単語記事: 沢城みゆき

編集

沢城みゆき(さわしろ みゆきは、日本女性声優歌手である。青二プロダクション所属。

概要

「みゆきち」こと、沢城みゆき

1985年6月2日生まれ。東京都出身。血液型O型称は「みゆきち」。
ちなみに「みゆき」という名前は本名で、中島みゆきあやかって名付けられたものである。

俳優声優沢城千春。また、インタビュー等での発言からがいると思われることもある(一時期Wikipediaでもそのような記述がされていたこともあった)が、これは実姉ではなく従姉(いとこ)のことであるとラジオ諏訪部順一の生放送!』出演時に明かしている。

明るくて前向きな元気萌えヒロイン、お淑やかな少女、活発な少年ドSなお様、々しい青年ロリ動物赤ん坊スーパーの鮮魚部長のオヤジなどなど何でもこなせる幅広い演技色の持ち

1999年声優オーディションで審員特別賞に選ばれたことをきっかけに、『デ・ジ・キャラット』の準役であるプ・チ・キャラット(ぷちこ)役でデビュー。以来、第一線で活躍し続けている。弱冠14歳デビューしたこともあり、声優としてのキャリアは同年代の声優の中でもかなり長い方。悠木碧井口裕香など、彼女を標にする後輩も多い。

2007年には劇団『Theatre劇団子』に準劇団員として入団し、舞台女優としても活動(2014年時点で劇団公式サイトの団員紹介ページに載っていないことなどから、現在は退団しているものと思われる)。

2009年第3回声優アワードで助演女優賞を受賞。
その翌年、第4回声優アワードでは主演女優賞を受賞。
さらに翌年、第5回声優アワードでは海外ファン賞を受賞と、声優アワードでは3年連続の受賞歴があるほか、第9回声優アワードで二度目となる助演女優賞を受賞している。

2014年6月、自身の誕生日一般男性と入籍した事を所属事務所(当時)のブログで発表。めでたい。

2015年8月、それまで所属していたマウスプロモーションから青二プロダクションへの移籍が表された。

人物

声優人気投票では上位に入ることも多い、人気と実を兼ね備えた声優である。女性のみ投票のアンケートでも上位のため、女性からの人気も高いようだ。

ホームページブログTwitterアカウントなどを持たないため、ほとんどプライベートが見えてこない声優の一人である。
人見知りが昂じてお芝居を始めた」と述べる通り、あまり自身を表に出すことを良しとしない。「生」「気むずかしい」「職人肌」などと思われることもあるが、基本的に好かれていて、人望はあるようである。ツイッターファンアカウントなどを見る限り、特に若い世代のファンが多いようであるが、「みゆきち」の称を作り出した年配のアニメオタクからも評価されている。

有川浩「一生懸命な迷子の人っていう感じ」
岡田麿里「思期をこじらせちゃった感じ」

などと評されたり、

「足掻いてるのがお前だ」と脚本家
「頭が良すぎる(頭で考えすぎる)」と劇団の団長

等々。(いずれも『沢城みゆきと12の夜』より)
どちらかというと「浮き世離れしている」方が正しいのかも。役者らしい一面である。

ほかには、

18歳の時、井上喜久子さんから“声優界の若年寄”というキャッチフレーズをいただいた」(テガミバチラジオ

「最近までテレビデオ(ビデオデッキ内蔵テレビ)を使ってたら『それじゃたちのやってることの半分も伝わらないから(ちゃんとしたのを)買って』と監督に言われた」(ダンガンラジオ

ゲームの進め方が分からず、中村悠一杉田智和の友人のゲームライター)に電話で聞いたらまだチュートリアルだった」(杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン

といったエピソードも。

また、英語が得意な声優のひとりとしても知られており、その実については『ストリートファイターIV』のキャミィ英語ボイスを収録する際、サンプルとして(日本語版でも英語台詞が多い)沢によるボイスを流していたところ、英語版の役者が演技を始めたものと海外スタッフが勘違いした、という逸話が残っているほど。

アニメでは『RED GARDEN』第2期ED冒頭や、『レジェンズ竜王伝説〜』『戦姫絶唱シンフォギア』などで英語による台詞を演じており、英語以外では『もやしもん リターンズ』のマリー役でフランス語による台詞にも挑戦している。

声優アワード海外ファン賞を受賞した際には英語中国語ドイツ語などで挨拶を行い、さらに英語によるスピーチも行っている。

くり。

ニコニコ明期に沢城みゆきの名を広く知らしめた動画のひとつが「くり。」である。オリジナル転載動画共にすでに削除されているが、最終的に合計で約100万再生叩きだしていたことが動画情報から確認できる。

