単語記事: 水島努

編集

水島(みずしま つとむ)とは、日本アニメーション監督、演出である。同期水島精二じゃないほうの水島監督頭おかしい方の水島

概要

1965年12月6日生まれ。北海道まれの長野県出身。高校時代の先輩映画監督山崎貴がいた。
1986年シンエイ動画に入社。『ドラえもん』『エスパー魔美』の制作進行を経て、『美味しんぼ』で演出デビュー
その後本郷みつる監督に起用され劇場版クレヨンしんちゃん』、TVシリーズの演出に参加。1999年、短編映画クレしんパラダイスメイドイン埼玉』で監督デビュー。その後2004年に退社し、現在フリーで活動中。

撲殺天使ドクロちゃん』や『ムダヅモ無き改革』のような過ブラックユーモアバイオレンスな演出のあるギャグ作品から、『おおきく振りかぶって』『xxxHOLIC』のような癖のある作品まで幅広く手がける。特に原作付き作品〈漫画)のアニメ化においては、原作エッセンスをアニメーションに落としこむのが上手く、「水島努監督ならアニメ化でも原作ファンが納得する完成度になる」という定評がある
オリジナル作品の監督も務め、『ガールズ&パンツァー』『SHIROBAKO』を世に送り出した。特に、自身初のオリジナル作品となった『ガールズ&パンツァー』では、製作の遅れで放送が延期するなどトラブルも起きたが大ヒットとなり、作品の舞台となった茨城県大洗町ファンを集めるほどの反を呼んだ。2013年12月、第18回アニメーション神戸賞・個人賞を受賞。

よく組むアニメ関係者は脚本家吉田玲子横手美智子音楽家浜口史郎音響監督岩浪美和アニメーター谷口一郎などがいる。

本人く「暇まで暇でしょうがないので仕事ください」とのことだが、とある製作プロデューサーによると向こう数年作品製作スケジュールでいっぱいとのことである。

クレイジーボーイ水島

シンエイ動画の演出時代もドラえもん具のパロディや過ギャグを用い、先輩演出からよく叱られたと回想しておりフリーになる以前からその片鱗をみせていた。また劇場版クレヨンしんちゃん』の5作から12作までの特報は彼が作っており、初期プロットだけで映像をつくるため実際にはないシーンが予告では多く見られファンの間では「ウソ予告」としてとなっている。(例、『温泉わくわく決戦』での野原一家離散、『オトナ帝国の逆襲』の戦闘シーンなど)劇場版クレヨンしんちゃんでは『温泉わくわく決戦』の不健康ランド、『オトナ帝国の逆襲』の中盤のカーチェイスシーンなどが水島監督が担当した演出である。また一説によると「ケツだけ歩き」は水島監督が最初に演出したといわれ、同じくクレヨンしんちゃんに参加していた湯浅政明によると「歩くアイデアは自分も考えたが先をこされた」とっている。

本人「『やりすぎない』という文字は私の辞書にはない」としておりとことん作品のクオリティを高めることを念頭に置いている。そして原作を好きな人にこのアニメ原作のことをよくわかってると思えるようにつくる」という原作重視方針に結び付くと原作危ないネタだらけの場合、非常に危険な方向へ突き進むことになる。また、「よんでますよ、アザゼルさん。」のトークショー「危ない事ネタは面いかな」とも発言しておりブラックユーモア系の原作作品に対する造詣も深いのでますます過な方向へ突き進み、TV局の放送コードと戦う日々を送っている。
放送コードの制限がないOVAではその過さはますますパワーアップしており、フリー直後に監督を務めた『撲殺天使ドクロちゃん』『大魔法峠』のOPや内容は「公式が病気シリーズ」の常連となっている。

「クレイジボーイという称は声優小野坂昌也が『よんでますよ、アザゼルさん。』のラジオでの発言からついたもので、原作の長いセリフを可な限り映像内に取り込むために声優に非常にな要をしたり、過原作ギャグを可なかぎり映像に取り込もうとする姿勢を評してつけられた。ちなみに水島監督はこの称を知っておりトークショーで名乗ったりしている。水島監督の奇行、無茶ぶりなどのエピソード声優以外にもスタッフや彼を管理する製作プロデューサー原作者などからもられており彼の個性っぷりがうかがえる。

