単語記事: 決闘者

編集

この記事では、OVA銀河英雄伝説」の外伝作品について記述しています。
同様の意味の他の言葉については記事デュエリストをご覧ください。

軍務の内勤を命ぜられ、々とした日を過ごしていたラインハルトは、
アンネローゼの友人であるシャフハウゼン子爵夫妻が
決闘を挑まれているという苦を聞き、その代理人となることを引き受けてしまう。

次回、「銀河英雄伝説外伝決闘者」、第1話。
護るべきものは誇りか、夢か、それともか。 

決闘者(Der Duellant)」とは、OVA銀河英雄伝説外伝オリジナル作品の一つである。全四話。

概要

前作「叛乱者」で駆逐艦ハーメルン>を降り、軍務の内勤となったラインハルトキルヒアイスが、オーディンで遭遇した事件を描くOVAオリジナル作品。戦闘シーンは実質的に存在せず、もっぱらラインハルトキルヒアイスの友情と、彼らを取り巻く陰謀についてのストーリーが展開される。

ラインハルト少年時代空白を埋めるOVAオリジナル三部作の第二部で、オーディンでの二人の生活や帝国の文化・風俗貴族社会の裏側などが垣間見える。ラインハルトの行動に振り回されるキルヒアイス愚痴ともツッコミともつかない心のは必聴。

決闘

銀河帝国における貴族同士の勝負の方法。
実際には貴族同士が行うものではなく、それぞれが雇ったプロの「決闘者」を代理人に立てて行われるゲーム感覚のもので、他の貴族も見物にやってくるだけでなく、賭け事なども横行した。

基本的には一発ずつ弱装弾を込めた旧式の火を一人2丁持つかたちで行われ、腕や肩など、決闘を続行不と判定される程度の怪を負わせたほうの勝ちとなる。殺してしまった場合、むしろ素人の決闘者として本人にも、また雇った貴族の方も笑いものにされるため、死に至る危険は実質的に存在しない。で決着がつかなかった場合、剣、素手というように種を変えて再戦となるが、実際にはほぼのみで決着がつく。

この作品では、ふだんの光線銃と違い反動があって使いにくい火に挑むことになったラインハルトが苦労することになる。

登場人物

ストーリー

Kap.1

「(”たまには”って、いつもいいところ持って行くじゃないですか……)」

オーディンの軍務で気の乗らない事務仕事に携わることになったラインハルトキルヒアイス。二人は作業中に帳簿の不正とおぼしき数字の矛盾を発見して上官に知らせたが、「それは必要悪だ」と一蹴されてしまう。ラインハルトは前線から離れた軍務の腐敗に噛みし、更なるを得ねばならないという思いを新たにした。

数日後、二人は敬するアンネローゼと会うことが許され、その友人であるヴェストパーレ男爵夫人、シャフハウゼン子爵夫人とともに会のテーブルを囲むこととなった。その席で男爵夫人からシャフハウゼン子爵の苦を聞かされたラインハルトは、ここ最近の々とした感情を気分転換しようと、自ら決闘の代理人に手を挙げる。

彼の提案に嬉々としてお立てを進めるヴェストパーレ男爵夫人の後押しもあってシャフハウゼンの代理人となったラインハルトの隣で、キルヒアイスは溜息をつきつつ、この決闘事件でアンネローゼに心配をかけないよう、ラインハルトの命に危険が及ばないよう努することをめて誓ったのであった。

Kap.2

ルッツコルネリアス・ルッツという」

「グリューネワルト伯爵夫人の」が決闘に挑む、という話は、すぐに門閥貴族の社交界に広まった。「腕の良い決闘者を雇った。グリューネワルト伯爵夫人のに痛いを見せてやる」とするヘルクスハイマー伯爵。妻子とともに彼の邸宅を訪れたリッテンハイ侯爵は、伯爵皇帝の世継ぎに関わる後ろ暗い会話を交わす。

その頃、ラインハルトたちは火の練習のために試射場にやってきていた。火を使い慣れず、思うように的に当たらない事に怒るラインハルト。それを通りすがりのコルネリアス・ルッツ少佐が聞きつけ、ラインハルトの使っていたで見事に的のどん中に当ててみせる。彼はラインハルトに火の撃ち方を教導して去っていった。