この「くり。」は、アルルゥ役で出演したアニメうたわれるもの』のウェブラジオうたわれるものらじお』にゲスト出演した際、差し入れとして持ってきたケーキが入っていたのを見たパーソナリティ柚木涼香から「ねえ、アルルゥので“”って言ってみて」と振られたことによって生まれた発言であった。

沢城劇場

沢城みゆきの芸達者ぶりは前述の通りだが、その器用さゆえに一つの作品で何役も演じることも少なくない。

端的な例として挙げられるのが、『おねがいマイメロディシリーズ2005年2009年)や『ジュエルペットシリーズ2009年2016年)における活躍ぶりである。
共通スタッフが多い両シリーズは、人間やマスコットを含め相当数のキャラクターが登場するため、一人の声優が何役も演じる傾向がある。沢は特にこれらの作品において少女少年淑女マスコットキャラなど複数役を演じ続けており、時には沢城みゆきが演じるキャラ同士で会話しているシーンも登場する。

また、『GA 芸術科アートデザインクラス』の友兼とトモカネ、『侍道4』の鬼怒川三姉妹、『お姉チャンバラZ』の神楽と沙亜也、『魔装機神シリーズサンドリーブ姉妹など兄弟姉妹キャラを一人で演じたり、『朧村正』のなど同一人物でありながら複数の人格を持つ(あるいはそれに準ずる)キャラを演じたり、少し変わったところでは『エンジェルプロファイル』においてプレイヤーが育成する男の子(ユリウス)を幼年期・少年期青年期それぞれで演じ分けているというケースもある。

テレビ東京系朝アニメの常連

2002年の『ギャラクシーエンジェル(第2期)』以降、テレビ東京系列9時台アニメテレビ東京での放送時間に準ずる、いわゆる「深夜33時アニメ」)の常連でもある。
代表的なものだけでも『ギャラクシーエンジェル(第2~3期)』、『ぴたテン』、『デ・ジ・キャラットにょ』、『おねがいマイメロディシリーズ、『おとぎ銃士 赤ずきん』、『しゅごキャラ!シリーズ、『ジュエルペットシリーズ、『テンカイナイト』と、長年に渡り多数の作品に出演している。

特にサンリオアニメシリーズおねがいマイメロディ』『ジュエルペット』に関しては、両シリーズの全作品に出演し続けた事からも、スタッフの彼女に対する厚い信頼がえる。

みゆきちの本気(動画タグ・近年の演技)

いつ頃から存在するか不明であるが、現存で一番古いものは2011年の「テイルズオブエクシリア」関連動画
なお、このタグがつけられた理由はどうやら「くしゃみ可愛い」であるらしい。もちろん他の演技でも可(ry
翌年には「LUPIN the Third -峰不二子という女-」であの「峰不二子」役としても知られるようになったため(以降のTVスペシャルでも担当)これに関する動画でつけられていた可性もある。

動画タグとしては、沢城みゆきの演技に関連する動画上で「沢城みゆき(みゆきち)の本気」と思われる動画にこのタグがつけられている。現在リダイレクトで当記事へ転送」案によりこの項の設置と近年の「沢城みゆき」解説をする(掲示板上での議論によって当項の内容は整理、あるいは別記事化される可性あり)

近年では「かっこいい」系ヒロインでありながら「可愛い」系ヒロインの演技などで注を集め、関連動画につけられている。(以前から十分「可愛い」系といえるキャラも演じているのだが、ボーイッシュ少年系の印を抱いている人や「アルルゥ」のようなキャラの演技を知らない層などから支持されるようになったとも。
 代表作として例を挙げるとキリがないほど多数の人気キャラを演じているため固定イメージを持たない人や、「する女」のようなヒロインキャラクターでの注が集まる機会がなかったというも……)

2012年偽物語の「神原駿河」の台詞(関連動画参照)や、同年にアニメヒロインとして「稲葉姫子(ココロコネクト)」、ドラマCDから続投となった「女騎士(まおゆう)(まおゆう魔王勇者)」、翌年の2013年の「鎖部葉風(絶園のテンペスト/14話以降)」などの演技で注を集める。
稲葉姫子」は本人も待望の「可愛い系」キャラであるとっている。ドラマCD化の際にオーディションが行われるも、ほぼ決定状態であり「他の出演者4人のキャラ(男も)」の演技が行われ、一発OKをもらっている。原作も読んでアニメ化するまで「2年待ってた」というほど。放送中に注を浴びたのが4話(オカズ発言)、5話(別キャラ永瀬伊織の演技をして告白)や、6話(脱ぎ攻め)・10話(告白)・11話(ロリ声)……と放送分だけでかなりの人気を集めている。「このライトノベルがすごい!2013」の女性キャラランキングで3位(前回6位)にまで押し上げたのは「沢城みゆきの演技あってこそ」という人もいるほど。アニメ版の結末を描く14~17話はOVA扱いだが、幕上映が行われ好評を博している。

