単語記事: 汚名挽回

編集

概要

  • 日本語の誤用として有名な言葉。
  • 「汚名返上」と「名誉挽回」が混ざってしまった誤用として、一部書籍・辞書による記載が広まってしまったもの
  • 時として、普段は「汚名」通り使えない者が、急に活躍して汚名返上するものの、
    その後また使えなくなることで「汚名」を「挽回」することをす。
  • 汚名を持つキャラだった者が、一時期汚名返上していた時期があり、再び汚名を取り戻す事 (ネットでの使われ方参照)。

誤用ではない?

概要で示されているように一般的に誤用として広まっているが、間違いではないという説もある。
実際、一部の辞書には明確に「汚名挽回」は誤用ではないとわざわざ記されている。
一度デマが広がると否定するのにコストがかかるのと同様の例だといえる。

「挽回」の意味

「挽回」という言葉には「巻き返しを図って本来の良い状態に戻る」という意味がある。
そのため「汚名挽回」は「汚名を被っている状態から元に戻る」という解釈が可なため、「汚名返上」と同じ意味であるととらえることもできる。
似たような用法の言葉として「疲労回復」を思い浮かべれば理解しやすいだろう。

また、同じ「挽回」を用いた言葉でも「遅れを挽回する」「劣勢を挽回する」という言葉が一般的に使われているが、これも遅れや劣勢をもう1度得る、と言う意味では使われない。

なお、この説を正とする場合、「汚名挽回」は「汚名の有る状態から、良い状態へと回復する」と言う意味である。
「汚名返上」は、汚名を返上した後の状態を問わないため、根本的に意味の違う新である、とする説もある。

また、「(悪い意味で)汚名をもう1度得る事」と言う意味で汚名挽回を使ってしまった場合、「挽回」を誤った意味で用いていることになるため、明らか日本語の誤用となる。
恥ずかしいので使わないようにしよう。

この説への再反論

そもそも「汚名返上」「名誉挽回」と言う言葉が正しい熟として存在するのだから、
それらを使わずわざわざ別の熟を使おうとするのはおかしい、と言う物がある。
例えば「変幻自在」を「変幻自由」と言う事はない。「一両断」を「一太刀両断」とは言わない。というである。

しかし、これは最初から4文字として成立しているものに対して言えるものであり、2文字の組み合わせである本項に対しては妥当なものではない。

昔は使われていた可能性

1985年に出版された『揮者の戦訓』(図書出版社)(筆者:俊夫、1920年・京都府生まれ17ページに、以下の一文がある。

天皇は殊のほかご機嫌がよく、山下は恐悦して退出、先年の汚名挽回のため、一層の働きを心に誓った 

また、2006年6月27日に出版された戦場名言』(思社)226227ページにも、「汚名挽回」の文字がある。
こちらは、1950年前後生まれの方4名の編著。以下がその一文。 

これで敗北に打ちのめされていた太平洋艦隊の衆心は、がっちりと一つに固まった。新しい令長官は、汚名挽回チャンスを与えてくれたのだ。これで士気が上がらないわけはない。 

また、文化庁の調査によると、40代~60歳以上で「汚名挽回を使う」と答えた人が44.0~50.0
文化庁は、これを含めた3つのアンケートの結果から「本来とは異なる言い方が,高年層で高い割合」と結論付けたが、上記2つの例文を見ると、昔は正しいとされていた可性も見えてくる。 
2004年に行われたアンケートなので、40代以上は1964年以前に生まれた人になる。) 

当然、文化庁の結論が正しい可性もあるが……。

三省堂国語辞典に掲載

2014年5月1日国語辞典編纂者の飯間浩明氏のツイートが話題となった。
概ね、上記の「挽回」に関する件を『三国語辞典』第7版に記述した、とのこと。

同氏は、1976年の『死にかけた日本語』(英潮社)の摘が原因なのでは、と推測している。
書籍によって誤った知識を植え付けられる事例は、「ゲーム脳」などの疑似科学を扱う本が記憶に新しいか。

