単語記事: 水上機

編集  

水上機とは、通常の航空機のように陸上ではなく水上を発着する航空機のことである。

概要

水上機陸上ではなく水上を発着する機体で、『紅の豚』にいっぱい出てくるやつである。

今でこそ航空機といえば陸上機であるが、1930年代には長距離客輸送に大飛行艇がよく用いられていたし、世界最速の乗り物水上機と言う時代もあったのである。『紅の豚』の設定時代はこの時代である。
これは当時フラップなどの高揚装置がなく、高速を発揮する飛行機が飛び立つには長大な滑走距離を必要としたため、陸上滑走路より長距離を確保しやすい水上を利用したほうが都合が良かったことや、エンジンの信頼性が低く大洋を横断する場合トラブルが発生した時に着できる方が安全であったなどの要因がある。
レシプロ水上機速度記録はイタリアのマッキM.C.72が記録した709.21km/hであるがこれは初期のジェット機よりも高速であった。
軍用としては第二次世界大戦中は偵察・観測用途として大戦闘艦にはほぼ水上機が搭載されていた。また、特に太平洋戦域において離に兵員物資を輸送したり、滑走路建設するまでの当座の戦としてなど日に盛んに利用された。

現在では、高揚装置が発達し陸上滑走路も整備されたことや、レーダーの発達等によって上記のような用途での利用はほぼなされていない。
では、現代の水上機はどのような用途に用いられているのかというと、難救助や滑走路の建設が難しいが面は利用できる離・地域への輸送、また大規模火災での消火活動などである。

水上機の降着装置

水上機は降着装置によりフロート飛行艇の2つにわけられる。というかこの二種しか実用化に成功していない。

フロートは機体下部にフロート(ポンツーンとも呼ばれる)と言う浮体を降着装置として付けている。にフロート1つの単フロートと2つの双フロートがある。単フロートはフロート1つだと安定性が悪いので通常下に補助フロートが付けられている。
簡単に言うと通常航空機には降着装置として着陸脚が付いているところにフロートが付いているだけに近いので水上機への改造が簡単と言う利点がある。ただし、大化すると欠点のほうが大きくなりフロート重量のせいでペイロードも削られ輸送効率も下がるといいことなしであり、基本的に小・中航空機に限られる。
ちなみに最大のフロート水上機アメリカC-47DC-3の軍用バージョン)の陸両用XC-47Cであるが画像検索してみれば分かる通り大きな機体を支えるためにフロートがでかいのでペイロードの大半を持って行かれ輸送量がガタ落ち、最高速度も低下といいことなしで試作1機で終わっている。まぁそもそも離にも速攻で滑走路作れちゃう米軍には用の長物なわけだが。

飛行艇は浮をフロートではなく機体そのものを艇体として得る形式で、着時に必ず胴体着をすることになる。そのため、機体下部が船舶のように造波抵抗を逃がす形、雑な言い方をすると船の形をしているのである。安定性向上のため下に補助フロートを付ける、もしくは胴体側面下部にスポンソンと呼ばれる横に広がったり出し部分を備えている。
飛行艇はフロートとは逆に小で欠点が大きくなり大では利点のほうが大きくなる。よって大水上機は基本的に飛行艇である。また、大なので収納式の陸上降着装置を仕込みやすく陸両用も多い。
なぜ飛行艇は小で不利かというと、機体を面につける関係上エンジンの位置を上に上げなければいけないのだが、大の機体の場合機体の上部にエンジンを持ってくればいいだけなのに対し、小の機体の場合エンジンを機体から持ち上げると言う見ただけでバランス悪いことまるわかりな形にならざるをえないからである。
ちなみに最大の飛行艇アメリカのH-4ハーキュリーズであるが、こいつはそもそも幅(の端から端までの長さ)が世界最大というとんでもない代物で、第二次大戦中に世論の影で軍が反対したのに戦時生産局の下部組織と契約がかわされて開発と言うgdgdっぷりからご想像の通り終始gdgdで滑テスト中に高度25メートルで1マイル飛んだだけで二度と飛ばなかったと言う、珍兵器ページに名前が載ってるあたりお察しである。現在はエバーグリーン航空博物館で展示されているのを見ることができる。

他にもホバークラフトや、水上スキーなども実験されたが実用化には至っていない。ちなみにまたアメリカだが水上スキーの降着装置で緩降下時とは言え音速を突破したシーダートと言うものも開発されている。もっとも様々な技術的課題に直面したため計画は中止されたが。なお米軍の制式名称F番号の7はこのシーダートが持っている(制式名称YF-7A)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

水上機に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E6%A9%9F
ページ番号: 5399803 リビジョン番号: 2322447
読み:スイジョウキ
初版作成日: 16/02/08 02:54 ◆ 最終更新日: 16/02/08 02:54
編集内容についての説明/コメント: 作成。加筆修正よろしくお願いします。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

水上機について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 16:13:18 ID: 5L5OfOjyEq
もっと各地で使われててもいいって感じの乗物だけどね
2 : ななしのよっしん :2018/01/05(金) 11:19:02 ID: qdWpqX6QWJ
紅の豚ラストに出てくる現代の水上機の詳細を知りたいのだが、だれか知らない?
3 : ななしのよっしん :2018/05/13(日) 02:12:09 ID: 2LOwWalSOh
>>1
そうではないと言うことは経済的か、技術的、自然条件か何かの問題がある、あるいは必要がないと言うことでしかない


>>2 女の子が乗ってきたジェット機なら、駿さんがそれらしく描がいた架のものではないのか?  設定等が知りたいのなら、他人任せ(特にネット上で費用をかけずにということ)はお勧めできないが…


飛行艇水上機仲間ではあろうが、構造的に違いがある。理解から遠ざかることを警告しなければならない。

実際に飛行している姿は胴体断面が長細い(幅狭く高さがある)ので、中小の機体なのだが巨大に見える。航空自衛隊輸送機より異様な迫がある
4 : ななしのよっしん :2018/05/13(日) 02:23:27 ID: CncDhh4TXQ
飛ぶフネ」ってロマンの塊だよなぁ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829