一方、オーディン郊外に覆われたの中。ヘルクスハイマー伯爵決闘者ゴルトシュミットは、果たし状を送りつけてきたマントの男と向かい合う。の中での決闘の末、斃れるゴルトシュミット。マントの男は、決闘としては反則である心臓まっすぐ狙い、彼を撃ち殺したのである。その影には、ラインハルトを憎むベーネミュンデ侯爵夫人の陰謀が隠されていた……。

Kap.3

による立ち会いを所望!」

決闘の日。ヴェストパーレ男爵夫人の用意した手な正装を身にったラインハルトは、マントの男と相対する。プロ相手ゆえあえてセオリーを外した動きで二発弾に賭けるラインハルトラインハルト弾はマントの男の右肩に、マントの男の弾は胸の前に掲げていたラインハルトの左腕にそれぞれ当たっていた。左胸の心臓を撃ち抜かれれば、火とはいえ命はない。マントの男は、ラインハルトの命を狙っていたのだ!

マントの男の利き腕が奪われたと判断した審判は、シャフハウゼン子爵側の勝利を宣言しようとする。しかしそこに物言いがついた。マントの男が、による再戦を望んだのである。観客たちの熱狂の中、を交えるラインハルトマントの男。ラインハルトは手練の敵に押し込まれ、今にもその身にを突き立てられようとしていた。

その時である。決闘を止めるが会場にき、近衛兵の一隊がを駆って姿を見せた。そして近衛兵は一方的決闘の差し止めと鉱山利権の折半を申し渡し、皇帝陛下の御断であるとして反論を抑える。を心配したアンネローゼが、皇帝を動かしたのだ。しかしラインハルトは、救うべきに逆に救けられてしまったことに傷ついたのだった。

Kap.4

キルヒアイスには、なんと言って誤魔化そうかなぁ……」

自らのさに打ちひしがれるラインハルト。腕の傷はほとんど癒えたが、心に負った重傷はいまだ癒らぬままであった。そんな時、キルヒアイス不在のさなかに、二人の住む部屋にボウガンの矢が飛び込んでくる。それは、古なことにマントの男からの矢文であり、果たし状であった。これを見た彼は英気を取り戻したが、同時にどうやってキルヒアイスに気付かれないよう誤魔化そうかと思い悩むことになった。

果たし合いの話を隠し、あくまで武芸の稽古としての修練に励むラインハルト。彼は軍務の資料を漁り、「西暦の19世紀以前の東洋のある」でのの流についての知識を得る。キルヒアイスはそれに付き合いつつ、ラインハルトが再戦しようとしているという確信を深めるのだった。

そして再戦の日。ラインハルトは騎乗して単身郊外へと赴き、マントの男と向かい合う。を合わせる二人。それを影から狙う別の暗殺者と闘うキルヒアイス。戦いの末にを折られたラインハルトに、マントの男のが振りかかった。咄嗟にラインハルトは、資料で得た「東洋のある」の秘技を繰り出し形勢を逆転させる。勝利によって屈した思いを振り払ったラインハルトは、自殺を選んだマントの男をに自宅へと帰っていった。

その他作品詳細

オープニングテーマ : 【Story of Time
歌 : AKEMI
作詞作曲David Himeno
編曲戸慎介
エンディングテーマ : 【約束された未来
作詞作曲・歌 : 小椋佳
編曲戸慎介

見どころ

関連動画

関連商品

関連項目

帝国483年末、巡航艦の艦長となっていたラインハルトに、一つの密命が下った。
ヘルクスハイマー伯爵の亡命の阻止と、持ちだされた軍事機密の回収。
それは、拒否することも許される困難な任務だったが、ラインハルトは……。

次回、「銀河英雄伝説外伝奪還者」、第1話。
野望へのは、自らの手で切り拓け。


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B1%BA%E9%97%98%E8%80%85
ページ番号: 5243574 リビジョン番号: 2427090
読み:ケットウシャ
初版作成日: 14/06/24 01:55 ◆ 最終更新日: 16/11/12 12:42
編集内容についての説明/コメント: 差し戻し。きちんと誘導もされているのに議論のないままリダイレクトしないでください
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

決闘者について語るスレ

19 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 00:25:25 ID: /JNw8hx4bU
その理屈なら編集しなおしてもとに戻すのも自由になるんじゃね?
他人様とかちあう自由なんてなんとしょうもない存在にすぎないことよ
だから周囲と話して協調する必要があるのに己の自由のみ押し通し、そこをすっとばしたのはあんたさんだよね
あなた以外に困る人がいるのかと

