単語記事: 満塁

編集

満塁とは、ピンチでありチャンスでありピンチである。

概要

野球ソフトボールにおいて、本塁を除く一塁、二塁、三塁が全て走者で埋まっている状態のこと。
この状態で四死球を与えると押し出しとなり1点が入る。 

攻撃側にとっては、単打で1,2点、長打になれば2,3点、ホームランならば一挙に4点が獲得できる、非常に大きな得点のチャンスである。その分、打者には重圧がかかり、満塁チャンスを逃し得点に終わった場合攻撃側のダメージは大きく、流れが相手に傾くこともままある。なお満塁では本塁もフォープレイとなるため、スクイズは難しくなる。

バッテリーにとっては、ヒットはもちろんのこと、四球死球、暴投、捕逸も許されず、死や一死の場合は外野フライでも得点になるため、非常に重圧のかかる場面である。

一方、守備側の内野手にとっては、ゴロとなった場合全ての塁がフォープレイとなり、どの塁でもアウトが取れるため併殺打がとりやすい。野手にとっては守りやすい状況である。そのため、試合終盤の1点が試合を左右する場面で走者が三塁にいる場合、敬遠などによって敢えて満塁にして強打者を避けたり、内野ゴロ併殺打を狙うという満塁策がとられる場合がある。(関連→内野5人シフト

満塁ホームランは非常に々しく、試合の趨勢を決定づけるため、プロ野球においても多くの名場面をっている。
一方、満塁ピンチを切り抜けるのはホームランほど評価はされないが、「江夏の21球」のようにプロ野球史上に残る名場面となったものもある。

満塁の場面に強い選手は「満塁男」と呼ばれる。駒田徳広藤井康雄が有名。

満塁ホームランのことを俗に「グランドラム」と呼ぶが、これにかけて、ネット上などでは満塁から三者残塁に終わった場合「残塁グランドラム(ZGS)」と呼ばれる。満塁からZGSなら「パーフェクト残塁グランドラム(PZGS)」、満塁から三者三振でZGSなら「アルティメット残塁グランドラム(UZGS)」となるが、なかなかおにかかれない。間違える人が多いが、満塁から併殺打チェンジとなった場合は二者残塁でありZGSにはならない。

また、タイムリー欠乏症などで得点効率の悪い(残塁の多い)チームでは、味方打線満塁チャンスを作ると、このチャンスを潰して相手に流れが傾くことを予想したファン自虐的に「満塁ピンチ」と言うことがある。

満塁から3点タイムリーとなった場合、ニュースなどでは「走者一掃のタイムリー」と表現されることが多い。

満塁からは点が入りにくい」という有名な俗説もあるが、統計的には否定されている。

関連動画

満塁ホームラン

満塁からヒット・スクイズなど

満塁から抑えたもの

その他の名場面・珍場面

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%BA%80%E5%A1%81
ページ番号: 4663309 リビジョン番号: 1776996
読み:マンルイ
初版作成日: 11/06/29 03:17 ◆ 最終更新日: 13/03/25 13:59
編集内容についての説明/コメント: 関連動画を追加しました。4球以内で切り抜けてゲームセットの動画です。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

満塁について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/11/04(金) 22:46:23 ID: PKObk4DOYE
ハマスタやKスタで見られる傾向が多い(特に後者)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015