単語記事: 源氏物語

編集  

いづれの御時にか、女御・更衣あまたひ給ひける中に、

いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めきふありけり。

未成年の閲覧注意

この記事の一部には稚児には見せられぬかかることが書かれたり。
この記事を開きしまま席をかれせばゆゆしきことになるやもしれず。
ネタバレ注意 この記事は、真実が明かさるる成分を多く含みたり。
読みたる時には、いかなることがありても自らの責となすべし。        

源氏物語(げんじものがたり)とは、安時代中期に成立した長編物語である。また日本最古のレディーコミックポルノ小説、ハーレクインロマンスでもある。作者紫式部、全五十

概要

作品情報
タイトル 源氏物語
作者 紫式部
むらさきしきぶ)
形式 小説 
ジャンル 文学
発表日 長保三年(1001年)
巻数 54

テーマ

ストーリー

通常、ストーリーは三部に分けられると考えられている。

主なキャラクター

女性赤色男性青色で示す。また、源氏と関係を持った女性にはマークあり。

登場人物のほとんどはあだ名で呼ばれており本名はわからない。また役職で呼ばれている人物もいるため呼び方が重複する場合もある。

主要人物

  • 源氏 (ひかるげんじ)
    • 第一部、第二部の主人公天皇の皇子、言い方を変えれば王子様であり超絶イケメン。このことから幼少期は「の君ひかるのきみ)」と呼ばれる。
    • さらに下の秀才、運動神経抜群、芸術の才に恵まれた上、・地位・名誉も手に入れるという完璧超人
    • の第二皇子であるもののの判断により皇族からは外される。
      • この時に」の氏を与えられた美しい人だから「源氏である。くんではない。本名は◯◯さんである。
      • 後は「源氏の君(げんじのきみ)」と呼ばれるようになる。
    • 皇族でないため割とフリーダムな生活を送り、多くの女性と関係を持つが、時にはそんな奔放な性生活がとなることも。父親の妻・人妻幼女とも関係を持つ。ロリコンとか言われるが年上相手もかなり多い。
    • 亡きに似てるとして父親いだの宮にしてしまったことから彼の人生は決定付けられる。
    • 冷静に見えるがわりと感情豊かな男である。
    • の妻と不倫したことにより須磨に流される
    • 出世街道を驀進し最終的に太政大臣に。さら実際の歴史上には1人しかいない「准太上天皇という特例階級となり再び皇族に戻る。ここから六条院と呼ばれるようになる。
    • 正妻は2人。子供は3人(正確に言うと血の繋がった親子だが表向き兄弟が1人、表向き親子だが実は血のつながっていないのが1人、なので血がつながっていて表向きも親子なのは2人のみ)。養子が一人。朱雀は異
  • の上 (むらさきのうえ)
    源氏の最の妻。実質的に源氏物語ヒロイン中宮の姪っ子。8歳位の時に源氏に見つかってしまう。将来有望な幼女を自分好みのレディに育成する、いわゆる「源氏計画」のともなった美幼女上の死去後は正妻同様に扱われるものの、寄る辺ない愛人としての気苦労をその身に背負い込む事になる。彼女の死とともに源氏編(第1部-第2部)が終わっていく。
  • 中宮 (ふじつぼのちゅうぐう)
    源氏物語における最重要人物。の妻の一人。冷泉源氏の亡き更衣に生き写し。こともあろうに源氏この美貌の義と関係を持ってしまう。禁断の関係はずるずると続き、やがて源氏の子を宿す。表向きはの子としながらも、ふたりは長い間罪悪の念に苛まれることに。

光源氏の両親

光源氏の女たち

その他の人物

現存する源氏物語

現在に伝わっている源氏物語で確実に紫式部自身が書いたもの、もしくはオリジナルを忠実に写本した(とされるもの)ものは一切残っていない。
元々同人小説として書かれ始めた源氏物語であるため、読者は気に入った物語を手元に残しておくために写本をしたのである。その過程で部分的な加筆やオリジナル展開を混ぜたりされた。

紫式部 「ねぇねぇ今度オリジナル小説書いたんだけど、読んで感想きかせて」 オリジナルを渡す
友人A 「いいよー」
     「あ、この話好きかも。手元においておきたいから写本しておこっと。
      ついでにこの表現と文章をちょこっと変えちゃえ」 写本Aが発生。オリジナル紫式部に返却
                ↓
友人A 「友人(の紫式部)が書いた小説が面いんだけど見てみる?」 写本Aを渡す
友人B 「見る見る。貸して」
     「あ、この話好きかも。手元においておきたいから写本しておこっと。
      ついでにこの表現と文章をちょこっと変えちゃえ」 写本Bが発生。写本A友人Aに返却
                ↓

友人B 「友人から借りた小説が面いんだけど見てみる?」 写本Bを渡す
友人C 「見る見る。(以下ループ・・・・

というようなことが頻繁に起こった。

さらに藤原彰子の女房になりある程度管理された同人小説となっても、下書き稿を藤原道長が黙って持ち出すというようなこともおこ紫式部生存していた時点ですでにカオスな状態になっていたとされる。

また源氏物語54だけではなくいくつかの話が出まわるうちに失われたのではないかとか、いくつかの話は紫式部ではないかがつくったオリジナルの話ではないかとも言われている。つまり2次創作公式

現在残っている源氏物語54完全版「だけ」でも種類以上がある。大きく分けて「定本系」「河内本系」「その他」である。これらの分類だけでも源氏物語研究の一分野として成立するほどである。

また現在一般的に出版されているものは藤原定家オリジナルの再現をして編集した定本の「写本の一つ」である。

ああもうややこしい!!

