単語記事: 氷菓

編集  
曖昧さ回避 氷菓(ひょうか)とは、

氷菓』(ひょうか)とは、米澤穂信小説〈古典部〉シリーズ』を原作としたテレビアニメである。

2012年4月9月に放送された。全22話。

概要

原作の『氷菓』、『愚者のエンドロール』、『クドリャフカの順番』、『遠まわりする雛時系列順に再構成してアニメ化された。

登場人物の性格や設定は基本的に原作のものを踏襲しているが、アニメではエピソードが再編されており、それらがより鮮明となっている。また、時代設定が変されている(主人公らが神山高校入学した年が、原作では2000年アニメでは2012年)。ため、年齢や過去の設定が変わっている人物がいる。

キャラクターデザインは、アニメオリジナルのものである。アニメ化に際して、角川文庫刊の原作小説(5作品のうち、氷菓』、『愚者のエンドロール』、『クドリャフカの順番』、『遠まわりする雛』)に、古典部員4人のイラストがそれぞれ描かれているアニメビジュアル特大帯が付けられている。

第11.5話は、第11話と第12話の間の話にあたるアニメオリジナルストーリーで、2012年7月8日(日)の24時から「古典部USTREAM」にて先行配信され、2013年1月3日に発売のコミックス第3巻の限定版に同封された。

登場人物

古典部員

折木 奉太郎 (おれき ほうたろう)

中村悠一

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」

主人公神山高校1年B組。優れた洞察、推理を持つ本作の探偵役。
だが、上の言葉をモットーとする「省エネ義者」であり、推理をすることに対してあまり意欲的でない。

千反田 える (ちたんだ える)

佐藤聡美

わたし、気になります!」

古典部部長神山高校1年A組。「農」と呼ばれる名・千反田の一人
普段は清楚お嬢様だが、気になることに出くわすと上の言葉とともに「好奇心の塊」となる。

福部 里志 (ふくべ さとし)

阪口大助

データベースは結論を出せないんだ」

奉太郎中学時代からの友人。神山高校1年D組。古典部と手芸部、更に総務委員会を掛け持ちする。
趣味人じみており、雑学に長けるが、それは自分の興味があることに対してだけである。

伊原 摩耶花 (いばら まやか)

摩耶花の決め台詞募集中

茅野愛衣

「そもそもふくちゃんがやるって言い出したことじゃない!理由があったのかもしれないけどどういうことなの!大体連絡ぐらいあったって当然じゃない!別にキャンセルしたっていいのよ、ちゃんと連絡さえくれたら。ケータイ持ってたんでしょ?何考えてるの!わたしだけの問題ならともかく。何よその顔は、ちゃんと聞きなさいよ!自分の立場わかってるの?わたしに謝れば済むって話じゃないのよ!大体ふくちゃんはよく気がつくくせに、根本的なところで優しさが一欠片足りないのよ!どうなるかわかって何もしなかったんでしょ!あれから」

奉太郎の腐れ縁。神山高校1年。古典部漫画研究会、図書委員を掛け持ちする。
自分にも他人にも厳しい苛な性格である。里志中学時代から想いを寄せているが、はぐらかされ続けている。

その他重要人物

折木 供恵 (おれき ともえ)

雪野五月

奉太郎神山高校古典部OG合気道逮捕術が優れているスーパー女子大生海外を放浪中で、手紙奉太郎古典部への入部を命じる。

『氷菓』編(1~5話)

遠垣内 将司 (とおがいと まさし)

置鮎龍太郎

神山高校3年E組。新聞部の部長を務める。遠垣内内の中等教育に影のある系で、千反田とも縁があり、千反田えるとは学校外でも面識がある。通称オナニー先輩

糸魚川 養子 (いといがわ ようこ)

小山茉美

神山高校図書館書を務める。45年前の真実を知る人物。

『正体見たり』編(7話)

善名 梨絵 (ぜんな りえ)

