編集  

温故知新単語

オンコチシン

温故知新とは、昔のことを調べることで新しい知識を見つけ出すという意味の故事成語である。

概要

出典は中国を代表する思想にして儒教の開祖である孔子とその子たちの言行をまとめた『論語』。

、温故知新、可以為師矣。
       ー『論語』為政第二

書き下し方は諸説あるが、代表的な読み方は以下のとおり。

く、「故きを温ねて新しきを知る、以て師と為るべし」と。
し いわく、「ふるきを たずねて あたらしきを しる、もって しと なるべし」と。

「温」は「あたためて」と読まれることもあるが、普通は「たずねて」と読み、「復習する」「しっかりと研究する」という意味になる。

従って現代訳すると、

孔子はおっしゃった、「古いことに習熟して新しいことを知れば、導者となることができるだろう」と。

といった感じである。「古いこと」と「新しいこと」の関係をどう捉えるかは研究者によって微妙に異なり、

「古いことは復習する」「新しいことも知る」
「両方」やらなくっちゃあならないってのが「師」のつらいところだな

みたいな解釈もあるが、一般的には

昔の知識をじっくりと研究すれば、そこから新しい知恵や見解を得られますよ

という理解が一般的だろう。この解釈とほぼ同じことを言っている言葉としては「覧古考新」「往察来」「観往知来」(いずれも中国古典に由来する故事成語)等が挙げられる。

つまるところ、伝統や歴史を学ぶことの意義を強調するために使われることの多い言葉である。ニコニコ動画では、一昔前のアニメゲームを含む「古いコンテンツ」を扱っている動画にこのタグがついているケース立つ。

しかしニコニコ動画も何だかんだで10年以上続いているので、昔流行っていた動画を見に行って何かを学ぼうとすることも立な「温故知新」と言えるのかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%B8%A9%E6%95%85%E7%9F%A5%E6%96%B0
ページ番号: 5518894 リビジョン番号: 2569107
読み:オンコチシン
初版作成日: 18/02/20 17:57 ◆ 最終更新日: 18/03/10 20:26
編集内容についての説明/コメント: 一般に辞書では温故知新は諺に分類しない、「曰」と「日」などの誤字、書き下しと和訳の取り違えなどのため全面修正。商品・項目追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

温故知新について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/03/10(土) 21:39:12 ID: +TyyYCkHV7
稿です!
ずっと良くなった
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829