とか言ってたがゆがみがどうとかそれこそどうでもいいことにしか見えん
あんたの方がわがままにしか見えん
20 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 00:37:19 ID: /JNw8hx4bU
編集者同士のコミュニケーションのために、編集をお願いしております。

んで、プレミアムじゃないから編集はできないんだが
編集してみようとすると出る文の中にこういうのが出るんだよね

編集者同士のコミュニケーションなんて一つもしなかったよね
何かするにしても根回しや打ち合わせもしない自由なんかいらね
そんな自由モンペの好き勝手と変わらないと思うんだよねえ

記事の内容を「決闘者とはOVAござる。以上終わり、簡潔でよかろ?」という編集する自由なんていらん
それと変わりないことやってるわ
周りに図れと
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
21 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 00:52:35 ID: 7Zrb861Lv2
>>18
ニコニコ大百科は「(有)未来検索ブラジル運営するあらゆる言葉についての記事を閲覧・編集したり、コメントをしたりするサイト」ですよ。ニコニコ動画タグを説明する場所「でも」ありますが、そのためだけの場所ではなく、ニコニコ動画の趨勢に従わなければならないということもありません。
(ところで記事右上からタグ検索し再生数上位から)

正直な所、あなたがされたい論点がわかりません。
ニコニコ大百科ルールである議論と合意を行わず、編集履歴レスもみなリセットして記述内容を新記事に移し、曖昧さ回避ではなく他所にリダイレクトしてしまうoraims ox氏の編集でも、自由な編集であるから問題はない、とおっしゃりたいのですか?
22 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 00:57:09 ID: m1hLOgbZv0
今回の編集ではKS60さん側に理があるように思えるな。

最大の問題点は編集履歴掲示板が引き継がれなかったこと。これやられると積み重ねで作られるwikiサイトとしての利点が吹っ飛んでしまう。
ましてや元の記事をリダイレクトにして簡単に閲覧できない状態にまでしたのでは、記事の隠蔽にもあたる重大な荒らし行為。

第二に問題なのが編集する前に掲示板での提案とか、まず提案のお知らせを記事に追加するとかせずに編集を急いでしまったこと。
かけって、コミュニケーションの基本。それなしでは独りよがりになりかねない。

差し戻しはやむなしな判断だと思う。
23 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 00:58:00 ID: 7Zrb861Lv2
>>21五行は記述途中の削除漏れです。申し訳ない
24 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 02:19:37 ID: nN7fpkiNZe
決闘者(遊戯王)
の記事あるじゃん。冒頭に書き足します?
25 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 04:11:15 ID: nN7fpkiNZe
記事名を「決闘者(Der Duellant)」(読みデアデュエラント)
に変更

曖昧さ回避で記事名を「決闘者」(読みケットウシャ)
作成

決闘者」の記事にて「決闘者(Der Duellant)」「決闘者(遊戯王)」の記事へ誘導するのはいかがか?
26 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 21:23:51 ID: 7Zrb861Lv2
>>25
記事名を変更するならば、こちらは「決闘者(銀河英雄伝説)」のほうが良いかと思います。
「Der Duellant」は副題の類というよりOPラスト外伝の題名が出る部分で表記される英字題で、
公式サイトなどでは基本的に「決闘者」としてのみ表記されていますので。
読みも、次回予告では「けっとうしゃ」読みですのでそれに準ずるべきかと。
27 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 21:58:54 ID: m1hLOgbZv0
記事名変更を行うのであれば、
現状「決闘者(銀河英雄伝説)」(http://dic.nicovideo.jp/id/5454809)の記事が浮いた状態なので、

1、http://dic.nicovideo.jp/id/5454809の記事をこの記事へのリダイレクトに変更
2、この記事の名前を「決闘者(銀河英雄伝説)」に変更。同時にhttp://dic.nicovideo.jp/id/5454809の記事名は「決闘者」に変更される。
3、記事名変更された「決闘者」(http://dic.nicovideo.jp/id/5454809)に曖昧さ回避を設置

という感じがいいと思う。もちろん、他の記事からのリンクもすべて書き換えも込みで。
28 : 削除しました :削除しました ID: S9nIm+OO6f
削除しました
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829