2014年7月から放送開始された「ソードアート・オンラインⅡ(朝田詩乃シノン)」「花物語(神原駿河)」の放送もあり、今後の注度も高い。「花物語」では沢城みゆきが以前からっていた(待ち望んでいた)木とのエピソードと、不意打ち気味の「きゅー」などで視聴者えさせている。
ちなみに「朝田詩乃/シノン」については原作者と監督アニメ化以前のドラマCDの際に
がいいですかね」→両者から沢城みゆき案が出る→「それしかない」ということで決定したことが明かされている。同一人物でありながら、仮想ネット世界現実世界の二つの側面を演じる。

また、2012年11月開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」で鈴原トウジの「サクラ」役として出演。キャラとしてにあたる鈴原トウジ役の関智一電話し、「関西弁の演技」導を受け、関西弁を喋る。
パンレットクレジットキャストを見るまでが担当していたかわからなかった、という視聴者も少なくない。

主な出演作品

アニメ

ゲーム

特撮

吹き替え

ラジオ

テレビ番組

その他

つながりのある人物

真田アサミ
デ・ジ・キャラット声優オーディション」で共にデビューし、以降も『ローゼンメイデン』『さよなら絶望先生』『まりあ†ほりっく』『テイルズオブエクシリア』などで共演している。
こげどんぼ*
PEACH-PIT
新房昭之
三者共に、原作監督に関わった作品にキャスティングされる機会が多い(こげどんぼ*は『デ・ジ・キャラット』、PEACH-PITは『DearS』、新房昭之は『ぱにぽにだっしゅ!』以降)。

関連動画






関連生放送

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B2%A2%E5%9F%8E%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D
ページ番号: 248374 リビジョン番号: 2434235
読み:サワシロミユキ
初版作成日: 08/06/16 18:06 ◆ 最終更新日: 16/12/04 04:31
編集内容についての説明/コメント: 出演作品にFF15を追加(確定でいいよね?)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


こんな中の人繋がりりが、あったなんてアリエンナー

レゴムービーのワイルドガールも・・・!

みゆきち

キャル・ディヴェンス

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

沢城みゆきについて語るスレ

1338 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 03:41:53 ID: NGKS9jx0pi
最近ナレーションで聞く機会増えた
癖なく喋ってたけど案外質でわかるもんだな~
応援してるぜ
1339 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 04:20:41 ID: SP2s2lvaEf
オカルティック・ナインロリ寄りだな。事前情報いと確実に分からなかった。
1340 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 11:20:55 ID: bWnICw9V6v
演技がヤバイ
1341 : ななしのよっしん :2016/10/26(水) 20:46:12 ID: Xta23ZMb2p
有名どころの龍が如くメインヒロインやったのにまったくそれについては記述なしか
1342 : ななしのよっしん :2016/10/27(木) 00:03:39 ID: fI12SrHz6c
Wikipediaみたいに出演作品を網羅していく形ではないので、記述漏れはどうしても起きちゃいますね。
なので、記事の内容へのツッコミは編集のきっかけにもなるのでありがたいです。

>>1341
出演作品に追記しようと思いますが、役名はどう表記しましょう?
公式サイトと同じ「盲目女性」でいいですか?
1343 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 15:51:24 ID: VGtMBNtaLF
映画デスノートのアーマ良かったよ
1344 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 16:27:16 ID: OW9TLi7HJm
しまちゃん可かったぜ
1345 : ななしのよっしん :2016/11/03(木) 18:21:05 ID: fI12SrHz6c
ボイスレシピという企画に参加されてるらしいということで
サイトを見に行ったんだけど……なんだこれ!?
1346 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 15:01:21 ID: LD3ndhW9kW
今更ながら中田歴史塾を見た。

カナタ・れきしーなを聞いた間は釘宮理恵かと思ってしまったw
1347 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 04:36:45 ID: fI12SrHz6c
FF15のアラネアは確定でいいのかな、と思ってたら
プロプロフィールの方にしっかり載っていたという
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015