単語記事: 源義経

編集

源義経1159~1189)とは、安時代末期の武将である。あの鎌倉幕府を開いた源頼朝の異。幼名は若丸。

幼少期

前は幼名の若(丸)が通称だが一貫して義経と表記する。

義経治元(1159)年、氏の棟梁として名を馳せていたの九男として生まれた。
は義の側室である常盤御前。なんでも都の1000人の美女の中から選ばれたというほどの絶世の美女だったという。そんなの間に生まれた義経だったが幼少期には悲劇に見舞われた。

の義藤原信頼とタッグを組んでその頃権勢を振るっていた後白河上皇の側近・信西を斬首追い込み
後白河上皇二条天皇閉するなどに至る。この状況に呼応した氏の棟梁・平清盛は信頼の専横に不満を抱いていた公家と手を組み上皇と天皇の奪還を見事に成功させ、義と信頼は逆賊となってしまった。

果たして両軍は京都の六波羅で突し、兵数に劣る義敗北を喫して東へと落ち延び人の長田忠致・子を頼ったが彼らに裏切られ入浴中に殺された。

これにより妻の常盤御前も論危うい身となった。当初、常盤には今若・若・若の三人の子供がいたが清盛はその子供達を見つけ次第殺そうとして徹底的に探し出すよう命じていた。常盤は子供を連れて逃げていたものの、ついには逃げ切れないと観念したのか三人を連れて清盛の下へと出頭した。

この時、常盤の美貌に惚れ込んだ清盛は彼女を自分のとする代わりに三人の子供を門に入れてその命を許すこととした。常盤は始めためらったものの、が子のためを思い承諾。義経京都鞍馬寺に預けられるのだった。

助命され鞍馬寺に預けられた義経だが清盛の軍によって殺されたと知ると打倒氏を胸に抱く。そして15歳の時に熱田神宮で元し「義経」と名乗る。ゆかりの「」と清和氏の祖・経基王の「」が由来だとされる。

彼はその前に寺で武術の修行をしていたがこの様子を氏に知られては困ると出をさせられようとしていた。元々氏方からの出命令というのもあるがいずれにせよ義経氏打倒を果たすべくこれを拒否し鞍馬寺から逃げ出した。

逃げ出した義経平泉に向かう。そこにはに匹敵するほどの勢を誇る奥州藤原氏があった。当藤原秀衡は平清盛に対抗できる氏の御曹司として義経を保護した。

治承・寿永の乱

源頼朝挙兵~木曽義仲討伐

治承4(1180)年、異源頼朝が挙兵したと知ると義経はいよいよ氏打倒のチャンスだと平泉を飛び出した。
富士の合戦の翌日、黄瀬っていた頼の元に馳せ参じそこで涙の対面を果たしたという。

寿永2(1183)年には木曽義仲が氏を都落ちに追い込み義仲の勢威は不動のものとなった。これにより頼と義仲の氏のリーダーとしての立場などにおける対立が引き起こり最終的に義仲討伐に至る。

は事情により鎌倉から動けないと、義経を義仲討伐の総大将に命じた。その事情の一つに奥州藤原氏が頼を攻めるという内容で頼を留まらせ義経が活躍出来るようにとの見方がされている。いずれにせよ義仲討伐は功を奏し
義経の武名は京都中に知れ渡ることとなった。

一ノ谷の戦い

寿永2(1184)年、の合戦は本格的に開始される事となる。

義仲によって駆逐された氏は逃亡先の西で勢を盛り返し対抗の意を見せた。後白河法皇氏の復権を阻止すべく源頼朝氏追討の宣旨を下す。また氏が都落ちの際に持ち去った三種の神器奪還も命じた。

義経は1、2万の兵を率いて摂津に下った。この時彼は搦手(別働隊)の総大将で大手(本隊)の5万6千余騎を連れた
範頼が氏の前衛を攻撃する隙に一ノに置かれた後くのが義経作戦だったとされる。

義経は始めに三山の資盛・有盛軍に夜襲を仕掛けこれを撃破。その後、軍勢の半分を土肥に預けさせ、更に安田義定・多田行綱らにも兵の過半を預けさせ、義経の率いる兵数は僅か70騎となる。そして一ノの裏手にあたる鵯越に到着した。