小ネタ

そもそも「汚名」は「ぐ」ものであって「返上」するものではない、という説もある。
その拠になるかは不明だが、青空文庫内で「汚名(を)返上」という文が見つからなかったという報告がある。

「名誉挽回」というにも異議を唱えるがある。
「名誉」は自でどうにかできない面もあるため、「名誉恢復(名誉回復)」のほうが正しいのではないか、という説が挙がっているらしい。  

アニメ・ネットでの使われ方

アニメでの使われ方

汚名挽回」という言い回しは、日本語の使い方が大らかだった時代の古いアニメを見ているとよく散見される。

たとえば1983年7月に放映開始された「キャッツアイ」(第1シリーズ)がニコニコアニメチャンネルで放映されたときにも何度も汚名挽回というセリフが出てきては視聴者ツッコミが入っていた。

しかし、決定的にサブカルチャー業界に広まったのは、ガンダムシリーズ富野由悠季監督の「トミノ」がきっかけとされる。

1985年昭和60年3月23日に初放映されたアニメ機動戦士Ζガンダム』の第4話「エマの脱走」において、脚本のミスジェリド・メサ(及び受け答えをしたバスク)が以下のセリフを発するシーンがある。

バスク 正攻法で、アーガマの新モビルスーツを略奪してもらいたいのだ。
中尉ならできるはずだ。
私に意見をするほどの、器量をお持ちだからな。
エマ しかし。
バスク なにも一人でとは言わない。
ライラ隊との共同戦線をることを許可しよう。
3機のガンダムMk-Ⅱを使っても良い。
ジェリド 大佐ガンダムMk-Ⅱを使わせていただけるのならば、自分が汚名挽回をしたく…。
バスク 汚名挽回?
その言葉は実績を見せた者がいうことだ。
どうかね、エマ・シーン中尉?

-------------------------------------------------------> 《 参考動画

セリフとして「汚名挽回」を発していたのは検した結果この4話だけであったが(なお、劇場版漫画機動戦士Ζガンダム Define』では「汚名返上」に変更されている)、ジェリドセリフではなく実際に行動でも汚名挽回を繰り返すため、いつしか「汚名挽回」を代表するアニメキャラとなったのである。(詳しくはジェリド・メサの項を参照)

なお、当記事更新前に、ジェリド・メサが何度も汚名挽回と言っていたような誤った記述をしていたことをお詫びします。掲示板摘を受け調べましたが編集者うろ覚えでした。ジェリドの汚名返上のため謹んで訂正いたします。

また、『Zガンダム』より1年前の1984年(昭和59年)3月3日から放送したアニメルパン三世part』の第2話でもやはり次元大介が「とっつぁんに汚名挽回チャンスを~」と言っている場面がある。こちらはDVD版でも修正されずそのままである。もう許してやれよ

このように「汚名挽回」というセリフアニメ業界において今でもり継がれるような名作アニメ上でも多用されたため、「誤用じゃない!(誤用じゃない!)ホントのコトバ~♪」(これはZZか)としていつしか妙な市民権を得ていったのである。そしてまた、それらのアニメを見て育った日本人にも、汚名挽回という言葉は焼き付いた。

しかし、21世紀以降のアニメでは、ネットからすぐツッコミが入るようになったためか、汚名挽回というセリフを見かけることは少なくなった。そのため現在ではボケとして使われることが一般的。
似たようなものにCLANNAD春原の汚名万来という誤用もある。

ネットでの使われ方

ネットにおいて汚名挽回という言葉が流行することになったのは、2人の伝説の人物の登場によってである。

1人は「江頭2:50」。

1クールのレギュラーより1回の伝説」が座右の銘である彼はまず、1997年2月15日江頭テレビ東京の『ザ・場破り!』の企画の一環として、トルコで行われたオイルレスリング交流試合の会場に前座として乱入3000人以上のトルコ人を前にして全裸パフォーマンスを行い、暴走して肛門でんでん太鼓を刺して逆立ちというパフォーマンスをしてトルコ警察によって身柄を拘束され逮捕されるという国際問題になりかねない大伝説を残す。

