単語記事: 浜渦正志

編集

浜渦正志(本名:濵渦正志とは、ゲームミュージック作曲である。元スクウェア・エニックス所属。

概要

音楽家の両親のもとでドイツミュンヘンにて出生し、幼少より合唱団に所属。東京藝術大学楽科に進学するなど、特に西洋音楽の造詣は深い。

その影は楽曲にも色濃く出ており、ヴァイオリンピアノを基調とした転調の多いテクスチュアはしばしばゲームBGMらしくないと評される。

クラシック的な作の一方、『アンリミテッド:サガ』のサントラDISC2に代表されるフュージョンテクノなどの打ち込み音楽への傾倒も多く見られる。「普段、クラシック系の人間やと思われてるけど、本来はこっち系やったりするんよね」とは本人の談。

また、担当した作品に恵まれないことで一部では有名である。FF13発売時には「ようやく代表作が2つ(サガフロ2FF13)になりました(笑)」とっている。

実はFFFC第一作からやっているかなりの古参ゲーマーでもある。FFの代名詞ともいえる植松伸夫氏に憧れたことがスクウェアに入社したきっかけでもあり、FF13のコンポーザーに抜されたときはえらく感動していた。
植松氏とFFコンサートを開いた際には、会場に来れないファンのために「今ではDVDでも実写と見まごうほどの迫がある」とフォローしたが、「それじゃあどこもコンサートなんて出来ないじゃん」と突っ込まれていた。

尚、イギリスの大手ゲームサイトであるGolden Joystick Awardsにおいて、FF13日本一でサントラ部門を受賞した。氏の楽曲が世界に認められたであろう。

ユニットImeruat」を結成、同名のEP『Imeruat』をiTunes Store等でダウンロード配信している。Imeruatの楽曲や、これまで携わったゲーム音楽で、内外を問わず積極的にコンサートを開催している。

代表作に対する作曲姿勢

アレンジには定評があり、『サガフロンティア2』では少数のテーマメロディが全編に渡って様々にアレンジされて登場するというゲームミュージックとしては新な手法を用い、『ファイナルファンタジーX』ではピアノコレクションの全編曲を務めている。
当然これは手抜きではなく、『連続した場面で全く異なるメロディーの曲を流すことは果たして正解なのか?』という氏のゲームに対する疑問から生まれた手法である。『歴史』『叙事』『劇場』をテーマとした作品において、この考えは理に適っているのである。
最も、サガフロ2は確かにメインメロディーアレンジを多く使っているが、ユニークメロディーの曲も多数あるので、『使い回し』と一概に摘するのはお門違いもいいとこである。

FF13作曲の際は、生オーケストラと打ち込み音を融合する「かぶせ」(氏命名)を試行している。まんまじゃないですか。
FF13の通常戦闘でもある「閃光」は最も最初に作曲した曲であり、氏も本曲に対して強い思い入れがある。現に、続編であるLRFF13ではエンディングテーマ閃光フレーズを組み込む、というこだわりよう。
実際名曲なのだから本人もプレイヤー満足な扱いといえよう。
なお、サントラでは閃光短縮バージョンしか収録されておらず原曲は別売りのサントラプラスに収録されている。購入の際は注意されたし。
2010年スクウェア・エニックスを退社するが、その後も『FF13 オリジナルサウンドトラック-PLUS-』のリリースや、「ファイナルファンタジーXIII-2」の音楽水田直志鈴木人との共作)を手がけたりと、引き続き同社の作品には携わっている。ちなみに妻帯者だが、さんもさんもFF13の曲のコーラスに参加させているさんは本職だけどェ…

主な作品

共作を含む。

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B5%9C%E6%B8%A6%E6%AD%A3%E5%BF%97
ページ番号: 1364571 リビジョン番号: 2215144
読み:ハマウズマサシ
初版作成日: 09/02/10 22:18 ◆ 最終更新日: 15/06/06 01:07
編集内容についての説明/コメント: FF13の部分修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

浜渦正志について語るスレ

255 : ななしのよっしん :2015/12/28(月) 14:48:59 ID: +E8v57UXpz
曲単体で聴くと凄くいいのに何故かゲームやってるとあんまり残らない
256 : ななしのよっしん :2015/12/28(月) 15:01:36 ID: O8O+66GFhy
サガフロ2プレイしたときはいいなって思ったけどそれ以降の作品の曲もどれも似たような印を受けるんだよな
ちょっと食傷気味かも
257 : ななしのよっしん :2016/02/19(金) 22:32:35 ID: 5tWFuO6IE3
自分的にはサガフロ2の曲の印だと
リズムパートは割とキャッチー
・分かり易い定番の進行を避けてて、分かり難く落ち着かない構成の和音が結構ある
・極端な離れ業みたいな展開はないけど、ちょいちょい独特な飛び方をする
・即ピンと来るというよりは、聞いてるうちに納得して良くなってくる
って感じ

人気曲の閃光とかは、意図的に外してる部分も味としてありつつ、オーケストラクリアな伴奏も相まって、ストレートに盛り上がる部分にしっかりと焦点が当たって上手くヒットした印

片っ端から深く聴き込んだわけでもないんであれだけど、昔より丸くなってきているみたいな部分があって、それで物足りなく感じる人もいるのかも
258 : ななしのよっしん :2016/03/23(水) 01:27:52 ID: AdFctkHGvh
>>251
もっと古いところではスーパーマリオワールドとかやね。
それ以上は戻るかなぁ。発想自体はあっても不思議じゃないんだが、音の技術的な制約でやりにくいというのがあるから、SFCぐらいまでしか遡れないような気もする。
259 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 02:18:12 ID: vzrZhhfSiT
食傷気味と言われるほどの数の曲を作ってようやくそこそこの評価が得られるという
つくづくスクウェアに潰されたようなものだな‥
260 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 02:58:28 ID: vzrZhhfSiT
例えばAAAタイトルとかなら日本を代表する作曲にすらなれたのかもしれないのに、2軍扱いされてしょうもないタイトル背負わされてサントラ本編扱いされるようなスクウェアのだらしい姿勢には殺意すら覚える。
261 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 16:28:41 ID: 8ElmUYeM/3
だとずっと勘違いしてた・・・
262 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 15:49:32 ID: d0HOAMcIuq
マリネリというか、やり切っちゃった感は本人も感じているらしい

>>259-260
FFに参加して、十分評価されてるのにそりゃねーよ
つか連投するなよ
263 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 13:14:58 ID: JjXf8KiwLM
いまだに無印チョコダンの印が強い人
264 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 18:34:21 ID: 4LOnjT7gl+
イトケン植松両者の曲の長所持ってる印
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015