単語記事: 火

編集

とは、燃焼によって発すると熱のことである。

ニコニコ大百科仕様上、火、㊋がこの単語記事に対応します。

概要

燃焼による、熱のことのほかに、燃焼現のことも火という。

気体の燃焼で見られる、強いと熱を発する部分はという。

古くから人類によって利用され、ケニアのチェソワンジャ遺跡には140万年前の焚き火の後が見つかっている。火の利用用途は様々で、料理、暖房、照明、加工、焼却、などがある。

発火装置としてはライターマッチが身近なものとして挙げられる。

火と信仰

火は、世界各地で信仰の対となってきた。ゾロアスター教拝火教)などが有名である。

また世界各地の多くの神話に火のが登場する。たとえばインド神話のアグニ、記紀神話のカグツチ、ローマ神話のウゥルカヌスなど。

その他の火

火は、また以下のことを表す。

漢字として

Unicode
U+706B
JIS X 0213
1-18-48
部首
火部
画数
4画
意味
火、あかり、火炎、火災、しい、奮、焼く、速い、という意味がある。〔説文解字〕には、「(や)くなり」とある。
字形
燃える炎の形。
音訓
読みはカ、コ、訓読みは、ひ、ほ、やく。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第1準。
部首
火は部首、火部を作る。偏や脚などに用いられ、偏に置かれた場合は、ひへんと呼ばれ、脚に置かれた場合は、の形になって、れっかなどと呼ばれる。火に関することを表す意符として用いられる。
火を符とする漢字に、邩などがある。
・火炎・火器・火急・火計・火刑・火計・火口・火災・火山火事火星・火精・火葬・火宅・火遁・火難・火火力

異体字など

Unicode
U+7177
部首
火部
画数
13画
𤆄
Unicode
U+24184
部首
火部
画数
6画
Unicode
U+328B
Unicode
U+2F55
異体字
𤆄は、〔集韻〕にある古文。〔集韻〕には、𤆄が災と同じ、ともある。
煷は、異体字(典拠不明)。
互換文字
㊋、⽕はUnicodeにおいて火と互換とされる字である。⽕は部首としての火を表す。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%AB
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
ページ番号: 4522076 リビジョン番号: 1454812
読み:ヒ
初版作成日: 10/12/12 00:58 ◆ 最終更新日: 12/02/28 19:06
編集内容についての説明/コメント: 炎に手動リンク
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ソウケツ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火について語るスレ

1 : :2011/07/18(月) 10:56:28 ID: 4LpOBFDFAD
なんだか癒されるね
2 : ななしのよっしん :2012/04/01(日) 10:51:58 ID: QlRKlmD05Y
>>sm17181921
3 : 栃木那須 :2013/12/06(金) 12:24:38 ID: Uee3LXMd0F
香港を中心に使われるキーボードソウケツ輸入法」で
「火」の字はFに割り当てられ、レッカのほか「小」や「ツ」の字形、
「个」の形に切り取ったものなどを表現する。

タイトル:ソウケツ
画像をクリックして再生!!
  Twitterで紹介する

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015