豊崎愛生

財前村の民宿「青山荘」の姉妹の一人。明るい性格で伊原摩耶花の姪。小学6年生。

善名 嘉代 (ぜんな かよ)

小倉唯

善名絵の絵とべておとなしい性格。小学4年生。

『愚者のエンドロール』編(8~11話)

入須 冬実 (いりす ふゆみ)

ゆかな

神山高校2年F組。冷厳な雰囲気と威厳を持つ美人で、頭の回転がく、高い人心リーダーシップを持つことから、生徒間では「女」と渾名される。

江波 倉子 (えば くらこ)

悠木碧

神山高校2年F組。古典部入須冬実との連絡役を務める。

中城 順哉 (なかじょう じゅんや)

近藤孝行

神山高校2年F組。ビデオ映画撮影に際し、助監督を務める。

羽場 智博 (はば ともひろ)

阿部敦

神山高校2年F組。ビデオ映画撮影に際し、小具係を務める。

沢木口 美崎 (さわきぐち みさき)

伊瀬茉莉也

神山高校2年F組。文部に所属。明るくエキセントリックな性格を持つ。ビデオ映画制作の際し、広報を務める。

『クドリャフカの順番』編(12~17話)

十文字 かほ (じゅうもんじ かほ)

早見沙織

神山高校1年D組。十文字神山内にある荒神社の名門宮で、千反田とは付き合いがあり、千反田えるとは親しい間柄。占い研究会部長

谷 惟之 (たに これゆき)

川原慶久

神山高校1年D組で囲碁部所属。カンヤ祭では里志に因縁つけて、勝負を仕掛けてくる。

河内 亜也子(こうち あやこ)

浅野真澄

神山高校2年の女生徒で、漫画研究会所属。漫研内部における有者。摩耶と意見の食い違いで衝突する。

湯浅 尚子(ゆあさ しょうこ)

進藤尚美

神山高校2年の女生徒。神山高校漫画研究会部長。頭の回転が速く、機転が利く。

陸山 宗芳(くがやま むねよし)

森川智之

神山高校生徒会会長で2年生。彼の開会宣言によって「カンヤ祭」が始まる。

田名辺 治朗(たなべ じろう)

福山潤

神山高校総務委員会委員長。物分りが良く、穏やかで優しい性格。眼鏡をかけている。

『遠まわりする雛』編(22話)

吉田 竹蔵(よしだ たけぞう)

永井一郎

遠まわりする雛に登場。

スタッフ

主題歌

前期オープニングテーマ優しさの理由
作詞こだまさおり / 作曲編曲宮崎 / 歌:ChouCho
後期オープニングテーマ未完成ストライド
作曲編曲中山真斗 / 作詞・歌:こだまさおり
前期エンディングテーマ「まどろみの約束
作詞こだまさおり / 作曲編曲岡本健介 / 歌:千反田える佐藤聡美)、伊原摩耶花茅野愛衣
後期エンディングテーマ「君にまつわるミステリー
作詞こだまさおり / 作曲編曲高田暁 / 歌:千反田える佐藤聡美)、伊原摩耶花茅野愛衣

放送局

放送局 放送開始日 放送時間
チバテレビ 2012年4月22日 日曜日 24:00~24:30
テレ玉 日曜日 25:00~25:30
TVQ九州放送 日曜日 26:30~27:00
tvk 2012年4月23日 月曜日 25:00~25:30
KBS京都
サンテレビ 2012年4月24日 火曜日 24:00~24:30
岐阜放送 2012年4月25日 水曜日 24:15~24:45
TOKYO MX 水曜日 24:30~25:00
三重テレビ 2012年4月27日 金曜日 25:50~26:20
BS11 金曜日 27:00~27:30