2月7日、いよいよ合戦の火蓋が切られる。範頼軍と方は衝突ししい攻防戦を繰り広げた。義経はその間崖を一気に下り氏のを奇襲しようと画策する。この時彼は現地の人間から「鹿がここを越す」という話をにした。そこで彼は「鹿も足は四本。鹿が下れるんだからも下れるだろ。」などと言い軍勢を一気に駆け下らせた。これぞほんとの馬鹿である。

鵯越の逆落としと名づけられた謀ともいえる作戦だが見事に功を奏す。思いもよらぬ奇策に一ノ営は大混乱に陥る。氏方は次々と上に逃げ出し氏方は見事に勝利を収めることとなった。しかしこ作戦が成功した理由の一つに後白河法皇の陰謀があったとされる。実は法皇はこれより前に氏方に休戦の旨を伝えていた。それにより営の軍勢が油断したことにより大敗を喫してしまった。実際に宗盛は「一門を陥れるための謀略だ」と法皇に抗議している。

屋島の戦い

氏は一ノの合戦で兵を更に削がれ四国に逃れた。氏方は讃岐に拠点を置き氏の軍勢に供えた。この時有軍を擁していた事により、軍の氏方はしばらく攻撃を出来なかった。その後、山陽を制圧した範頼だったが兵糧と船の調達に手間取り進軍が滞る。 そこで義経は法皇に出許可を貰い元2(1185)年2月18日に出発。僅か150騎程度だったが波の勝浦に上陸し在地武士を味方につけて300騎にまで増やした。

そしてついに義経の奇襲が始まる。干潮時にはで渡れると知った義経は急襲を敢行。寡兵と悟られぬよう民家や集落に火をかけて大軍と錯覚させて一気に攻め込み、またもや氏方を混乱に陥れる。瀬戸内側からの攻撃に注意を向けていた氏方は義経の計略にはまたもや予想外の展開に。結局氏一門は一散に上へと逃亡する事となった。

ちなみに氏方の1艘の船の先に扇がついており、これをの名手・那須与一に射落とさせた扇の的のエピソードは有名である。

壇ノ浦の戦い

ついに九州にまで追い詰められた氏。しかし昔日から打倒氏を胸に戦ってきた義経が容赦するはずはなかった。

の戦いに勝利し熊野伊予軍等を味方につけると軍を編成。また範頼軍も九州へ制圧した事によりもはや
氏は全に逃げ場を失った。

2(1185)年3月24日正午、最後の合戦が幕を開けた。当初は関門峡のしい潮の流れにより氏方の優勢となった。軍を使用しての合戦に精通していた氏は上戦に慣れない義経軍を圧倒。義経はそれでも何とか持ちこたえ取りや夫などの非戦闘員を射殺し船を立ち往生させたというまたもや義経らしい奇策が描かれるのはよく知られている。

有利な状態で戦っていた氏だったが、ここで潮の流れは変化を遂げる。流れは義経軍に味方しここから一気に氏を押しまくり、ついに氏方からに身を投じて自殺を図る者が続出。最後には清盛の妻・二位尼が幼少の安徳天皇と共に入するまでに至り、ここに氏の勝利という形で合戦は終わりを告げるのであった。

長きに渡った氏一門との戦争鞍馬寺で末を知ったあの日から氏滅亡を内に秘めついにその夢を果たす事が出来た義経。しかし暗は彼を覆うように徐々に広がっていった。

頼朝との不和

壇ノの戦いにおいて氏が滅亡した後、頼は自分に許可もなく任官した部下に対し厳しい処分を下した。義経もまた頼断で任官していた。そして彼は捕えた宗盛を護送し鎌倉に入ろうとしたが許されず、事態を解決しようと
思った義経は生い立ちから氏勝利まで、また功労者であるのに何故罪人扱いなのか、などをった「越状」 を
政治ブレーン大江広元に送った。

が憤慨した理由としては許可での任官の他に「氏追討にあたって使わされた梶原時の意見を聞かず勝手に行動した事」「壇ノで範頼の管轄地で越権行為をし、東武士達が過ちを犯すと独断で成敗をするという振る舞いを行った事」等があり、また恩賞をめ頼に従う東武士たちの戦功の機会を奪取する形となり御人から不不満のが上がっている事は皮である。

その他、義経が二位尼・安徳天皇を追い込んだ事により三種の神器の一つが失われる事になり頼の構想を破壊させた事や合戦による義経の武名を恐れた事なども二人の対立を呼んでいる。

