編集  

流通経済大学FC単語

リュウツウケイザイダイガクフットボールクラブ

流通経済大学FCとは、茨城県ケ崎を本拠地とする、関東サッカーリーグ1部所属のサッカークラブ(※後述)及び流通経済大学サッカー部のサテライトチーム(※現在は3軍)である。

概要

関東サッカーリーグ
流通経済大学FC
基本情報
創設年 2005年
クラブカラー
チームカラー
グレー
ホーム
スタジアム
・流通経済大学サッカー場[ケ崎]
・流通経済大学フットボールフィールド[ケ崎]
ケ崎陸上競技場たつのこフィールド[ケ崎]
ホームタウン 茨城県ケ崎
前身 流通経済大学サッカーJFL参加用チーム
サッカークラブテンプレート

前身は流通経済大学(以下:流経大)サッカー部内のJFL参加用チームである。そのため、正式な創設年はJFLに初参加した2005年となる。決して「流通経済大学サッカー部」として創設した1965年ではないことを留意しておく。

流経大サッカー部は他の社会人チームとは異なり、大学サッカー連盟の推薦2004年シーズン地域リーグ決勝大会に参加した(これは、過去JFLに参加した大学チームも同様の手法で決勝大会に参加し勝ち抜いて、JFLへの参入を果たしている)。その後、決勝大会を勝ち抜いて2位の成績を収めたことから、2005年シーズンからのJFL参入が決定した。

この頃の流経大サッカー部は、当時関東大学リーグ1部に参加しているトップチームや当時のセカンドチーム社会人リーグ所属の「クラブ・ドラゴンズ」(当時茨城県リーグ1部所属)とは別に、JFL参加用チームを新たに創設し、それを新たなセカンドチームを定めたのだった(※ゲキサカの記事を参照)。なお、これにより、クラブ・ドラゴンズ2005年シーズンからサードチームとなる。

大学リーグとJFLの二重登録

2009年シーズンまでのJFLにおける流経大サッカー部は、特殊であり変則的なチームだった。実は所属する学生選手は、大学リーグJFLとの二重の選手登録が可であったからだ。しかし、抱える多くの選手に試合経験を積ませるために、基本的にJFL参加チームでのベンチ入りは前述通り2軍に位置する選手が中心であった。

とはいえ、日程に関係なく、大学リーグに参加している一軍の有望な選手たちを合流させようと思えば、直ぐにJFL参加チームに合流させることが出来た。特に後期の終わりごろになると、1軍に位置する選手も何人か加わり、その時のは他チームをあっさりと駕するほどである。

例として2007年シーズンは、天皇杯東京ヴェルディ柏レイソル名古屋グランパスJリーグ3チームを下して、鹿島アントラーズとの接戦を演じ、ベスト8の成績を残したHonda FCを相手に6-0と圧勝したことがある。ちなみに、当時の1軍は日本代表との練習試合で勝利したこともある実績があるので、それを知っている人間からしたら、あまり驚くことでもなかったりする。

以上のこともあり、この二重登録に不満を持った他チームの意見もあって、流経大サッカー部は2010年シーズン以降、二重登録ができなくなった。具体的に書くと、大学リーグに登録する選手はJFLに登録することが出来ず、逆にJFLに登録する選手は大学リーグに登録することが出来なくなる。

JFL参加用チームをクラブチーム化し、Jリーグ参入構想を立てるが・・・

上記のこともあって、

だったら、JFL参加チームサッカー部から切り離してクラブチーム化して、ついでにJリーグ参入をすわ。(※日刊スポーツの記事を参照

・・・ということで、JFL参加チーム形式上「切り離して」急遽クラブチーム化し、「流通経済大学FC」(流経大FC)として再出発することになった。ちなみに、流である流経大サッカー部の英称は「Ryutsu Keizai. Univ. Football Club」なので、名称の混合を避けるために「流通経済大学ケ崎FC」とか、もうちょっと捻らなかったのかと言わざるを得ない。

話を元に戻すが、Jリーグ参入まですということで、こうなった以上、「切り離された」このクラブケ崎行政市民から理解と協めなければならなくなるのはもちろん、スポンサーしも今まで以上に奔走しなければならなくなる。(ちなみに当時の流経大FCへのスポンサーにはダイドードリンコや清水建設といった大手企業が何気についていた。)

また、クラブチーム化することで、プロ社会人クラブから選手を獲得することも可になったため、二重登録できなかった代わりの得策といえる。しかし、そのために大学サッカーリーグで戦う1軍の選手を回せなくなったことがいたか、2010年ダントツの最下位に沈んでしまい関東リーグ1部に降格と、Jから逆に遠ざかる結果になってしまった。

