単語記事: 浦島太郎

編集

『浦島太郎』とは、『桃太郎』、『太郎』などと共に、日本で最も広く知られているおとぎ話である。

概要

非常に有名なおとぎ話であり、以下のようなあらすじは、誰しも一度は聞いたことがあるものと思われる。

ある日、漁師・浦島太郎は、子供が浜で亀を虐めているのを見かけた。
子供を諭して亀を助けると、亀はそのお礼に、浦島を竜宮城へ連れて行くという。

竜宮城では、主の乙姫に非常な歓待を受けた。
その後3年が経ち、浦島太郎が里に帰りたい旨を乙姫に話すと、乙姫は「決して開けてはならない」といいつつ、「玉手箱」を浦島に渡した。

浦島太郎が浜に帰ると、浜辺は様変わりしており、知人が皆いなくなっていた。通りすがりの人に聞くと、なんと700年(300年説等、諸説有り)もの時が経過していたという。

そこで玉手箱の存在を思い出し開けてみると、中から白煙が立ち昇り、浦島は見る間に老人の姿になってしまったのだった。

ようするに、幻想入りシリーズの原型ともいうべき話である。

なお、この話はマルチストーリー・マルチエンドであり、上記のストーリーは童話版(明治時代の国定教科書版)という最も知られたバッドエンドである。その他のバリエーションとしては、

  • 亀でなく、いきなり乙姫が現れる『万葉集』版
  • 玉手箱を開けると、老人でなく鶴になる(トゥルーエンド)『御伽草子』版
  • 浦島のその後を描いた神奈川民話版

などがあるが、ここでは童話版について触れる。

この物語は1300年以上前から伝わっており、しかも出典が明らかであるという希有の物語である(似たような境遇の『桃太郎』は、最古の出典が明らかでない)。

しかし、後述するいくつかの疑問点を残す、極めてミステリアスな話でもある。

第一の謎:テーマが不明

まず第一に、この物語は主題が不明である。通常、「おとぎ話」は(おもに仏教的)説話集であることが多く、何らかの教訓が必ず記されている。しかし、この『浦島太郎』には、一見してそれが無い。

「亀」を助けたことにより、「浦島太郎が竜宮城で歓待を受けて幸せに暮らしました、めでたしめでたし」ならば分かりやすいし、善行を積めという教訓になる。だが浦島は、竜宮城から帰った途端、突如孤独な存在となってしまった。しかも竜宮城に戻る手段も存在しない(薄情な亀である)。挙句、玉手箱で老人にされてそれでおしまいという、言うなれば踏んだり蹴ったりの展開である。なぜ「亀」を助けた主人公が、これほどの目に遭わなくてはならないのだろうか。

これに関して、次の語こそが主題だったのではないかという説がある。

亡霊と戯れなば、汝、亡霊となるべし

つまり、浦島太郎は「人語を解する亀」という「人外の存在(=「魔」)」に触れてしまった。ひとたび「魔」に触れてしまった人間は、たとえそれがどんなに楽しい時間であろうと、もう人間の日常に戻ることは許されない。そもそも浦島は「亀」について行ってはならず、そしてひとたびついてゆく事を決心したならば、その時点で帰還を望んではいけなかった…ということである。まとめると、次の二点の主張が読み取れる。

  • 人語を解する怪しげな亀にホイホイついていくのは止めましょう。
  • むやみに幻想入りするのは危険です。

第二の謎:乙姫の真意

第二の謎は、乙姫は何を思って「玉手箱」を渡したのかということである。

そもそも「開けるな」といって箱を渡すのは妙である。「開けるな」と言われれば開けたくなるのが人情だからだ。さらに「開けてもらいたくない箱を渡す」という行為も矛盾に満ちている。つまり、乙姫は最初から浦島太郎に玉手箱を開けさせる意図をもって渡したのだと思われる。

だが、その中身は「人間を急速に老化させる煙」という、あまりに無慈悲なものであった。

これに関しては「浦島が寂しくないよう、老衰で早く死なせるための善意だった」という解釈がある。しかし、これは現在なお結論の出ていない「安楽死」の問題に直結している。当然、浦島がそれを望んだ描写は無い。彼はこの仕打ちに感謝していたのか、恨んでいたのか。意見の分かれるところであり、これは非常に現代的な問いである。

