単語記事: 法務省

編集

法務省とは、日本政府を構成する「」のひとつ、日本政府の行政を担当する政府組織である。
英名表記はMinistry of JusticeMOJ)。

記事の正確性をめる方は入省するか、Wikipediaをご参照下さい。

概要

法務省とは、日本政府の法務全般を担当するである。平成24年度の予算は下部組織も合わせた全体で7325800万円であった。

財務省経産省ほど立つ官庁ではないが、内の法秩序の維持のための重要なお仕事をしている。より具体的には、戸籍・登記の管理、法典正のための審議会の設置、刑務所などの運営と刑罰の執行、外国人の出入管理、刑事事件における被疑者の起訴、破壊活動団体の調・取締などである。戦後から長い間、建制順で筆頭の庁だったが、中央庁再編の折に総務省に筆頭の座を奪われた。

1869年(明治2年)の刑部(のちに)設置から一貫して行政の全般を所管する。明治憲法下におけるは本来行政権から独立運営されるべき裁判所・弁護士会の事務をも所に入れており、これは日本で今なお三権分立が徹底されない遠因の一つとなった。戦後はアメリカを範とした法務庁が設置され、その後の法務府と併せて政府の最高法律顧問として機するはずだったが、1952年昭和27年)の法務省設置の際、政府の統一的な法解釈を担う内閣法制局総理大臣の直属となり、政府の法律顧問としての機は失われた。

なお、特殊法人下に存在しない。独立行政法人に該当する下部組織として日本支援センターのみが存在する。

人事

事務方のトップである法務事務次官になる者は、基本的に行政組織上は法務省の下部機関である検察庁の出身者に限られている。検察を統制する組織でありながら内の要職のほとんどを検察出身者が占めている現状である。その理由を理解するには法務省特有の人事システム把握する必要がある。それは職員の局別採用である。一般の庁のキャリア職員は通常ゼネラリストとして全体を見渡す幅広さをめられ、いくつもの部署を経験する。逆を言えばキャリア職員であれば部署を渡り歩くことが多いのに対して、法務省では各局ごとの狭い職域でキャリア職員を採用している。
この人事システム法務省においてキャリア職員が一定以上の役職に昇進することがほぼ不可能であり、検察庁出身の検事たちが法務本課長以上のポストを独占してきたという事実に由来している。これが法試験合格者(検事)のみが法務省上位役職者に任官できるという極めてな構造を生み出したのである。

以上のように、法務省はほとんど検察に屋を乗っ取られている状態なのだが、最近は法務省プロパーの官僚が局長職に就くなど多少の変化の兆しも見られるようである。

担当業務

他に、いじめ防止や犯罪被支援などの人権擁護行政訴訟側を担当する業務などがある。法試験の問題作成・試験実施も法務省の管轄だが、最近何かと批判の多い新法試験制度(ロースクール制度)は大学文部科学省が推し進めたものであり、このはほとんど関与していない。
また意外かもしれないが、麻薬取締は法務省警察ではなく厚生労働省の管轄である。

死刑執行

日本死刑制度は、同様の先進国死刑制度を維持しているアメリカべて執行が非常に閉鎖であることが内外で問題視されており、死刑の存否を別として批判されることが多い。本来であれば、民国家における政府の行政活動はすべて民の監視を受けるべきだが、死刑執行に限っては行政の秘密義が許されており、これをして法務省行刑密行とも言われる。

アメリカ死刑制度は州によって異なり、既に止されている州も多いが、存置州では少なくとも以下の点が共通している。

  • 死刑執行の1ヶ前には受刑者に知らされる
  • 拘禁中の面会が較的自由
  • 執行が適正に行われているか確認するため家族、被者遺族および報道関係者が執行に立ち会える
  • 苦痛のより少ない注射流であり、執行方法を受刑者が選択できる場合もある
  • 行方法の残虐性について訴訟が起きたとき、連邦最高裁の判断が下るまで刑の執行が停止される

これに対して日本では以下のようにほぼ逆の運用がなされている。

  • 受刑者は当日の死刑執行を知らされる、外部には一切知らされない
  • 拘禁中の面会は基本的に弁護士家族・被者遺族に限られ、記者の取材は許可されない
  • 執行には家族や被者遺族も立ち会えず、かつて一度も執行の様子が一般市民開されたことはない
  • 的な側面がほとんど顧みられることなく、明治時代から一貫して絞首刑を続けている

日本における絞首刑の歴史刑法典より古い(約140年前の太政官布告による)が、執行の様子が一切明かされて来なかったために、受刑者にどれほどの苦痛を与えるのか(残虐な刑罰の禁止)、死体がどれほど損壊するのか(死者の尊厳)を民間でほとんど検することができず、死刑存廃問題べて執行現場の実態は全く民的議論の議題に上らず看過されてきた。
さらに、死刑確定者の拘禁中の様子も、面会者や教誨師(精的な救いを与えるために各宗教団体が自費で派遣する宗教家)を通した情報から極めて断片的にしか伺うことはできず、執行当日まで死刑を知らされない受刑者の恐怖や劣悪な拘置所の環境が与える精的負荷を推し量ることも困難である。