各話リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第1話 伝統ある古典部の再生 賀東招二 武本康弘 西屋太志
動画
第2話 名誉ある古典部の活動 武本康弘 内海紘子 門脇未来
動画
第3話 事情ある古典部の末裔 村元克彦 石立太一 斉一
動画
第4話 ある古典部の昔日 江上美幸 河浪栄作 池田和美
動画
第5話 歴史ある古典部真実 賀東招二 三好一郎 堀口悠紀子
動画
第6話 大罪を犯す 西岡麻衣 坂本一也 高橋博行
動画
第7話 正体見たり 芦田 内海紘子 門脇未来
動画
第8話 試写会に行こう! 西岡麻衣 北之原孝 丸木宣明
動画
第9話 古丘殺人事件 賀東招二 山田尚子 植野千世子
動画
第10話 万人の死 坂本一也 高橋博行
動画
第11話 愚者のエンドロール 西岡麻衣 河浪栄作 引山佳代
動画
第12話 限りなく積まれた例のあれ 村元克彦 小川太一 内藤
動画
第13話 夕べには骸に 江上美幸 北之原孝 丸木宣明
動画
第14話 ワイルドファイア 村元克彦 山田尚子 植野千世子
動画
第15話 文字事件 賀東招二 内海紘子 門脇未来
動画
第16話 最後の標的 西岡麻衣 坂本一也 高橋博行
動画
17 クドリャフカの順番 賀東招二 石立太一 内藤
動画
第18話 連峰は晴れているか 芦田 北之原孝 丸木宣明
動画
第19話 心あたりのある者は 江上美幸 小川太一 斉一
動画
20 あきましておめでとう 太田里香 鴨居知世
動画
21 手作りチョコレート事件 西岡麻衣 内海紘子 門脇未来
動画
22 遠まわりする雛 賀東招二 武本康弘 武本康弘
石立太一
西屋太志
動画

関連動画

関連生放送

関連商品

CD

コミカライズ

Blu-ray・DVD

BD-BOX

Blu-ray

DVD限定版

DVD通常版

原作

関連チャンネル

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B0%B7%E8%8F%93
ページ番号: 4773859 リビジョン番号: 2523914
読み:ヒョウカ
初版作成日: 11/11/29 19:51 ◆ 最終更新日: 17/09/16 22:34
編集内容についての説明/コメント: チャンネル追加他
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


非・省エネ

伊原摩耶花(修)

DA

折木奉太郎

折木奉太郎(途)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

氷菓について語るスレ

1325 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 12:58:57 ID: DwzBTWyMre
>>1324
大体分かった。アニメって時系列順だったんだね…でも後一つ
連峰で回想のあのヘリ小木の「知人」を救助しに行ってるなんて描写あったっけ?(自分の勘違いかもしれんが…)
1326 : ななしのよっしん :2017/09/27(水) 07:09:30 ID: O1G1lamYpA
TSで累計来場者30えてたわ
単純な内容をあそこまで面くした原作もさることながら京アニ渾身の映像美と演出で
何回も見れる良作で名作だわ
原作者もアニメに感化されてほうたるえるたそスイートENDにしてくれれば良いんだけどな
あそこまでやってくっつかないとかいだろう
あの二人めっちゃ良い夫婦になると思うんだよ……
休みの日とかは縁側で二人まったりとか飲んでそうやん…?
1327 : ななしのよっしん :2017/09/27(水) 13:36:16 ID: Am0yD6FDlP
>>1325
小木先生は知人を救うためのヘリが飛ぶのを期待していたんだな、それなのに気楽に小木先生ヘリが好きだったとか言うのは駄だな、
を導くための推理をえんえんしてたのが連峰なんで、確はないよ。小木先生にわざわざ尋ねるのも傷をえぐる話だしね
奉太郎はあの状況から他人のことを察したいと願っている儀な人種だよという話なんで、そのへんのテーマをまとめる意味もあってか後から「いまさらといわれても」という短編集に所収されている
なんともけったいなモットーを掲げる奉太郎には、実は彼なりの「優しさの理由」がちゃんとあるぞという短編集なんで、読んでみると分かりやすいかもしれない
1328 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 20:56:51 ID: rRUrTZd1Se
そういえば、3連休頭から実写版放映されてるんだっけ。
全く見る気がしないが。
1329 : ななしのよっしん :2017/11/07(火) 03:15:15 ID: /r143SY5vu
映画速見てきましたが、
悪くない出来でした。素直に楽しめました。