あるいは「竜宮城の存在を秘するため、口封じのために玉手箱を渡した」のかもしれない。これならば玉手箱を渡す意味も分かる。しかし、即効性の毒を使わなかったのはなぜかという疑問は残る。

いずれにせよ乙姫の玉手箱は、善意なのか悪意なのかそれすら分からない。真相は海の中である。

なお、この「玉手箱を空けるな」という話は、「見るなのタブー」(「メルシナ型」)の典型例である。童話での有名な例では「鶴の恩返し」、神話での有名な例では「パンドラの箱」などがあり、日本神話、ギリシア神話、千夜一夜物語など世界各地の説話に多数の例がある。

第三の謎:ウラシマ効果

第三の謎は、竜宮城と外界で時の流れが異なるという事実である。

『万葉集』版において、浦島は竜宮城で3年の時を過ごした。しかし外界に戻ると、700年(諸説有り)もの時が流れていた。竜宮城では、時の流れが外界に比べて約1/233程に遅くなってしまうということである。これは一体どういうことであろうか。

一番分かりやすいのは、竜宮城が光速に近い速度で移動していたという説である。特殊相対性理論のローレンツ変換の式によると、竜宮城は光速の99.9991%の速度で動いていたことになる(もちろん重力などは考えておらず、非常に粗い近似であるが)。これは「竜宮城・宇宙船説」の元になっており、「ドラえもん」にも、このことをテーマにした回がある。

なお、こうした「運動している物体の時の流れが遅くなる」現象を、この物語に因んで「ウラシマ効果」と呼ぶ。

誤解されやすいのだが、この現象は『ドラゴンボール』の「精神と時の部屋」とは全く別のものである。

竜宮城内での3年は外部で700年だが、「精神と時の部屋」内での3年は、外部での3日である(注:設定上、内部時間2年以上は入れないが)。竜宮城は時の流れが外界に比べ遅くなり(1/233倍)、「精神と時の部屋」は時の流れが早くなる(365倍)。「ウラシマ効果」では「精神と時の部屋」の時の流れを説明することはできない。

余談

実は、海外にも『浦島太郎』とほぼ同内容の話がある。ワシントン・アーヴィング作『リップ・ヴァン・ウィンクル』(1820年作)。舞台は海でなく森、職業は漁師でなく猟師、700年経過ではなく20年経過といった相違以外、ほぼ同内容である。

さらに偶然だが、先ほどの「亡霊と戯れなば~」のフレーズは、漫画『HELLSING』において、「少佐」が「リップヴァーン・ウィンクル中尉」に語った内容(『魔弾の射手』の一節)である。単なる偶然だが、不思議な一致である。

関連動画

▼まさかの田村ゆかり朗読『浦島太郎』。国語の授業がみんなこんな感じであれば、国語で満点取るのは楽勝だろう。

▼これが浦島太郎という童話の真の主題…なのかもしれない。

関連商品

 

関連項目

  • 竜宮城
  • まんが日本昔ばなし
  • 桃太郎伝説
  • あたらしい英雄
  • 幻想入りシリーズ
  • 桃太郎
  • 太郎
  • 童話の一覧
  • ウラシマ効果

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B5%A6%E5%B3%B6%E5%A4%AA%E9%83%8E
ページ番号: 4191543 リビジョン番号: 2312508
読み:ウラシマタロウ
初版作成日: 09/10/27 20:09 ◆ 最終更新日: 16/01/13 22:13
編集内容についての説明/コメント: 「見るなのタブー」の例を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