また手がける作品内に変なダンスを入れることも多く、『侵略!?イカ娘』のレディオ体操は自ら踊った映像アニメーターに渡してそれを元につくったという逸話もある。

監督作品(※マークは音響監督も兼任)

作詞・作曲

 かつては音楽教師を志望していたためか、監督作では題歌その他楽曲の作詞作曲に携わることが多い。以下、関わった曲名(作品名)で列挙。  

関連動画(監督を手掛けた作品の公式配信など)

関連静画

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B0%B4%E5%B3%B6%E5%8A%AA
ページ番号: 4497482 リビジョン番号: 2308318
読み:ミズシマツトム
初版作成日: 10/11/03 22:29 ◆ 最終更新日: 16/01/03 09:59
編集内容についての説明/コメント: 仕様により勝手に付加され表示文字サイズに影響を与えていた<span>タグを削除しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

水島努について語るスレ

447 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 18:58:51 ID: fyzYg5+Hnm
まあ不条理の塊か
448 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 23:19:16 ID: s0wAXrxXtr
>>446  キズナイーバーきちんとまとまってたと思うよ

449 : ななしのよっしん :2016/07/03(日) 00:26:52 ID: QZpI/cV46O
>>444もいっているが、原作付の特にギャグアニメで本領を発揮するのが水島監督かと
ガルパンといい白箱といい、オリジナルでも面い作品をつくれるといった印
ただこれまた他でもいわれてるが、ホラーシリアス(ないしミステリー)がうん…色々とアレな気がするw
先行き暗〜い演出とか個人的にすこなんだけど、最後に詰め込みがちな展開と、シリアスな笑いが生まれがちな作風になるのがなぁw
450 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 10:39:08 ID: v2RKctwCic
>>448
あれも10話だかがクライマックス
終わりの2回はあっけなかったっていうか
相変わらず締めが弱いなーとか思いながら見てた
451 : ななしのよっしん :2016/07/07(木) 05:35:07 ID: s0wAXrxXtr
>>450 キズナイーバーきっちり最後まで あなたと私についてやってたよ
あっけないとか、締めが弱いっていうのがわからない



452 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 23:38:46 ID: 7q6Pz/rbAt
想像だけど、監督の根っこの考えは「なんちゃって冗談だよーテヘペロ (・ω<) 」じゃないかと思う。
ギャグ作品なら笑って許せるけど、
シリアス作品なら視聴者が「は?(威圧)」ってなるというか。
453 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 14:25:00 ID: GC90YUeCD5
クソアニメ請負人に事戻った模様
454 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 22:46:04 ID: rW9f07w1sw
水島はやっぱり明るく前向きでポジティブな作品でこそ本領発揮してくと思う。
血CとかAnotherのようなダークな作品は合わないから、そう言う方には手を出さない方が本人のためにもなる。
>>453
ディオメディアは、ガールズ&パンツァーのような覇権アニメになりそうだった人気コンテンツを、底辺アニメに落とした前科があるし・・・(あれはむしろ原作・脚本が一番の問題だが)
455 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 03:57:36 ID: Bywb9S4ucQ
水島努というプラス要素があっても
・苦手ジャンル
岡田磨里
ディオメディア
これだけのマイナス要素が重なるとどうにもならんということだろうな
456 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 04:11:43 ID: VeXms5/lj5
ここで言ってもしょうがないから艦コレは結果角川のPが事実上の流しになってるんだよな
某所で努嫌いで有名なミマンさんの職場並みに酷い制作環境だったと言われるぐらい
原作サイド制作に作ってほしいことを伝えずにふわふわしたことばかりいってりゃどうもならんよ
そこらへんの事情知らずに制作会社攻めてもしょうがないぞ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015