その頃はまだインターネット明期であったためようつべ動画等も出まわらず本当に伝説になっただけだが、「賀子にキスして笑っていいとも永久出演禁止にされる」「北朝鮮に突入」「北京五輪リレーに突入(さらに五輪会場にも)」などの過パフォーマンスを繰り返す頃にはインターネットが普及し、汚名挽回」とは彼のためにある言葉なのではないかと、江頭2:50が稀にテレビに出演するたびネット住民は「また汚名を挽回してくれないかな~」と皆で実況スレwktkするようになったのである。

(ただし2011年東日本大震災で物資が行き届かなくなった福島県いわき市の窮状を見て満載のトラックで単身乗り込んで救援物資を届けた美談が世間に伝わると、一気に汚名返上したと話題になった。しかし本人はこれに焦り数々の美談を否定するとともに、善人キャラになってしまっては困ると再び頑って汚名挽回中である。)

もう1人は「田代まさし」。

まず、2000年9月24日東急東横線都立大学駅構内において帽子サングラスマスクという姿で女性下着盗撮しようとしている様子を撃者が通報されたのがマスコミに発覚し「ミニタコ」の名言を残した彼は、さらに2001年12月9日田代は近所の男性風呂を覗いたとして軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕された。

こうして盗撮することを「タシーロする」と表現するぐらいのネットスラングになり流行したのだが(「片翼の田代」等を参照)、これはまだまだ序章で「これからが本当の汚名挽回だ」であった。

この連続盗撮事件を不審に思った警察が自宅を宅捜索したところ、なんと覚醒剤が発見され、覚醒剤所持・使用容疑で12月11日、再逮捕され、所属事務所解雇されてしまうのである。

2002年3月、裁判で懲役2年執行猶予3年の判決を受けた彼は、サンデージャポンなどに出演してお詫びするものの、執行猶予中の2004年9月20日に再び覚醒剤及び渡り8cmバタフライナイフを所持していたとして銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕され、とうとう懲役刑になってしまう。これには師匠的存在の志村けん全にを投げたと伝わり、この頃からネットでは「またお前か」より強い言葉として「また田代汚名挽回した」と使われるようになったのである。

出所したころ丁度始まったニコニコ動画にも出演し、ニコ生でも視聴者に更生を誓っていた彼であったが、2010年平成22年9月16日午前2時10分頃、横浜レンガパーク駐車場内で会議の応援警備に当たっていた福岡県警察本部の警察官に職務質問を受けた際、コカインをポリ袋に入れて所持していたことが発覚し、またまたまたまた汚名を挽回してしまったのである。

今度は懲役3年6ヶの実刑判決となり収監された田代2014年7月2日に仮釈放され、2015年2月、4年6ヶぶりに自身のブログ更新民間依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告し、更にその後6年ぶりの著書「マーシー物リハビリ日記」の発売イベントも行った。この会見時、やせ姿から健康的な姿に回復していたため、ついに彼は矯正を果たして汚名挽回の負のサイクルを断ち切ったかと思われた。

しかし2015年7月6日東京都世田谷区東急電鉄二子玉川駅女性スカートの中を携帯電話盗撮した疑いで事情聴取を受けていた事が報道された。約15年経ってもなお「ミニタコ」のコント構想に未練があったのか・・・。田代まさし氏の汚名挽回は残念ながらまだ続いている。