浦島太郎

浦島太郎について語るスレ

75 : ななしのよっしん :2015/11/11(水) 19:53:40 ID: mujKDDWSa+
現在の価値観で不幸なことに思えるだけで、何百年も生きた老人になることは幸せの象徴だったんじゃないの?
76 : ななしのよっしん :2015/11/15(日) 08:42:22 ID: ZfHQ/wf8p5
乙姫が玉手箱という遠回しな方法で浦島を本来の年齢に戻したのは、浦島が地上に絶望して自分の元に戻ってくるという淡い希望があったからだと思う。
77 : ななしのよっしん :2016/01/03(日) 19:48:35 ID: t5nLqMN2Ku
割とどうでもいいことだとは思うが、この記事の余談に書かれている、
>さらに偶然だが、先ほどの「亡霊と戯れなば~」のフレーズは、漫画『HELLSING』において、「少佐」が「リップヴァーン・ウィンクル中尉」に語った内容(『魔弾の射手』の一節)である。単なる偶然だが、不思議な一致である。

が何を指して偶然だって言ってるのかさっぱり分からねぇ…
記事で言ってる「亡霊と戯れなば~」のフレーズはこの記事を見る限りではHELLSINGからそのまま引っ張ってきてるようにしか見えないし(少なくともその文言の典拠の記述がない)、
仮にHELLSINGとは関係ない論文か本か何かでその文言が存在するのなら,逆にHELLSING側がそれを意図して使っている(リップヴァーン・ウィンクル中尉なんていう似た童話のタイトルそのまんまの名前を使ってるんだから意識してない筈がない)だろうしで、
いずれにしても偶然どころかあからさまに意図的と思うんだが…。

俺のこの違和感がウラシマ効果で文章読解力が700年ぐらい未来に飛んでるせいだとしたら
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
78 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 07:13:52 ID: 8Kc8GIkadi
そもそも竜宮城に行ったのは本当に善行の報いなのかを考える必要があるんじゃないかな。
確かに亀は助けたかもしれない。
しかし浦島太郎は漁師。
海の生き物に対して毎日それとは比較にならないほど酷い事をしてきていたわけでしょう。
海の生き物にとっては、恩返しどころか、むしろ復讐すべき敵。
最初から全てが罠だったと考えれば道理に合うな。
79 : ななしのよっしん :2016/02/07(日) 16:36:11 ID: 22PJAR3GAl
>>77
リップヴァーン・ウィンクルは初めて聞いたが、子供のころ聞いた昔話で
修道僧がある朝小鳥の声に誘われて美しい景色の場所に行って帰ってくると
修道院の門番も僧侶も見たことのない人たちで、自分の名を名乗ると
「大昔に突然行方不明になった人だ!」と言われ訳も分からず主に祈るとそのまま死んでしまった…
って話が心に残っている
80 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 10:00:38 ID: 73k4PtQ176
元ネタが説話や童話というのがそもそも違うんじゃないか?
神話や伝説の中にも脚色誇張されたただの史実だっただけのものとかあると思う

たとえば
「姑の小言がうるさくてキレた嫁が姑を殴って家を飛び出した」
って話が山2つ向こうの村では
「長年鞭打たれ続けた嫁が鬼女になって姑を食い殺して山に消えた」
って話になって後代に伝わるようなね

史実ならハッピーエンドや物語の主題なんてものは端から関係のない話
81 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 23:08:16 ID: 6QK4KnBhZ+
案外、どっかから逃げてきた爺さんが素性を聞かれて窮して作った話が面白かったから広まってしまったとかだったりな
82 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 04:51:40 ID: zce9rjYvxT
竜宮城に行ってきた人は他にもいる。山幸彦とか
時空の歪みに遭うのは浦島太郎だけ
83 : ななしのよっしん :2016/09/15(木) 01:32:05 ID: zo3ykHrjwN
>>77
自分もここのくだりは少々こじつけに感じるので変えるかした方がよいと思う。
アメリカにリップ・ヴァン・ウィンクルって話もあるよーくらいでいいんじゃないか?
84 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 11:28:09 ID: 6QK4KnBhZ+
特に誰も異論はないと思うからプレミアムの人、ぜひ削除をお願いします
「亡霊と戯れなば、汝、亡霊となるべし」のフレーズの出展はオペラ「魔弾の射手」であって、この記事では浦島太郎との関係をこじつけられてすらいない
こじつけならこじつけで、せめて何かこじつけてくれれば面白いんだけども
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015