計な心配は無用、お前はとっとと関連項目を見に行きな


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%AF%94%E5%8F%A4%E6%B8%85%E5%8D%81%E9%83%8E
ページ番号: 4812054 リビジョン番号: 2534804
読み:ヒコセイジュウロウ
初版作成日: 12/01/28 13:26 ◆ 最終更新日: 17/10/22 21:32
編集内容についての説明/コメント: 実写版映画に関して追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ひこ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

比古清十郎について語るスレ

89 : ななしのよっしん :2016/10/03(月) 08:24:48 ID: UTLuuCzWCW
>>81
蠍座黄金聖闘士ですね。わかります
・・・個人的にはってもあんまり違和感がないと思う。
そういえば、彼も会心させたのが双子座AB型28歳だったなぁ・・
90 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 01:20:31 ID: y1INo1qNq0
>>84
作者エンバーミングって作品はるろ剣と同時代の海外が舞台だがるろ剣よりかにレベルの高い人外バトルが繰り広げられてるらしいよ
・・・好敵手が欲しいなら師匠メジャー挑戦すれば良かったんや!
91 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 21:14:34 ID: s8kU8Crt7B
追憶編霜編見たけど
こっちの師匠原作よりさらに、誇とか抜きで本当に人が良すぎるな
こんな素晴らしい師匠そうそうおらんぞ
92 : ななしのよっしん :2017/03/26(日) 21:07:50 ID: SiqJv04hqk
>>88
そりゃ今の感覚で言ってるからだろ。るろうに剣心が放送されてたり漫画で連載されてる当時の感覚だと師匠40代に見えない。
あの当時の40代ってもっと老けてた。当時、中坊の小僧だったにはそう見えてたよ。30代ですら凄いおっさんに見えたし。
今の40代や30代って若いっていうか子供っぽいってかなり若く見える。
93 : ななしのよっしん :2017/03/31(金) 17:24:03 ID: L8NP7jS4L8
あー、確かに00年代ぐらいから漫画ゲームアニメの中年キャラの外観が若作りになってきてんな
90年代より遡ると逆に設定年齢と見合わないくらい老け顔のキャラにびっくりするんだがな。北斗の拳とかガンダムとかお前ら10代20代に見えねーよって
94 : ななしのよっしん :2017/05/07(日) 16:14:29 ID: eoL3D+dG6r
師匠御剣流を継承しなかったのは、御剣流は何かを幸せにしたのか?というのが大きな理由になるんだろうな
明治維新の戦乱は紛れもなく御剣流を必要としたが、それによって師匠が一番望んだ事(心太の幸せ)が果たされることはく、日本自体も抜斎の尽によって幸福になったとは言いがたいフシがあるから
御剣流が必要とされないというか御剣流によって生まれた不幸の大きさを考えると継承する気にはなれそうにない
95 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 02:04:30 ID: dFLeUBIXQc
本人も言ってる人をって鍛え上げられる殺人
殺しを全面的に是とする戦乱の世じゃないと継がせられないし継がせる意味もないだろう
96 : ななしのよっしん :2017/07/29(土) 00:26:22 ID: eoL3D+dG6r
その通りなんだけどそう考えるとなんで幕末まで存続したんだろうな
明らかに室町以前を舞台とした「戦国三日月」の時代にはもうあって、秀吉大暴れ・関ヶ原から徳年の太を経ているのに
97 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 21:38:05 ID: mk1nMPp+gF
むしろ太の世だったからいざという時のバランサーとして特に問題点が浮上せず存続したんじゃね
ところが乱世の幕末に登場したら大量殺人者の暗殺者になって一部のには妙なスターみたいな扱いされて
全に時代錯誤の理念剣術であることが明らかになってしまった
98 : ななしのよっしん :2017/10/06(金) 22:19:31 ID: WIoBMQTPKk
>>93
テニスの…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829