キャストに難色を示す人も多いかと思いますが、後半にかけていくに従い、だんだん慣れていきました。所詮キャストなんて、第一印ですのでそこまで気にしなくていいかと、特にサトシがはまり役で、見たを有り余る演技の幅で補ってくれていました。

視聴者にも分かりやすいように、事件の進みを一本道にしてくれたり、サトシ摩耶香の仮説を入れ替えて、話の流れをスムーズにしたりと、脚本の腕もいい感じでした。

原作の再現度もかなり高く、何より100分でうまく氷菓編をまとめあげているかと思います。
原作変箇所がいくつかありますが、幾分納得できたり、映画なりのフォローとしての部分もありつつ、映画なりのストーリーになっていたと思います。

気になる点でいうと、監督さんが元々ホラー映画が得意なこともあり、氷菓大人しい空気感と重なって少しホラーっぽい雰囲気になってしまっていた。
原作などでは、えるに何故か逆らえない→仕方ないから付き合う。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1330 : ななしのよっしん :2017/11/08(水) 09:40:32 ID: nYhHNtZGra
糸魚川先生との初対面のシーンや、折木がトイレに行く前の千反田とか怖かったなww
1331 : ななしのよっしん :2017/11/22(水) 22:11:08 ID: TCv6ntnyro
今さらだとは思うけど、実写氷菓アニメファンはともかく古典部シリーズ好きな人なら見て損はないよ

ただとりあえず、再現とか以前に山崎賢人と広瀬アリス高校一年生の役で出すにはやっぱりキツいよね!広瀬アリスはちょっとアニメチタンダエルに引っられてるとこあったし、違和感がヤバイ

見所としては個人的に関谷純というか
アニメでも小説でも人物像が描かれることも少なくてボンヤリとした存在だったんだけど映画ではストーリーが追加されて裏主人公にまで昇されてたのは見事だったと思う
みんなであれこれ「関谷純」について考えてる間、本郷奏多演じるカリスマ溢れる勇ましくてカッコイイ英雄的な関谷純が描かれるんだけど、事実明らかになるにつれ小でどこにでもいるごく普通だけど優しい文学青年にまで萎んでいく演出は本当に見事だったと言いたい

全体的に氷菓って作品を楽しみたいならアニメ小説読んでおいたらそれでいいって思うけど、もし氷菓好きなら実写でしか表現できないものがあるから絶対見てほしい。そろそろ終わる映画館もあるからめに
1332 : ななしのよっしん :2017/11/28(火) 20:03:37 ID: spQXz2ajZu
アニメが有名なだけで原作は一般小説だから実写映画自然ではあるよね
ここ見た感じアニメ実写化じゃなく小説実写化みたいだし今度見に行ってみよう
1333 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 14:11:46 ID: LjMSyrYd7r
dアニメニコニコ支店で観られる様になった(ただし極め有料
http://www.nicovideo.jp/watch/1505885865
1334 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 22:22:38 ID: 1s9DkW4H4c
久しぶりにアニメ見返してみた
歳とると制服とか学校生活全般がまぶしく見えるね
氷菓の場合はすんなりといかなかったりビターな後味がなおよくしてくれる

ところで昔から気になってたんだけども
序盤のほうに多く出る奉太郎の心表現(?)とでもいう不思議な描写
1話だとえるの伸びるシーン掲示板文字が溢れ出るシーンなんかは
意図が良くわからないのよね
奉太郎が人の圧に押されてるって表現なんだろうけど何故あんなに不思議チックにしたのか
初見たときは物語シリーズみたいな作品と思ってた
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829