これら2名によって、汚名挽回インターネット上で

かつての汚名を再び取り戻す汚名行為」という意味を確立した。

故に、汚名挽回という言葉は、ネット上においては

日本語の誤用かどうかの問題とは別次元ネットスラング”になったのである。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B1%9A%E5%90%8D%E6%8C%BD%E5%9B%9E
ページ番号: 378287 リビジョン番号: 2301781
読み:オメイバンカイ
初版作成日: 08/07/21 10:59 ◆ 最終更新日: 15/12/18 09:44
編集内容についての説明/コメント: 誤りを修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

汚名挽回について語るスレ

464 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 00:37:40 ID: 2X1Y7gvezF
>>463
なるほど、納得した
465 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 10:35:38 ID: tiYxTkWdki
>>464
この場合納得という言葉は適切ではない
ネットにおいて対等の立場の相手に対しては
おk把握
と言うのがが正しい
466 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 22:01:54 ID: Uz49graKRs
きじでぎろんしてるすごーい
467 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 07:58:00 ID: +G9+0xYL/9
「汚名」自体が挽回する(評価がマイナス方向に行く)って解釈すること自体がギャグの類なのかと思ってた
「挽回」のニュアンスが理解できなくても文脈で分かるでしょ普通
468 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 05:29:54 ID: joZPxTsi7w
・四字熟かどうか
・慣用句かどうか
この辺りは基準がものすごく曖昧なんで論じることに大した意味はないな
469 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 07:26:34 ID: ARJAzhpFPf
ディオム(熟、慣用句)とは、一般には、「(1)が強く結合して、(2)特定の意味をもつもの」を言う。
(2)の「特定の意味をもつ」とは、a)新たな意味を生むか、b)意味を固定する、ということだ。
a)の新たな意味を生むかの判定は曖昧だが、b)の意味を固定するかの判定はある程度明確だと思う。

「汚名返上」に関しては、「返上」に「受け取らないこと」と「頂いたものを返すこと」という
2通りの場合があるので、それが「汚名返上」となると後者の意に固定されると考えられる。
前者の意味の用例としては、「休暇を返上する」「報酬を返上する」「名誉を返上する」がある。
後者の意味の用例としては、「CEO職を返上する」「政権を返上する」「領地を返上する」がある。
前者の用例でも、一旦受け取ったが気が変わって返す場合には後者の意味になるかもしれないけど。

汚名挽回」に関しては、「挽回」には「良くない状態から良い状態に回復する」の意味しかないので、
汚名挽回」になっても意味は固定されない。これが「汚名挽回」が熟らしくない所だと思う。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
470 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 07:33:19 ID: joZPxTsi7w
とりあえず反論

>「汚名挽回」に関しては、「挽回」には「良くない状態から良い状態に回復する」の意味しかないので、
>「汚名挽回」になっても意味は固定されない。

元になる言葉の意味が一つであれば、むしろそこから成る言葉の意味が固定される要因にしかならないと思われるが、
何故逆に「意味が固定されない」としたのか説明を願いたい

そして

>a)新たな意味を生むか、b)意味を固定する、

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
471 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 07:45:13 ID: joZPxTsi7w
申し訳ない、「汚名挽回」は元々a)の条件には当て嵌まらなかった
よって

>基準自体が曖昧になっている

に関しては取り消します
失礼しました
472 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 13:15:54 ID: EFNoNEKsnk
>>470
からだが、ちょいツッコミ
>因みに「名誉返上」だと約35万件ヒットしてしまう
>>469は""で挟んだ全一致での検索件数を挙げてるから
「名誉返上」でなく「"名誉返上"」での件数を較しないと意味ないですよー

なお「"名誉返上"」での検索件数は約1万5千件ね
473 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 13:43:27 ID: EFNoNEKsnk
あと「固定される」という表現のニュアンスが、
両者の間でズレているんだろうと見受けられますな


>>469のいう「固定される」は
「(ふらついてる状態から)固定され(た状態に変化す)る」
というニュアンスっぽい。
>>470の考えてる「固定される」は
「(前の状態は関係なく)固定され(た状態になってい)る」
というニュアンスだろうから、そこで齬が生じてる


(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015