あさきゆめみし

関連動画

(左)「…ただのロリコン?」 (右)「源氏物語リアリティなんて必要ないのよ、所詮ブス妄想なんだから!」

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E
ページ番号: 4220807 リビジョン番号: 2520702
読み:ゲンジモノガタリ
初版作成日: 09/12/02 00:25 ◆ 最終更新日: 17/09/05 10:47
編集内容についての説明/コメント: テーマと頭中将を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

源氏物語について語るスレ

147 : ななしのよっしん :2016/04/17(日) 21:59:16 ID: z/6gyiKTmy
この作品のせいで、安時代の貴族恋愛で遊んでばかりで無能ばっかりと思っていたな
実際は徹夜まで会議会議ブラック社会
加えて人間関係を悪化させないよう気を遣いまくりの、壮絶ストレス社会だったらしいが
作者女性だから、男性の苦労なんてわかるわけなかったろうが
148 : ななしのよっしん :2016/04/18(月) 13:41:32 ID: MOt6+iqYD6
>>147
どっちの解釈(遊んでばっか&ブラック社会)も極端だと思う
気を遣いまくりと言いつつも、自分にとって都合が悪くなった愛人とかは放置しても何も問題なかったようだし
蜻蛉日記とかにそういう記述が出てきてたはず)
少なくとも裕福な貴族は、仕事中はともかくプライベートは好き勝手できたんじゃないのと思ってる
それなりに教養のある女を愛人にして、子供まで産ませておきながら放置しても
現代みたいに裁判沙汰なんてことにはならない 安時代ヤバいぜ

>>146
BLいに等しい状態だと思う
BLとかは読まない単なるオタク女子が、好んで読んだり書いたりしそうな話」
という意味で「(オタク女的意味での)腐女子」という言葉を使っていると思われる
詳しくは記事のリンク先参照
149 : ななしのよっしん :2016/04/18(月) 13:56:18 ID: MOt6+iqYD6
>>148だけど、ごめん訂正
源氏ショタ奮するみたいな話は確かあったわ

ただこのショタはせいぜいゲストキャラクター的な扱いだから
メインはあくまで男と女のドロドロと言える
正のBL好きが好むような話ではないね
150 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 18:21:30 ID: +H9kULreS4
原文を見るとがほぼ書かれていないので、中学高校生が訳すのは相当大変だと思う
151 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 17:18:29 ID: rtQi7HfzpP
腐女子が好きなのはむしろ悪左府の台記だろJK
オタからすると腐女子でひっくるめると
男の娘好きを田五郎読者びするぐらいの暴論だから
プレミアムの人で気が向いたら修正してあげてくれ

個人的には熱源氏物語ファン
赤毛アンマニアと同じニオイがする
152 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 10:00:48 ID: jGwRns7b5L
学生時代は、単なる古典の1作品にしか見てなかったけど
現代に訳されると、確かに、ギャルゲー要素満点だなw

センター試験古典必死にやってた自分が笑えてくるわww
153 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 20:44:36 ID: 2qWyz0QMBw
ラノベ的なものじゃねえよ、インガオホーだよってレスもあるけど
当時の宮中女官や貴族にだって因果応報とか別いいよ…、脇役にだって不相応に幸せ不幸せになってるやつとかいるだろ、大団円で終わらせとけって層も少しはいたはず
当時も裏葉で終わってれば…、若菜以降はゴミ三宮クソキャラみたいな今の続編アンチ的な読者はいたんだろうなとか思う
154 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 20:47:15 ID: MOt6+iqYD6
>>153
若菜柏木の巻読んで発狂した柏木君好きとかいたかもしれんな……
155 : ななしのよっしん :2017/08/28(月) 21:46:33 ID: mgBoDm4rd8
ラノベと言うか、恋愛はもちろん、政治劇から宗教世界怪談まで取りえていて、現代人にも
読むに足りうるほどの娯楽要素があるのが名作と言われる所以では。第一読者長も政治劇が
お気に入りだったと言うし。
156 : ななしのよっしん :2018/03/19(月) 01:45:25 ID: Jm0bOdN0x5
古典読むと分かるけど
昔は重だからそもそも解説付けて文庫本100ページくらいの物が多い中
現代訳だけで何冊にもなる長さが異常なんだよな

それだけの長さを才女が使えたから
本当に当時の政治文化いろいろな要素が残ってる
衣服色彩について学生がレポートかける作品なんてそうそう
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829