日本では死刑の方法も含めた議論がとても活発とは言えず、民多数の賛成によって制度が存続してはいるが、犯罪統計などを用いた刑事政策上の科学的な論拠などはむしろ乏しい現状で、犯罪者を殺さないでおく、または野放しにすることへの漠然とした恐怖感や応報感情・正義論によるところが大きい。
会議などの場において死刑存置死刑から批判された際、理路整然と死刑制度の正当性をする中国シンガポールの代表や、内で議論が尽くされているため外の批判は受け付けないとするアメリカの代表に対し、民的な議論が乏しく執行過程も不明な点が多いためだんまりを決め込むしかない日本の姿は余りにも情けない。死刑執行過程の開は死刑制度の正当性・相当性
・合理性の評価に直結する。法務省に対しては、死刑賛成と反対の垣根を越えた死刑執行手続の開示が必要であると思われる。

ついでだが、日本死刑執行の最終決定権者は法務大臣である(刑訴法475条1項)。正な裁判で刑が確定し、加者本人が罪を認め死刑の覚悟ができていても、法務大臣のサインがない限り死刑が執行されることはない。刑訴法475条第2項本文は、死刑は判決の確定から6ヶ以内に行われなければならないと定めているが、過去に幾度も法務大臣個人の義信条によって長期間死刑が執行されなかったことがあり、法律実に執行すべき行政府の人間として相応しくない、法の下の等に反するなどの批判されることが多い。

公安調査庁

法務省の外局である公安調は、破壊活動を行う団体の規制的とした一種の治安官庁だが、ヒューミントなどの純な調メインに行い、警察のような逮捕や強制捜の権限は限定的な範囲でしか持たない。
戦後長らくは内の極左や共産圏スパイ暴力団ヤクザ)がな監視対だったが、1995年地下鉄サリン事件以降はカルト宗教が新しく監視対に入り、2001年同時多発テロ以降はイスラムテロ組織、近年には排外義的な極右団体も監視の対となっている。この組織の存在が、各治安系官庁のトップが集うG8法・内務大臣会議にわがの法務大臣が出席することの根拠の一つにもなっている。

しかしながら公安調庁と同様に内外の諜報を任務とする警察庁・外務省防衛省などの諸官庁にべても同庁の調・分析の低さは否めず(例として昨今の北朝鮮情勢の変化を全く察知できなかったこと)、さらには治安を脅かすような反社会的勢力の衰滅という時代背景もあり、一部では同庁の解体論が存在する。 

所管の組織

  • 検察庁

所管の外局

所管の法人

なお、日本弁護士連合会(日弁連)は行政府から独立して運営されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

削除状況

動画 権利 備考
史上初!朝鮮大学校前で在特会が抗議活動 人格権侵 個人の名誉 ヘイトスピーチを理由とした削除要請。なお、名義は東京法務局となっている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B3%95%E5%8B%99%E7%9C%81
ページ番号: 5176293 リビジョン番号: 2334858
読み:ホウムショウ
初版作成日: 13/12/01 07:18 ◆ 最終更新日: 16/03/09 01:55
編集内容についての説明/コメント: 削除状況を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

法務省について語るスレ

3 : ななしのよっしん :2016/02/15(月) 04:34:18 ID: AZXoB/HE0y
日本人へのヘイトスピーチは全スルー
ヘソでを沸かすぜ
4 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 19:13:58 ID: 2mQwuOn0Yj
法務省在日ブサヨ
5 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 19:18:51 ID: +IVizcRYtg
日本国内で日本人に対するヘイトスピーチなんてあったか?
6 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 19:21:00 ID: EHp3OOJ4D4
日本人慰安婦強制連行強姦魔の子孫!とか
7 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 19:39:50 ID: rVUljdSibx
ネトウヨ怒りの法務省職員5万人在日認定はまだか?
8 : ななしのよっしん :2016/02/18(木) 20:56:29 ID: 137a7MNiG8
法務省もやっとヘイトスピーチの対策に重いを上げ始めたか。遅すぎるし消極的過ぎるがこれに関しては安倍政権GJだね

法務省ヘイトスピーチ動画削除要請、実行 初のケース
http://www.sankei.com/affairs/news/160214/afr1602140006-n1.html
9 : ななしのよっしん :2017/02/06(月) 22:56:53 ID: K8ahDCZUNT
テョンパヨクが「日本人日本から出て行け!」とか「日本人を殺せ!」などなど言ってたけど、あれどうするんだろうね。
ようつべとかそういう文が入ってるだけで規制するぐらいエアプ対応だから、都合の悪い内容を削除させる為に法務省が後押しするようなもんだろ。
法務省民の言論に規制をかける違組織なのかな?
10 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 14:13:30 ID: 39w4Db0nE4
逆転裁判のせいで弁護士は被告を守るいい連中
検察は有罪にするためなら何でもするイメージがあるわ
11 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 02:39:15 ID: SIlOz7ssnb
ヘイトスピーチ法ではネトウヨから嫌われたけど、テロ等準備罪では味方ですね。

どちらにしても検察にとっては処罰対が広がることのメリットかなあと。
12 : ななしのよっしん :2017/07/11(火) 18:04:42 ID: lwcUrhtGS4
今のあの大臣見てるとただのバカで全部の事柄が説明できるような気がしてならない。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829