謀反

越状を渡した義経だったが結局は受け入れられなかった。両者の関係に裂が入り義経は「源頼朝に不満を持つ者はこのについてこい」と、頼への対抗をあらわにした。頼もこれを聞き義経の所領をことごとく没収する。

そんな義経を狙ったのが叔父の行。彼は既に追討令が出されており同じ頼に反する者として義経と組んで頼を討とうとした。頼義経に行追討を知らせるべく梶原時の息子季を義経の下に送ったが義経は体調不良を偽りこれを拒否。これにより頼義経追討を本格的に始める事となる。 ちなみに後に義経探索のために置かれるのがあの有名な守護・地頭である。

義経もまた頼を討つ方向へ傾いていく。10月7日、頼方の刺客・土佐房俊が義経のいるに送られその8日後に俊は義経邸を襲撃。義経は奮戦し行も駆けつけて俊は敗走したがもはや頼義経の関係は全に崩壊。
義経後白河法皇に強要して頼追討の宣旨を得ることになる。 

義経摂津大物から九州に向かおうとしたが途中で暴に遭い船は転覆。住吉という場所に漂着するのだが、この時既に彼に従っていた人間は有綱・武蔵弁慶・静御前の僅か四人であった。

逃亡の日々

義経は郎党やなどを吉野に隠すが追討使に見つかり静御前が鎌倉へと送られてしまった。二人はここで別れを告げる事になる。義経は反鎌倉の寺社や貴族らに匿われ京都周辺に身を潜めるが、翌年の文治2(1186)年5月叔父の行が討たれ各地に潜伏していた郎党も次々と殺された。義経は「義行」や「義顕」などと名させられながらの日々を送るが11月に頼が「京都側が義経に味方をするならばこちらは大軍を送る」と脅し義経京都から逃げる羽になる。

また義経が潜伏している最中、の常盤御前が捕えられ、息子の居場所を問われていたが彼女は「義経は仁和寺にいる」と答えた。そこで追っ手を差し向けたところ義経の姿はなかったという。果たして義経を守ったのであろうか。

義経はその後逃亡を続け伊勢美濃を経由し州へと逃れようとした。その途中の関所を通ろうとした際に役人が
お前源義経ではないか?」と疑う。すると弁慶義経に向かい「お前義経に似ているから悪いんだ!」と本人をく、安宅の関でのエピソード歌舞伎の勧進帳などで行われ今でも有名である。

紆余曲折を経て義経は元当時から自分を保護してくれて頼挙兵の際には従者をつけてくれた藤原秀衡にすがる。
7年ぶりに平泉へ戻った義経を秀衡は温かく迎えた。頼もさすがに奥州藤原氏となると闊に手は出せない。
何せこの時の藤原氏には「州7万騎」と称されるほどの軍事を有していたからだ。頼後白河法皇義経追討の宣旨を振りかざし義経保護を咎めたものの秀衡はこれを視した。

一説には頼と一戦を交えるために軍事を蓄えたとある。実際に義経と秀衡は臨戦体制を整えていた形跡があるらしい。しかしその思惑も泡となって消えた。文治3(1187)年10月、秀衡が急死したのである。 

最期

秀衡は衡・泰衡、忠衡の三人の兄弟義経を守るようにとの遺言を残していた。しかし秀衡の死から1年半後に泰衡が頼の圧に屈してしまい衣の館にいた義経を襲撃。数騎の軍勢に対して義経の方は10名あまり。少ないながらも奮戦をしたが多勢に勢、義経もはやこれまでと、持堂にこもり自害した。文治5(1189)年4月30日の事である。義経の首はに満たした漆器に収められ6月13日鎌倉に到着し、30歳の若さで亡くなった彼に涙したものは多かったという。氏栄への足がかりを築いたヒーローはこうして悲運の死を遂げたのであった。

またこの一連の出来事には義経を守ろうとして全身に矢を受けて仁王立ちで戦死した弁慶の逸話が残っている。

後世への影響

彼の武将としてのかしい活躍と悲劇に散った、たった30年の生涯でも後世の人々に与えた影は多大である。義経主人公とする物語歌舞伎などが続々と生み出されるようになり、浄瑠璃義経がきっかけで生まれたとある。江戸時代には既に一般的だった「判官贔屓」という言葉は義経すものとして今日でも使われている。