今後のクラブの在り方について

結果、2011年度は関東リーグ1部で過ごすことになった流経大FC。今後のクラブの在り方について、流経大サッカー部の中野雄二総監督は、ライターインタビューに応じ、こうっている。

流経大がここまで強くなったのは、間違いなくJFLで戦ってきたからです。

のはまった相手が大学リーグとは違いJリーグチームアマチュア最強企業チーム、Jの下部組織、クラブチームと、いろいろな相手と真剣勝負できるJFLにいたことでをつけてきました

しかし、今年(2010年)から登録のルールが変更となったことは大きかったです。この登録ルールで戦うのであるならば、ウチとしてはあまりメリットは少ないですから・・・。

来季は今季のように戦っ二つにするのではなく、トップだけにしていくことになるでしょう。

サッカーのある暮らし『JFL最終節と関東リーグ入替戦』
中野雄二・流通経済大学サッカー部総監督コメント より

なお、肝心のJFL復帰については明言を避けた格好となった。ちなみに、流経大FCが降格した2010年にはクラブ・ドラゴンズ関東リーグ1部から2部に降格していた。そして、クラブ・ドラゴンズ2011年シーズンを2部3位で終え1部に復帰[注1](※流経大FCは、1部を3位で終えたため残留)。2012年は、流経大FCクラブ・ドラゴンズ・・・セカンドチームサードチームがともに関東リーグ1部で戦うこととなった。

コツコツとJFL復帰を目指していたのだが・・・

2013年関東リーグ1部で中々優勝できず、JFL復帰へのチャンスが掴めずにいた流経大FCに朗報が入った。

それは、2014年からJリーグが3部(※J3リーグ)を創設したためにJFLへの参入が開いたということで、全から募集しているということだった。

速、流経大FCは応募したが、の結果、JFL入りはわず、復帰は果たせなかった

あとはね、選考では結果的に漏れてしまいましたが流通経済大学の評価は、限りなく4番に近かったですね

まあ、流通経済大学ヴァンラーレ八戸を同じ土俵で評価するのは非常に難しいとは思うのですが、やはり4番ヴァンラーレ)と較すると、どうしても「推し」という部分では弱かったんですよね

正直に言えば、ヴァンラーレと流通経済大学較した時にほとんど差はなかったですよ。それに事務局的にいえば、流通経済大学過去6シーズン、しっかりこのリーグを戦ったという実績があるし、運営ノウハウがあるので安心感が高いのは事実でしたね。

ただ、運営以外の魅較した場合、八戸の方がやや高かったんですね。

東京偉蹴『#32 日本フットボールリーグ 加藤桂三事務局長 インタビュー』2ページ目より

そんなわけで2014年以降もまた、成績面でJFL復帰をすことになったのだが、気づいたらまた関東リーグ2部に落ちていたはずの3軍のクラブ・ドラゴンズがいつの間にかJFL初昇格を成し遂げてしまっていた・・・![注2]

その為、2015年からはクラブ・ドラゴンズ入れ替わりで3軍の立場となっている。

あれ、もしかしてもう・・・JFL復帰しなくてもいいのk・・・いや、復帰しようと思ってももう出来なくなっちゃう・・・?

流経大FC明日はどっちだ!?

関連動画

あとはYouTubeに・・・。

関連商品

関連コミュニティ

脚注

[注1] 本来なら昇格できるのは2位までであるところ、Y.S.C.C.関東1部からJFLに昇格したため、その分の繰り上げで3位のクラブ・ドラゴンズも昇格となった。

[注2] クラブ・ドラゴンズは全社会人サッカー選手権大会本選にて3位以内に入賞し、全国地域サッカーリーグ決勝大会地決)への出場権を獲得したが、その地決で3位になったため。

関連項目

※太字は記事有り


クラブ(チーム)公式サイト

流通経済大学サッカー部 公式サイト


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B5%81%E9%80%9A%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%A4%A7%E5%AD%A6fc
ページ番号: 4366072 リビジョン番号: 2299003
読み:リュウツウケイザイダイガクフットボールクラブ
初版作成日: 10/05/23 00:04 ◆ 最終更新日: 15/12/11 00:36
編集内容についての説明/コメント: 立場が変わっていたので修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

流通経済大学FCについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/07/22(日) 20:12:31 ID: rBHq7MusQD
   ∧ ∧
  ( ・ω・ ) ・・・・
  (ヽ_i i_ノ
  (_( ̄)__)






   ∧ ∧
  ( ・ω・ ) コマネチ・・・
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829