また義経新な戦術は「日本騎兵」と呼ばれた秋山好古にも影を及ぼしていた。彼は日露戦争において臨機応変な戦術で世界最強と呼ばれたロシアコサック兵と対等に戦闘。そのような渡り合いが出来たのは義経騎兵戦術を研究した事も一つの要因らしい。今まで義経の戦術は革新的で長らく評価の対外とされていた。しかし明治時代に入り日本軍事思想が変わっていくと700年以上の時を経て義経の戦術を受け入れる人物が出てくるのだった。

その他にも義経チンギス・ハン説がある。義経平泉では死なず更に北に逃れて果てにはチンギス・ハンとなり「元」で日本に襲来してきたというもの。今では否定されているが人々のロマンがこういった説を生み出したのかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E7%B5%8C
ページ番号: 4965915 リビジョン番号: 2210665
読み:ミナモトノヨシツネ
初版作成日: 12/09/17 18:05 ◆ 最終更新日: 15/05/26 23:01
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「日本史の人物一覧」「奥州藤原氏」「後白河天皇」「チンギス・ハン」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

源義経について語るスレ

64 : ななしのよっしん :2015/12/05(土) 08:58:44 ID: 4VDkJqGUze
都では、どこぞの日本一の大天狗サマが、
使いやすい手駒(よしつね)をハニートラップひっかけようと色々暗躍しただろうし

流浪に散ったら散ったで、各地に「オラほの村にあのお偉い九郎判官(よしつね)サマが来て、
若え時分のばーさまと子さぁこしらえただ」とか伝説が乱立するだろうし
65 : ななしのよっしん :2015/12/06(日) 15:27:20 ID: 1uOjvrx3aT
>>63
ちょっと修正
浪戸(浪江)いれて史料による根拠がないのは計12名
ここまで挙げて言うのもなんだけど、本当のところはもうわからないよね
66 :      :2015/12/07(月) 22:02:29 ID: zHyZwuyF+w
62
でも身内に優しい的支配体制は中世、しかも儒教的側面だからもし体制が後の世にも受け継がれたら日本は今の中国と変わらない汚職天国になってただろう

67 : ななしのよっしん :2015/12/08(火) 07:32:29 ID: 4VDkJqGUze
論語のどこにも汚職をしなさいなんて書いていない訳で
裁判となれば、原告が自分で将軍やら守護やらお偉方を訪ねて書状を貰っていた中世日本
汚職しないのではなく、汚職が犯罪にならないのだw
その辺は中国の胥吏制もまたしかり
68 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 18:26:31 ID: E5ADBofee2
軍事の才天才的だったが、政治センスかった、駆け引きが出来なかった
越状に頼の原因には触れてないから、越状は後世の創作なんてわれてるけど、義経は本当に頼が何で怒ってるのか理解してなかった、それだけだと思う
戦場でしか生きられなかったんや
69 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 13:28:58 ID: 0LWQfwgD+E
義経に限らず、同族の足利氏、武田氏、今川氏と言い
氏の子孫達はどうしてこんな身内同士での内紛が絶えないのか
不思議でならん
70 : ななしのよっしん :2016/05/11(水) 10:18:10 ID: BrBemZBSvP
何がうすら寒いかって
義経に対する態度がの他人に対するそれな所だな。
まあ元するまで会った事もい異兄弟だから
ある意味仕方いとも言えるんだけど…
足利兄弟が同で且つなまじ仲が良かっただけに
一旦関係がこじれた後はお互い近親憎悪丸出しで争ったのとは
全く以って対称的だと感じる。
71 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 22:53:29 ID: ztCQflO+gL
挙兵が1180年ってことは頼さんじゅうさんさい、そんな歳で唐突にボクですって出てこられても
しかも石橋山で負けて死にそうになった頃ならともかく色々結集して軌に乗った後に勝ち組丸出しで現れて、その5年後に断任官事件ときてる
客観的に見れば頼踏み台に成り上がりたかっただけの他人
72 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 16:54:47 ID: PgEmsuiYJS
にもそう映っていたのかもね

この兄弟の対立は個人の性質、氏の棟梁を巡る対立だけではなく
鎌倉に集まった関東武士たちと奥州藤原氏との代理戦争的な構図もある
二人はそれぞれの利権を代表するアイコンだったんだ
73 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 17:48:02 ID: 523sAD+Rt0
が違うということは
の子め、ペッ
と容易になりうる

地位財産があって親の側室が多ければ分け前を争うライバル
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015